【じっくり読むと3分】

MMOやFPSなどのゲーム専用のパソコン周辺機器を取り扱っている人気メーカーRazerのゲーミングマウスを紹介します。Razerのマウスの機能・性能の特長について解説した上で、定番モデルから新作まで、優先と無線含めたさまざまなタイプのおすすめマウスを5つ厳選しました。ゲームだけでなく普段使いでも作業をより効率的にこなせる高性能なマウスばかりです。




Razerとは

Razer(レイザー)とは、カリフォルニアに本拠を置くゲーミングデバイス専門のメーカーです。マウスやキーボードなど周辺機器を中心に、スマートフォンやノートPCなどのハードもつくっています。1999年に最初のゲーミングマウスを発売して以来、高い解像度や独自のイルミネーション「Razer Chroma」などでゲーマーの注目を集めています。マウスに限らずハイスペックな製品が多く、ゲーム用だけでなく普段使いに購入する人も多いです。

Razerのゲーミングマウスの注目したい機能・性能

クリックがしやすく高感度

Razaerのマウスは、クリックが非常に軽いと評判です。オムロンと共同開発した「Razerメカニカルマウススイッチ」は最速の反応速度と耐久性を備えています。また、他のメーカーと比べても解像度が高い製品が多く「5G光学センサー」を搭載した機種の解像度は16,000dpiです。わずかな動きで重要なFPSゲームなどで力を発揮します。用途に合わせて解像度を自由に設定できる製品も多いです。

個性的なデザイン

Razerの製品は、カラフルなライトのカラーやヘビのロゴマークで、一目でRazer製品と分かる個性的なデザインとなっています。さらに自分でカスタマイズが可能で、「Razer Chroma」は1600万色から任意な色で点灯パターンを設定できるイルミネーション機能です。マウスだけでなくキーボードやヘッドセットにも搭載されている機器があり、ゲームをしている時は気分を高めてくれます。

フィット感が良く安定する形状

Razerのマウスは、使いやすさからリピーターが多いメーカーでもあります。人間工学(エルゴノミクス)に基づいた手にフィットする形状、質感で、ボタンの位置も押しやすくなっています。右手専用の左右非対称タイプ、右手と左手どちらでも使える左右対称タイプの両方があり、利き手を問わずぴったりとした製品を探せます。

Razerマウスの接続タイプの違い

Razerのマウスを接続タイプで分けるとケーブルで接続する「有線タイプ」と、無線で接続する「無線(ワイヤレス)タイプ」の二種類です。ワイヤレスにはレシーバーが必要ないBluetooth方式と、USBレシーバー使った2.4GHz方式があります。無線は煩わしいケーブルがないのが魅力ですが、デメリットとして、有線に比べて反応速度が遅く接続が不安定、マウス本体に電池が必要という点があります。しかしRazerでは、専用のマウスパッドと合わせて使うことでマウスの充電が必要がない製品や、有線同等の安定した接続の製品も販売されています。

Razerのゲーミングマウスのおすすめ最強5選

Razer DeathAdder Elite

Razer DeathAdder Eliteの仕様・製品情報

サイズ127mm / 5” (長さ) x 70mm / 2.76” (幅) x 44mm / 1.73” (高さ)
ケーブル長2.1m
マウス重量105g
センサー方式5G オプティカルセンサー
解像度dpi16000dpi
オンボードメモリ×

Razer DeathAdder Eliteのおすすめポイント3つ

  • 万人にすすめられるゲーミングマウスの定番
  • 新開発のRAZERメカニカルマウススイッチで軽く押せて連打もしやすい
  • カスタマイズ可能な9つのボタン

Razer DeathAdder Eliteのレビューと評価

ゲーム・プレイスタイルごとに使い分け可能

Razer DeathAdder Eliteは、FPSゲーム用としては定番のモデルです。DeathAdderのバージョンアップ版で、オムロン社と共同設計したメカニカルマウススイッチが搭載されたこと、ボタン数が7から9に増えたこと、高精度の5G オプティカルセンサーになったことが主な変化です。べたつかない表面の質感と手にフィットする形状で、長時間の使用にも耐える、ゲームはもちろん仕事などでも使いやすいマウスです。

Razer Mamba Chroma

Razer Mamba Chromaの仕様・製品情報

サイズ約128mm×70mm×42.5mm
ケーブル長2.1m2.13m
マウス重量125g(ケーブルを除く)
センサー方式5G オプティカルセンサー
解像度dpi16000dpi
オンボードメモリ

Razer Mamba Chromaのおすすめポイント3つ

  • ワイヤレス、有線を自由に切り替え可能
  • クリックの重さを調節して好みの押し心地に
  • 人間工学に基づいた絶妙な流線形

Razer Mamba Chromaのレビューと評価

選べる有線/無線マウス

Razer Mamba Chromaは、ワイヤレス(無線)とワイヤード(有線)を場面に応じて簡単に使い分けることが可能なゲーミングマウスです。クリックの重さを簡単に調節することができます。5G光学センサー、と1680万色に光るChromaライティングなど、Razerならではの機能を盛り込んだ製品です。充電ドックもスタイリッシュなデザインで邪魔になりません。

Razer Naga Trinity

Razer Naga Trinityの仕様・製品情報

サイズ119(D)mm x74(W)mmx43(H)mm
ケーブル長2.1m
マウス重量120g (ケーブルを除く)
センサー方式5G オプティカルセンサー
解像度dpi16000dpi
オンボードメモリ

Razer Naga Trinityのおすすめポイント3つ

  • 3つの交換可能なサイドプレートでボタンの数をチェンジ
  • 1,680万色のイルミネーション「Razer Chroma」対応
  • 業界最高水準5,000万回のクリック耐久性

Razer Naga Trinityのレビューと評価

ゲーム・プレイスタイルごとに使い分け可能

レイザーの Naga Trinityは、三種類のプレートを付け替えることで、ボタンの数を2~12に買えられるゲーミングマウスです。FPSだけ、MMOだけではなく、さまざまなゲームによってボタンの数を使い分けたい人におすすめです。安定感があって手にフィットする形状は、余分な力を使わず長時間使用できます。仕事などでの使用もおすすめです。

Razer Lancehead

Razer Lanceheadの仕様・製品情報

サイズ117 mm (長さ) x 71 mm (幅) x 38 mm (高さ)
ケーブル長2.1m
マウス重量111 g (ケーブルを除く)
センサー方式5G レーザーセンサー
解像度dpi16000dpi
オンボードメモリ

Razer Lanceheadのおすすめポイント3つ

  • Razer独自の適応型周波数テクノロジー(AFT)搭載
  • 利き手を選ばない左右対称デザイン
  • カスタマイズ可能なボタンを9つ搭載

Razer Lanceheadのレビューと評価

ゲーム・プレイスタイルごとに使い分け可能

Razer Lanceheadは、Razer独自の適応型周波数テクノロジー(AFT)搭載した、有線と変わらないくらいラグのないワイヤレスマウスです。世界最高水準の光学センサーによって、高い精度とハイスピードな反応を実現しました。左右対称なフォームで、誰にでもフィットします。

Razer Basilisk

Razer Basiliskの仕様・製品情報

サイズ124 mm (縦) X 75 mm (幅) X 43 mm (高さ)
マウス重量107 g (ケーブルを除く)
センサー方式5G オプティカルセンサー
解像度dpi最大16000DPI
ボタン左右メイン,センタークリック付きスクロールホイール,ホイール手前×2,左サイド×2,DPI clutch×1
オンボードメモリ

Razer Basiliskのおすすめポイント3つ

  • DPIクラッチ搭載で、感度を一時的に変更できる
  • スクロールホイールの反応も調節可能
  • 先進のエルゴノミックフォームで長時間プレイでも疲れない

Razer Basiliskのレビューと評価

FPSゲームでの使用に最適

Razer Basiliskは、優れた反応速度とdpiクラッチによる一時的な感度変更機能によって、瞬発力が求められるFPSゲームをより有利に進めることができるマウスです。エルゴノミクスに基づいた形状と、強化ラバー製再度グリップで、高いフィット感と安定感を実現しています。1,680 万色のカラーでカスタマイズできるRazer Chromaも搭載しています。

まとめ

人気メーカーRazerのおすすめマウスを5つ紹介しました。感度や速度ゲームはもちろん、パソコン作業の効率を上げたいと考えている人は、ぜひ記事を参考にRazerのマウスを試してみてください。