【じっくり読むと5分】

コンデジはどこでも構えず撮影できるので、日常のスナップ、動画撮影には最適です。価格も比較的安いですから、一眼レフやミラーレス一眼を持っている人が、サブカメラとして持つにも向いています。中には4K動画を撮影できるコンデジ、一眼レフ顔負けの高画質、超望遠のズーム機能を持つコンデジも出回るようになりました。

今回はパナソニック、ソニー、キヤノンなど主流メーカーから出ているコンデジを、動画撮影機能を中心にご紹介します。




コンデジとは

コンデジとは「コンパクトデジタルカメラ」の略称です。デジタル一眼レフ、ミラーレス一眼と同じデジタルカメラの一種で、レンズとカメラが一体になったタイプです。

コンデジは名前の通りコンパクトで、ポケットにも入る気軽さが利点です。高級なコンデジになると、カメラ1つで面倒な編集作業まで行えるカメラもあります。

デジタル一眼レフやミラーレス一眼を買うほどではないが、スマートフォンよりもきれいな写真や動画が撮りたいと望む人には、コンデジはうってつけのカメラです。

動画撮影におすすめなコンデジの特徴

手ブレ補正機能がついている

動画を撮影するのに、一箇所にじっとしていることは無く、被写体を追ってカメラを動かしますから、手ブレ補正機能がついていないと、歩くだけで画像はブレてしまいます。状況によっては三脚を使いますが、大概のシーンは手持ちで動画を撮るでしょう。

ビデオカメラと違い、コンデジには手ブレ補正機能がついていない機種もあります。一眼レフやミラーレス一眼は、カメラ本体に補正可能がなくても補正機能を持つレンズでカバーできる機種がありますが、カメラとレンズが一体型のコンデジは、手ブレ補正機能がついている機種が望ましいです。

センサーサイズが大きい

動画の撮影場所が、光がたくさん入り明るいとは限りません。カメラが光を取り込む撮像素子(センサー)のサイズが大きいほど、明るく高画質な画像が撮れます。

コンデジのセンサーは小さいです。コンデジも上位機種になると、デジタル一眼レフに搭載されるAPS-Cサイズの大きなセンサーを持つ機種があります。センサーサイズの大きさに合わせてボディも大きくなり、価格が上がる分、一眼レフに負けない高画質の動画、静止画を撮影できます。

動画撮影におすすめなコンデジの人気メーカー

ソニー

ミラーレス一眼で有名なソニーですが、コンデジでも負けてはいません。「Cyber shot」シリーズもミラーレス一眼に劣らない高機能で好評です。ソニーのカメラは全体的に高機能が詰め込まれた印象があり、機械らしさ、見た目のガジェット風味から、メカニカルなシンプルさが好まれてもいます。

キヤノン

ニコンと並びデジタル一眼レフ業界を二分するキヤノンのコンデジ「PowerShot」シリーズは、上位機種にデジタル一眼レフと同じAPS-Cサイズの大きなセンサーを搭載しています。キヤノンのコンデジが持つ動画機能は、フルHD対応機が多いです。フレームレートが60pあれば、動画のクオリティとしては十分ですので、4K動画に固執しなければ、十分すぎるスペックです。

動画撮影におすすめなコンデジの選び方

手ブレ補正機能がついているか

上記にも書きましたが、カメラを手に持って撮影する以上、手ブレ補正機能の有無は重要です。カメラの機能面である程度カバーされても、やはり搭載されている方が安心です。

特に光学式の補正機能は、カメラ本体が揺れに合わせて調節するシステムなので、電子式以上にきれいな画像が撮れます。構造上大きくなり、価格が高くなるので、価格や全体の機能を見て決めても良いでしょう。

解像度の大きさ

動画がどれだけきめ細やかできれいかは、撮る際の解像度で変わります。最新のカメラは4K動画が主流となってきましたが、4Kは精緻で美しい画像になる分、ファイルが大きくメモリーを圧迫し、シェアする環境によっては高画質があだとなって、カクカクした見づらい画像になりやすいです。

現在動画を楽しむ環境を見ても、フルHDで十分鑑賞に満足する動画が撮影できます。HD未満の画像しかとれない機種は、ネットやスマートフォンの画面で見る程度で、大きな画面では絵が粗くなります。動画を見る環境や機器のスペックも考慮して選びましょう。

フレームレートの数字

解像度と同じくきれいな動画に大切なのが、フレームレートです。
フレームレートとは、「1秒間に撮影する画像の枚数」です。よくネットなどで見る動画が「カクつく」のは、フレームレートの枚数が少ない、もしくは重くてゆっくりと画像が切り替わっている状態です。

フレームレートの目安は、テレビと同じ「30fps」あれば十分な画質です。もしスローモーション動画を撮りたい場合は、フレームレートが高い、120fps以上の機種を選びましょう。

動画撮影におすすめなコンデジ6選

Panasonic LUMIX DC-TX2

Panasonic LUMIX DC-TX2の仕様・製品情報

サイズ約111.2mm×約66.4mm×約45.2mm
重量約340g
撮像素子1.0型 高感度MOS
有効画素数2010万画素
ズーム光学15倍/デジタル4倍
撮影感度通常:ISO125~12800/拡張:ISO80、100、25600
F値F3.3~F6.4
動画記録画素数/フレームレート4K/(30fps/24fps)、フルHD/(60fps/30fps)、HD/(30fps)
手ブレ補正機能光学式

Panasonic LUMIX DC-TX2のおすすめポイント3つ

  • 4K PHOTOの高速連写でとっておきの1シーンを切り取る
  • 写真や動画を組み合わせた多様な動画作成機能
  • 比較明合成で写真をグレードアップ

Panasonic LUMIX DC-TX2のレビューと評価

LUMIX DC-TX2はコンパクトなボディながら精細な4K動画に対応し、動画の記録方法も、編集や再生方法に合わせて様々なファイルに変換できます。他にも設定した間隔で連続撮影するインターバル撮影や、写真をつなぎ合わせて動画にするコマ撮りアニメ機能など、さまざまな動画を楽しめる機能が満載です。

高速連写で4K動画を撮り、中の1枚を選択し静止画として抜き出すことで、動き回る子どもや乗り物など、シャッターチャンスの難しい被写体でもきれいに写せます。

4K PHOTOで連写した写真を合成する「比較明合成」機能を使えば、暗闇に走るいくつもの光の軌跡など、難しい長時間露光で撮影したような効果の写真が簡単に作れます。

FUJIFILM X100F

FUJIFILM X100Fの仕様・製品情報

約2430万画素

サイズ126.5mm×74.8mm×52.4mm
重量約469g
撮像素子APS-Cサイズ X-Trans CMOS III
有効画素数
撮影感度<通常:ISO200~12800/拡張:ISO100、25600、51200/td>
動画記録画素数/フレームレートフルHD/(59.94fps/50fps/29.97fps/25fps/24fps/23.98fps)、HD/(59.94fps/50fps/29.97fps/25fps/24fps/23.98fps)
手ブレ補正機能無し

FUJIFILM X100Fのおすすめポイント3つ

  • 光学と電子の良いとこどり「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」
  • 拡張されたフルHD動画撮影機能
  • フィルム表現のフィルター「フィルムシミュレーション」

FUJIFILM X100Fのレビューと評価

FUJIFILM X100Fでは、光学ファインダーと電子ビューファインダーの両方の特徴を持つ「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」が搭載されています。切り替えレバーですぐ切り替えられるだけでなく、両方を組み合わせることで、正確なピント合わせが可能になります。

フルHD動画はAF追従機能が向上し、撮影中にシャッタースピードや露出補正などの設定変更、フィルムシミュレーションが使えるので、バリエーションに富んだ動画が撮れます。
フィルムシミュレーションは写真フイルムを製造してきた富士フイルムのこだわりが詰まった写真画質フィルター。15種類の豊かな色表現を楽しむことができます。

Nicon COOLPIX A900

Nicon COOLPIX A900の仕様・製品情報

サイズ約113mm×66.5mm×39.9mm
重量約299g
撮像素子1/2.3型裏面照射型CMOS
有効画素数2029万画素
撮影感度ISO80~3200
動画記録画素数/フレームレート4K/(30fps)、フルHD/(30fps/60fps)、HD/(30fps)、VGA/(30fps)
手ブレ補正機能レンズシフト方式と電子式の併用

Nicon COOLPIX A900のおすすめポイント3つ

  • 静止画切り出しもできる4K動画撮影
  • 高速連写でシャッターチャンスを逃さない
  • 高性能な5軸手ブレ補正で動画もきれいに撮影

Nicon COOLPIX A900のレビューと評価

COOLPIX A900の動画機能は充実しています。最長で7分の4K動画撮影機能の他、フルHDのステレオ撮影、早送りのスーパーラプス動画の作成など、様々なタイプの動画を撮影できます。撮った画像をショートムービーに編集し直したり、シーン選択でタイムラプス動画も作れますから、SNS向けの動画が簡単に作れます。

高性能なNIKKORレンズには、レンズシフト式手ブレ補正機能がついており、手ブレをレンズが感知して修正しますから、より綺麗な画像を撮影できます。動画撮影時には、5軸の手ブレ補正機能が画像のゆれをしっかり押さえます。

SONY Cyber-shot DSC-RX100M6

SONY Cyber-shot DSC-RX100M6の仕様・製品情報

サイズ101.6mm×58.1mm×42.8 mm
重量約301g
撮像素子1.0型 Exmor RS CMOSセンサー
有効画素数約2010万画素
撮影感度ISO125~12800
動画記録画素数/フレームレート4K/(30fps)、フルHD/(60fps/120fps)
手ブレ補正機能光学式(静止画)/インテリジェントアクティブモード(動画)

SONY Cyber-shot DSC-RX100M6のおすすめポイント3つ

  • 高解像な4K動画の録画
  • 「ファストハイブリッドAF」が動画にも対応
  • プロ用の動画機能を搭載

SONY Cyber-shot DSC-RX100M6のレビューと評価

Cyber-shot DSC-RX100M6は、高精度の4K HDRに対応し、他にもスーパースローモーションをはじめとするクオリティの高い映像が作成できます。今まで静止画のみ対応していた、被写体に高速かつ追随性が高い合焦機能「ファストハイブリッドAF機能」が動画にも対応したので、動画もよりクオリティ高く鮮明な画像になります。

4K以外にもタイムラプス撮影やスーパースローモーション撮影の他、プロユース並みの作成サポート機能を搭載し、効率的に編集作業が行えるカメラです。

CANON PowerShot G1 X Mark III

CANON PowerShot G1 X Mark IIIの仕様・製品情報

サイズ約115.0mm×約77.9mm×約51.4mm
重量約399g
撮像素子APS-Cサイズ CMOS
有効画素数約2420万画素
撮影感度ISO100~25600
動画記録画素数/フレームレートフルHD/(60fps/30fps)、HD/(30fps)、VGA/(30fps)
手ブレ補正機能光学式(5軸)

CANON PowerShot G1 X Mark IIIのおすすめポイント3つ

  • CANONコンデジ初のAPS-CサイズCMOSセンサー
  • マニュアル動画撮影で望むイメージを表現
  • バリアングル液晶で撮る角度も自在

CANON PowerShot G1 X Mark IIIのレビューと評価

PowerShot G1 X Mark IIIコンデジでありながらAPS-Cサイズのセンサーで、広角からマクロまでダイナミックで鮮明な画像を撮影できるフラッグシップ機です。

動画はフルHDからの対応ですが、マニュアル動画設定で写真と同じようにシャッタースピードや絞りを設定し、作りたいイメージに近い画像が撮れます。シャッタースピードもやや遅めに設定され、暗い場所でも明るくノイズも少ない撮影が可能です。また咄嗟に撮りたい被写体に出会った時は、すぐ「録画ボタン」を押せば撮影でき、チャンスを逃がしません。

バリアングル液晶は、液晶モニターの角度を細かく調整できるのに合わせ、タッチパネルで簡単に操作できるので、ハイアングルやローアングルなど、動画も静止画も好きな角度から自在に撮影することができます。

RICOH GR Ⅱ

RICOH GR Ⅱの仕様・製品情報

サイズ約117.0mm×62.8mm×34.7mm
重量約251g
撮像素子23.7mm × 15.7mmサイズCMOS
有効画素数約1620万画素
撮影感度通常:ISO100~25600
動画記録画素数/フレームレートフルHD/(30fps/25fps/24fps)、HD/(60fps/50fps/30fps/25fps/24fps)、VGA/(30fps/25fps/24fps)
手ブレ補正機能無し

RICOH GR Ⅱのおすすめポイント3つ

  • 広角28mm、F2.8の明るい単焦点レンズ
  • 多彩な表現で楽しめるフルHD動画
  • その場で即撮影「フルプレススナップ」

RICOH GR Ⅱのレビューと評価

RICOH GR ⅡはRICOH独自開発による広角28mm、F値2.8の明るいGRレンズ、APS-Cサイズ相当のCMOSイメージセンサー、両方の性能を引き出す画像処理エンジンにより、高精細で豊かな表現を持つ画像が作られます。

GR Ⅱの高画質はフルHD動画でも発揮されます。録画中の露出補正やエフェクトモードへの対応により、こだわった動画が作成できます。

GR Ⅱは速写性の高い構造を持っていますが、突然のシャッターチャンスにはシャッターボタンを押し込むだけでAFを動かさず設定距離から即撮影する「フルプレススナップ」機能で、決定的瞬間を逃しません。

まとめ

コンデジの動画撮影は、どのメーカーも特色を出しながら、それぞれの機種に大きなカメラを持つ必要が無いほどの高機能を持たせています。どのカメラも1機持てば、長く活躍するカメラです。実際に手に持って撮り心地を確認したり、どんな画像が撮りたいかを大まかに決めて、一番使いやすいと思えるコンデジを選びましょう。