【じっくり読むと4分】

USBハブはUSBポートを分岐させる、いわゆるUSBのタコ足配線に使うものです。本来パソコンに付いているUSBポートは2~4個程度のものが多いのですが、USBハブを使うことで多くの機器を繋げることができます。そんなUSBハブも現在ではとても豊富な種類が発売されておりますのでそこからおすすめを紹介します。




USBハブとは

USBとはパソコンの入力端子のひとつでキーボードやマウスからプリンター、スキャナーなど多くの対応製品を持つ最もポピュラーな入力端子です。ですが、数多くの商品がUSB端子を使いたいという状況になってしまい、パソコン本来の端子の数では足りなくなってきています。そこで役に立つのがUSBハブです。1つのUSB端子を複数繋げられるように分岐させるコンセントタップのようなもので対応製品が多いUSB端子には欠かせない商品です。

USBハブの選び方

端子の数はどれくらい必要か

USBハブ本来の目的である分岐させる部分ですが、必要になる端子の数によって購入する商品を選択しましょう。少ないものは3個程度ですが、多いものだと10個以上のものもあります。増えれば増えるほど使える機器が多くなるので便利になりますが本体が大きくなってしまうので場所を取ります。
設置スペースに合わせたものにしましょう。

通信速度にこだわる

USBの通信速度において現在一般的であるのがUSB2.0とUSB3.0の2種類の規格です。USB2.0は以前から使われていて転送速度の理論値は480Mbpsというものです。対してUSB3.0は5Gbpsとおよそ10倍の速度が出るようになっています。これによりハードディスクドライブなどデータを転送する際にかかる時間が大幅に短縮されるので使い方によっては速度も考えた方がよいでしょう。

電源の供給方法で選ぶ

USBハブの電源の供給方法はバスパワー式とセルフパワー式の2種類があります。バスパワー式はパソコン本体から電源を供給するのでコンセントが必要ありません。セルフパワー式はコンセントが必要ですが独立して電源を確保するので消費電力が大きい機器を接続することができます。マウスやキーボードなどにはバスパワー式、外付けハードディスクや外付けDVDドライブにはセルフパワー式がおすすめです。

USBハブのおすすめ15選

エレコム U2H-SN4NBBK

エレコム U2H-SN4NBBKのおすすめポイント3つ

  • お手頃価格
  • カラーが豊富
  • 横にもポートがある

エレコム U2H-SN4NBBKのレビューと評価

シンプルなバスパワータイプ

500円程度で購入可能なシンプルバスパワータイプです。ポップなカラーバリエーションで好みに彩ることができます。横にもポートがついているので幅広な機器をつなぐ場合にも他のポートに干渉することなく利用できます。

エレコム U2H-SN4NBBKの仕様・製品情報

ポート数4
電源供給バスパワー式
USB方式2.0

iBUFFALO BSH4U25BK

iBUFFALO BSH4U25BKのおすすめポイント3つ

  • シンプルデザイン
  • ドライバ不要
  • お客様の声からケーブルの長さを設定

iBUFFALO BSH4U25BKのレビューと評価

無駄の無いスタンダードなUSBハブ

使いやすく無駄を省いたスタンダードタイプのUSBハブです。お客様の声を参考にしてケーブルの長さを調整した結果、長すぎず短すぎずのちょうどいい長さになっています。ドライバも不要なので差し込むだけで使えます。

iBUFFALO BSH4U25BKの仕様・製品情報

ポート数4
電源供給バスパワー式
USB方式2.0

エレコム U3H-T405BBK

エレコム U3H-T405BBKのおすすめポイント3つ

  • USB3.0対応
  • マグネット付きで固定できる
  • ケーブルは長めの30cm

エレコム U3H-T405BBKのレビューと評価

USB3.0対応の高性能モデル

4ポートすべてがUSB3.0のポート搭載で高速通信が可能になったモデルです。強力なマグネットが備わっているのでスチール製のデスクなどに固定して使うことでズレを防止します。その分ケーブルの長さが30cmと長めになっているので設置場所も自由が利きます。

エレコム U3H-T405BBKの仕様・製品情報

ポート数4
電源供給バスパワー式
USB方式3.0

Anker USB3.0 ウルトラスリム 4ポートハブ

Anker USB3.0 ウルトラスリム 4ポートハブのおすすめポイント3つ

  • USB3.0対応
  • 高い堅牢性を持つ
  • 18カ月保証付き

Anker USB3.0 ウルトラスリム 4ポートハブのレビューと評価

丈夫さと保証を兼ね備えた長く使えるモデル

コンパクトでありながらUSB3.0の高速通信を備えているモデルです。強化設計されたケーブルと熱に強い端子を搭載していて丈夫なので長く使うことができます。また、Ankerというメーカーは品質に自信を持っていて、その表れとして18カ月もの長期保証をしてくれます。

Anker USB3.0 ウルトラスリム 4ポートハブの仕様・製品情報

ポート数4
電源供給バスパワー式
USB方式3.0

atolla USB3.0 ハブ 高速4ポート

atolla USB3.0 ハブ 高速4ポートのおすすめポイント3つ

  • USB3.0対応
  • 独立スイッチ付き
  • 60cmのケーブルで自由度が高い

atolla USB3.0 ハブ 高速4ポートのレビューと評価

独立スイッチで省エネ運用が可能なモデル

それぞれのポートに個別にスイッチがついていてON/OFFが可能になっているモデルです。これにより使わない機器を接続している部分だけオフにすることができるので省エネにも役立ちます。また、ケーブルが60cmとかなり長いので自由度が高いのも特徴です。

atolla USB3.0 ハブ 高速4ポートの仕様・製品情報

ポート数4
電源供給バスパワー式
USB方式3.0

atolla USB3.0 ハブ 高速4ポート+ 1充電ポート

atolla USB3.0 ハブ 高速4ポート+ 1充電ポートのおすすめポイント3つ

  • USB3.0対応
  • セルフパワー、バスパワー両対応
  • 充電専用ポートで高速充電

atolla USB3.0 ハブ 高速4ポート+ 1充電ポートのレビューと評価

充電専用ポートがついて更に便利に

上記のモデルに充電専用のポートを一つ追加したモデルです。セルフパワーとバスパワー、両方の給電方式に対応しているので外出時はコンパクトに持ち運べるバスパワー、自宅ではセルフパワーでハードディスクを接続するといった使い分けが可能になります。いつでもスマホを充電できるようになるのは魅力ですね。

atolla USB3.0 ハブ 高速4ポート+ 1充電ポートの仕様・製品情報

ポート数5
電源供給セルフパワー式/バスパワー式
USB方式3.0

エレコム U2H-TZ300BBK

エレコム U2H-TZ300BBKのおすすめポイント3つ

  • コンパクトタイプ
  • 直挿しでスッキリ
  • ホコリ防止キャップ付き

エレコム U2H-TZ300BBKのレビューと評価

パソコンへスマートに取り付けられるタイプ

本体を直接パソコンに差し込むケーブルレスなタイプのUSBハブです。直挿しすることでスッキリとポートを増やすことができます。ホコリを防ぐキャップが標準で付属しているので使わない時や不要なポートを保護しておくことでトラッキング火災などを防ぐ手段になります。

エレコム U2H-TZ300BBKの仕様・製品情報

ポート数3
電源供給バスパワー式
USB方式2.0

エレコム U3H-A408SBK

エレコム U3H-A408SBKのおすすめポイント3つ

  • セルフパワー式で安定供給
  • ケーブルはゆったり1m
  • USB3.0で高速通信

エレコム U3H-A408SBKのレビューと評価

セルフパワー式のスタンダードモデル

セルフパワー式なので電力を必要とする外付けハードディスクやDVDドライブなどの機器も安定して動かすことができます。接続機器が大きいものが多い分、ケーブルを長くすることで余裕をもって様々な機器を接続することができます。

エレコム U3H-A408SBKの仕様・製品情報

ポート数4
電源供給セルフパワー式
USB方式3.0

iBUFFALO BSH4A11BK

iBUFFALO BSH4A11BKのおすすめポイント3つ

  • セルフパワー式で安定供給
  • テレビにも使える
  • ケーブルは1.5mロングタイプ

iBUFFALO BSH4A11BKのレビューと評価

テレビでも使えるセルフパワータイプ

パソコンだけでなくテレビの録画用ハードディスクを接続するのにも使える優れものです。セルフパワー式なので電力不足にも悩まされることなく使えます。テレビでの使用を考慮してケーブルも1.5mのロングタイプなので安心です。

iBUFFALO BSH4A11BKの仕様・製品情報

ポート数4
電源供給セルフパワー式
USB方式2.0

SUPVIN USBハブ USB3.0 7ポート

SUPVIN USBハブ USB3.0 7ポートのおすすめポイント3つ

  • 7つの大量ポート
  • 個別スイッチ付き
  • セルフパワー、バスパワー両対応

SUPVIN USBハブ USB3.0 7ポートのレビューと評価

7つのポート搭載の大型タイプ

ポート数が7つと多めになっているので多くの機器を接続しておけるのが特徴です。接続機器が増えてきたらセルフパワー式として運用することで安定した動作が可能になります。また、個別にスイッチが付いているので使いたい機器だけを使うことができます。

SUPVIN USBハブ USB3.0 7ポートの仕様・製品情報

ポート数7
電源供給セルフパワー式/バスパワー式
USB方式3.0

SOWTECH 10ポート USB3.0 ハブ

SOWTECH 10ポート USB3.0 ハブのおすすめポイント3つ

  • 全ポートに保護キャップ付き
  • 大量10ポート
  • ライトで接続確認

SOWTECH 10ポート USB3.0 ハブのレビューと評価

個別キャップで安全性の高い10ポートモデル

それぞれの端子に保護キャップが付いているので使わないポートにホコリが入り込むのを防ぐことができます。接続することでライトが点灯するためわかりやすい作りになっています。ポート数は10もあるので足りなくなる心配もありません。

SOWTECH 10ポート USB3.0 ハブの仕様・製品情報

ポート数10
電源供給セルフパワー式
USB方式3.0

ORICO USB3.0ハブ 13ポート + 充電器 2ポート

ORICO USB3.0ハブ 13ポート + 充電器 2ポートのおすすめポイント3つ

  • 15ポートの大口モデル
  • アルミ製で放熱対策
  • 60Wセルフパワーで安定供給

ORICO USB3.0ハブ 13ポート + 充電器 2ポートのレビューと評価

驚異の15ポート搭載でビジネスにも活躍

とにかくポート数が多い15ポートモデルです。60Wのセルフパワー式で全ポートに機器を接続しても安定した動作が可能になっています。その分、熱を持ってしまうのですがアルミ製のボディが放熱を助けてくれるので心配いりません。

ORICO USB3.0ハブ 13ポート + 充電器 2ポートの仕様・製品情報

ポート数15
電源供給セルフパワー式
USB方式3.0

黒ひげUSBハブ

黒ひげUSBハブのおすすめポイント3つ

  • 個性的なデザイン
  • 実際に遊べる
  • バスパワー式でどこでも使える

黒ひげUSBハブのレビューと評価

あの黒ひげ危機一髪がUSBハブに

おもちゃの定番である黒ひげ危機一髪にUSBハブの機能を追加したとてもユニークな一品です。USBポートは本体の背面にあり、正面の穴は普通に剣を刺して遊べるので他にはない楽しめるUSBハブとなっています。家でのインテリア小物としても楽しめますね。

黒ひげUSBハブの仕様・製品情報

ポート数4
電源供給バスパワー式
USB方式2.0

TaoTech ロボット USBハブ

TaoTech ロボット USBハブのおすすめポイント3つ

  • ロボット型の可愛いデザイン
  • 目が光る遊び心
  • 個性の演出にピッタリ

TaoTech ロボット USBハブのレビューと評価

ロボットの手足がUSBポート

デザイン性を重視したロボット型のUSBハブです。両手両足がUSBポートになっていて機器を接続することができます。接続することで目が光る遊び心もあり、ほかにはないデザインですので卓上に置いておけば注目されること間違いなしですね。

TaoTech ロボット USBハブの仕様・製品情報

ポート数4
電源供給バスパワー式
USB方式2.0

POPWOODS ハブアダプタ7イン1マルチポート

POPWOODS ハブアダプタ7イン1マルチポートのおすすめポイント3つ

  • USBハブにとどまらない機能性
  • コンパクトタイプ
  • 持ち運びに便利なポーチ付き

POPWOODS ハブアダプタ7イン1マルチポートのレビューと評価

多用途に役立つオールインワンモデル

MacBookなどのタイプCコネクタを持つものに対応しており、USBハブとしてだけでなくその他の接続端子を併せ持つモデルです。SDカードやHDMIでの映像出力などもできるのでこれ一つで様々な用途に対応できるのが大きな魅力です。

POPWOODS ハブアダプタ7イン1マルチポートの仕様・製品情報

ポート数3
電源供給バスパワー式
USB方式3.0

まとめ

USBポートを増やすというだけでもどの程度の数が必要なのか、通信の速度は速さが必要かなど検討する材料は多いので目的に沿ったモデルを探してみてください。こういった小物に個性を出すのもアクセントになって面白いかもしれませんね。