防水のスマホケースおすすめ10選。お風呂、海、プール、アウトドアで活躍

スマホおすすめ

防水スマホケースは海やプールだけでなく、お風呂でスマホを使いたい時や、ランニングなど汗をかきながら使う場合にも便利に使えます。多くは密閉して水の侵入を防ぎますが、防水性能はそれほど高くしない代わりに、使い勝手を優先しているケースもあります。自分の使いたいシーンに合わせて防水スマホケースを選びましょう。

防水スマホケースの種類

防水スマホケースの種類は以下の2つです。

  • ソフトケースタイプ
  • ハードケースタイプ

ソフトケースタイプ

スマホをすっぽり覆う形で収納する防水スマホケースです。TPUフィルムなど、柔らかい素材で作られているものが多くなっています。

適合するサイズのものであればスマートフォンの機種を問わず収納することができます。剛性にはやや欠けますが、現在、防水スマホケースの主流になっているタイプです。

ハードケースタイプ

防水ではないスマホケースでよくあるタイプの、ハードにかちっとはめて使うタイプの防水ケースです。

当然ながら機種ごとに専用のケースが必要であり、人気のある機種でないとケースが発売されていないこともあります。

多くのソフトケースタイプの防水ケースでは、防水でないスマホケースを付けたままでも入れられる場合もあります。剛性と耐水性を両立でき、おすすめの方法です。

防水性能について

防水性能は「IPX」という認定基準が設けられており、最高は「IPX8」となっています。IPX8認定のスマホケースであれば、防水性能に関してはかなり期待しても大丈夫と言えるでしょう。

多くの防水スマホケースが「IPX8」認定をうたっています。

防水スマホケースのメリット

防水スマホケースのメリットは以下の3つです。

  • 海やプールでもスマホを使える
  • お風呂で使える
  • 雨の日でも安心して使える

海やプールでもスマホを使える

シュノーケルを付けての水中撮影など、水辺や水中でもいつも使っているスマートフォンを使うことができます。

ただし、水中では特定のボタンでないと使えないケースもあります。特に水中撮影用途でケースの購入をお考えの場合、どの程度まで操作できるのかは注意が必要です。

お風呂で使える

外へお出かけする場合だけでなく、毎日のお風呂でも使うことができます。

「IPX8」認定の防水スマホケースなら、シャワーやお風呂といった用途でスマートフォンが濡れる心配はまずしなくて大丈夫でしょう。

ほとんどの防水スマホケースでは、水の中で操作するのでなければ、タッチ操作もケースを付けたまま行えるものも多いです。

雨の日でも安心して使える

突然の雨、でも今日は一日中外で仕事。スマホも使わなければならない…こんな時、防水スマホケースをひとつ用意しておけば非常に便利です。雨の中でも安心してスマホを使うことができます。

ケースによっては水中では操作が制限されるものもありますが、雨中で使う場合なら、ほとんどのケースでは普段と同じようにスマホを操作することができるでしょう。

防水スマホケースのデメリット

防水スマホケースのデメリットは以下の2つです。

  • ケースの分大きくなる
  • 不要な時は外す手間が必要
  • スピーカーやイヤホンが使えない場合がある

ケースの分大きくなる

防水スマホケースはソフトタイプが主流になっていることもあり、スマホを「装着する」というよりは「収納する」ケースが多いです。

そのため体積はどうしても大きくなるので、普段よりは持ちにくくなるかもしれません。

ソフトタイプのケースは首からぶら下げたり、腕にとり付けたりすることができるものが多くなっています。ケースによって普段とは違う持ち方や、操作の仕方を考えるのもいいかもしれません。

不要な時は外す手間が必要

普段、防水機能が不要な場合には防水ケースを外し、防水でない普通のケースを付けることになります。

たまにならともかく、頻繁に付け替えをしないといけなくなると非常に面倒です。

防水スマホケースには着脱が簡単にできるケースもあります。また、自分のスマホより少し大きめの防水ケースを選べば、普段装着している非防水のケースを付けたまま防水ケースに入れることも可能です。

スピーカーやイヤホンが使えない場合がある

製品によってはイヤホン穴が開いている製品もありますが、全体を覆うケースの場合、イヤホンは使えない場合もあります。

スピーカーも遮られてしまいますので、防水ケースをつけた場合、音を聞きながら使うのは難しいことが多くなります。

とは言え水中はもちろん、アウトドアではマナーモードで使う方も多いはず。そういう方なら、さほど問題にはならないはずです。

防水スマホケースの選び方

防水スマホケースの選び方を以下の2つのポイントから解説します。

  • ソフトタイプかハードタイプか
  • 防水性能で選ぶ

ソフトタイプかハードタイプか

そもそも、ハードタイプは各スマホ毎に専用のケースが必要です。無ければ使えません。

ハードタイプのケースがあっても、iPhoneのような人気機種でない限りあまり選択の余地もないでしょう。

ソフトタイプは普段使いには向きませんが、サイズさえ合えばどんなスマホにも使えますし、普段のケースを付けたまま収納することも可能です。

防水性能で選ぶ

もちろん防水性能が高いに越したことはありませんが、防水性能が高いケースほど密閉性は高くなります。たとえば多くの場合、そうしたケースではイヤホン用の穴は付いていません。

イヤホン用の穴が開いているケースはその分密閉性は低くなりますが、イヤホンも同時に使うことができます。

自分がどの程度の防水性を必要としているのか、使い勝手とのバーターを考えてケースを選びましょう。

スマホ用防水ケースのおすすめ10選

【最新版 & 指紋認証 / Face ID認証対応】 防水スマホケース 2枚セット IPX8 完全防水 タッチ可 顔認証 気密性抜群

iPhone11/iPhoneXR/X/8/8plus / Android 6.5インチ以下全機種対応
水中撮影、お風呂、海水浴、プールなどに

2枚セット YOSH スマホ防水ケース IPX8認定 完全保護 密封 タッチ可

最大7.0インチ対応
iPhone 12mini 12シリーズ 11 Pro Max X XR XS 8 7 / Androidに対応
水中撮影、お風呂、温泉、海水浴、プール、潜水、水泳、釣り、雨、雪などに

【2021最新版&2枚セット】 防水ケース スマホ用 指紋認証 / Face ID認証対応 IPX8認定 完全防水 タッチ可 顔認証 気密性抜群

iPhone 12 Pro/iPhone 11 Pro Max/iPhone11/iPhoneXR/X/8/8plus / Android スマートフォン6.5インチ以下全機種対応
ネックストラップ&アームバンド付き
水中撮影、お風呂、海水浴、プールなどに

YOSH スマホ用防水ケース IPX8 タッチ可 顔認証

最大7インチ対応 Iphone 12mini 12シリーズ Androidに対応
水中撮影、お風呂、海水浴、プール、水泳、釣り、旅行、雨などに

スマホ用防水ケース エアポンプ搭載 Face ID 対応 IPX8 完全防水 スマホポーチ 防水ポーチ

iPhone12 Pro Max mini iPhoneSE XR XS MAX 8Plus 6.7インチまで全機種対応
水中撮影、お風呂、海水浴、プール、シュノーケル、ダイビング、釣り、トレッキング、登山、お風呂、スキー、スノーボードなど

DEJIMAX バスルーム携帯電話防水ボックス 防水HD壁掛け 防霧 タッチ可能 強力粘着

iPhone 12 Pro、iPhone SE、AQUOS Sense 3、Huawei P30liteなどのほとんどに対応
ユニバーサルサイズは7インチ未満のすべての携帯電話に対応
浴室、洗面所、キッチン、トイレなどに

防水ケース WaterProofCase スマホ用 指紋認証/Face ID認証対応 防水携帯ケース 完全防水 タッチ可 気密性抜群

iPhoneXR/XS/X/8/8plus/7/7plus/6/6plus/Android 6.3インチ以下全機種対応
水中撮影、お風呂、海水浴、プールなど

防水ケース「2枚入」IPX8認定 スマホ防水ケース 顔認証対応 ネックストラップ付属

iPhone 12/11 pro Max/Xs Max/8 Plus/7plus、Sharp Aquos,Sony Xperia,Samsung Galaxy等7.0インチ以下スマホ対応
お風呂、海水浴、プール、釣り、ダイビング、水遊びなど

YaPanda 防水ケース [2枚セット] IPX8認定 顔認証 防水バッグ 防水ポーチ

iPhone 12/11/pro/mini/XS Max/XR/XS/X/8/7/6/Plus Sharp Aquos,Sony Xperia,Samsung Galaxy等対応 6.5インチ以下全機種対応
ネックストラップ&アームバンド付属
水中撮影、お風呂、海水浴、プール、温泉、水泳、砂浜、潜水など

ProCase 2点セット スマホ防水ケース [フロート式]ドライバッグ IPX8認定 完全保護 密封

最大7.0インチ対応:iPhone 12 Pro Max 11 XS XR 8 7 Plus Galaxy Pixel
水中撮影、お風呂、海水浴、プール、温泉、釣りなど

まとめ

基本的には防水スマホケースは付けっぱなしにしておくというよりも、海へ行く時・お風呂・雨の日など、「必要な時だけ使う」という使い方が一般的でしょう。
その意味では多くの人にとってはハードタイプより、防水性能にも優れ、付け外し(出し入れ)もしやすいソフトタイプの方がベストチョイスとなることが多くはるはずです。
できれば使っているスマホより少し大きいサイズのケースを選び、普段使いのケースを付けたまま収納できるようにするのが、剛性を高める意味でも使い勝手の上でもおすすめの使い方です。