【じっくり読むと3分】

標準レンズや広角レンズを使っていると、もう少し被写体を大きく撮影したいと思うことは多いでしょう。
そんなときに望遠レンズがあれば被写体に近づくことなく、大きく撮影できます。
柵があり、近づけない動物園の動物や警戒心の強い野鳥の撮影にはピッタリです。

さらに、背景を強くぼかす効果もあるので、被写体を強調する写真の撮影にも使えます。
とくに今回紹介するキヤノンの望遠レンズは色鮮やかな写真に定評があるので、人物写真もおすすめです。

今回はキヤノンの焦点距離100mmを超える望遠レンズの特徴と、おすすめの望遠レンズ6選を紹介していきます。




キャノン(Canon)の望遠レンズの特徴

人物撮影が得意

キヤノンのカメラは人物撮影が得意といわれています。
望遠レンズは広角レンズと比べ歪みが少なく、画角が狭くなるため被写体を強調して撮影できるので、人物を撮影するのにも適しています。

キヤノンは人物撮影でプロのカメラマンからの評価も高いため、人物撮影をメインにする人はキヤノンの望遠レンズはおすすめです。
とくに結婚式などでは、主役である新郎新婦にあまり近づけないので、望遠レンズが役立ちます。
人物撮影が得意なキヤノンで撮影すれば、より綺麗に撮影できます。

色鮮やかで、綺麗

キヤノンのカメラは色鮮やかで、見た目に綺麗な写真を撮影するのが得意です。
プリンターメーカーとしても知られるキヤノンは写真に出力した際に綺麗な写真を目指しており、万人受けしやすく、パソコンでのレタッチなしでも色鮮やかに撮れます。

望遠レンズは背景を強くぼかして撮影できるので、人物はもちろん、とくに花や草木の写真は背景がぼけて雰囲気のある写真を撮影できます。
色とりどりの花が咲く花畑などにはキヤノンの望遠レンズがピッタリでしょう。

動きのある被写体の撮影が得意

キヤノンのカメラはオートフォーカスが高速で、動きに強いです。
サッカーなどのスポーツや、野鳥の撮影にはキヤノンのカメラと望遠レンズが適しています。

スポーツや動物は動きが素早く、次の動きが読めないので、ピントが合わせづらく撮影が難しいです。
キヤノンのカメラと望遠レンズなら高速なオートフォーカスを活かして、素早い動きでもピントを合わせてくれます。

手ブレ補正にも定評があり、動きのある被写体を撮影するならキヤノンの望遠レンズが最適です。

キャノン(Canon)の望遠レンズおすすめ6選

CANON EF100mm F2.8L マクロ IS USM

CANON EF100mm F2.8L マクロ IS USMの仕様・製品情報

焦点距離100mm
開放F値2.8
対応マウントキヤノンEFマウント
質量約625g
最大径×長さΦ77.7mm×123mm

CANON EF100mm F2.8L マクロ IS USMのおすすめポイント3つ

  • マクロ撮影にピッタリ
  • 強力な手ブレ補正
  • 防塵・防滴

CANON EF100mm F2.8L マクロ IS USMのレビューと評価

CANON EF100mm F2.8L マクロ IS USMは画角ブレとシフトブレの2つの手ブレを同時に補正する4段分の手ブレ補正機構を備えた、手ブレに強い望遠レンズです。

望遠レンズですが、手元にあるものや花などの撮影に適しており、望遠レンズならではの強力なぼけ味を活かした写真を撮れます。
防塵・防滴のため、草木に近づいて撮影した際に心配な水滴なども気にせず撮影できます。

CANON EF135mm F2L USM

CANON EF135mm F2L USMの仕様・製品情報

焦点距離135mm
開放F値2.0
対応マウントキヤノンEFマウント
質量約750g
最大径×長さΦ82.5mm×112mm

CANON EF135mm F2L USMのおすすめポイント3つ

  • F2.0の明るいレンズ
  • コンパクト
  • 高画質

CANON EF135mm F2L USMのレビューと評価

CANON EF135mm F2L USMはF2.0の明るく高精細な望遠レンズです。
F2.0と明るいので、屋内でのスポーツから人物撮影まで幅広く対応できます。
サイズの全長は短くコンパクトなため、機動力も高いです。

色にじみを除去する大型のUDレンズを2枚採用し、高画質で高い表現力を実現しています。
発売時期はかなり古いのですが、いまだにファンから愛される、実績のある望遠レンズです。

CANON EF400mm F5.6L USM

CANON EF400mm F5.6L USMの仕様・製品情報

焦点距離400mm
開放F値5.6
対応マウントキヤノンEFマウント
質量約1250g
最大径×長さΦ90mm×256.5mm

CANON EF400mm F5.6L USMのおすすめポイント3つ

  • コスパ良好
  • 軽量で高い機動性
  • 高画質

CANON EF400mm F5.6L USMのレビューと評価

CANON EF400mm F5.6L USMは焦点距離400mmとしては非常に軽量で携帯性に優れた望遠レンズです。
400mmの望遠性能で野鳥などの撮影もこなせる望遠レンズです。

色にじみの除去や色収差の補正をする、UDレンズとスーパーUDレンズを併用しており、高画質で描写力も高いです。
望遠レンズは高額になりがちですが、望遠レンズのなかでは安価で購入でき、性能も高いためコスパに優れています。

CANON EF200mm F2.8L II USM

CANON EF200mm F2.8L II USMの仕様・製品情報

焦点距離200mm
開放F値2.8
対応マウントキヤノンEFマウント
質量約765g
最大径×長さΦ83.2mm×136.2mm

CANON EF200mm F2.8L II USMのおすすめポイント3つ

  • F2.8の明るいレンズ
  • コンパクト
  • コスパ良好

CANON EF200mm F2.8L II USMのレビューと評価

CANON EF200mm F2.8L II USMはF2.8と明るいレンズとコンパクトなボディでさまざまなシーンで使える望遠レンズです。

風景や動物、電車など幅広く使える200mmの焦点距離と夕景や室内でも撮影しやすいF2.8のレンズは1つ持っておくと撮影の幅がグッと広がります。

画質やオートフォーカスの評判も良く、コスパも良好で購入しやすいのでおすすめの望遠レンズです。

CANON EF300mm F2.8L IS II USM

CANON EF300mm F2.8L IS II USMの仕様・製品情報

焦点距離300mm
開放F値2.8
対応マウントキヤノンEFマウント
質量約2350g
最大径×長さΦ128mm×248mm

CANON EF300mm F2.8L IS II USMのおすすめポイント3つ

  • 高性能手ブレ補正機構内蔵
  • 高画質な蛍石レンズを採用
  • 防塵・防滴

CANON EF300mm F2.8L IS II USMのレビューと評価

CANON EF300mm F2.8L IS II USMは色収差をほぼ完全に取り除ける蛍石レンズを採用し、高画質を実現。
撮影時にレンズ側で手ブレを補正する「イメージ・スタビライザー」を搭載、暗い場所での撮影も安心して行えます。
さらに、特殊なコーティングが施してあり、フレアやゴーストを軽減してくれます。

レンズ表面はフッ素コーティングで汚れを簡単に落とすことができ、防塵・防滴構造で安心して屋外で使用できます。

CANON EF500mm F4L IS II USM

CANON EF500mm F4L IS II USMの仕様・製品情報

焦点距離500mm
開放F値4.0
対応マウントキヤノンEFマウント
質量約3190g
最大径×長さΦ146mm×383mm

CANON EF500mm F4L IS II USMのおすすめポイント3つ

  • 500mmの超望遠
  • 高性能手ブレ補正機構内蔵
  • 高画質な蛍石レンズを採用

CANON EF500mm F4L IS II USMのレビューと評価

CANON EF500mm F4L IS II USMは焦点距離500mmの超望遠レンズです。
レンズ内手ブレ補正の「イメージ・スタビライザー」を搭載し、4段分の強力な手ブレ補正を実現。

蛍石レンズが2枚使われており、色収差のない高画質な写真を撮影できる。
500mmと超望遠なので、スポーツから野鳥撮影、飛行機の撮影などの撮影にはピッタリです。

防塵・防滴に加え、レンズ表面にはフッ素コーティングが施してあるため、汚れにも強いです。

まとめ

今回はキヤノンの望遠レンズを紹介しました。
望遠レンズはスポーツや野鳥、結婚式まで幅広く活躍できるレンズです。

遠くにある被写体だけでなく、花や草木もぼけ味を活かして魅力的に撮影できます。
ぜひ今回の記事を参考に望遠レンズを選んでみてください。