【じっくり読むと6分】

コスパ良好なハンディカメラから、個性的なアクションカメラまで、幅広いジャンルのビデオカメラをメーカー別、用途や目的別に紹介します。メーカーはGoPro、パナソニック、ニコン、コダック、ソニー、JVCケンウッドなど、価格帯は2万円以下の初心者におすすめなモデルから10万円以上のハイエンドモデルまで、その他手ぶれ補正やライブストリーミング機能搭載、アウトドアに最適なビデオカメラなど、幅広く紹介します。




ビデオカメラの種類とは

ビデオカメラはハンディカメラとアクションカメラの2種類あります。ハンディカメラは手持ちで撮影する昔ながらのカメラですね。一方アクションカメラはヘルメットなどに取り付けて撮影できるビデオカメラなのです。
両方のビデオカメラには撮影時の特徴があり、使いたいシーンに合わせて購入する必要があります。「子供の運動会の動画を取りたい」「YouTubeにアップする動画を撮影したい」「マウンテンバイクで走っている風景を撮りたい」などの目的をはっきりさせてビデオカメラを選びましょう。

ハンディタイプ

一般的に思い浮かべるビデオカメラですね。安定した撮影ができるのが特徴です。ファインダーやモニターを見ながら臨場感のある映像を撮影できます。モニターで撮影した動画の確認も簡単。子どもたちと一緒にレビューを見るのも楽しいでしょう。3脚を使えるので、家族団らんの映像や風景の動画などにも対応できます。
バッテリーの容量が大きいビデオカメラを選べば、長時間撮影にも耐えられます。ガッツリ撮影したいものがある方におすすめです。

アクションタイプ

ヘルメットなどに装着して撮影するタイプのビデオカメラです。特徴はビデオカメラとは思えないほど軽量なこと。スポーツ用品一緒にしまえるコンパクトさも売りです。バイクやサーフィン中に使えば、疾走感のある映像を撮影することができるでしょう。防水・防塵対策がしっかりしているビデオカメラがおおいので、故障の心配なく思いっきり撮影できます。SNSなどに映像を投稿すれば話題になること間違いなしです。普通とは違う映像が撮りたい方や軽量なビデオカメラが欲しい方に向いています。

ビデオカメラの選び方

使いたいシーンで選ぶ

ビデオカメラを選ぶときには、「どんなときに使いたいのか」を明確にすることが重要です。子どもや動き回るモノを撮影するなら手ぶれ補正のあるハンディカメラが使いやすいでしょう。逆にサーフィンの様子を撮影するならヘルメットやバンドに装着できるアクションカメラがおすすめです。
風景を撮影するなら3脚が使えるハンディカメラだと安心です。

撮影時間で選ぶ

丸一日撮影する機会が多いなら、一回あたりの撮影時間がながいビデオカメラを選びましょう。撮影時間が短いと催し物の途中で録画がストップしてしまいます。録画したかったシーンで充電が切れると嫌ですよね。録画中にコンセントが使えない場合もあるので、電源なしでも撮影できるビデオカメラを選びましょう。

機能で選ぶ

撮影したいシーンに合わせてビデオカメラの機能を選びましょう。子供の運動会の動画を撮るならオートフォーカス機能のあるビデオカメラ。水のある場所で使うなら防水機能付きのビデオカメラです。子供の誕生日のシーンを撮るなら、暗所撮影のできるビデオカメラがおすすめです。子供を遠くから撮影するならズームに強いビデオカメラがいいでしょう。

重さで選ぶ

ビデオカメラを選ぶときには、ビデオカメラ本体の重量も重要です。撮影する時間が多いほど、ビデオカメラの重さがネックになります。350g以下の軽量なビデオカメラを選ぶと、長時間撮影でも疲れにくいでしょう。
動き回る子どもや動画を追いかけて撮影するなら、軽量なビデオカメラを選びましょう。

ビデオカメラのおすすめ10選

パナソニック(Panasonic) HC-W585M

パナソニック(Panasonic) HC-W585Mの仕様・製品情報

質量309g
ビデオタイプハンディカメラ
最長記録時間SDHCメモリーカード4GB 5Mbps 約1時間30分
バッテリー持続時間/td>2時間20分
手ぶれ補正光学式
画質4K
機能手振れロック・光学50倍/iA90倍の高倍率ズーム・HDR動画モード・オートフォーカス・傾き補正・広角レンズ・裏面照射型高感度MOSセンサー

パナソニック(Panasonic) HC-W585Mのおすすめポイント3つ

  • Wi-Fiとつなげばライブ中継もできる
  • 「ワイプ撮り」で周りの笑顔も残せる
  • 5軸ハイブリッド手ブレ補正で手ブレ知らず

パナソニック(Panasonic) HC-W585Mのレビューと評価

4Kで撮影できるハンディカメラ

パナソニック(Panasonic) HC-W585Mは、ハンディカメラには珍しい4Kタイプのビデオカメラです。4Kで撮影しておけば、あとから手ぶれ補正やズームなどの編集が行なえます。撮影に夢中で動画がうまく撮れなくても、あとから編集できるのは嬉しいですよね。子供との思い出を思いっきり撮りましょう。

ソニー(SONY) Handycam HDR-CX680

ソニー(SONY) Handycam HDR-CX680の仕様・製品情報

質量305g
ビデオタイプハンディカメラ
最長記録時間内蔵メモリー64GB 15時間50分
バッテリー持続時間/td>NP-FV50A(付属):160分
手ぶれ補正空間光学
画質フルハイビジョン
機能空間光学手ブレ補正・Exmor R CMOSセンサー・ロックオンAF・5.1chサラウンドサウンドマイクロホン・マイボイスキャンセリング・マイク端子&ヘッドホン端子・おまかせオート

ソニー(SONY) Handycam HDR-CX680のおすすめポイント3つ

  • 演奏会で活躍する5.1chサラウンドサウンドマイクロホン
  • 大容量64GBの内蔵メモリー
  • 15倍ズームでもぶれない空間光学手ブレ補正

ソニー(SONY) Handycam HDR-CX680のレビューと評価

赤ちゃんの成長記録ならこれ1本でOK

ソニー(SONY) Handycam HDR-CX680は、手ぶれ補正からマイクロホンまで揃ったビデオカメラです。望遠の手ぶれ補正や声の録音など、ビデオ撮影に必要な機能が一通り揃っています。「子供が生まれたから赤ちゃんのときから成長記録をとりたい」というとき、オールマイティーに使うことができるでしょう。

JVCケンウッド(KENWOOD) Everio GZ-E109

JVCケンウッド(KENWOOD) Everio GZ-E109の仕様・製品情報

質量220g
ビデオタイプハンディカメラ
最長記録時間SDXCカード(市販)64GB 約28時間50分
バッテリー持続時間/td>BN-VG109(付属):約1時間20分
手ぶれ補正電子式
画質フルハイビジョン
機能顔登録・タッチで追尾・スマイルメーター&スマイル自動静止画撮影・マナーモード・静止画切り出し・クイックパワーオフ・高速起動・メディア間コピー・リレー録画・シームレス撮影・メモリー容量&バッテリー残留表示

JVCケンウッド(KENWOOD) Everio GZ-E109のおすすめポイント3つ

  • コスパのよいビデオカメラ
  • 最低限の機能搭載
  • パソコンへの保存ラクラク

JVCケンウッド(KENWOOD) Everio GZ-E109のレビューと評価

2万円以下で購入できるハンディカメラ

JVCケンウッド(KENWOOD) Everio GZ-E109は2万円以下で購入できるのが特徴のビデオカメラです。シンプルな撮影機能だけを搭載しています。録画のチャンスは逃さない高速起動があるので、動画撮影に集中できるでしょう。本体の質量は220gとかなり軽量です。

パナソニックデジタル4KビデオカメラVX985M

パナソニックデジタル4KビデオカメラVX985Mの仕様・製品情報

質量395g
ビデオタイプハンディカメラ
最長記録時間内蔵メモリー64GB 約27時間30分
バッテリー持続時間/td>VW-VBT190-K(同梱):約1時間40分
手ぶれ補正光学式
画質4K
機能オートフォーカス・4K高画質・高倍率ズーム・4KハイスピードMOSセンサー・あとから補正・HDR動画モード・傾き補正・5軸ハイブリッド手ブレ補正・スーパースロー・遠隔操作・マタニティ・ベビー機能・IBM Cloud Video(Ustream)

パナソニックデジタル4KビデオカメラVX985Mのおすすめポイント3つ

  • 4K動画をあとから編集
  • 遠隔操作で撮影の幅が広がる
  • 豊富な撮影モード

パナソニックデジタル4KビデオカメラVX985Mのレビューと評価

赤ちゃんの様子がわかるビデオカメラ

パナソニックデジタル4KビデオカメラVX985Mは、4K動画撮影だけでなく遠隔操作も得意なビデオカメラです。隣の部屋で寝ている赤ちゃんの様子は「マタニティ・ベビー機能」でしっかりチェック。イベント以外でも活躍するハンディカメラです。質量が395gとやや重いので、3脚を活用しましょう。

JVCケンウッド(KENWOOD) Everio GZ-RX670

JVCケンウッド(KENWOOD) Everio R GZ-RX670の仕様・製品情報

質量約305g
ビデオタイプハンディカメラ
最長記録時間内蔵メモリー64GB 約27時間40分
バッテリー持続時間/td>約4時間20分
手ぶれ補正電子式
画質4K
機能防水・防塵・耐衝撃・耐低温・長時間内蔵バッテリー・広角JVC4Kレンズ・ライブストリーミング・パワーアクティブモード搭載・手ぶれ補正

JVCケンウッド(KENWOOD) Everio R GZ-RX670のおすすめポイント3つ

  • 手洗いできる防水性
  • 64GBの大容量メモリー
  • 4時間以上持つバッテリー

JVCケンウッド(KENWOOD) Everio R GZ-RX670のレビューと評価

アウトドア好きのためのビデオカメラ

JVCケンウッド(KENWOOD) Everio R GZ-RX670はアウトドアに特化したビデオカメラです。防水機能を備えており、落として汚れても水で洗い流せるほど頑丈。ライブストリーミング機能付きなので、Wi-Fi環境さえ整えれば探検中の様子をライブ中継できます。とにかくアクティブに動きたいときにおすすめです。

ソニー(SONY) ビデオカメラ FDR-AX60

ソニー(SONY) ビデオカメラ FDR-AX60の仕様・製品情報

質量約535g
ビデオタイプハンディカメラ
最長記録時間内蔵メモリー64GB 約15時間50分
バッテリー持続時間/td>
手ぶれ補正空間光学方式
画質4K
機能全画素超解像ズーム機能・オートフォーカス・ロックオンAF・おまかせオート・高性能マイク・5.1chサラウンドサウンドマイクロホン・マイボイスキャンセリング・ビューファインダー・ナイトショット・スマホ連携・4Kタイムラプス・ハイスピード撮影・マルチカメラコントロール

ソニー(SONY) ビデオカメラ FDR-AX60のおすすめポイント3つ

  • 空間光学手ブレ補正でズームに強い
  • ケーブル一本で簡単取り込み
  • 4K録画ですみずみまでキレイ

ソニー(SONY) ビデオカメラ FDR-AX60のレビューと評価

タイムプラスも撮れるハイエンドモデルのビデオカメラ

ソニー(SONY) ビデオカメラ FDR-AX60は、4K動画をきれいに取れるハイエンドモデルのビデオカメラです。マルチカメラコントロールをつかうと、複数のカメラと連携して動画を撮影できます。また、ナイトショットをつかうとテレビ番組のように寝顔をこっそりと撮ることも。一台あれば、表現豊かな映像が撮れるでしょう。

GoProアクションカメラ HERO6

GoProアクションカメラ HERO6の仕様・製品情報

質量約118 g
ビデオタイプアクションカメラ
最長記録時間
バッテリー持続時間/td>
手ぶれ補正あり
画質4K
機能GPS・タッチパネル・水深10mまでの防水性能・内蔵Wi-Fi+Bluetooth・連写・ナイトフォト・ビデオループ・タイムラプスフォト・タイムラプスビデオ・ナイトラプスフォト

GoProアクションカメラ HERO6のおすすめポイント3つ

  • 118gと軽量
  • 水深10mまでOK
  • 4Kも撮影できる

GoProアクションカメラ HERO6のレビューと評価

4K動画撮影が強力になったアクションカメラ

GoProアクションカメラ HERO6は、コンパクトで4K動画撮影できるアクションカメラです。防水機能付きなので、マリンスポーツ中でも動画撮影可能です。バッテリーの持ちが悪いという欠点がありますが、どこにでもカメラをもっていきたい方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) ウェアラブルカメラ HX-A1H

パナソニック(Panasonic) ウェアラブルカメラ HX-A1Hの仕様・製品情報

質量約45g
ビデオタイプアクションカメラ
最長記録時間
バッテリー持続時間/td>
手ぶれ補正
画質
機能防水・防塵・耐衝撃・0ルクス ナイトモード・ループ記録・スローモーションモード・Delay REC・マイク オン/オフ・Wi-Fi(R)内蔵・スマートフォン/タブレットでのリモート操作

パナソニック(Panasonic) ウェアラブルカメラ HX-A1Hのおすすめポイント3つ

  • 45gと軽量サイズ
  • 他のビデオカメラと連携
  • アウトドアに強い

パナソニック(Panasonic) ウェアラブルカメラ HX-A1Hのレビューと評価

サブカメラとしても優秀なアクションカメラ

パナソニック(Panasonic) ウェアラブルカメラ HX-A1Hの特徴はとにかく軽量なこと。maikuroSD込みで45gという軽さは他にありません。スマホと連携すればリモート操作できるので、ドローンに取り付けて地上を撮影するなんて使い方もできます。ハンディカメラと連携すれば、多方面から動画を撮影できるでしょう。

ニコン(Nikon) 防水ウェアラブルカメラ KeyMission 80

ニコン(Nikon) 防水ウェアラブルカメラ KeyMission 80の仕様・製品情報

質量約74g
ビデオタイプアクションカメラ
最長記録時間
バッテリー持続時間/td>40分
手ぶれ補正電子式
画質フルハイビジョン
機能防水・防塵・耐衝撃・アクション性能・NIKKORレンズ・自分撮り用カメラ・ルート撮影・タイムラプス動画・静止画機能

ニコン(Nikon) 防水ウェアラブルカメラ KeyMission 80のおすすめポイント3つ

  • ワンアクションで撮影スタート
  • ルート機能で道のりを撮影
  • アウトドアに最適

ニコン(Nikon) 防水ウェアラブルカメラ KeyMission 80のレビューと評価

登山で活躍するアクションカメラ

ニコン(Nikon) 防水ウェアラブルカメラ KeyMission 80は、登山や洞窟探検などのフィールドワークで活躍するビデオカメラです。取り外したときに撮影が開始されるワンアクション機能で、自然のシャッターチャンスを逃しません。防水・防塵・耐衝撃など、アウトドアに必要な機能は兼ね備えています。

コダック(Kodak) 360°アクションカメラ4KVR360

コダック(Kodak) 360°アクションカメラ4KVR360の仕様・製品情報

質量約156g
ビデオタイプアクションカメラ
最長記録時間
バッテリー持続時間/td>約80分
手ぶれ補正
画質4K
機能360°撮影・防水・防塵・耐衝撃・スナップショット・インターバル撮影・ループ録画・タイムラプス動画・ハイスピード録画・連写

コダック(Kodak) 360°アクションカメラ4KVR360のおすすめポイント3つ

  • 水平・垂直方向を360°撮影
  • フロントモードの4K動画
  • スマホ連携できる

コダック(Kodak) 360°アクションカメラ4KVR360のレビューと評価

360°撮影ができるアクションカメラ

コダック(Kodak) 360°アクションカメラ4KVR360は、2つの広角レンズを同時使用することで360°撮影ができるアクションカメラです。360°だけでなく、フロントモードでアクションカメラとしても利用できます。4K画像なので映像を美しく残せるでしょう。旅先でちょっと変わった動画を撮りたいときにおすすめです。

まとめ

今回はお手頃価格のハンディカメラからマニアックなアクションカメラまで幅広くご紹介しました。ハンディカメラは安定した動画を、アクションカメラは他の機器と連携して迫力のある動画を撮影できます。用途や目的別に合わせてお気に入りのビデオカメラを見つけてください。