【じっくり読むと5分】

テレビやユーチューブを見ていて「ドローンを飛ばしてみたい」なんて思ったことありませんか?
でも、大型のドローンは価格もそれなりして、場所も取ります。

そこで、今回は購入しやすく、飛行しやすい小型のドローンのおすすめ10選をご紹介していきます。
小型ドローンのメリットやデメリット、選び方の解説もしていくので小型ドローン選びの参考にしてください。

小型ドローンの規制対象について

200g以上のドローンは航空法により、飛行する際は事前に許可を取らなくてはいけません。
しかし、200g以下のドローンは飛行が禁止されていない場所であれば許可なしで飛行が可能です。
200g以下のドローンでも国の重要施設や私有地などは飛行禁止です。

また、200g以下でも5GHz帯などの電波を使っているドローンは飛行に免許と許可が必要です。
日本で販売されているドローンは基本的には問題ありませんが、海外からの輸入品やオークションなどに出品されているものは、きちんと確認しましょう。

小型ドローンのメリット

室内で楽しめる

小型のドローンであれば、当然エンジンなども積んでいないので気軽に室内で楽しめます。
室内なら天気を気にする必要もなく、いつでも飛行できます。

屋外では風の影響も受けやすいですが、室内なら無風なので、飛行しやすいです。
ドローンがはじめての人も室内であれば、じっくりと練習できます。

初心者の人ほど、小型のドローンからはじめるのがおすすめです。

価格帯が広く、購入しやすい

小型のドローンは5,000円以下のものから高性能な50,000円以上する小型ドローンもあります。
価格帯が広いので、自分の実力や予算にあわせて選べます。

また、価格が安いので小型ドローンを複数購入して、ドローンレースをするなどの楽しみ方もおすすめです。

初心者の人には、10,000円前後の機能と価格のバランスの取れた小型ドローンをおすすめします。

小型ドローンのデメリット

安定性が低い

小型ドローンはどうしても普通サイズのドローンに比べると、安定性が劣ります。
小型でも安定性の高いドローンもありますが、価格が高くなります。

はじめてドローンを購入する人は、なるべく大きめのドローンを選択するといいでしょう。

今回ご紹介する小型ドローンのおすすめ10選は安定性のいいものを選んでいます。
それでも、小さいドローンほど安定性に欠けると覚えておきましょう。

カメラの性能が悪い

小型ドローンのカメラは画質があまり良くありません。
ブレを補正してくれるジンバルも搭載していません。

大型のドローンはフルHD画質や顔認識機能などを搭載している機種が多いです。
小型ドローンのなかにもカメラ機能がいいものはあるので、カメラにこだわりたい人は動画解像度などをきちんと確認しておきましょう。

本格的な空撮を楽しみたい人は大型のドローンのほうがいいでしょう。

小型ドローンの選び方

価格

小型ドローンだけでも、5,000円以下から50,000円以上する機種まであります。
気軽にお試しで楽しむ程度なら5,000円以下の機種でも十分に楽しめます。

もし空撮やFPVの操縦を楽しみたいなら10,000円以上のドローンがおすすめです。
自分の用途や予算にあわせて選んでみましょう。

友達と一緒に楽しむなら共同購入もおすすめです。

FPV機能

FPV機能とは、ドローンに搭載されたカメラの映像をリアルタイムで見ながら操縦できる機能です。
FPV機能があると、まるでコクピットに乗っている感覚で操縦できるので、普通に操縦するのとは違った楽しみがあります。

小型のドローンにもFPV機能が付いているものが多いですが、なかにはFPV機能が付いていないドローンもあるので注意しましょう。

機能

その場でホバリングしてくれる機能や離陸地点に自動で戻ってくる機能など、操縦をサポートしてくれる機能はたくさんあります。
はじめてドローン購入するなら、サポート機能は多いほうがいいでしょう。

また落下や衝突の衝撃からプロペラを守ってくれる「プロペラガード」が用意されているか確認しましょう。
自分の腕前にあわせて欲しい機能のあるドローンを選びましょう。

小型ドローンのおすすめ10選

CCP ナノドローンカメラ CX10C-BKBL

CCP ナノドローンカメラ CX10C-BKBLの仕様・製品情報

質量約16g
カメラ搭載
FPV対応非対応
スマホ・タブレット対応非対応
動画解像度640×480
飛行時間4分

CCP ナノドローンカメラ CX10C-BKBLのおすすめポイント3つ

  • 超小型・軽量の約16g
  • カメラ搭載
  • 安価

CCP ナノドローンカメラ CX10C-BKBLのレビューと評価

超小型・軽量でカメラ付き!気軽に家のなかで飛ばしたいならコレ!

CCP ナノドローンカメラ CX10C-BKBLは約16gの超小型のドローンです。
超小型ですが、動画撮影が可能なカメラを搭載しています。

スマホ非対応、FPVも非対応ですが、家のなかで気軽に飛ばして遊ぶにはピッタリです。
価格も安いので、はじめてのドローンにもおすすめです。

ジーフォース PXY SMART GB410

ジーフォース PXY SMART GB410の仕様・製品情報

質量約17g
カメラ搭載
FPV対応対応
スマホ・タブレット対応対応
動画解像度720×576
飛行時間5分

ジーフォース PXY SMART GB410のおすすめポイント3つ

  • 超小型・軽量の約17g
  • FPVに対応
  • チルト操作モード搭載

ジーフォース PXY SMART GB410のレビューと評価

FPVにも対応した超小型・軽量のドローン!

ジーフォース PXY SMART GB410は超小型で軽量ながら、スマホ操縦やFPVにも対応したドローンです。
スマホを傾けて操作できるチルト操作モードを搭載して、直感的な操縦ができます。

超小型サイズのなかでは長めの飛行時間5分なので、じっくりと楽しめます。
比較的難易度は高めなので、2、3台目に超小型のドローンが欲しい人にピッタリです。

ジーフォース moova

ジーフォース moovaの仕様・製品情報

質量約29g
カメラ搭載
FPV対応対応
スマホ・タブレット対応対応
動画解像度1280×720
飛行時間5分

ジーフォース moovaのおすすめポイント3つ

  • FPVに対応
  • スマホで簡単ルート設定
  • 超小型・軽量の約29g

ジーフォース moovaのレビューと評価

超小型で高性能!どこにでも持ち歩けるドローン!

ジーフォース moovaはプロペラ部分が折りたためるので、手のひらサイズでポケットに入れて持ち運べます。

約29gの超小型ながら、FPVに対応しています。
カメラ解像度も1280×720と、小型ドローンのなかでは高解像度です。

スマホで描いた軌跡を自動で飛行する「トラッキングフライトモード」も搭載し、初心者でも簡単に飛ばして遊べます。

AEE AirSelfie AS01030000001

AEE AirSelfie AS01030000001の仕様・製品情報

質量約61g
カメラ搭載
FPV対応対応
スマホ・タブレット対応対応
動画解像度フルHD
飛行時間3分

AEE AirSelfie AS01030000001のおすすめポイント3つ

  • 手のひらサイズのスタイリッシュなボディ
  • 充電用ケース付属
  • フルHD動画撮影

AEE AirSelfie AS01030000001のレビューと評価

手のひらサイズでフルHD空撮!スタイリッシュで小型なボディ!/strong>

AEE AirSelfie AS01030000001はプロペラがボディの内側に設置されているので、プロペラガードが不要です。
見た目のスタイリッシュで一見ドローンに見えないほどです。

センサーで自動位置調整してくれるので、はじめてでも安定した飛行で楽しめます。
バッテリーを搭載した、充電用ケースでいつでも充電が可能です。

Parrot MiniDrones Mambo FLY PF727078

Parrot MiniDrones Mambo FLY PF727078の仕様・製品情報

質量約63g
カメラ搭載
FPV対応非対応
スマホ・タブレット対応対応
動画解像度写真のみ
飛行時間9分

Parrot MiniDrones Mambo FLY PF727078のおすすめポイント3つ

  • 操縦をサポートする高性能センサー
  • アクセサリーで機能追加
  • 衝突で自動停止する安全機能

Parrot MiniDrones Mambo FLY PF727078のレビューと評価

小型でも安定した飛行!別売りアクセサリーで遊びが広がる!

Parrot MiniDrones Mambo FLY PF727078は約63gと軽量ですが、高性能なセンサーを搭載し、はじめてでも安定した飛行が可能なドローンです。
衝突で自動的にモーターが停止する安全装置で初心者でも安心して遊べます。

小さなボールを発射できる「キャノン」や、小さなものを掴んで持ち上げる「グラバー」を取り付けが可能で、遊びの幅が広がります。

Parrot MiniDrones Mambo FPV Pack PF727046

Parrot MiniDrones Mambo FPV Pack PF727046の仕様・製品情報

質量約63g
カメラ搭載
FPV対応対応
スマホ・タブレット対応対応
動画解像度1280×720
飛行時間10分

Parrot MiniDrones Mambo FPV Pack PF727046のおすすめポイント3つ

  • 3種類の飛行モード
  • ドローンレースに最適
  • FPV用ゴーグルを付属

Parrot MiniDrones Mambo FPV Pack PF727046のレビューと評価

FPV入門に最適!3種の飛行モードで初心者から上級者まで!

Parrot MiniDrones Mambo FPV Pack PF727046はFPV用のゴーグルを付属したドローンです。

誰でも安定飛行が可能な「Easyモード」急旋回できる「Driftモード」補助が全くない自由度の高い飛行ができる「Racingモード」の3つの飛行モードを搭載。
ドローンの操縦がはじめての人から補助無しで飛ばしたい上級者まで楽しめます。

Racingモードならドローンレースにも最適です。

Ruix Technology Kudrone 9611

Ruix Technology Kudrone 9611の仕様・製品情報

質量約86g
カメラ搭載
FPV対応対応
スマホ・タブレット対応対応
動画解像度4K
飛行時間8分

Ruix Technology Kudrone 9611のおすすめポイント3つ

  • 4K動画撮影
  • 安定性の高い飛行
  • 自動追尾機能

Ruix Technology Kudrone 9611のレビューと評価

小型で4K動画撮影が可能!自動追尾機能も搭載したドローン!

Ruix Technology Kudrone 9611は10,000円台前半で購入できる安価な小型ドローンですが、4K動画の撮影が可能なドローンです。
このサイズで4Kの動画が撮影できるのはこのドローンだけです。

安定した飛行が可能で、自動追尾機能も搭載しています。
高画質な空撮、自撮りがしたい人におすすめです。

DJI Ryze Tech Tello

DJI Ryze Tech Telloの仕様・製品情報

質量約87g
カメラ搭載
FPV対応対応
スマホ・タブレット対応対応
動画解像度1280×720
飛行時間13分

DJI Ryze Tech Telloのおすすめポイント3つ

  • 13分の飛行時間
  • 抜群の安定性
  • スマホから簡単操縦

DJI Ryze Tech Telloのレビューと評価

抜群の安定を誇る初心者向けのドローン!操縦も簡単!

DJI Ryze Tech Telloは小型から大型までさまざまなドローンを制作しているDJI製の信頼性の高いドローンです。
小型ドローンのなかでは安定性が高いことで評判です。

スマホからの操作で離着陸からアクロバット飛行まで簡単にできます。
飛行時間が13分なので、長く遊べます。
はじめての人でも簡単に飛ばせるので、初心者におすすめのドローンです。

HUBSAN X4 STAR PRO RTFキット H507A

HUBSAN X4 STAR PRO RTFキット H507Aの仕様・製品情報

質量約162g
カメラ搭載
FPV対応対応
スマホ・タブレット対応対応
動画解像度1280×720
飛行時間9分

HUBSAN X4 STAR PRO RTFキット H507Aのおすすめポイント3つ

  • 自動フライト機能搭載
  • 高性能GPS搭載
  • 自動追尾機能

HUBSAN X4 STAR PRO RTFキット H507Aのレビューと評価

マップからルート設定で自動フライト!高性能GPSを搭載したドローン!

HUBSAN X4 STAR PRO RTFキット H507Aはこの小型ドローンではじめて、指定したポイントを自動でフライトするモードを搭載したドローンです。

高性能なGPSを搭載しているので、屋外での自動フライト、オートリターン機能などで操縦をサポートしてくれます。
自動追尾機能も搭載しているので、簡単に自撮りが可能です。

ZEROTECH Dobby Deluxe D100B-H

ZEROTECH Dobby Deluxe D100B-Hの仕様・製品情報

質量約199g
カメラ搭載
FPV対応対応
スマホ・タブレット対応対応
動画解像度フルHD
飛行時間9分

ZEROTECH Dobby Deluxe D100B-Hのおすすめポイント3つ

  • プロペラ部分を折りたたみ可能
  • 自動追尾機能
  • 写真4K・動画フルHDのカメラ性能

ZEROTECH Dobby Deluxe D100B-Hのレビューと評価

小型ドローンでも本格空撮!高性能なカメラで自動追尾も!

ZEROTECH Dobby Deluxe D100B-Hは小型ドローンのなかでは重い約199gです。
ある程度重量があるのと高感度のセンサーを搭載しているので、非常に安定性に優れています。

カメラは静止画で4K、動画でフルHDと小型ドローンでは十分な性能です。
プロプラ部分は折りたためるので、ポケットやカバンに入れて気軽に持ち歩きできます。

まとめ

屋外でも申請なしで気軽に飛ばせる200g以下の小型ドローン。
指先に乗る超小型のものから、自動追尾機能や自動フライトなどを搭載した高性能なものもあります。

ぜひ今回の記事を参考に、自分の飛行できる環境や予算などにあわせて小型ドローンを選んでみてください。