今回の記事は、2018年版最新のおすすめ最強中華タブレット10選をご紹介します。最初に中華タブレットの特徴&おすすめのポイントを知ってもらい、選び方ついてもご説明します。

その後、7インチ・8インチ・10インチといったサイズの順番で、おすすめの中華タブレット10選をご紹介していきます。コスパ良好なモデルから、Windows OSやandroid OS搭載モデル、simフリーモデル、技適取得モデルなど、特徴も含めてご紹介しますので、各モデルの比較に役立ててください。



中華タブレットの特徴とおすすめポイント

世界中で人気

中華タブレットの人気は、日本だけではなく世界中に広がっています。中国国内でタブレットを製造しているメーカーがしのぎを削って競争し、魅力的なモデルや革新的なモデルを開発することで、シェアを広げてきました。コピー商品のイメージが強い中国製ですが、技術が高まったことで、質実剛健な製品が開発&製造されることが増えました。技適(技術基準適合証明)を取得している中華タブレットも増加傾向にあります。

コストパフォーマンス良好

中華タブレットが世界中で使用される大きな理由は、コストパフォーマンスの良さです。ハイスペックなモデルから、性能を少し抑えたエントリーモデルまで、多くのモデルがリーズナブルで、価格以上のスペックを搭載しています。同程度の性能をもった国内製タブレットと中華タブレットを比較すると、ほとんどの場合が中華タブレットの方が安く購入できるでしょう。

各メーカーの競争で人気製品が生まれる

一口に中華タブレットと言っても、たくさんの製造メーカーがあります。大手メーカーであるHUAWEI(ヒューウェイ)やLENOVO(レノボ)はもちろんですが、CHUWIやTeclast、jumber、Ondaなどのメーカーも人気が高まってきています。中国国内に多くのメーカーが存在し、お互いに競争することで、より高性能で魅力的なオリジナリティー溢れるタブレットが増えています。

中華タブレットのおすすめの選び方

サイズで選ぶ

中華タブレットのサイズを考えましょう。中華タブレットの大きさは、7インチサイズのコンパクトなモデルから、10インチサイズを超えてキーボードが付属するモデルまで、様々な大きさがあります。ノートPCのように資料を作成したりする目的ならば、大き目のサイズがおすすめです。逆に通勤通学時などに電子書籍を読んだり、動画を視聴する目的ならば、手が疲れにくいコンパクトなサイズがおすすめです。

OSで選ぶ

中華タブレットのOSには、WindowsとAndroidの2種類があります。Windows OS搭載のタブレットはハイスペックなモデルが多く、複雑な作業を行う人向きです。逆に動画の視聴やインターネットサーフィン、メールの送受信などにタブレットを使用するライトユーザーには、比較的リーズナブルなAndroid OS搭載の中華タブレットがおすすめです。またWindowsとAndroidの両方を搭載している中華タブレットも存在するので、2種類のOSを使い分ける使用法を選択できます。

通信方法で選ぶ

中華タブレットには、LTE対応モデルとWi-Fiのみ対応モデルがあります。LTE対応モデルは、自分の好みの通信会社と契約して、タブレットにsimカードを挿入することで、4Gや3G通信が可能になります。スマホのように音声通話が可能なタブレットは、LTE対応モデルになります。対して、Wi-Fiのみに対応しているモデルは、無線通信環境のない場所では通信は使用できません。自宅や会社のみで使用する方や、モバイルWi-Fiルーターを使用されている方にはおすすめです。

中華タブレットおすすめ最強10選

MOMO momo7w-Ployer 7インチ Windows10搭載

MOMO momo7w-Ployerの仕様・製品情報

取り扱い画面サイズ7インチ
取り扱いOSWindows10
メモリ
(動作容量)
1GB
ストレージ
(保存容量)
16GB
重量280g
最大バッテリー駆動時間非公開
幅×高さ×奥行188×10.5x108mm

MOMO momo7w-Ployerのおすすめポイント3つ

  • リーズナブルな価格
  • コンパクトな7インチサイズ
  • 500mlペットボトルの半分ほどの重さ

MOMO momo7w-Ployerの評判・評価

リーズナブルな価格のWindows OS搭載タブレット

MOMO momo7w-Ployerは、7インチの小型なボディにWindows OSを搭載したタブレットです。MOMO momo7w-Ployerは、1万円前後で購入できるリーズナブルな価格とコンパクトで軽量なボディが魅力です。

MOMO momo7w-Ployerはこんな人におすすめ!

MOMO momo7w-Ployerは、Windows OSとAndroid OSの両方のOSを搭載したタブレットをお探しの方におすすめです。

CUBE iplay8 Global Android6.0 HDMI Bluetooth メタルパネル採用

CUBE iplay8の仕様・製品情報

取り扱い画面サイズ7.85インチ
取り扱いOSAndroid6.0
メモリ
(動作容量)
1GB
ストレージ
(保存容量)
16GB
重量330g
最大バッテリー駆動時間非公開
幅×高さ×奥行196×8.9x137mm

CUBE iplay8のおすすめポイント3つ

  • 片手で持てる軽量コンパクト
  • HDMI&Bluetooth&Wi-Fi通信対応
  • 高級感漂うメタルボディ

CUBE iplay8の評判・評価

片手に収まるコンパクト&軽量タブレット

CUBE iplay8は、片手で持てるコンパクトなサイズと、約330gの軽量ボディで長時間持っても疲れにくい点が魅力です。コンパクトなサイズながらも、CUBE iplay8のメタル製ボディは、価格以上の品位を纏っています。

CUBE iplay8はこんな人におすすめ!

CUBE iplay8は、タブレットを片手で扱うことが多い方におすすめです。

Lenovo YOGA Tab 3 8 Android6.0 Wi-Fi

Lenovo YOGA Tab 3 8の仕様・製品情報

取り扱い画面サイズ8インチ
取り扱いOSAndroid6.0
メモリ
(動作容量)
2GB
ストレージ
(保存容量)
16GB
重量466g
最大バッテリー駆動時間最大20時間
幅×高さ×奥行210×3~7x146mm

Lenovo YOGA Tab 3 8のおすすめポイント3つ

  • 180°回転可能なカメラ搭載
  • 長時間駆動バッテリー搭載
  • 一般的な鉛筆をタブレットペンとして使用可能

Lenovo YOGA Tab 3 8の評判・評価

鉛筆や金属製ボールペンをスタイラスとして使用できる

Lenovo YOGA Tab 3 8は、タッチペンの代わりに一般的な鉛筆や金属製のボールペンを使用することができる「AnyPen」テクノロジーと呼ばれる機能を搭載しているので、タッチペンを持ち歩いてなくす心配がありません。

Lenovo YOGA Tab 3 8はこんな人におすすめ!

Lenovo YOGA Tab 3 8は、タッチペンを使用する頻度の多い方におすすめです。

HUAWEI MediaPad M5 8.4インチ SIMフリータブレット LTEモデル

HUAWEI MediaPad M5の仕様・製品情報

取り扱い画面サイズ10.1インチ
取り扱いOSAndroid8.0
メモリ
(動作容量)
4GB
ストレージ
(保存容量)
32GB
重量320g
最大バッテリー駆動時間最大11時間
幅×高さ×奥行212.6×7.3×124.8mm

HUAWEI MediaPad M5のおすすめポイント3つ

  • ハイレゾ対応
  • 2K(2560×1600)ディスプレイ搭載
  • 長時間駆動バッテリー搭載

HUAWEI MediaPad M5の評判・評価

徹底的に映像&音楽にこだわったタブレット

HUAWEI MediaPad M5は、ハーマン社が行った細やかなチューニングと、独自のサラウンドテクノロジーによって、ハイレゾ対応の高音質を出すことに成功しています。またHUAWEI MediaPad M5は、2Kの解像度に対応しているディスプレイによって、美しい映像も実現しています。

HUAWEI MediaPad M5はこんな人におすすめ!

HUAWEI MediaPad M5は、タブレットでもハイレゾ音源を楽しみたい方におすすめです。

CHUWI Hi9 Android7.0 デュアルカメラ 技適認証済 タブレットPC

CHUWI Hi9の仕様・製品情報

取り扱い画面サイズ8インチ、8.4
インチ、10.8インチ
取り扱いOSAndroid 5.1/7.0、Windows10
メモリ
(動作容量)
2GB、4GB
ストレージ
(保存容量)
32GB、64GB
重量349g
最大バッテリー駆動時間最大6時間
幅×高さ×奥行216×6.5x126mm

CHUWI Hi9のおすすめポイント3つ

  • Retinaディスプレイ採用
  • 極薄オールメタルボディ
  • 高性能インテル製CPU&GPU搭載

CHUWI Hi9の評判・評価

スリムで軽量なフルメタルボディ

CHUWI Hi9は、8.4インチのコンパクトなサイズで、厚さはわずか6.5mmという薄さを誇ります。またCHUWI Hi9 Airは約350gと軽量なので、手に持ったままで、電子書籍を読んだり動画の視聴を楽しむのに最適です。

CHUWI Hi9はこんな人におすすめ!

CHUWI Hi9は、軽量でスリムなタブレットをお探しの方におすすめです。

ALLDOCUBE Freer X9 8.9インチタブレット IPSスクリーン

ALLDOCUBE Freer X9の仕様・製品情報

取り扱い画面サイズ8.9インチ
取り扱いOSAndroid6.0
メモリ
(動作容量)
4GB
ストレージ
(保存容量)
64GB
重量366g
最大バッテリー駆動時間非公開
幅×高さ×奥行227×6.0x144mm

ALLDOCUBE Freer X9のおすすめポイント3つ

  • コストパフォーマンス抜群
  • フルHD解像度ディスプレイ
  • 背面カメラ1300万画素・インカメラ800万画素

ALLDOCUBE Freer X9の評判・評価

WindowsとAndroidを使い分けられる

ALLDOCUBE Freer X9は、フルHD解像度である2560×1600のディスプレイが美しい映像を実現しています。またメインカメラ&インカメラが高性能な点もALLDOCUBE Freer X9の魅力です。

ALLDOCUBE Freer X9はこんな人におすすめ!

ALLDOCUBE Freer X9は、映像や写真の美しさを忠実にディスプレイに映してくれるタブレットをお探しの方におすすめです。

ONDA V975W intel 3735D RAM2G Retina液晶

ONDA V975Wの仕様・製品情報

取り扱い画面サイズ9.7インチ
取り扱いOSWindows8.1
メモリ
(動作容量)
2GB
ストレージ
(保存容量)
32GB
重量495g
最大バッテリー駆動時間非公開
幅×高さ×奥行241×8.5x169mm

ONDA V975Wのおすすめポイント3つ

  • デュアルスピーカー搭載
  • Retinaディスプレイ採用
  • 約8.5mmのスリムデザイン

ONDA V975Wの評判・評価

iPad Air 2と同様のサイズに同様のRetinaディスプレイ採用

ONDA V975Wは、iPad Air 2のRetinaディスプレイと同様の2048×1536という解像度を誇り、サイズや重量に関してもほぼ同様の仕様となっています。またONDA V975Wは、コスト面でも非常にすぐれたパフォーマンスを発揮しており、購入しやすいリーズナブルな価格も魅力です。

ONDA V975Wはこんな人におすすめ!

ONDA V975Wは、iPad AirのようなスリムデザインのWindowsタブレットをお探しの方におすすめです。

Teclast Tbook 10S タブレット Windows10&Android5.1 10.1インチ

Teclast Tbook 10Sの仕様・製品情報

取り扱い画面サイズ10.1インチ
取り扱いOSAndroid 5.1、Windows10
メモリ
(動作容量)
4GB
ストレージ
(保存容量)
64GB
重量545.9g
最大バッテリー駆動時間非公開
幅×高さ×奥行246.1×8.7×165.9mm

Teclast Tbook 10Sのおすすめポイント3つ

  • デュアルOSモデル
  • フルHDのIPS液晶ディスプレイ採用
  • 別売りのキーボードとドッキング可能

Teclast Tbook 10Sの評判・評価

WindowsとAndroidを使い分けられる

Teclast Tbook 10Sは、Windows OSとAndroid OSの両方のOSを搭載したデュアルOSモデルです。Teclast Tbook 10Sは、2種類のOSを自由に切り替えられることで、エンターテイメントからビジネスまで、様々なシーンで活躍してくれます。

Teclast Tbook 10Sはこんな人におすすめ!

Teclast Tbook 10Sは、Windows OSとAndroid OSの両方のOSを搭載したタブレットをお探しの方におすすめです。

Lenovo Tab4 10 Plus Android7.1 LTE

Lenovo Tab4 10 Plusの仕様・製品情報

取り扱い画面サイズ10.1インチ
取り扱いOSAndroid 5.1、Windows10
メモリ
(動作容量)
3GB
ストレージ
(保存容量)
16GB
重量475g
最大バッテリー駆動時間最大12時間
幅×高さ×奥行247x7x173mm

Lenovo Tab4 10 Plusのおすすめポイント3つ

  • パワフルな基本性能
  • 前後ろの両面に透明感あるガラス素材を採用
  • 閲覧制限や利用可能時間の設定ができる

Lenovo Tab4 10 Plusの評判・評価

家族で楽しめるマルチユーザー機能

Lenovo Tab4 10 Plusは、複数のアカウント登録ができるので、家族で共有して使用することができます。またLenovo Tab4 10 Plusは、小さなお子さん向けにWebサイトの閲覧制限や、タブレット使用時間の設定もできます。

Lenovo Tab4 10 Plusはこんな人におすすめ!

Lenovo Tab4 10 Plusは、家族でタブレットを共有して使用したい方におすすめです。

Jumper EZpad 4S Pro タブレットPC Windows10 IPSディスプレイ

Jumper EZpad 4S Proの仕様・製品情報

取り扱い画面サイズ10.6インチ
取り扱いOSWindows10
メモリ
(動作容量)
4GB
ストレージ
(保存容量)
64GB
重量640g
最大バッテリー駆動時間最大9時間
幅×高さ×奥行278.3×11169.7mm

Jumper EZpad 4S Proのおすすめポイント3つ

  • 128GBまでTFカード拡張可能
  • フルHDのIPS液晶ディスプレイ採用
  • 充実したインターフェイス

Jumper EZpad 4S Proの評判・評価

充実したインターフェイスと別売りキーボードで快適性アップ

Jumper EZpad 4S Proは、MicroUSBやマイクロHDMIの他、マイク&ヘッドフォンジャック、USB3.0などのインターフェイスが充実しているので、別売りのキーボードをドッキングさせると、モバイルノートPCのように使用できます。

Jumper EZpad 4S Proはこんな人におすすめ!

Jumper EZpad 4S Proは、インターフェイスが充実しているタブレットをお探しの方におすすめです。

まとめ

今回は、2018年最新版中華タブレットおすすめ10選をご紹介しました。中華タブレットの特徴やおすすめのポイント、選び方などわかっていただけたでしょうか。今回ご紹介した10モデルを参考に、コスパ良好な中華タブレットを探してみてくださいね。