ワイシャツに使うアイロン・スチーマーのおすすめ人気5選

じっくり読むと2分30秒

今回は目的別・タイプ別のおすすめアイロンとスチーマーを紹介していきます。通常のアイロン台を用いての平がけにピッタリなもの、デザイン性にもこだわりたい人向けのもの、スチーム重視の人におすすめのもの、のりのきいたYシャツを着たい人向けのものや厚手の衣類向けタイプのものなどを取り扱います。他にも素材月の温度調節、正しいアイロンのかけ方など、わかりやすく簡単に説明していきます。毎日袖を通すものなのだから、アイロンはしっかり選びましょう。

ワイシャツにアイロンがけは不要?

Yシャツは、出来ればきちんとアイロンがけをすることをおすすめします。ヨレヨレのYシャツは、着ている人の印象を悪くする要因にもなり得るからです。のりのきいたピシッとしたYシャツは、その人を清潔で『出来る人』に見せてくれます。ビジネスの場では必須のアイテムといっても過言ではないでしょう。

ワイシャツの簡単なアイロンのかけ方

以下に、簡単にできるアイロンのかけ方を紹介します。

  • Yシャツの洗濯表示タグで素材の確認をする
  • アイロンを、Yシャツの素材に合った温度に設定
  • アイロン台にYシャツを置き、軽く手でシワを伸ばす
  • 襟・肩・袖口・袖・右前身頃・背中・左前身頃の順にかける
  • この時、軽く生地を引っ張りながらかける
  • 最後にポケット・裏地にかける

アイロンの温度は、そのYシャツの素材に合ったものにする必要があります。例えば綿や麻なら高温、ポリエステルやシルクならば中温、アクリルなら低温といったように、素材によって温度を変えていきます。

ワイシャツにおすすめのアイロン・スチーマー5選

Kocokara ハンディアイロン

Kocokara ハンディアイロンの仕様・製品情報

サイズ 34.5×8×9cm
重量 1.04kg
温度調節範囲 60~220度
タンク容量 100ml
消費電力 900w

Kocokara ハンディアイロンのおすすめポイント3つ

  • 必要なものが全て揃っている
  • ハンガーにかけたまま使える
  • 短時間で出来て手間暇いらず

Kocokara ハンディアイロンのレビューと評価

アイロンがけは面倒、という概念を覆す商品

このアイロンの良さは、一言でいえば『非常に簡単ですべてが楽ちん』なことでしょう。まずハンガーにかけたまま使えるのでアイロン台が要らず、立ったままさっと使える手軽さが魅力的です。また専用のアイロンミトンやブラシなどの必要な付属品が一式揃っているので、これ一つで様々な衣類に対応できる汎用性の高さもあります。もちろんアイロン台を使っての平がけもできますし、ハンディ型なので場所をとらずにしまえます。アイロンミトンを使えば更に時短ができるので、朝の忙しい時間帯でもササッと行えます。非常に簡単でアイロンは面倒だというイメージを一変させる商品と言えます。

Panasonic コードレススチームアイロン 『カルル』 NI-WL404-P

Panasonic コードレススチームアイロン 『カルル』 NI-WL404-Pの仕様・製品情報

サイズ 11×22.6×13cm
重量 1.0kg
持続時間 180秒
タンク容量 120ml
消費電力 1400w

Panasonic コードレススチームアイロン 『カルル』 NI-WL404-Pのおすすめポイント3つ

  • スタイリッシュでおしゃれな外見
  • 強力なスチームでハンディアイロンとしても使える
  • 立ち上がりが早く女性でも持ちやすい重さ

Panasonic コードレススチームアイロン 『カルル』 NI-WL404-Pのレビューと評価

デザイン性の高さと機能性の高さを両立させた一品

カルルのおすすめポイントは、なによりもまず『デザイン性の良さ』と『立ち上がりの速さ』にあるでしょう。紅色みがかったピンクのスケルトンボディに、縁に黒の太いラインが入ったカラー、丸みを帯びたシンメトリーでありながら機能的なボディラインは、アイロン特有の所帯じみた印象を一蹴するデザイン性の高さです。また電源を入れてからの立ち上がり時間にも定評があり、レビューではその速さに驚く声が多数存在していました。他にも重量1.0kgと、女性でも片手で持てる軽さも注目してほしいポイントです。

Panasonic ハンディスチーマー ダークブルー NI-FS540-DA

Panasonic ハンディスチーマー ダークブルー NI-FS540-DAの仕様・製品情報

サイズ 7×15×15cm
重量 705g
立ち上がり時間 24秒
注水量 50ml
消費電力 950w

Panasonic ハンディスチーマー ダークブルー NI-FS540-DAのおすすめポイント3つ

  • 重量1.0kg以下の軽量さ
  • 棚に置いても様になるインテリア性の高さ
  • 最長4分間の長時間スチーム

ハンディスチーマー ダークブルー NI-FS540-DAのレビューと評価

3倍パワフルスチームで頑固なシワも撃退

このアイロンのおすすめ理由は、『機能美あふれたデザイン』と『3倍のスチーム』の2つにあるといえます。すぐ使えるようにリビングの棚などに置いておくだけでも様になるデザインの良さは、さながらインテリア用品のようです。また通常の3倍もの大容量のスチームを使えることも、アイロンがけの際は便利でしょう。使っている人の感想では、かなりのハイパワーで、厚手の生地のしつこいシワも難なく伸ばせるとのことでした。

ティファール アクセススチーム DR8085J0

ハンディスチーマー ダークブルー NI-FS540-DAの仕様・製品情報

サイズ 11.5×15.4×28.3cm
重量 900g
コード長 3m
タンク容量 50ml
消費電力 1200w

Panasonicティファール アクセススチーム DR8085J0のおすすめポイント3つ

  • スチームの量はなんと最大で23g/分
  • スチームの噴出時間は最大で18分!
  • アイテムがけ出来ない衣類にピッタリ

ティファール アクセススチーム DR8085J0のレビューと評価

コートやブラウスなどが沢山ある人に

このスチーマーは、シャツなどの衣類よりも『コート』や『ジャケット』などに向くアイテムでしょう。使っている人の話では、Yシャツなどはやはり通常のアイロンで平がけしたほうがきれいになるそうです。しかし1分間に23gもの水量を誇るパワフルなスチームは、それだけでも価値があります。仕舞いっ放しでシワシワになったコートなど、これ一つで十分対応できます。単純に『大容量で強力なスチーマーが欲しい!』と思っている人にはおすすめアイテムと言えるでしょう。

DBK スチームアイロン J80T

DBK スチームアイロン J80Tの仕様・製品情報

サイズ 12.5×24×14.5cm
重量 1.5kg
コード長 1.8m
孔数 25
消費電力 950w

DBK スチームアイロン J80Tのおすすめポイント3つ

  • 昔ながらのレトロなデザイン
  • コード付きなので持続時間が気にならない
  • ズッシリした重さで平がけに最適

DBK スチームアイロン J80Tのレビューと評価

機能性重視の昔ながらのアイロンが欲しい人へ

このアイロンは余計な機能や装飾がない、単純にアイロンとしての機能を追求しているところが魅力のアイテムです。コードレスではないので使用範囲は狭いですが、その分使用時間を気にしなくてよく、また重量1.5kgとかなり重めなので、女性でも簡単にプレスができます。温度の調節機能もわかりやすく、デザインもレトロながら洗練されているので、絵になります。変な機能はいらないから、しっかりとシワを伸ばせる使いがってのいいアイロンが欲しい、そんな人におすすめです。

まとめ

以上、機能やデザイン、目的別におすすめのアイロンとスチーマーを紹介してきましたが、如何でしたでしょうか。気に入ったアイロンは見つかりましたか。一口にアイロンと言っても、ハンガーにかけたまま使えるタイプや平がけタイプ、スチーム特化型のタイプと様々なものが存在します。ここではそれらのタイプの中でも、特におすすめのものを厳選しました。ぜひ自分が欲しいタイプのものを選んでみてください。