【じっくり読むと4分】

低速で回転させることで、どんなメリットがあるのでしょうか?普通のミキサーのように高速で回転すれば、その分素材を細かく砕くことができます。しかしその分、素材である野菜や果物に含まれる栄養素は欠落します。スロージューサーはこの点を改善し、低速で回転することで栄養素をできるだけ保持する効果を発揮します。最近は低速で、かつ圧力を加えるものが主流になっており、素材を刻まないため、より濃厚に元の栄養素を含んだ水分を抽出できるようになっています。




スロージューサーの選び方

スロージューサーの選び方を以下の2つのポイントから解説します。

  • 価格で選ぶ
  • つくりたいもので選ぶ

価格で選ぶ

最近のスロージューサーは圧力を加えるものが主流のため、内部の機構はより複雑になっています。

そのため、普通のミキサーと比べると価格はどうしても高くなりがちです。

しかし、最近ではかなりお求めやすい価格の製品も増えてきました。

機能面ではより高価な製品には劣りますが、そこまで高機能でなくとも…という場合は、まずこうした製品を選べばいいでしょう。

つくりたいもので選ぶ

「ジューサー」ですからつくるものとしてはまずジュースですが、スロージューサーの中にはそれ以外のものをつくる機能を持った製品もあります。

多いのは凍った素材からシャーベットのようなお菓子をつくる機能です。

高級機ではレシピブックが付属している製品もあります。

ジュース以外につくりたいものが明確に決まっているのであれば、こうした機能が付いた製品を選べばいいでしょう。

スロージューサーのおすすめメーカー

スロージューサーの定番人気メーカーは以下の2つです。

  • シャープ
  • ヒューロム

シャープ

おなじみ「ヘルシオ」ブランドの製品をはじめ、さまざまなスロージューサーを発売しています。

栄養素の壊れにくさや空気の入りづらい点など栄養素をいかに残すかにこだわった製品が多く、健康やヘルシーを近年のテーマとする同社らしいスロージューサーが生み出されているといっていいでしょう。

ヒューロム

スロージューサーでは老舗のメーカーです。高価格帯の製品を多く発売しています。

スロージューサーとして基本的な性能がしっかりしているのはもちろんのこと、ジュースカップをはじめとする付属品が豊富なことが特徴です。レシピブックまで付属する製品もあります。

スロージューサーのおすすめ10選

MixtoMax スロージューサー 低速ジューサー ブレンダー 低速圧縮絞り フードプロセッサー 果物 野菜ジュース ジュース調理器 大容量 家庭用 業務用 低動作音 洗いやすい お手入れ簡単 200W ABS 3ピン プラグ

MixtoMax スロージューサー 低速ジューサー ブレンダー 低速圧縮絞り フードプロセッサー 果物 野菜ジュース ジュース調理器 大容量 家庭用 業務用 低動作音 洗いやすい お手入れ簡単 200W ABS 3ピン プラグの仕様・製品情報

梱包サイズ48.4×23×22.8cm
梱包重量4.6kg
ワット数200W

MixtoMax スロージューサー 低速ジューサー ブレンダー 低速圧縮絞り フードプロセッサー 果物 野菜ジュース ジュース調理器 大容量 家庭用 業務用 低動作音 洗いやすい お手入れ簡単 200W ABS 3ピン プラグのおすすめポイント3つ

  • 比較的安価に購入できる
  • ジュース、カスカップ付き
  • 安全装置で簡単には動かない

MixtoMax スロージューサー 低速ジューサー ブレンダー 低速圧縮絞り フードプロセッサー 果物 野菜ジュース ジュース調理器 大容量 家庭用 業務用 低動作音 洗いやすい お手入れ簡単 200W ABS 3ピン プラグのレビューと評価

アマゾンで大人気、リーズナブルなスロージューサー

お手頃な価格と高い性能で、アマゾンで大人気のスロージューサーです。スロージューサーの最新トレンドである低速搾汁方式を採用、このお値段でジュースカップとカスカップも標準で付いています。

安全装置付きで、簡単にはモーターが回り出さないようになっています。動作音も低く、小さなお子さんのいるご家庭にも配慮したつくりになっています。

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ イエロー EJ-ST1Y

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ イエロー EJ-ST1Yの仕様・製品情報

サイズ15.0×19.4×43.5cm
重量4.6kg
消費電力100W

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ イエロー EJ-ST1Yのおすすめポイント3つ

  • ヘルシオブランドのジューサー
  • 非常に濃厚に絞ることができる
  • 栄養素が壊れにくい

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ イエロー EJ-ST1Yのレビューと評価

栄養素を豊富に残せる、濃厚な搾り

シャープの「ヘルシオ」ブランドを冠したスロージューサーです。低速圧縮搾りで、果物などを非常に濃厚に絞ることができます。

栄養素が壊れにくいこともうたっており、りんごのポリフェノールやオレンジのビタミンCなどの栄養素が、高速なジューサーに比べて17〜200%多く残るとしています。

シャープ ジュースプレッソ ホワイト EJ-CP10A-W

シャープ ジュースプレッソ ホワイト EJ-CP10A-Wの仕様・製品情報

サイズ13.7×19.2×41.5cm
重量約5.2kg
定格消費電力150W

シャープ ジュースプレッソ ホワイト EJ-CP10A-Wのおすすめポイント3つ

  • じっくり押し潰してジュースを作る
  • 空気があまり入らない
  • 普通のジューサーでは難しい食材にも対応

シャープ ジュースプレッソ ホワイト EJ-CP10A-Wのレビューと評価

石臼のようにしっかり押し潰すジューサー

低速圧縮搾りで、まるで石臼のようにじっくりと押し潰してジュースを作り出します。

空気があまり入らないため味が濃くなり、普通のジューサーでは難しい桃やキウイ、コーンといった食材も押し潰すことが可能。

ミキサーと違って金属で切り刻むわけでないので、水分だけを抽出することができます。

siroca スロージューサー SSJ-201 ホワイト[生ジュース/低速/分離しにくい]

siroca スロージューサー SSJ-201 ホワイト[生ジュース/低速/分離しにくい]の仕様・製品情報

サイズ18.2×17.3×43.1cm
重量3kg
消費電力150W

siroca スロージューサー SSJ-201 ホワイト[生ジュース/低速/分離しにくい]のおすすめポイント3つ

  • 熱に弱い栄養素が残りやすい
  • 水分と繊維を選別
  • ジュースにしても飲みやすい

siroca スロージューサー SSJ-201 ホワイト[生ジュース/低速/分離しにくい]のレビューと評価

ゆっくり搾りで栄養素が残りやすいジューサー

ゆっくりと搾り、熱に弱い栄養素が残りやすいのが特徴のスロージューサーです。

金属の刃を一切使わず搾ることで水分と繊維を分け、水分のみをどんどん搾り出してくれます。その分ジュースにしても飲みやすく、栄養も残りやすくなっています。

【新登場】ヒューロム スロージューサー HUROM H26-WS17 アルファエディション(ホワイトシルバー)

【新登場】ヒューロム スロージューサー HUROM H26-WS17 アルファエディション(ホワイトシルバー)の仕様・製品情報

梱包サイズ22.3×18×40.7cm
重量7kg
ワット数150W

【新登場】ヒューロム スロージューサー HUROM H26-WS17 アルファエディション(ホワイトシルバー)のおすすめポイント3つ

  • 1分間17回転までの低速回転が可能
  • 凍った果物でデザートも作れる
  • 付属品が充実

【新登場】ヒューロム スロージューサー HUROM H26-WS17 アルファエディション(ホワイトシルバー)のレビューと評価

付属品も充実の高級スロージューサー

ヒューロムによるスロージューサーの高級機です。1分間17回転という低速にまで回転数を落とすことが可能です。

投入口が半透明なので入れる時に状態を確認しやすく、詰まったりするのを防ぎます。

「フローズントレーナー」が付属しており、凍らせた果物でデザートを作ることができます。ほかにも各種トレーナーやカップ、キットが付属しており、高級機らしい充実ぶりです。

ヒューロム スロージューサー HZ-SBA17

ヒューロム スロージューサー HZ-SBA17の仕様・製品情報

サイズ17.3×23.6×40.7cm
重量5.4kg
消費電力150W

ヒューロム スロージューサー HZ-SBA17のおすすめポイント3つ

  • ステンレスボディで高い耐久力
  • 高級感あふれるデザイン
  • レシピブックなど数々の付属品

ヒューロム スロージューサー HZ-SBA17のレビューと評価

高い耐久力をほこる高級機

こちらはアマゾンで6万円超と、さらに高価なヒューロムの高級機です。デザインも非常に高級感のあるものになっています。

ボディは高品質なステンレス製で、高い耐久力をほこります。1分間17回までの低速回転に加え、フローズントレーナーのほかスクイーザー・乾燥スタンド・レシピブックなど、さらにたくさんの付属品が付いてきます。

パナソニック ジューサー ビタミンサーバー シルバー MJ-L500-S

パナソニック ジューサー ビタミンサーバー シルバー MJ-L500-Sの仕様・製品情報

サイズ18.5×17.6×43.2cm
重量4.0kg
消費電力150W

パナソニック ジューサー ビタミンサーバー シルバー MJ-L500-Sのおすすめポイント3つ

  • パナソニックによるジューサー
  • 低速回転でフレッシュなジュース
  • 底のステンレスでしっかり搾る

パナソニック ジューサー ビタミンサーバー シルバー MJ-L500-Sのレビューと評価

フローズンスイーツもつくれるジューサー

家電メーカーの雄、パナソニックによるスロージューサーです。価格帯としては、普及帯よりやや高めの製品になります。

低速回転でよりフレッシュなジュースをつくり、スクリューの底の部分がステンレスになっており、固い食品もしっかり搾ります。

凍った食品を搾り、シャーベットのようなフローズンスイーツをつくる機能も付いています。

ティファール ジューサー スロージューサー 「インフィニープレスレボリューション」 低速圧縮絞り ZC500HJP

ティファール ジューサー スロージューサー 「インフィニープレスレボリューション」 低速圧縮絞り ZC500HJPの仕様・製品情報

サイズ22.5×21.0×44.4cm
重量約4300g
定格消費電力350W

ティファール ジューサー スロージューサー 「インフィニープレスレボリューション」 低速圧縮絞り ZC500HJPのおすすめポイント3つ

  • メーカー独自の圧力方式
  • 素材を一度にたくさん入れられる
  • 使い分けできるフィルター

ティファール ジューサー スロージューサー 「インフィニープレスレボリューション」 低速圧縮絞り ZC500HJPのレビューと評価

インフィニープレス レボリューションで、より栄養価を残す

低速圧縮式で、メーカーが「インフィニープレス レボリューション」と呼ぶ圧力方式を使います。これにより、野菜や果物の栄養価をより残すことができます。

素材の投入口が3つあり、一度にたくさんの素材を投入することが可能。

フィルターが2種類付いており、作りたいものに合わせて使い分けることができます。

アイリスオーヤマ スロージューサー ホワイト ISJ-56-W

アイリスオーヤマ スロージューサー ホワイト ISJ-56-Wの仕様・製品情報

サイズ15×16.5×44cm
重量3.6kg
消費電力150W

アイリスオーヤマ スロージューサー ホワイト ISJ-56-Wのおすすめポイント3つ

  • 熱を加えずすり潰す
  • 酵素をより多く残せる
  • メッシュ2種類を使い分けできる

アイリスオーヤマ スロージューサー ホワイト ISJ-56-Wのレビューと評価

酵素を濃厚に残せるスロージューサー

素材に熱を加えずにすり潰すことで、熱に弱い酵素もより多く残すことができます。後から水分を加えないので、市販の果汁100%ジュースより濃厚な酵素が含まれたジュースをつくることが可能です。

細いメッシュ、粗いメッシュとフィルターは2種類用意されており、同じジュースでも使い分けることでまた違った味に。フローズンデザートをつくるアタッチメントも付属しています。

クビンスホールスロージューサー JSG-721M レッド

クビンスホールスロージューサー JSG-721M レッドの仕様・製品情報

サイズ20.8×22.8×44.6cm
重量6.9kg
消費電力240W(30分)

クビンスホールスロージューサー JSG-721M レッドのおすすめポイント3つ

  • 投入口が非常に広い
  • 新技術で安定した圧力
  • お手入れがとてもラク

クビンスホールスロージューサー JSG-721M レッドのレビューと評価

切らずに投入できる大型ジューサー

投入口が非常に広い、大型のスロージューサーです。価格も高めになっています。材料を切らなくても投入できることが多いので、その分下ごしらえの時間を節約できます。

メーカーが「石臼方式J.M.C.S」と呼ぶ新技術により、素材に摩擦による熱や衝撃を与えず安定した圧力がけが可能。

回転ブラシに水をかけるだけという、お手入れの手軽さも魅力です。

まとめ

普通のジューサーに比べれば価格が高くなりがちなスロージューサーですが、最近は比較的お求めやすい価格の製品も出てきています。

高価な製品ではその分付属品が充実していたり、低速でも安定して圧力をかけることができるようになっています。

一般的や果物ジュースなどであれば普及帯価格の製品でも十分でしょうが、高級機はよりいろんなものをつくることができラクもできると言えます。

とりあえずスロージューサーを試してみたいということであれば、まずはできるだけ低価格で機能が充実したものからトライしてみましょう。