【読了時間:じっくり読むと6分】

パンタグラフキーボードのメリット、デメリット、選び方、人気のメーカー(ロジクール・FILCOなど)などを解説し、ゲームミング向けのモデルや静かなタイピングができる静音モデル、無線接続モデルや有線接続のモデルなど、おすすめのパンタグラフキーボード10選を紹介します。




パンタグラフキーボードとは

パンタグラフキーボードの「パンタグラフ」とは、キーの内部にある部品が電車のパンタグラフに似ていることから名づけられています。パンタグラフキーボードの内部には、接点シートとラバードーム、パンタグラフが内蔵されており、パンタグラフのおかげで、キートップのどこを押しても垂直にキーが下がる仕様になっています。

また、パンタグラフキーボードのキーストロークは浅めなので、非常にスリムに作ることができ、ノートPCやモバイルPCに搭載されている多くのキーボードが、パンタグラフ式のキーボードです。

パンタグラフキーボードのメリット

浅いキーストローク

パンタグラフキーボードのキーストロークは浅いので、高速でのタイピングに向いています。オフィスでデータ入力をされている方や、長文をタイピングされる方にとって、より速くタイピングできるパンタグラフキーボードはメリットになるでしょう。

またパンタグラフキーボードでのタイピングは、疲れにくいというメリットも持ち合わせているので、長時間タイピングされる方にもおすすめです。

打鍵音が静か

パンタグラフキーボードの打鍵音は、その他のキーボードに比べて静かです。パンタグラフキーボードのキーは軽い力で押すことができますし、キーストロークも浅いので、キーの鳴る音も小さくなります。

パンタグラフキーボードの静音性にすぐれたキースイッチは、オフィスでタイピングをする方や、夜間にタイピングを行う方にもおすすめです。

スリムで携帯性にすぐれている

パンタグラフキーボードの1番のメリットは薄さです。パンタグラフ式のキー構造は、深さが必要なくスリムな構造をしているために、キーボード全体の厚みも薄くすることができます。

パンタグラフキーボードのタイプによっては、厚さが1cmに満たないモデルも見られますし、ボディがスリムになれば重量も軽くなるので、必然的に携帯性がよくなります。

パンタグラフキーボードのデメリット

耐久性の低さ

パンタグラフキーボードのデメリットとしてよく挙げられるのが耐久性の低さです。パンタグラフキーボードのスイッチに使用されている部品は、プラスチック製が多く、金属製の部品を使用しているメカニカルキーボードと比較すると、耐久性は劣ります。

パンタグラフキーボードを購入する際には、耐久性に関する仕様もチェックしておくとよいでしょう。

ミスタッチしやすい

パンタグラフキーボードのキーは、表面が平らなために隣のキーとの境目を指先が感じにくく、ミスタッチが増えてしまうというデメリットがあります。またパンタグラフキーボードは、キーストロークが浅いので、横のキーを一緒に押してしまうというミスタッチも起こりがちです。

パンタグラフキーボードのデメリットであるミスタッチの増加を防ぐために、キーとキーの間を空ける「アイソレーション」配置を採用しているモデルもあるので、購入の際にはチェックしましょう。

パンタグラフキーボードのおすすめメーカー

ロジクール

ロジクールは、キーボードやマウスを製造しているメーカーとしては最も有名で、パンタブラフキーボードに関しても豊富なラインナップを揃えています。

ロジクールのパンタグラフキーボードは、コンパクトで取り回しのしやすいモデルから、フルサイズでスペックの充実したモデルまでを網羅してくれており、PCゲームに適したモデルやLEDバックライト搭載モデルなど、様々な特徴を持ったパンタグラフキーボードを揃えてくれています。

FILCO

FILCOは、質の高いメカニカルキーボードを製造していることで有名なメーカーですが、パンタグラフキーボードに関しても販売しています。FILCO製のパンタグラフキーボードは、キーの打ち心地が好評で、静かで滑らかなタイピングを実現してくれます。

また、FILCOのパンタグラフキーボードは、シンプルでスタイリッシュなデザインなので、接続するデバイスの種類を問わずマッチしてくれます。

パンタグラフキーボードの選び方

接続方式で選ぼう

パンタグラフキーボードの接続方法には、無線ワイヤレスタイプやBluetooth接続タイプ、有線接続タイプなどがあります。パンタグラフキーボードを携帯して、ノートPCやモバイルPCと接続して使用する場合には、ケーブルの必要がない無線ワイヤレスタイプやBluetooth接続タイプがおすすめです。

また。FPSゲームなどにパンタグラフキーボードを使用する場合は、有線接続タイプを選択すると、タイムラグが生じる心配が軽減されます。

対応しているOSで選ぼう

パンタグラフキーボードは、それぞれのモデルによって対応しているOSが違います。携帯性にすぐれたパンタグラフキーボードは、複数のデバイスに接続する機会が多いキーボードです。

WindowsやMac OS、Android、Chromeといった様々な種類のOSに対応してくれているパンタグラフキーボードもありますし、1種類のOSのみ対応のパンタグラフキーボードもあります。使用するOSの種類にあったパンタグラフキーボードを選ぶようにしましょう。

サイズ・重さで選ぶ

パンタグラフキーボードの大きさや薄さ、重量で選ぶ方法です。スリムなボディが魅力のパンタグラフキーボードなので、外出時に携帯する目的で購入する方もおられます。パンタグラフキーボードを鞄に入れて持ち運ぶなら、鞄のサイズを調べておく必要がありますし、会社内の色々な場所で使用する場合には、軽量なパンタグラフキーボードが快適でしょう。

パンタグラフキーボードを使用する目的や、場所に応じて、サイズや重量を考慮してみましょう。

パンタグラフキーボードのおすすめ10選

Logicool(ロジクール) K380 MULTI-DEVICE BLUETOOTH KEYBOARD ワイヤレスキーボード マルチOS:Windows Mac iOS Android Chrome OS対応

Logicool(ロジクール) K380 MULTI-DEVICE BLUETOOTH KEYBOARDの仕様・製品情報

サイズ(W×D×Hmm)279×124×16mm
重量423g
接続タイプBluetooth
対応OSWindows、Mac OS、iOS、Chrome OS
キーレイアウト84キー日本語レイアウト
付属品単4形乾電池×2、取扱説明書

Logicool(ロジクール) K380のおすすめポイント3つ

  • 最大3つの端末に同時接続可能
  • コンパクトで携帯性抜群
  • コスパ良好

Logicool(ロジクール) K380 MULTI-DEVICE BLUETOOTH KEYBOARDのレビューと評価

Logicool K380 MULTI-DEVICE BLUETOOTH KEYBOARDは、Bluetooth接続対応のパンタグラフキーボードで、3つのデバイスを同時接続することが可能です。またLogicool K380 MULTI-DEVICE BLUETOOTH KEYBOARDは、Windows・Mac OS・Android・Chromeなど様々な種類のOSに対応しているので、複数の端末を使用する方におすすめです。

Logicool(ロジクール) IllUMINATED KEYBOARD K740 イルミネートキーボード

Logicool(ロジクール) IllUMINATED KEYBOARD K740の仕様・製品情報

サイズ(W×D×Hmm)457×190×9.3mm
重量1050g
接続タイプ有線(USB)
対応OSWindows
キーレイアウト111キー日本語レイアウト
付属品取扱説明書

Logicool(ロジクール) IllUMINATED KEYBOARD K740のおすすめポイント3つ

  • 静かで快適なタイピング音
  • 読み取りやすいバックライトキー
  • パームレスト内蔵

Logicool(ロジクール) IllUMINATED KEYBOARD K740のレビューと評価

Logicool IllUMINATED KEYBOARD K740には、バックライトが搭載されており、キーの文字を明るく照らすことで読み取りやすくしてくれるキーボードです。また、Logicool IllUMINATED KEYBOARD K740のキーシステムは、静かでスムーズなタイピングが可能なので、疲労を軽減して快適性をアップしてくれます。

FILCO(フィルコ) Excellio BT 日本語109配列 Bluetooth3.0接続 Windows 8対応 パンタグラフ式キーボード マルチペアリング4台対応(ワンタッチ式) ブラック FKBE109/JBT

FILCO(フィルコ) Excellio BTの仕様・製品情報

サイズ(W×D×Hmm)447×141×24mm
重量810g
接続タイプBluetooth
対応OSWindows
キーレイアウト84キー日本語レイアウト
付属品単4形乾電池×2、取扱説明書

FILCO(フィルコ) Excellio BTのおすすめポイント3つ

  • 最大4台の端末とマルチペアリング可能
  • 高い剛性を誇るボディ
  • 有線モデルや別キー配置モデルも有り

FILCO(フィルコ) Excellio BTのレビューと評価

FILCO Excellio BTは、メカニカルキーボードで有名なFILCO社のパンタグラフ式キーボードです。安価なキーボードにありがちなタイピング時のしなりを防ぐために、FILCO Excellio BTのボディは高剛性を誇っており、快適な打ち心地を実感できます。

FILCO(フィルコ) Matias Wireless Aluminum Keyboard FK418BTS-JP Bluetooth3.0 MAC配列/日本語カナあり マルチペアリング4台 シルバー/ホワイト

FILCO(フィルコ) Matias Wireless Aluminum Keyboardの仕様・製品情報

サイズ(W×D×Hmm)441×116×19mm
重量535g
接続タイプBluetooth
対応OSMac OS
キーレイアウト日本語レイアウト
付属品非公開

FILCO(フィルコ) Matias Wireless Aluminum Keyboardのおすすめポイント3つ

  • アルミ製薄型ボディ
  • Apple製デバイスともマッチする4色のラインナップ
  • Mac OS対応

FILCO(フィルコ) Matias Wireless Aluminum Keyboardのレビューと評価

FILCO(フィルコ) Matias Wireless Aluminum Keyboardは、Mac OS対応のパンタグラフキーボードです。、FILCO(フィルコ) Matias Wireless Aluminum Keyboardのデザインは、Apple製デバイスとの相性も良く、MacbbookやiPadなどに接続するパンタグラフキーボードとしては最適です。

ELECOM(エレコム) TK-FDP099TBKの仕様・製品情報

サイズ(W×D×Hmm)367.1×127.5×21.2mm(本体)、19.5×15.7×6.5mm(レシーバー)
重量488g(本体)、2g(レシーバー)
接続タイプ2.4GHzワイヤレス
対応OSWindows、Mac OS
キーレイアウト104キー日本語レイアウト
付属品動作確認用単4形アルカリ乾電池×2、レシーバーユニット、ユーザーズマニュアル

ELECOM(エレコム) TK-FDP099TBKのおすすめポイント3つ

  • 超薄型ボディ
  • コンパクトで携帯性抜群
  • コスパ良好

ELECOM(エレコム) TK-FDP099TBKのレビューと評価

ELECOM TK-FDP099TBKは、コンパクトで薄型のボディながら、テンキー付で日本語レイアウトの104キー配置を採用しています。Windows OSとMac OSのどちらにも対応可能で、携帯性にもすぐれているELECOM TK-FDP099TBKは、様々な場所で活躍してくれます。

BUFFALO(バッファロー) BSKBB500BK BT3.0 薄型コンパクトキーボード ブラック

BUFFALO(バッファロー) BSKBB500BKの仕様・製品情報

サイズ(W×D×Hmm)233×125×6mm
重量152g
接続タイプBluetooth
対応OSWindows、Mac OS、iOS、Android、PS3/4
キーレイアウト64キー英語レイアウト
付属品充電用USBケーブル(microB-TypeA)、取扱説明書

BUFFALO(バッファロー) BSKBB500BKのおすすめポイント3つ

  • Windows、Mac OS、iOS、PS3/4に対応
  • コンパクトで超軽量ボディ
  • タイプミスを軽減するアイソレーションデザイン

BUFFALO(バッファロー) BSKBB500BKのレビューと評価

BUFFALO BSKBB500BKは、コンパクトで軽量な携帯性にすぐれたパンタグラフキーボードです。また、BUFFALO BSKBB500BKは、Windows OS端末、Mac OS端末、iOS端末、PlayStation3/4などの幅広いデバイスに対応可能なことが魅力です。

サンワサプライ SKB-SL17BKN USBスリムキーボード テンキー付き ブラック

サンワサプライ SKB-SL17BKNの仕様・製品情報

サイズ(W×D×Hmm)345×115×19mm
重量300g
接続タイプ有線(USB)
対応OSWindows
キーレイアウト102キー日本語レイアウト
付属品非公開

サンワサプライ SKB-SL17BKNのおすすめポイント3つ

  • キータッチを助けるキーボードカーブデザイン
  • テンキー付でコンパクトなボディ
  • 抜群のコストパフォーマンス

サンワサプライ SKB-SL17BKNのレビューと評価

サンワサプライ SKB-SL17BKNは、驚くほどリーズナブルな価格で購入できるパンタグラフキーボードです。サンワサプライ SKB-SL17BKNは、テンキー付のフルサイズキーボードにもかかわらず、ボディの幅を約350mmに抑え、場所のとらない設計になっています。

COUGAR(クーガー) 200K CGR-WXNMB-200 ゲーミングキーボード日本語配列

COUGAR(クーガー) 200Kの仕様・製品情報

サイズ(W×D×Hmm)450×165×23mm
重量870g
接続タイプ有線(USB)
対応OSWindows
キーレイアウト109キー日本語レイアウト
付属品非公開

COUGAR(クーガー) 200Kのおすすめポイント3つ

  • 左利き用にキーの置き換え可能
  • スチール仕様の頑丈なボディ
  • 7色のバックライト搭載

COUGAR(クーガー) 200Kのレビューと評価

COUGAR 200Kは、静かで速いキーレスポンスが特徴のゲーミングパンタグラフキーボードです。COUGAR 200Kは、7色バックライトやスチールプレート内蔵の頑強なボディ、アンチゴースト機能など、ゲームに最適な機能を搭載しています。

BitTradeOne(ビットトレードワン) BFKB113PBK 複数同時押し対応パンタグラフタイプキーボード

BitTradeOne(ビットトレードワン) BFKB113PBKの仕様・製品情報

サイズ(W×D×Hmm)447×141×24mm
重量830g
接続タイプ有線(USB)
対応OSWindows
キーレイアウト113キー日本語レイアウト
付属品取扱説明書

BitTradeOne(ビットトレードワン) BFKB113PBKのおすすめポイント3つ

  • 複数キー同時押し対応
  • 最薄部約8mmの薄型ゲーミングキーボード
  • オーディオコントロールキー搭載

BitTradeOne(ビットトレードワン) BFKB113PBKのレビューと評価

BitTradeOne BFKB113PBKは、最薄部約8mmというスリムなボディを持ったゲーミングパンタグラフキーボードです。BitTradeOne BFKB113PBKは、複数同時押しに対応するNキーロールオーバーに対応しており、ゲーマーの入力を正確に転送してくれます。

MOBO(モボ) Keyboard AM-KTF83J-GB 折りたたみ型 Bluetooth 日本語配列 キーボード ブラック 専用ケース兼スタンド付

MOBO(モボ) Keyboardの仕様・製品情報

サイズ(W×D×Hmm)291×120×13mm(使用時)、166×120×15mm(折りたたみ時)
重量286g(本体)、172g(スタンドカバー)
接続タイプ有線(USB)、Bluetooth
対応OSWindows、iOS、Android
キーレイアウト83キー日本語レイアウト
付属品本体充電用USBケーブル、専用スタンドカバー、取扱説明書

MOBO(モボ) Keyboardのおすすめポイント3つ

  • 折りたたんで持ち運べる
  • 最大84時間の連続使用可能
  • 2つのデバイスをマルチペアリング可能

MOBO(モボ) Keyboardのレビューと評価

MOBO Keyboardは、3つに折りたたむことができるパンタグラフキーボードです。MOBO Keyboardを折りたたむと、約17×12×1.5cmの大きさとなり、非常に簡単に持ち運ぶことができます。またMOBO Keyboardは、Bluetooth接続と有線接続の両方に対応しており、Windows、iOS、Androidの3つのOSにも対応していることから、豊富な種類のデバイスに使用できます。

まとめ

今回はおすすめのパンタグラフキーボード最強10選(2018年版)をご紹介しました。薄型のボディが魅力のパンタグラフキーボードのメリットやデメリットを知っていただき、今回ご紹介したおすすめの10モデルを参考に、理想のパンタグラフキーボードを探してみてくださいね。