Razerのゲーミングキーボードの特徴、おすすめ7選の評価を解説

【じっくり読むと3分30秒】

ゲーミングキーボードにはゲーム向けに数多くの機能が搭載されているものが多く、操作性がとても向上します。オンラインゲームなどでは少しの操作ミスや遅延が命取りになることも多く、パソコンゲーマーにとって快適な操作性というのは必須です。今回はそういったゲーミングキーボードにスポットを当ててRazerのおすすめのモデルを紹介していきます。

Razerとは。メーカーの特徴

Razerはパソコンゲーム向けのマウスやキーボードなどの周辺機器を数多く発売しているメーカーです。パソコンゲーマーであれば知らない人はいないといえるほどの有名メーカーで、その商品には最先端の技術と機能が盛り込まれています。また、Razerのスローガンは「For Gamers. By Gamers」(ゲーマーによるゲーマーのための製品)としており、いかにゲームに情熱をかけているのかがうかがえます。

Razer製ゲーミングキーボードの特徴

次に、Razer製ゲーミングキーボードの特徴を2つのポイントから解説します。

静音性が高く、静か

キー入力をした際の音が非常に小さくなっているのが特徴です。そのため、ゲームに集中することができるのでスコアアップにもつながりそうですね。また、夜に家族が寝静まった後にゲームをするという方にも音が静かという点はおすすめです。一般的なキーボードのキーを打つ音は意外と響きますので静かな場所で使う際には静音性という部分は非常に重要になってきます。

コントロール性能が高く、手への負担も少ない

ゲームにおいてキーボードの反応速度は非常に重要なポイントです。Razerのキーボードはそういった一瞬の動作においてもしっかりと対応できるように作られています。また、人間工学に基づいたデザインで手への負担が少なくなるように設計されているものがあります。これにより長時間キーボードを操作しても疲れにくくなるので長くゲームを楽しみたいという方にもおすすめです。

Razer製ゲーミングキーボードの選び方

次に、Razer製ゲーミングキーボードの選び方を以下の2つのポイントから解説します。

操作の快適性で選ぶ

一番重要になる点はやはり操作の快適性や反応の良さなどの操作感です。そもそもゲーミングキーボードを使う理由というのはまずはこれにだと思います。ショートカットキーの登録や反応速度、複数のキーを同時に押すという動作に対応しているか、などがポイントとして挙げられます。また、キーの押し心地である打鍵感は静音性ともつながり、こちらも快適さを司る重要な点になっています。

耐久性の高さを見る

ゲーミングキーボードはゲームにもよりますが通常のキーボードと違って特定のキーをよく押すようになります。そのためキーボードの一部分だけが消耗してしまうのですが、Razerのキーボードは耐久性を大幅に向上させているので壊れにくいというのが特徴として挙げられます。モデルによってはなんと8,000万回もの打鍵にも耐えるというものも出ています。

Razerのゲーミングキーボードおすすめ最強7選

Razer BlackWidow Chroma V2 JP

Razer BlackWidow Chroma V2 JPのおすすめポイント3つ

  • ゲーム用に開発
  • 8,000万回の耐久性
  • 快適なエルゴノミクスリストレスト

Razer BlackWidow Chroma V2 JPのレビューと評価

Razerを代表するゲーミングキーボード

Razerの中で最も有名なシリーズである「BlackWidow」の名前を継ぐモデルです。ゲーミングキーボードとして設計されているため、正確、高耐久はもちろん特別設計されたリストレストは長時間のゲームでもいつでも快適に楽しむことができます。

Razer BlackWidow Chroma V2 JPの仕様・製品情報

サイズ 171mm x 475mm x 39mm
重量 1500g

Razer BlackWidow Chroma V2 JP Yellow Switch

Razer BlackWidow Chroma V2 JP Yellow Switchのおすすめポイント3つ

  • 静音性が向上
  • スムーズな打鍵感
  • 10個のキーの同時入力に対応

Razer BlackWidow Chroma V2 JP Yellow Switchのレビューと評価

より静音性が向上したメカニカルスイッチで快適

Razerの中で最も有名なシリーズである「BlackWidow」の名前を継ぐモデルの一つです。こちらはより静音性とスムーズな打鍵感を特徴としている「Razer Yellowメカニカルスイッチ」を搭載しているのが特徴です。10個のキー入力を同時に行えるので操作ミスも起こしにくくなります。

Razer BlackWidow Chroma V2 JP Yellow Switchの仕様・製品情報

サイズ 171mm x 475mm x 39mm
重量 1500g

Razer BlackWidow Ultimate 2018 JP

Razer BlackWidow Ultimate 2018 JPのおすすめポイント3つ

  • 耐水・耐塵性能付き
  • 耐久性が高い
  • 自分好みにカスタマイズ

Razer BlackWidow Ultimate 2018 JPのレビューと評価

耐水・耐塵性能を持つ高耐久モデル

「BlackWidow」シリーズの中で耐久性を向上させたモデル。IP54の耐水・耐塵性能があるのでうっかり水をこぼしてしまった、といった時にも安心です。耐久性能も非常に高く、最大8,000万回ものキーストロークに耐えるタフさを備えています。

Razer BlackWidow Ultimate 2018 JPの仕様・製品情報

サイズ 180mm x 447mm x 43mm
重量 1350g

Razer Ornata JP

Razer Ornata JPのおすすめポイント3つ

  • 完全新設計のメカニカルスイッチ
  • ライティングが美しい
  • お手頃価格で購入可能

Razer Ornata JPのレビューと評価

初めての方向けなお手頃価格のモデル

Razerのゲーミングキーボードの中では10,000円を切るお手頃な価格で購入できるモデルです。初めてゲーミングキーボードを購入するという方におすすめとなっていますが、機能面は充実しています。キーは完全新設計による技術が搭載され打鍵感もよく、リストレストもついているので快適です。

Razer Ornata JPの仕様・製品情報

サイズ 153mm x 463mm x 31mm
重量 948g

Razer DeathStalker Ultimate

Razer DeathStalker Ultimateのおすすめポイント3つ

  • 液晶キー搭載で自由度が高い
  • ゲーム中の情報を表示できる
  • 10個のコマンドを同時に動かせる

Razer DeathStalker Ultimateのレビューと評価

10キー部分が液晶になった上位モデル

10キーの部分が液晶になっており、独自にカスタマイズできるのが最大の特徴です。ゲームによってはその液晶部分に情報を表示することができるサイドスクリーンとして使えるので非常に便利です。少々値段は高めですがそれに見合った性能のモデルです。

Razer DeathStalker Ultimateの仕様・製品情報

サイズ 262mm x 566mm x 66mm
重量 2180g

Razer Tartarus V2

Razer Tartarus V2のおすすめポイント3つ

  • 32個のプログラム可能なキー
  • バックライトパターンは1,680万色
  • パームレスト付きで疲れにくい

Razer Tartarus V2のレビューと評価

キーボードを更に拡張する左手用キーパッド

キーボードでの入力を32個のキーに割り当てることで操作性を大幅に向上させるキーパッドです。ゲームに合わせてショートカットやマクロを登録しておくことで今までにないほど動作は快適になるでしょう。手首への負担を減らすパームレストもあるので長時間のプレイでも疲れにくくなっています。

Razer Tartarus V2の仕様・製品情報

サイズ 153mm x 203mm x 60mm
重量 349g

Razer Orbweaver Chroma

Razer Orbweaver Chromaのおすすめポイント3つ

  • 20個のキーとパッドで快適操作
  • 耐久性が向上
  • リストレストはサイズ調整可能

Razer Orbweaver Chromaのレビューと評価

耐久性を向上させた左手用キーパッド

耐久性能として最大6,000万回の打鍵に耐えるメカニカルスイッチを搭載しているキーパッドです。ボタン数は20個で8方向のサムパッドを搭載しており、それぞれに割り当てることで快適な操作性を再現します。リストレストはサイズ調整が可能なのでどんな方にもフィットするのもうれしいですね。

Razer Orbweaver Chromaの仕様・製品情報

サイズ 154mm x 202mm x 55mm
重量 395g

まとめ

ゲーミングキーボードとしては最高峰のモデルを開発・販売しているRazer。今後eスポーツと呼ばれるゲームの大会が一般化してきたらこういったキーボードは必須になりますね。一歩先のアイテムとして検討してみてはいかがでしょうか。