じっくり読むと5分

iPhoneがlightningコネクタに変わってしまい、今までのイヤホンが使えなくなってしまった人やlightningコネクタに変換して使用している人も多いでしょう。

有名メーカーからも続々と品質の良いlightningイヤホンが発売されています。ここではおすすめのlightningイヤホンを厳選して11個紹介します。




lightningとは

lightning(ライトニング)とは、Apple独人の電源コネクタです。iPhone専用の充電器などにも使用されています。イヤホン以外にも充電器、USB、外部モニタの接続も可能です。

lightningはまだ珍しいタイプのコネクタであるため、普通のイヤホンよりは値段が高い傾向にあります。しかし、lightningは高音質には欠かせないDAC回路が組み込まれているので、良質な音が楽しめるというメリットがあります。

実は従来のイヤホンジャックよりもシンプルで高品質なコネクタです。

lightningイヤホンの選び方

lightningイヤホンの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

音質にこだわりたい人はさらに高機能を選ぶ

lightningイヤホンを選ぶ際に音を重要視したい人はハイレゾ音源に対応しているイヤホンやノイズキャンセリング機能が付いているイヤホンを選びましょう。

ハイレゾ音源に対応していると他のイヤホンよりも音楽を高音質で楽しめるし、ノイズキャンセリング機能は雑音を軽減してくれるので音楽に集中できます。音質にこだわりたいのであればこの2つの機能は見ておきましょう。

イヤホンの形で選ぶ

イヤホンの形状で選ぶのも1つの方法です。イヤホンの形状にはカナル型とインナーイヤー型があります。

一般的なイヤホンはカナル型が多く、耳の穴にイヤーピースを差し込んで使用するタイプです。

一方、インナーイヤー型は耳の外側に引っ掛けるようにして使用するイヤホンです。インナーイヤー型は一昔前の形というイメージがあるが耳への負担が少なく、周りの音も聞こえるので安全にイヤホンを使用できるというメリットがあります。

デザインで選ぶ

外出時に使用することも多いイヤホンはデザインにもこだわっておきたいところです。普通のイヤホンは可愛いデザインから格好いいデザインまでたくさんありますが、lightningイヤホンにも近年さまざまなデザインが登場しています。

特にイヤホンは誰もが使用しているアイテムなので、みんなと一緒のイヤホンは嫌だという人もいるでしょう。個性を出したい人はデザイン性にもこだわってみましょう。

lightningイヤホンの人気メーカー

次に、lightningイヤホンの人気メーカーとして、以下の3つを紹介します。

Pioneer(パイオニア)

オーディオ機器で有名な日本のメーカーであるパイオニア。1938年創業の老舗メーカーで日本の音響機器を支えてきました。今では家庭や車のオーディオ、テレビ、DVDプレイヤーなどさまざまなところでパイオニアを目にすることが多いでしょう。イヤホンやヘッドフォン事業にも力を入れており、品質の良いイヤホンを作っています。

AUDEZ’E(オーデジー)

NASAで使用されていた特殊な回路をヘッドフォンに採用することから始まったAUDEZ’Eの歴史はとても長いです。製造しているヘッドフォンやイヤホンは、さまざまな賞を受賞しています。AUDEZ’Eは独自に良い物を開発する力があり、技術面はイヤホンメーカーの中でもトップクラス。デザイン性にもこだわっており、BMW Groupの子会社であるDesignworksも協力しています。

Anker(アンカー)

充電器やスマホ、タブレットの開発・販売を行うAnkerは、2011年に設立されたルーキー的な位置づけにあるメーカーです。Googleでエンジニアとして働いていた者で設立した若きエースといったところでしょうか。現代の発想を取り込んでさまざまな商品開発に励んでいます。着々と規模が大きくなっているメーカーなのでこれかの商品にも期待できます。

JBL(ジェイビーエル)

1946年にアメリカで創立したJBLは世界でも有数の音響機器製造会社。JBLというメーカー名を聞いたことがるという人も多いのではないでしょうか。家庭用から業務用まで幅広く活躍しています。中でもスピーカーに特化しているので、その技術がイヤホンにも活かされています。良質な音を提供してくれるでしょう。

lightningイヤホンのおすすめ11選

Apple EarPods with Lightning Connector

Apple EarPods with Lightning Connectorのおすすめポイント3つ

  • インナーイヤー型
  • マイク・リモコン付き
  • 安心のApple純正品

Apple EarPods with Lightning Connectorのレビューと評価

Apple製のオーソドックスなlightningイヤホン

こちらはApple純正のlightningイヤホンです。手元のリモコンで音楽の再生・停止、音量調整などができます。マイク付きなのでハンズフリー通話も可能。最もオーソドックスなlightningイヤホンと言えるでしょう。インナーイヤー型となっており、耳に優しい構造も特徴の1つです。内蔵スピーカーは音の出力を最大限までに発揮できるように設計されているので音質も良好です。

Apple EarPods with Lightning Connectorの仕様・製品情報

ホワイト
重量 32g
形状 インナーイヤー型

Linner LNER-NC21LG

Linner LNER-NC21LGのおすすめポイント3つ

  • ノイズキャンセリング機能付き
  • 防水仕様
  • 周囲の音が聞こえるモニターモード

Linner LNER-NC21LGのレビューと評価

魅力的な機能が充実

こちらは機能が充実しているLinnerのイヤホンです。Linnerのノイズキャンセリング機能は優れており、雑音を約90%カットできます。カナル型で音楽に集中したい人のおすすめです。また音楽を止めることなく周囲の音が聞こえるようになる「モニターモード」を搭載しています。このモニターモードは意外に使用頻度が高くなるので重宝する機能です。防水仕様なので小ぶりの雨や汗に強く、外での使用も気軽にできます。機能面を重視したい人におすすめのlightningイヤホンとなっています。

Linner LNER-NC21LGの仕様・製品情報

ブラック、ローズゴールド
重量 22g
形状 カナル型

Links(リンクス) IC-Earphone

Links(リンクス) IC-Earphoneのおすすめポイント3つ

  • ハイレゾ音源に対応
  • フラットケーブルで絡み防止
  • 多機能リモートコントローラー搭載

Links(リンクス) IC-Earphoneのレビューと評価

低音重視のハイレゾ音源が楽しめる

ハイレゾ音源に対応しているlightningイヤホンの IC-Earphoneです。しかも価格がリーズナブルとコスパも高いです。若干低音が強めのイヤホンですが、ハウジングにアルミニウム合金シェルが採用されているのでクリアで奥行きのある音が楽しめます。爆音で音楽を聴いてもうるさすぎないというが特徴です。フラットケーブルで絡みにくいようになっているのでとても使いやすいようになっています。

Links(リンクス) IC-Earphoneの仕様・製品情報

ケーブル長さ 120cm
グレー、レッド、ホワイト、グリーン、ブルー
重量 20g
形状 カナル型

cheero(チーロ) CHE-613

cheero(チーロ) CHE-613のおすすめポイント3つ

  • LAM(lightning Audio Module)搭載
  • 別途lightningコネクタ付き
  • Cheero Earアプリを活用できる

cheero(チーロ) CHE-613のレビューと評価

二股のLightningイヤホンで充電しながら音楽が聴ける

lightningコネクタをイヤホンで使用すると充電器が使えなくなるので少し不便だなと感じている人はこちらのlightningイヤホンがおすすめです。イヤホンのlightningコネクタ以外にももう1つlightningコネクタが付いているので充電しながらの音楽鑑賞ができるのが魅力です。

またApple社の高音質のLAMが搭載されているので広い音域と迫力ある重低音などが体感できます。Cheero Earというアプリをダウンロードすれば好きな音質にカスタマイズ可能です。機能面や音質、コスパなどバランスの取れたイヤホンとなっています。

cheero(チーロ) CHE-613の仕様・製品情報

ケーブル長さ 120cm
ブラック、シルバー
重量 75g
形状 カナル型

Pioneer(パイオニア) RAYZ Plus SE-LTC5R-T

Pioneer(パイオニア) RAYZ Plus SE-LTC5R-Tのおすすめポイント3つ

  • ノイズキャンセリング機能付き
  • ポリウレタンフォーム製イヤーピース
  • 高級感のあるデザイン

Pioneer(パイオニア) RAYZ Plus SE-LTC5R-Tのレビューと評価

心地の良い装着感や機能面が充実したイヤホン

機能面や品質など万能タイプのlightningイヤホンです。パイオニアが独自に開発したポリウレタンフォーム製のイヤーピースは粘弾性がありフィット感に優れています。快適な使い心地が実感できるでしょう。

さらにノイズキャンセリング機能や別途充電用ポートも付いているので使い勝手も良いです。音量や通話の対応など手元のコントローラーで簡単に操作できるのもポイントとなっています。

Pioneer(パイオニア) RAYZ Plus SE-LTC5R-Tの仕様・製品情報

ケーブル長さ 120cm
グラファイト、ブロンズ
重量 5g
形状 カナル型

radius(ラディウス) HP-NHL21R

radius(ラディウス) HP-NHL21Rのおすすめポイント3つ

  • ハイレゾ音源が聴けるアプリ「NePLAYER Lite」対応
  • High-MFD構造採用
  • スタイリッシュなデザインが魅力

radius(ラディウス) HP-NHL21Rのレビューと評価

自分好みの音にカスタマイズできる

パソコン周辺機器などを扱うメーカー「ラディウス」のlightningイヤホンです。High-MFD構造と高品質なドライバーで高音域から低音域まで良質な音を再生できます。さらに専用アプリの「NePLAYER Lite」を使用するとハイレゾ音源で再生可能です。

さらにイコライザーやサラウンドも設定できて、設定した音質をいつでもコントローラーのボタン1つで呼び出しできるのも魅力です。自分好みの音質にカスタマイズできたり、デザイン性のあるイヤホンとして評価の高いlightningイヤホンとなっています。

radius(ラディウス) HP-NHL21Rの仕様・製品情報

ケーブル長さ 120cm
レッド
重量 10g
形状 カナル型

AUDEZ’E(オーデジー) iSINE20

AUDEZ’E(オーデジー) iSINE20のおすすめポイント3つ

  • 世界初の平面駆動方式ドライバー採用
  • オーデジーの多彩な独自技術
  • 20gの軽量設計

AUDEZ’E(オーデジー) iSINE20のレビューと評価

lightningのハイエンドイヤホンを探している人におすすめ

従来のイヤホンでは難しいとされていた「平面駆動方式」の30mmドライバーは本来ヘッドフォン規格です。しかし、オーデジーは世界初イヤホンに採用することに成功しています。

さらにオーデジーの多彩な独自技術がふんだんに詰め込まれているので音質は数あるイヤホンの中でも最高峰です。こんなに大きなドライバーを積んでおきながら20gの軽量設計も魅力となっています。値段が高めに設定されていますが、それ以上の価値のあるイヤホンです。

AUDEZ’E(オーデジー) iSINE20の仕様・製品情報

ケーブル長さ 150cm
レッド
重量 20g
形状 カナル型

Anker SoundBuds Digital IE10

Anker SoundBuds Digital IE10のおすすめポイント3つ

  • 抜群のフィット感
  • Apple MFi 認証
  • 防水仕様

Anker SoundBuds Digital IE10のレビューと評価

激しい動きでもしっかりとフィット

コスパの良いイヤホンに定評があるメーカーAnkerのlightningイヤホンです。4種類のイヤーピースと3種類のイヤーフックが付属で付いているので自分好みのフィット感を実現できるのもAnkerの気遣いが見られます。

またイコライザーモードで音質が調整可能となっています。自分好みにカスタマイズしたい人におすすめできるlightningイヤホンとなっています。IPX3防水仕様で外での使用やトレーニング時などにも向いています。

Anker SoundBuds Digital IE10の仕様・製品情報

ケーブル長さ 120cm
ブラック、グレー
重量 15g
形状 カナル型

JBL REFLECT AWARE

JBL REFLECT AWAREのおすすめポイント3つ

  • 高精度のノイズキャンセリング機能
  • 長時間の使用でも疲れにくい
  • 周囲の音を調整できる

JBL REFLECT AWAREのレビューと評価

JBLの70年間が詰まった高品質サウンド

品質の良い家庭用オーディオや業務用の音響機器を手掛けてきたメーカー「JBL」ならではの音が楽しめるlightningイヤホンです。高精度のハイブリッド式ノイズキャンセリング機能が採用されており、雑音やノイズの消音率は業界でもトップクラスです。仕事など集中したい人におすすめできます。

また周囲の音を3段階で調整できるので、外出時でも安全に使用できます。防水仕様なので夏場やトレーニング時にも最適です。

JBL REFLECT AWAREの仕様・製品情報

ケーブル長さ 120cm
ブラック、グリーン、ブルー、レッド
重量 30g
形状 カナル型

1MORE E1004

1MORE E1004のおすすめポイント3つ

  • ノイズキャンセリング機能に定評あり
  • 使い勝手の良いコントローラー
  • 快適設計で装着感も良し

1MORE E1004のレビューと評価

普段使いできるハイクラスイヤホン

ノイズキャンセリング機能に定評がある1MOREのE1004は、周囲の騒音やノイズの消音率がかなり良いというユーザーの声が多いです。独自開発のTiinlab A2が内蔵されているので静かな環境で音楽を楽しめます。

またハイブリッド型ドライバーなので音質も良好。人間工学設計で耳にも優しいlightningイヤホンです。

1MORE E1004の仕様・製品情報

ケーブル長さ 125cm
グレー
重量 26.5g
形状 カナル型

AKG(アーカーゲー) N5005

AKG(アーカーゲー) N5005のおすすめポイント3つ

  • 多彩なサウンドカスタマイズが可能
  • ハイブリッド型ドライバー
  • プレイヤー合わせたコネクタ付き

AKG(アーカーゲー) N5005のレビューと評価

全てが最上級グレードのハイクラスイヤホン

解像度が高く低音域から高音域のワイドレンジな音を再生できるN5005。ダイナミック型とバランスドアーマチュア型のドライバーを両方搭載したハイブリッド型となっており、ハイレゾ音源に対応しています。イヤーピースはサイズ変更可能で自分好みに調整できるのも魅力です。

lightningコネクタ以外にもミニジャック、ワイヤレスなどのさまざまなデバイスに対応したケーブルが付属されているのもポイント。好みの音質に調整できる4種類のチューニング・フィルターで高音域をクリアにしたり、低音域を重視したりと至れり尽くせりなイヤホンとなっています。

AKG(アーカーゲー) N5005の仕様・製品情報

ケーブル長さ 120cm
ブラック
重量 11g
形状 カナル型

まとめ

おすすめのlightningイヤホンを紹介してきました。機能や性能は従来のイヤホンと特に変わりません。むしろ、音質やノイズキャンセリングの性能は、lightningイヤホンの方が上かも知れません。lightningコネクタのiPhoneを使っている人やこれから購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。