【じっくり読むと4分】

ルーターには無線や有線のものがあったり、独自の機能が搭載されているものもありなかなか選べないと感じることがあります。今回の記事では、ルーターを取り扱っているメーカーの中でもポピュラーなバッファロー製に絞って選び方を解説し、おすすめのルーターを紹介します。




バッファロー製ルーターの特徴

Wi-Fi設定引越し機能がある

ルーターを新しくした時に面倒なのがWi-Fiの設定です。せっかく機器のWi-Fi設定をしたのにまた最初から、SSIDを選択してパスワードを入力して…といった操作をやり直さなくてはいけません。
バッファロー製のルーターには、Wi-Fi設定引っ越し機能が搭載されています。WPSに対応しているという条件付きですが、もう面倒な初期設定に悩まされることはありません。

AOSS2に対応している

AOSS2はパソコンを介することなく接続や設定を行うことができるという機能です。最近ではめったにパソコンを起動しなくなったという方も多いのではないでしょうか。
バッファロー製ルーターでAOSS2に対応していれば、無線LANの初期設定や接続設定をスマホからでも簡単に行うことができるのでとても便利です。

バッファロー製ルーターの選び方

Wi-Fiの伝送速度

有線の場合は基本的には1000Mbpsのものが多いため安定した通信速度を確保することができますが、無線の場合は必ずしもそうではありません。バッファロー製ルーターについても商品の紹介ページには必ずWi-Fiの伝送速度が○○Mbpsの形で表記されています。この数字が大きくなればより高速な接続が可能です。

無線に対応しているか

基本的に、有線LANのほうが接続速度を安定させて、安全にネットに繋ぐことが可能です。とはいえ、最近では無線LANにしか接続できないパソコンもありますし、スマホ・タブレットは有線LANのソケットがありません。バッファロー製ルーターを選ぶ際にも、無線LANに対応しているものが良いでしょう。

バッファロー製ルーターのおすすめランキング11選

BUFFALO BHR-4GRV2

BUFFALO BHR-4GRV2の仕様・製品情報

無線LAN規格
アンテナ数
接続セッション数10

BUFFALO BHR-4GRV2のおすすめポイント3つ

  • VPN機能搭載で自宅に接続可能
  • 家中の機器と高速で接続可能
  • WOL対応で遠隔地からのPC電源ONもラクラク

BUFFALO BHR-4GRV2のレビューと評価

BHR-4GRV2は搭載されているLANポート(インターネットポート1、ハブポート4)がGigabit対応イーサネットに対応しています。家中の機器がLAN内にあるNASなどに接続可能ですし、インターネットにも安定してストレスなく接続することができます。

BUFFALO WTR-M2133HP

BUFFALO WTR-M2133HPの仕様・製品情報

無線LAN規格IEEE802.11ac/n/a/g/b
アンテナ数2×2
Wi-Fi接続台数27台

BUFFALO WTR-M2133HPのおすすめポイント3つ

  • トライバンド
  • 4Kモード対応
  • 可動するアンテナ

BUFFALO WTR-M2133HPのレビューと評価

WTR-M2133HPでまず目をひくのは独特な円盤型のデザインです。このデザインを活かしてアンテナは可動し、最適な電波状態にすることが可能です。
4Kモードを搭載しており、ひかりTV4Kなど大容量・高速通信が求められる場合でも、快適に無線で楽しむことができます。

BUFFALO WXR-2533DHP2

BUFFALO WXR-2533DHP2の仕様・製品情報

無線LAN規格IEEE802.11ac/n/a/g/b
アンテナ数4×4(5GHz帯 & 2.4GHz帯)
Wi-Fi接続台数18台

BUFFALO WXR-2533DHP2のおすすめポイント3つ

  • 4本のアンテナで高速通信エリアを拡大
  • アドバンスドQoS搭載
  • ゲストポート機能搭載

BUFFALO WXR-2533DHP2のレビューと評価

無線ルーターで苦労するのが電波の到達域です。WXR-2533DHP2には4本のアンテナが搭載されており、通信エリアを拡大することができます。
電波干渉を抑えたアンテナ設計になっており、従来製品よりもおよそ23%のエリア拡大を実現しています。

BUFFALO WXR-1901DHP3

BUFFALO WXR-1901DHP3の仕様・製品情報

無線LAN規格IEEE802.11ac/n/a/g/b
アンテナ数3×3(5GHz帯 & 2.4GHz帯)
Wi-Fi接続台数18台

BUFFALO WXR-1901DHP3のおすすめポイント3つ

  • 鑑賞電波自動回避機能搭載
  • ビームフォーミングEX搭載
  • 大型可動アンテナ搭載

BUFFALO WXR-1901DHP3のレビューと評価

WXR-1901DHP3には、バンドステアリングとオートチャネルセレクト2つの電波混雑回避機能が搭載されており、高速通信を安定して持続することができます。
ビームフォーミングEX機能も搭載されており、iPhoneやiPadの動きに合わせて最適な電波を送信し快適なインターネット接続を行うことが可能です。

BUFFALO WXR-1751DHP2

BUFFALO WXR-1751DHP2の仕様・製品情報

無線LAN規格IEEE802.11ac/n/a/g/b
アンテナ数3×3(5GHz帯 & 2.4GHz帯)
Wi-Fi接続台数18台

BUFFALO WXR-1751DHP2のおすすめポイント3つ

  • アドバンスドQoS搭載
  • IPv6対応
  • 無線引っ越し機能でラクラク設定

BUFFALO WXR-1751DHP2のレビューと評価

WXR-1751DHP2にはWebAccess機能というものが搭載されています。これは、ルーターに接続したUSBをメモリやUSBHDDに外出先からファイルにアクセスできるというものです。
出先で自宅に保存しているファイルが必要になったり、家族や友人とファイルを共有したいという時にとても便利な機能です。

BUFFALO WSR-2533DHP

BUFFALO WSR-2533DHPの仕様・製品情報

無線LAN規格IEEE802.11ac/n/a/g/b
アンテナ数4×4(5GHz帯 & 2.4GHz帯)
Wi-Fi接続台数18台

BUFFALO WSR-2533DHPのおすすめポイント3つ

  • スリムなデザイン
  • 選べるカラー
  • 来訪者向けのゲストポート機能搭載

BUFFALO WSR-2533DHPのレビューと評価

WSR-2533DHPは中継機としても利用することが可能です。壁などの遮蔽物のために無線通信の速度が落ちてしまうことがありますが、中継機があれば解決できます。
中継機を設置することで遮蔽物があったり、親機との距離が離れてしまったりしても安心です。

BUFFALO WSR-1166DHP3

BUFFALO WSR-1166DHP3の仕様・製品情報

無線LAN規格IEEE802.11ac/n/a/g/b
アンテナ数2×2(5GHz帯 & 2.4GHz帯)
Wi-Fi接続台数12台

BUFFALO WSR-1166DHP3のおすすめポイント3つ

  • デュアルバンド対応
  • 高性能パワーアンプ搭載
  • 横置き、壁掛け自由自在

BUFFALO WSR-1166DHP3のレビューと評価

WSR-1166DHP3では高性能パワーアンプを搭載することで電波の飛距離を延長することが可能になりました。
アンテナの設置レイアウトも最適なものとすることでWi-Fiの接続安定性を向上させ、無線でも有線のような快適な接続ができるのが特徴です。

BUFFALO WCR-1166DS

BUFFALO WCR-1166DSの仕様・製品情報

無線LAN規格IEEE802.11ac/n/a/g/b
アンテナ数2×2(5GHz帯 & 2.4GHz帯)
Wi-Fi接続台数6台

BUFFALO WCR-1166DSのおすすめポイント3つ

  • コンパクト
  • アプリで簡単設定
  • ビームフォーミングで快適な無線接続

BUFFALO WCR-1166DSのレビューと評価

バッファローでは、Android/iOS向けにStationRaderという無料のアプリが用意されています。このアプリを利用することで、接続機器の一覧を確認・設定したり、一時的にゲストポートを開放したりといった設定を行うことができます。WCR-1166DSでも手軽に設定を確認することが可能になります。

BUFFALO WSR-300HP

BUFFALO WSR-300HPの仕様・製品情報

無線LAN規格IEEE802.11n/a/g/b
アンテナ数1
Wi-Fi接続台数3台

BUFFALO WSR-300HPのおすすめポイント3つ

  • Dr.Wi-Fiでトラブル解決
  • Wi-Fiリモコンでスマホから簡単設定
  • QRsetupで手軽にWi-Fi設定

BUFFALO WSR-300HPのレビューと評価

バッファローでは、Wi-Fiの困りごとをわかりやすくガイドし解決するためのDr.Wi-Fiというアプリが用意されています。
WSR-300HPで各種設定がよくわからないという場合や、接続したのに突然切断してしまったという場合でもわざわざカスタマーセンターに問い合わせることなく簡単に解決できてしまいます。

BUFFALO WMR-433

BUFFALO WMR-433の仕様・製品情報

無線LAN規格IEEE802.11ac/n/a/g/b
アンテナ数1
Wi-Fi接続台数3台

BUFFALO WMR-433のおすすめポイント3つ

  • 極小サイズ
  • 選べる8色
  • WPSでWi-Fiをワンタッチ設定

BUFFALO WMR-433のレビューと評価

WMR-433は45×45×15mm、19gと抜群に小型、軽量なのが特徴です。この特徴を生かして出張や旅行時のホテルで大活躍間違いないでしょう。
ホテルによっては有線LANしかなくて不便な思いをしたということがあるかもしれません。でもWMR-433があれば簡単に無線LAN環境を構築できてしまいます。

BUFFALO WHR-1166DHP4

BUFFALO WHR-1166DHP4の仕様・製品情報

無線LAN規格IEEE802.11ac/n/a/g/b
アンテナ数2×2(5GHz帯 & 2.4GHz帯)
Wi-Fi接続台数6台

BUFFALO WHR-1166DHP4のおすすめポイント3つ

  • ビームフォーミングで安定感抜群
  • おまかせ節電で省エネ
  • ダイナミックDNS搭載

BUFFALO WHR-1166DHP4のレビューと評価

WHR-1166DHP4にはおまかせ節電機能を搭載。あらかじめ、設定画面で曜日ごとおオフ時間を設定しておけば、あとは自動でオン・オフ節電を自動で行ってくれます。
ライフスタイルに合わせて動作が切り替わるためストレスなく節電することができます。

まとめ

バッファロー製のルーターについてご紹介してきました。スマホから各種の設定をしたりトラブルシューティングをしたりできるようになり、以前の「ルーターは難しいもの」というイメージがなくなったように感じますね。
ぜひ、今回の記事を参考に新しく高速で手軽に設定できるルーターを購入してみてはいかがでしょうか。