今や大半のデジカメに、Wi-fi機能もしくはBluetooth通信機能が内蔵されています。
パソコンやスマートフォンに接続し、画像を転送するだけでなく、スマートフォン画面からの撮影や自撮り、SNSの投稿など、カメラの通信機能をフル活用すれば、静止画や動画の撮影がとても便利で楽しくなります。

オリンパス、SONY、Canon、ニコン、富士フイルムなど各メーカーの専用カメラや通信機能の使い方、おすすめカメラを紹介します。




Wi-Fi対応デジカメのメリット

スマートフォンやタブレットと連動

Wi-Fi機能やBluetooth通信機能で、スマートフォンからカメラを操作できる機種もあります。専用アプリをスマートフォンにインストールすることで、カメラ内の撮影画像を確認したり、SNSへ転送できます。スマートフォンをリモコンとして、直接のカメラ操作が難しい場合や自撮りの際に、離れた箇所からピント調節やシャッター操作を行えます。

容量を気にせず撮影できる

旅行先などでつい写真を撮り過ぎた場合や、一度に大量の写真を撮る必要がある場合、予備のSDカードがあるとは限りません。GoogleドライブやDropboxといったオンラインストレージにあらかじめ登録しておけば、撮影した画像をスマートフォンやオンラインストレージにWi-Fiで転送し、撮影を続けられます。

対応家電に転送して楽しむ

USBやSDカードでなく、Wi-Fi通信でパソコンと接続し、カメラから画像を転送して、パソコンで編集することも可能です。パソコンに転送すればカメラ内の画像すべてを保管し、また新しく撮影できます。

テレビによってはカメラから静止画の転送が可能で、大画面で撮影した画像を皆で楽しめます。動画はHDMIケーブルが必要な場合もあります。

Wi-Fi対応デジカメとBluetooth対応デジカメの違い

通信機能のあるカメラに備わっているWi-Fi機能とBluetooth機能は、どちらも無線通信ですが、内容は全く異なります。

Wi-Fiは54Mbps~6.9Gbpsの高速通信で、通信距離は数百メートルほどあり、インターネットに接続して容量の大きな高画質のデータ送信に向いています。その分消費電力が多く、使い続けるとバッテリーが消耗しやすくなります。

Bluetoothの通信速度は24Mbpsまでしかなく、通信距離も数十メートルです。近距離にあるカメラとスマートフォンや対応プリンタ、対応パソコンをつなぎ、ワイヤレス化します。消費電力が少ないので、長時間使用できるのもメリットです。

Wi-Fi対応デジカメのおすすめの使い方

Wi-Fi対応デジカメの利点は、特に以下の2点が挙げられます。

1.大量に撮影した画像を、スマートフォンやパソコン、オンラインストレージなど別の場所に転送して保管する。
2.連動するスマートフォンの画面から、撮影画像の確認やカメラの操作、SNS投稿が行える。

1については、SDカードの残量を気にしながら撮影したり、SDカードを大量に持ち歩かなくて済みます。2は一番多い利用法でしょう。

Wi-Fi非対応機種でも、無線LAN機能搭載のSDカードを使って、スマートフォンやPCと画像のやり取りを行うことができます。

Wi-Fi対応デジカメのおすすめメーカー

オリンパス

カメラのモニターに表示されるQRコードをスマートフォンで読み取るだけで、カメラとスマートフォンが簡単に接続されます。

ミラーレス一眼対応の「OLYMPUS Image Share(Ol.Share)」をセットアップすると、リモート動画撮影や、インターバル撮影もスマートフォンから可能です。リモート自撮り機能で、普通の自撮りでは難しかったジャンプなどのアクティブな自撮りが可能です。

「Tough」シリーズに対応した別アプリ「OLYMPUS Image Track(Ol.Track)」では、撮影地の緯度・経度や標高・移動距離、気温などのトラッキング情報をスマートフォンで確認でき、アクティビティの臨場感をSNSでシェアできます。

ソニー

利用したいモバイルに「PlayMemories Mobile」をインストールすることで、カメラの電源を切ると写真が自動で転送されます。手動でWi-Fiでの転送作業が必要ありません。
同一のアクセスポイントでパソコンとカメラをつなげば、写真や動画もパソコンに取り込めます。

テレビで鑑賞機能の付いたカメラと対応テレビで、カメラ内の画像をテレビで鑑賞し、多くの人と楽しめます。

ニコン

ニコンのスマートフォン用専用アプリ「SnapBridge」は、スマートフォンと常時接続し、撮影するたびに自動的にJPEG画像を転送します。動画や静止画の元画像であるRAW画像は通信データ量が多いので、手動での送信になっています。
ニコンのクラウドサービス「NIKON IMAGE SPACE」への自動アップロードも可能です。

カメラ1台に5台までのモバイル端末、1台のモバイルに5台のカメラが登録でき、切り替えも簡単です。

Wi-Fi対応デジカメの選び方

Wi-Fi機能とBluetooth通信機能が搭載されているか

だいたい両方の機能を持っていますが、Wi-Fi機能はあってもBluetooth通信機能が搭載されていないカメラもあります。Wi-Fiだけでも通信はできますが、スマートフォンと連動させて使うなら、消費電力が少ないBluetooth通信機能とWi-Fi機能が、両方搭載されている機種がおすすめです。

画像転送以外の機能は何があるか

各メーカーの専用アプリの内容は多少の相違はありますが、おおむねスマートフォンへの画像転送、閲覧は可能です。
そのほか、ワイヤレスシャッターやワイヤレス印刷、接続がNFCやQRコードなど簡単な方法か、使い方によって選択肢が変わってきます。

マクロ撮影や暗所の撮影など、シャッター操作だけでもブレやすい時は、スマートフォンをライブビュー機能やレリーズの代わりに使いこなせば、撮影はぐっと楽になります。セルフタイマーもいりません。

Wi-Fi対応デジカメのおすすめ10選

OLYMPUS PEN E-PL9

OLYMPUS PEN E-PL9の仕様・製品情報

タイプミラーレス一眼
サイズ117.1mm×68.0mm×39.0mm
重量約380g
撮像素子マイクロフォーサーズ 4/3型 LiveMOS
有効画素数1605万画素
撮影感度標準:ISO100~6400/拡張:ISO25600
動画記録画素数/フレームレート4K/(30fps/25fps/24fps)、フルHD/(30fps/25fps/24fps/60fps/50fps)、HD/(30fps/25fps/24fps)
液晶モニター3.0型/可動式
手ブレ補正機能ボディー内手ぶれ補正
通信機能Wi-Fi、Bluetooth

OLYMPUS PEN E-PL9のおすすめポイント3つ

  • Wi-Fi、Bluetoothでスマートフォンと簡単連携
  • 電源を切った後自動で画像を転送する「シェア予約」
  • 使い方が分からない時すぐ確認できるフォトガイド

OLYMPUS PEN E-PL9のレビューと評価

E-PL9は専用アプリ「Ol.Share」をインストールしたスマートフォンの操作だけで、カメラ内の画像をスマートフォンで閲覧できます。接続の初期設定は、E-PL9のQRコードを読み取りだけ。気に入った画像に「シェア予約」を設定しておけば、カメラを使わない時に自動でスマホに転送されるので便利です。
操作方法で困った時は、「Ol.Share」に搭載されたフォトガイドですぐに確認できます。

SONY α6500

SONY α6500の仕様・製品情報

タイプミラーレス一眼
サイズ>約120.0mm×66.9mm×53.3mm
重量410g
撮像素子APS-Cサイズ Exmor CMOSセンサー
有効画素数2420万画素
撮影感度ISO100~25600
動画記録画素数/フレームレート4K/(30fps/24fps)、フルHD/(60fps/30fps/24fps/120fps)
液晶モニター3.0型/チルト式
手ブレ補正機能イメージセンサーシフト方式5軸補正
通信機能Wi-Fi、Bluetooth、NFC
  • 「ワンタッチシェアリング」でワンタッチ画像転送
  • QRコードで簡単に「Wi-Fi対応ワイヤレス通信」接続
  • パソコン側からカメラ操作できるPCリモート機能

α6500はNFCが搭載されており、NFCに対応し「PlayMemories Mobile」をインストールしたモバイル機器にワンタッチするだけで、写真や動画を転送できる「ワンタッチシェアリング」機能を搭載。α6500に「スマートリモコン」がインストールされているので、モバイル機器のリモコン操作も簡単に設定できます。
NFC非対応のモバイル機器は、QRコード読み取りで簡単に接続できます。

附属ソフトウェア「Remote Camera Control」では、パソコン側からカメラを操作し、画像の保存設定、転送設定などを設定できます。

Nicon COOLPIX A900

Nicon COOLPIX A900の仕様・製品情報

サイズ約113mm×66.5mm×39.9mm
重量約299g
撮像素子1/2.3型裏面照射型CMOS
有効画素数2029万画素
撮影感度ISO80~3200
動画記録画素数/フレームレート4K/(30fps)、フルHD/(30fps/60fps)、HD/(30fps)、VGA/(30fps)
手ブレ補正機能レンズシフト方式と電子式の併用
通信機能Wi-Fi、Bluetooth、NFC

Nicon COOLPIX A900のおすすめポイント3つ

  • モバイルとBluetoothでつなぐアプリ「SnapBridge app」
  • 「NIKON IMAGE SPACE」に自動でクラウド保存
  • スマートフォンとカメラの位置情報を同期

Nicon COOLPIX A900のレビューと評価

COOLPIXを始めとするニコンのカメラは、「SnapBridge」というアプリを使用することで、撮影した写真をBluetoothで繋いだスマートフォンに自動転送し、すぐにSNSやメールでシェアできる手軽さがあります。動画などの大きなファイルは、Wi-Fi機能で手動取り込みができます。

またニコンのクラウドサービス「NIKON IMAGE SPACE」に登録すると、自動でアップロードされるので万一の時も安心です。

スマートフォンとCOOLPIX A900の日時や位置情報も自動的に同期するので、海外に行った時でも、設定変更の必要がありません。

Nicon D7500

Nicon D7500の仕様・製品情報

電子手ブレ補正(動画)

タイプデジタル一眼レフ
サイズ約135.5mm×104mm×72.5mm
重量約720g
撮像素子APS-C CMOS
有効画素数2088万画素
撮影感度標準:ISO100~51200/拡張:ISO50相当、1640000相当
動画記録画素数/フレームレート4K UHD/(30fps/25fps/24fps)、フルHD/(60fps/50fps/30fps/25fps/24fps)、HD(60fps/50fps)
液晶モニター3.2インチ/チルト式
手ブレ補正機能
通信機能Wi-Fi、Bluetooth

Nicon D7500のおすすめポイント3つ

  • ハイエンドクラスの画質、高速性能を持った中級モデル
  • Bluetoothでスマートフォンと簡単ペアリング
  • ワイヤレス対応スピードライトで自由なライティングが可能

Nicon D7500のレビューと評価

D7500は他のニコンのカメラと同じく、専用アプリ「SnapBridge app」やニコンのオンラインストレージ「NIKON IMAGE SPACE」に自動で画像をアップロードする機能がついています。

またD7500は、複数のスピードライトをワイヤレスで制御する「アドバンストワイヤレスライティング」が可能です。撮影場所の光源とは別に、光源が欲しい場所にライトを設置し、電波制御で発光させることで、より被写体を明確に浮かび上がらせるなど、多彩な画像を作ることができます。

CANON PowerShot G1 X Mark III

CANON PowerShot G1 X Mark IIIの仕様・製品情報

タイプデジタルカメラ
サイズ約115.0mm×約77.9mm×約51.4mm
重量約399g
撮像素子APS-Cサイズ CMOS
有効画素数約2,420万画素
撮影感度ISO100~25600
動画記録画素数/フレームレートフルHD(60fps:約35Mbps/30fps、24fpss)、HD(30fps)、VGA(30fps)
液晶モニター3.0型/バリアングル式
手ブレ補正機能光学式(5軸)
通信機能Wi-Fi、Bluetooth、NFC

CANON PowerShot G1 X Mark IIIのおすすめポイント3つ

  • Wi-Fi機能であらゆる機器と画像共有
  • 電源ONでモバイルと自動接続
  • 離れていても楽しめる「Cannect Station CS100」

CANON PowerShot G1 X Mark IIIのレビューと評価

CANON PowerShot G1 X Mark IIIの内蔵Wi-Fi機能は、専用アプリ「Camera Connect」を介して、モバイルやパソコン、CANON製Wi-Fi対応カメラ、各種Webサービス、PictBridge対応プリンターへと、多くの機器に画像転送、印刷することができます。撮影中でもWi-Fiに常時接続し、柔軟に対応するようになっています。

またモバイルとはBluetoothやNFC機能で簡単にペアリングし、さまざまな使い方ができますが、画像を管理、共有するコネクトステーション「Connect Station CS100」ともNFCでペアリングできます。CS100にPowerShot G1 X Mark IIIをかざすと、カメラ内の画像が転送され、プリントアウトやテレビでの鑑賞、別の場所にあるCS100と画像を共有できます。

CANON EOS Kiss M

CANON EOS Kiss Mの仕様・製品情報

tr>動画記録画素数/フレームレート4K/(24fps)、フルHD/(60fps/30fps/24fps)、HD/(120fps)(AF固定)/60p

タイプミラーレス一眼
サイズ116.3mm×88.1mm×58.7mm
重量約387g
撮像素子CMOSセンサー(デュアルピクセル CMOS AF 対応)
有効画素数約2410万画素
撮影感度標準:ISO100~25600/拡張:ISO51200
液晶モニター3.0型/バリアングル式
手ブレ補正機能デュアルセンシングIS
通信機能Wi-Fi、Bluetooth、NFC

CANON EOS Kiss Mのおすすめポイント3つ

  • 新機能「撮影時スマホ自動送信」
  • スマートフォンのリモコン化はBluetoothで
  • 「EOS Utility」でパソコンとの連携も強化

CANON EOS Kiss Mのレビューと評価

EOS Kiss Mとモバイル機器の通信は、専用アプリ「Camera Connect」をインストールして行います。 EOS Kiss Mは新機能「撮影時スマホ自動送信」を搭載し、ペアリングしたモバイル機器に、撮影と並行して画像を送信します。

自動画像送信アプリ「Image Transfer Utility 2」で、ペアリングしたパソコンの側に置きさえすれば、パソコンに画像を自動転送します。EOSシリーズの専用ソフトウェア「EOS Utility」を介すれば、Wi-Fi機能で接続し、パソコンからカメラのリモート操作が行えます。

EOS Kiss MはNFC対応なので、「Camera Connect」がインストールされているNFC対応のモバイル機器なら、近づけるだけで接続できます。

FUJIFILM X-T100

FUJIFILM X-T100の仕様・製品情報

FUJIFILM X-T100の仕様・製品情報

タイプミラーレス一眼
サイズ121.0mm×83.0mm×47.4mm
重量約448g
撮像素子APS-C CMOS
有効画素数2424万画素
撮影感度標準:ISO200~12800/拡張:ISO100、25600、51200
動画記録画素数/フレームレート4K/(15fps)、フルHD(59.94fps/50fps/24fps/23.98fps)、HD/(59.94fps/50fps/24fps/23.98fps)
可動式モニタ3.0型/チルト式
手ブレ補正機能
通信機能Wi-Fi、Bluetooth、NFC

FUJIFILM X-T100のおすすめポイント3つ

  • Bluetoothでスマホと、Wi-Fiでプリンタと連携
  • スリムなボディと使いやすい機能ダイヤル
  • 高感度撮影、オートフォーカス機能でカメラ任せですてきな一枚を残す

FUJIFILM X-T100のレビューと評価

X-T100は、小さなボディに使いやすいよう工夫された設定ダイヤル、タッチパネル式液晶モニターなど、直感的に操作できるよう研ぎ澄まされた躯体と、ベストな瞬間を残すオートフォーカスや高感度撮影で、日常の一瞬を切り取れるカメラです。

撮った写真は、Bluetoothでペアリングしたスマートフォンに画像を転送し、アプリ「FUJIFILM Camera Remote」でSNSにアップロードが可能です。他にも、Wi-Fi通信で同社のプリンタ「instax SHARE SP-3」に画像を送ってすぐにプリント。プリントした写真に好きな文字や絵を描き込んで、思い思いの形でシェアして楽しめます。

Panasonic LUMIX DC-GX7MK3

Panasonic LUMIX DC-GX7MK3の仕様・製品情報

タイプミラーレス一眼
サイズ約124mm×約72.1mm×約46.8mm
重量約450g
撮像素子フォーサーズ4/3型Live MOS
有効画素数2030万画素
撮影感度標準:ISO200~25600/拡張:ISO100
動画記録画素数/フレームレート4K/(30fps/24fps)、フルHD/(60fps/30fps)、HD/(30fps)
液晶モニター3.0型/チルト式
手ブレ補正機能撮像素子シフト方式(5軸)
通信機能Wi-Fi、Bluetooth

Panasonic LUMIX DC-GX7MK3のおすすめポイント3つ

  • Wi-FiとBluetoothを使い分ける省エネリモート操作
  • ペアリングしたスマホで動画作成
  • 「LUMIX CLUB クラウド同期サービス」で自動的に画像転送

Panasonic LUMIX DC-GX7MK3のレビューと評価

LUMIX DC-GX7MK3には、他の最新機種と同じくBleuthoothでペアリングしたスマホにWi-Fi画像を転送する機能を持っています。スマートフォンでの遠隔操作、設定変更の他、専用アプリ「Panasonic Image App」に画像を送ると、動画をストーリー仕立てに編集できます。

DC-GX7MK3から「LUMIX CLUB クラウド同期サービス」へ画像をWi-Fiで転送すると、設定しているパソコンやモバイル、Webサービスに転送され、加工や公開により便利に使えます。

Panasonic LUMIX DC-TX2

Panasonic LUMIX DC-TX2の仕様・製品情報

タイプコンパクトデジカメ
サイズ約111.2mm×約66.4mm×約45.2mm
重量約340g
撮像素子1.0型 高感度MOS
有効画素数2010万画素
撮影感度通常:ISO125~12800/拡張:ISO80、100、25600
動画記録画素数/フレームレート4K/(30fps/24fps)、フルHD(60fps/30fps)、HD(30fps)
液晶モニター3.0型手ブレ補正機能光学式通信機能Wi-Fi、Bluetooth

Panasonic LUMIX DC-TX2のおすすめポイント3つ

  • Wi-FiとBluetoothを使い分けて省エネリモート操作
  • LEICA社の高性能レンズで広角から超望遠まで撮影
  • 静止画・動画共に4Kに対応

Panasonic LUMIX DC-TX2のレビューと評価

LUMIX DC-TXは、通常はBluetoothでペアリングしたスマートフォンと常時接続し電力を節約しながら、画像転送時は自動で速度の速いWi-Fiに切り替え、高速通信を行います。スマートフォンに専用アプリ「Panasonic Image App」を入れておけば、カメラ内の画像をスマートフォンで確認できるだけでなく、スマートフォンをリモコンのように使うことができて便利です。

新しくDC-TX2に搭載されたレンズは、広角24mmから望遠360mmまでカバーする上、3cmまで近づけるマクロ撮影も可能で、1台であらゆる静止画・動画に強い作りになっています。コンパクトなサイズで4K対応の画像が撮影できる一台です。

RICOH GR Ⅱ

RICOH GR Ⅱの仕様・製品情報

タイプコンパクトデジカメ
サイズ約117.0mm×62.8mm×34.7mm
重量約251g
撮像素子23.7mm×15.7mmサイズCMOS
有効画素数約1620万画素
撮影感度通常:ISO100~25600
動画記録画素数/フレームレートフルHD/(30fps/25fps/24fps)、HD(60fps/50fps/30fps/25fps/24fps)、VGA(30fps/25fps/24fps)
液晶モニター3.0型手ブレ補正機能通信機能Wi-Fi、NFC

RICOH GR Ⅱのおすすめポイント3つ

  • 専用アプリ「GR Remote」でモバイルから遠隔操作
  • 「Image Sync」でスマホに画像を簡単転送
  • インターバル合成で星空や風景も同時に記録可能

RICOH GR Ⅱのレビューと評価

GR Ⅱで初めて搭載されたWi-Fi機能やNFC機能を使い、専用のモバイルアプリ「GR Remote」で、GR Ⅱが遠隔操作できます。カメラでは撮れないハイアングル、ローアングル撮影や、自分撮りの他、インターバル合成などスマートフォンやタブレットを液晶モニター代わりに自在に使えます。「GR Remote」は専用サイトにアクセスすればすぐに使えます。

画像の転送や閲覧、SNSでのシェアには、NFCでペアリングしたスマートフォンと「Image Sync」を介して簡単に行えます。

まとめ

Wi-Fi機能付きデジカメは、スマートフォンとの連動でぐっと使い勝手が良くなります。特にスマートフォンのリモコン化は、アクセサリーやケーブル接続が必要だった作業がワイヤレスで可能になり、撮影そのものが楽になります。Wi-Fi搭載カメラとスマートフォンで、もっと簡単で楽しいフォトライフを送りましょう。