スマートフォンのダウンロード販売で購入した音楽ソフトをイヤホンで聴く、という音楽の楽しみ方が主流となりつつあります。ところで、そのイヤホンですが、カナル型とインナーイヤー型の2種類があることをご存知でしょうか?それぞれの特徴や違いを知ると、自分の音楽ライフにピッタリのイヤホンを見つけることが可能となります。両者の違い、そしてオススメ商品をご紹介します。

カナル型イヤホンとは

一般にイヤホンというと、耳栓のように耳の穴をふさぐような構造のものを思い出すのではないでしょうか。このように、耳の穴を完全に塞いでしまうタイプのイヤホンをカナル型と呼びます。携帯ラジオに付属品としてついているイヤホンの多くは、このカナル型に相当します。コンビニエンスストアなどでも手に入れることができるイヤホンもこのカナル型が多いです。

カナル型イヤホンのメリット

ホールド性が高く、外れにくい

耳の穴を完全に塞ぎますので、耳へのホールド性が高く、外れにくいのが特徴です。ジョギングやウォーキングなど、スポーツをしながら音楽を楽しみたいという方にオススメのイヤホンと言っていいでしょう。

音漏れし難い

耳の穴に密着するような形で装着するイヤホンですので、音漏れし難いのも大きな特徴と言っていいでしょう。電車やバスの中など、音漏れすると周囲に迷惑がかかってしまうような場所で使用する場合に最適なイヤホンです。

インナーイヤー型イヤホンとは

カナル型のホールド性や遮音性は確かに便利ですが、一方でそれ故のデメリットもあります。そのデメリットを解決する目的で考え出されたのがインナーイヤー型のイヤホンです。ホールド性や遮音性では見劣りますが、自然な装着感や周囲の音にも気を配ることが出来るなど、カナル型のデメリットを解消してくれるイヤホンです。

インナーイヤー型イヤホンのメリット

耳が痛くならない

カナル型は密着性が高いので、人によっては自分の耳の穴の大きさと合わず、長時間使用していると耳が痛くなる、というケースもあるそうです。そこでインナーイヤー型はホールド性では見劣りますが、自然な装着感で長時間しようできるよう、耳介に乗せる形で装着できるよう、工夫されています。

周囲の音にも気を配ることができる

カナル型の遮音性の高さは魅力ですが、一方で周囲の音を聞き取りにくくなる、というデメリットもあります。歩いている時に、イヤホンからの音楽以外の音がほとんど聴こえない、という状況を不安に感じる方も多いでしょう。とっさの時の行動に、こうした周囲の音に反応できるか、どうか、は重要なポイントとなります。インナーイヤー型はこうした周囲の音も聞き取ることができるよう、配慮されています。

カナル型とインナーイヤー型どっちがいい?

スポーツをしながら音楽を聴きたい人にはカナル型がおすすめ

ジョギングやウォーキングなどのスポーツをする際に、音楽を楽しみながらの方が、健康面などスポーツをする効果をより高めてくれる、という人が増えています。スポーツをしながら音楽を楽しむ際は、カナル型の方が耳からイヤホンが落ちる心配が少ない分、安心です。

交通安全を意識したいはインナーイヤー型がおすすめ

通勤や通学の際、どうしても車などの交通量の多い道を通らざるを得ない、という人の場合、周囲の車の音は危険から身を守る上で非情に大切です。イヤホンで音楽を聴いている時でも、こうした音には常に気を配りたいところではないでしょうか。そんな方にはインナーイヤー型がオススメです。

おすすめのカナル型イヤホン6選

BinkStudio BS-262

BinkStudio BS-262のおすすめポイント3つ

  1. 3種類のイヤーピースから自分にピッタリのタイプを選択可
  2. カナル型ならではの遮音性の高さ
  3. マグネット付で収納も楽

BinkStudio BS-262のレビューと評価

アナタにピッタリのイヤホンになります

カナル型はホールド性の高さと遮音性が特徴ですが、このイヤホンはこの特徴をさらに高めるべく設計されています。イヤーピースは3種類あり、自分の耳の穴にあったものを選択することが可能です。そして、電車内での音漏れや周囲の音が気にならない遮音性もユーザーに支持されています。

BinkStudio BS-262の仕様・製品情報

ケーブル長さ120センチメートル
ブラック
重量14g

Wooeasy KZ ZS5

Wooeasy KZ ZS5のおすすめポイント3つ

  1. 人間工学に基づいた設計で、快適なフィット感
  2. あらゆるジャンルのファンを満足させる高音質
  3. 音漏れに配慮した設計で、電車内でも、図書館でも安心です

Wooeasy KZ ZS5のレビューと評価

本格派も満足のイヤホンです

高い解像度による高音質なイヤホンで、様々なジャンルの音楽ファンを満足させています。人間工学に基づいた設計で、カナル型ならではのフィット感を実現させているのも、この商品の大きな特徴と言えるのではないでしょうか。

Wooeasy KZ ZS5の仕様・製品情報

サイズ19 x 11.9 x 5.8センチメートル
ブルー
重量290g

Senzer H2

Senzer H2のおすすめポイント3つ

  1. 装着感と音質を意識した「45度」がポイント
  2. 独自のデュアルエアーチェンバー技術により高解像度を実現
  3. 7組のイヤーピースにより、つけ心地の良さを追求

Senzer H2のレビューと評価

独自の取り組みが特徴のイヤホンです

他社のイヤホンと違い、45度の角度が特徴のイヤホンです。人間の耳を徹底的に研究した結果、この45度という角度になりました。デュアルエアーチェンバー(振動空間)技術で高解像度を実現したり、7種類のイヤーピースで様々なユーザーに対する装着感の高さを追求したり、独自の取り組みからできたイヤホンです。

Senzer H2の仕様・製品情報

ケーブル長さ120センチメートル
グレー
重量200g

JVC HA-FW02

JVC HA-FW02のおすすめポイント3つ

  1. 人気のCLASS-S WOODシリーズ新モデル
  2. 解像度の高さと高音質でシリーズ最高の品質を実現
  3. リケーブル対応でユーザー自ら高音質の追求も可能に

JVC HA-FW02のレビューと評価

人気の「木の振動板」が更に進化

JVCで人気のCLASS-S WOODシリーズにおける最新モデルが登場です。多くのユーザーに支持されている「木の振動板」が更に進化し、品質が向上しています。更に多くの音楽ファンの支持を集めるイヤホンとなりそうです。

JVC HA-FW02の仕様・製品情報

ケーブル長さ120センチメートル
ブラック
重量13.6g
形状ダイナミック型

ARKARTECH T6

ARKARTECH T6のおすすめポイント3つ

  1. ハイレゾ認証済の商品
  2. 装着性の高さも魅力、スポーツ時も利用可能
  3. ハンズフリー通話も可能

ARKARTECH T6のレビューと評価

ハイレゾ音源対応、スポーツ時にも利用可能

ハイレゾ認証済の商品です。ライブ感を追求したイヤホンとなっています。スポーツ時にも対応できる装着性の高さやハンズフリー通話など、ユーザビリティの向上も意識して開発されたイヤホンです。自分の耳の穴に合ったイヤーピースをL/M/Sの3種類から選択することも可能です。

ARKARTECH T6の仕様・製品情報

ケーブル長さ120センチメートル
ブラック
重量231g

SoundPEATS B10

SoundPEATS B10のおすすめポイント3つ

  1. 抜群のフィット感
  2. ケーブルの素材が柔らかく、タッチノイズが少ない
  3. iPhoneからAndroidまで、様々なスマートフォンに対応

SoundPEATS B10のレビューと評価

通勤・通学時の利用に最適です

手頃な価格帯ながら、音漏れし難い設計を工夫したり、柔らかい素材のケーブルによりタッチノイズを軽減するなど、通勤・通学時の利用に最適な設計です。iPhoneやAndroidなど様々なスマートフォンに使用できる他、パソコンにも対応していますので、ノマドワーカーの方にもピッタリのイヤホンです。

SoundPEATS B10の仕様・製品情報

ケーブル長さ130センチメートル
ブラック
重量9.07g

おすすめのインナーイヤー型イヤホン6選

Humixx HX-Earphone-Inear-H1-RD-JP-FBA

Humixx HX-Earphone-Inear-H1-RD-JP-FBAのおすすめポイント3つ

  1. スタイリッシュなデザイン
  2. 耳に負担がかからない軽量設計
  3. ハンズフリー通話もできる

Humixx HX-Earphone-Inear-H1-RD-JP-FBAのレビューと評価

音楽を楽しむにはスタイルも大切です

女性ユーザーの利用も意識した、スタイリッシュなデザインのイヤホンです。軽量設計となっており、ランニンクなどのスポーツ時にも負担はかかりません。マイクも搭載されており、ハンズフリー通話も可能となっています。

Humixx HX-Earphone-Inear-H1-RD-JP-FBAの仕様・製品情報

サイズ17 x 11.2 x 2.6センチメートル
レッド
重量81.6g

K’S 64ohm

K’S 64ohmのおすすめポイント3つ

  1. 快適な装着感は美しい曲線から
  2. 優れた解像度で高音質
  3. ハンズフリー通話ができる

K’S 64ohmのレビューと評価

快適な装着感が魅力

見た目も美しい曲線美は、快適な装着感を実現するため。耳に負担のない、イヤホンです。解像度が高く、低音も高音も美しく響き、ライブ感のあるサウンドで、音楽ファンの心を満足させてくれることでしょう。ハンズフリー通話もできるイヤホンとなっています。価格帯もお手頃です。

K’S 64ohmの仕様・製品情報

ケーブル長さ約120センチメートル
ブラック
重量99.8g

Brusmo BR2017042402

Brusmo BR2017042402のおすすめポイント3つ

  1. 木製素材を使用し、独特の音質に
  2. スマートフォン、タブレット、パソコンなど、様々なデバイスに対応
  3. ハンズフリー通話もできる

Brusmo BR2017042402のレビューと評価

木製イヤホンで独特のサウンドが楽しめます

木目が美しく、手触りも優しい木製のイヤホンです。木製ならではの独特の音質をお楽しみください。スマートフォンやタブレット、パソコンなど、様々なデバイスがこのイヤホン1本で対応可能で、マイクも搭載されていますので、ハンズフリー通話もできる、多機能なイヤホンとなっています。

Brusmo BR2017042402の仕様・製品情報

サイズ12.7 x 10.3 x 2.8センチメートル
ブルー
重量59g

Kinboofi SENFER PT15

Kinboofi SENFER PT15のおすすめポイント3つ

  1. 高音質で原音を自然なまま再現
  2. 柔らかい素材のケーブルで巻き癖なし
  3. マイク付きでハンズフリー通話にも対応

Kinboofi SENFER PT15のレビューと評価

臨場感溢れるサウンドを再現

高温から低音まで響きが豊かで、原音を自然に再現してくれる、高音質なイヤホンです。ケーブルは柔らかい素材で巻き癖がなく、持ち運びにも最適な設計となっています。マイク付きでハンズフリー通話にも対応しており、常にカバンの中に入れておきたい、多機能なイヤホンでもあります。

Kinboofi SENFER PT15の仕様・製品情報

ケーブル長さ108センチメートル
ブラック
重量68g

Wooeasy YINCROW-X6

Wooeasy YINCROW-X6のおすすめポイント3つ

  1. 心地よい装着感
  2. 軽量設計
  3. 価格帯もお手頃

Wooeasy YINCROW-X6のレビューと評価

心地よさが魅力のイヤホンです

装着感がよく、約18.1gと軽量のため、使用していて心地よさを感じるイヤホンです。音質面でも高音から低音までクリアで、高いレベルを追求した設計となっていますが、価格帯もお手頃で、汎用性の高いイヤホンと言ってもいいのではないでしょうか。ファッション性も高いデザインとなっています。

Wooeasy YINCROW-X6の仕様・製品情報

ケーブル長さ120センチメートル
ブラック
重量18.1g

Musicmaker Tomahawk Z

Musicmaker Tomahawk Zのおすすめポイント3つ

  1. ドーナツ型のスポンジパッドでソフトな装着感
  2. ハイレゾ音源対応
  3. ケーブルは柔軟性が高く、断線しにくい設計に

Musicmaker Tomahawk Zのレビューと評価

ドーナツ型のイヤホンです

見た目の独特なドーナツ型のスポンジパッドを使用したイヤホンです。このドーナツ型のスポンジパッドがソフトな装着感を実現し、快適に音楽を楽しむことが可能です。ハイレゾ音源対応で音質も高く、柔軟性が高く断線しにくいケーブルを使用するなど、装着感も、ユーザビリティも、そしてもちろん高音質も追求した、高性能のイヤホンです。

Musicmaker Tomahawk Zの仕様・製品情報

ケーブル長さ120センチメートル
ブラック
重量118g

まとめ

イヤホンを使用する場所がどこなのか?通勤や通学の電車の中なのか?ランニンクなどのスポーツ時なのか?使用するデバイスはスマートフォンか?パソコンで使用することもあるのか?イヤホンをどのようなところで使用するのか?により、カナル型を選ぶべきか、インナーイヤー型を選ぶべきか、その選択は変わってきます。それぞれのメリット・デメリットを意識した上で、イヤホン選びをするべきではないでしょうか。