【じっくり読むと2分】

飲酒運転の取り締まりは年々厳しくなっています。
自分は大丈夫と思っていても、年齢やその日の体調によってもアルコールが抜けるスピードが変わってきます。

そこで便利なのが客観的にアルコールのチェックができる、アルコールチェッカーです。
今回は、アルコールチェッカーの種類と選び方の解説。

そしてアルコールチェッカーのおすすめ3選をご紹介していきます。




アルコールチェッカーとは

アルコールチェッカーとは、息を吹き込み、呼気中のアルコール濃度をチェックできる機械です。
アルコールは自分では抜けているつもりでも、その日の体調などにより残っている場合があります。

アルコールチェッカーがあると、客観的にアルコール濃度を数値化し判定できます。
毎日のようにお酒を飲むという人は持っておくと便利です。

また、2011年5月から運転事業者は運転手に対して、アルコールをチェックすることが義務付けられています。
その際は精度の高いアルコールチェッカーが必要になります。

アルコールチェッカーの種類

半導体式ガスセンサ

半導体式ガスセンサは、一般家庭のガス警報器にも用いられる仕組みで、アルコール濃度を半導体センサで計測します。

市販で売られているアルコールチェッカーはこの半導体式ガスセンサが多く、安価で購入できます。
しかし、精度の低いものが多いので注意が必要です。

また、きちんと保存していれば長く使えますが、感度が徐々に落ちていくので精度を保ちたいなら年に1度は買い替えが必要です。

燃料電池式ガスセンサ

燃料電池式ガスセンサは、呼気中に含まれるアルコールを分解して生じる電流により、アルコール濃度をチェックします。

半導体式ガスセンサよりも精度が高いため、運転事業者などの業務用としても使われます。
価格は高いですが、精度も高く、アルコール以外のガスに反応しにくいのが特徴です。

高価で定期的なメンテナンスは必要ですが、業務用で使いたいなら燃料電池式ガスセンサをおすすめします。

アルコールチェッカーの選び方

タイプ

アルコールチェッカーには、半導体式ガスセンサと燃料電池式ガスセンサの2タイプあります。

半導体式ガスセンサは小型で価格も安いので、気軽に使うことができます。
個人でアルコールのチェックをするなら十分です。

燃料電池式ガスセンサは高価ですが、精度が非常に高く、お酒以外のガスなどに反応しにくいです。
精度が高いので、業務用におすすめします。

サイズ

アルコールチェッカーにはさまざまなサイズがあります。

コンパクトなサイズだと、どこでも持ち歩いて使えます。
お酒だけでなく、アルコールが含んでいる物を食べてしまったときなどにもすぐに計測できて便利です。

サイズの大きいものは高性能のアルコールチェッカーが多いので、信頼性も高いです。
業務用で点呼の際に使用するなら、サイズの大きい据え置きタイプをおすすめします。

用途にあわせて選びましょう。

機能

アルコールチェッカーには、計測結果を記録するものやスマホと連携できるものがあります。
毎日の健康チェックにも役立つので、あると便利です。

アルコールを測定した場所をスマホのGPSと連携して記録する機能や、アルコールが抜ける時間を予測する機能などもあります。

アルコールチェッカーのサイズや性能も大事ですが、毎日の使用を考えると上記のような機能があると便利です。

アルコールチェッカーのおすすめ3選

タニタ アルコールチェッカー EA-100

タニタ アルコールチェッカー EA-100の仕様・製品情報

質量約42g
サイズ(幅・奥行き・高さ)32×17×105mm
タイプ半導体式ガスセンサ

タニタ アルコールチェッカー EA-100のおすすめポイント3つ

  • 小型でスマートなデザイン
  • 安価
  • 息を吹きかけるだけで測定

タニタ アルコールチェッカー EA-100のレビューと評価

手軽で簡単!小型でスマートなアルコールチェッカー

タニタ アルコールチェッカー EA-100は小型でスマートなデザインで一見するとアルコールチェッカーには見えません。

息を吹きかけるだけで使用できるので、計測も簡単です。
価格が安いので、個人で気軽にアルコールチェックをしてみたい人におすすめです。

中央自動車工業株式会社 NEWソシアックX SC-202

中央自動車工業株式会社 NEWソシアックX SC-202の仕様・製品情報

質量約85g
サイズ(幅・奥行き・高さ)45×22×120mm
タイプ半導体式ガスセンサ

中央自動車工業株式会社 NEWソシアックX SC-202のおすすめポイント3つ

  • 高い精度
  • 小型・軽量
  • 長寿命

中央自動車工業株式会社 NEWソシアックX SC-202のレビューと評価

高精度のアルコール検出性能!小型・軽量で携帯性も抜群!

中央自動車工業株式会社 NEWソシアックX SC-202は非常に高精度でアルコールチェックが欠かせない、ドライバーにも愛用されるアルコールチェッカーです。

小型で軽量なので、携帯性に優れています。
センサーの寿命が約5000回の使用と、長いため頻繁にチェックする人におすすめです。

フィガロ技研 アルコールチェッカー フーゴプロ FALC-11

フィガロ技研 アルコールチェッカー フーゴプロ FALC-11の仕様・製品情報

質量約150g
サイズ(幅・奥行き・高さ)65×25×120mm
タイプ燃料電池式ガスセンサ

フィガロ技研 アルコールチェッカー フーゴプロ FALC-11のおすすめポイント3つ

  • 測定データの保存が可能
  • 個人識別機能
  • 分かりやすい操作性

フィガロ技研 アルコールチェッカー フーゴプロ FALC-11のレビューと評価

測定データを保存可能!業務用にピッタリのアルコールチェッカー!

フィガロ技研 アルコールチェッカー フーゴプロ FALC-11は測定データを本体内やパソコンに転送可能です。
ドライバーIDを登録し、個人識別も可能になっています。

本体のみでも使えるのでハンディタイプ、据え置きタイプのどちらでも使用可能です。
分かりやすい操作性で毎日の測定を簡単に行なえます。

精度も高く、業務用におすすめです。

まとめ

アルコールチェッカーがあれば、アルコール濃度を数値化し、客観的に確認できます。

よくお酒を飲む人はひとつ持っておくと、飲酒運転を未然に防ぐことができるかもしれません。
今回の記事を参考にアルコールチェッカーを選んでみましょう。