【じっくり読むと8分】

ニコンとキヤノンが相次いで新しいフルサイズミラーレスを発表して話題となっている今日このごろですが、一眼レフの魅力が薄れたわけではありません。写真にする光を、じかに自分の目で見て確かめられるカメラは、一眼レフだけです。

また、長年積み重ねてきた多種多様なレンズが使えるのも一眼レフの強みです。中古やサードパーティ製も豊富で安いレンズもありますから、手軽に超望遠や超広角レンズを買って試せます。

そこで、これから先も長く使える奥の深さを持つ、初心者にもおすすめの一眼レフを選んでみました。




一眼レフとは

一眼レフとは、レンズ交換式カメラの一種です。レンズに入った光を鏡で反射させて、カメラ上部にあるのぞき窓(光学ファインダー)で見られるようにしたカメラが一眼レフです。シャッターボタンを押すと鏡が上がり、鏡の後ろにある撮像素子(イメージセンサー)に像を投影し、記録します。

一眼レフではこのように、写真に撮る像とファインダーで見た像は同じ物です。現実を見て感じたことをそのまま写真に撮れるわけです。こうした点が、感性を表現しやすいと人気なのです。

一眼レフは初心者でも使える?

一眼レフは、初心者でも使えます。

使い方はほかのカメラ……スマートフォン内蔵のカメラや、コンパクトデジタルカメラ、ミラーレス一眼と同じです。レンズを被写体に向け、ファインダーをのぞいて構図を決め、シャッターボタンを押すだけです。

ただ、スマホのカメラのように、自分では調節できない部分が多いカメラと比べると、一眼レフは自分の自由にできる幅が広くなっています。自由すぎて選択に迷ってしまうので、「一眼レフは難しい」と言われてしまうのでしょう。

スマホのカメラで、「もっと広い範囲が写ったらいいのに」「もっと遠くの物を大きく撮れたらいいのに」「暗くてもブレないで撮れたらいいのに」と思ったことがありませんか?
一眼レフなら自由に調節できる余地が大きいので、スマホのカメラで感じる不便さを解決できます。

初心者でも使える?一眼レフの使い方

  1. カメラの電源を入れる
  2. 電源ボタンを押してカメラの電源を入れます。

  3. ファインダーをのぞいて撮る範囲を決める
  4. 光学ファインダーをのぞいて、どこを撮るか決めます。

    カメラ背面の液晶モニターを見ながらでも撮影できます。ただし、液晶モニターだと、太陽光の下では見にくかったり、走っている電車や車のように動きの早いものだと、実際の動きからわずかに遅れることもあります。

    一眼レフの一番の持ち味の光学ファインダーを生かし、シャッターチャンスを見逃さないようにしましょう。

  5. シャッター・ボタンを押す
  6. 撮る場面を決めたら、シャッターボタンを押します。
    シャッターを切るボタンはカメラを持ったとき、だいたい右手の人差し指の当たるところに配置されていて、ファインダーをのぞいたままで押せるようになっています。半押しでピント合わせ、全押しでシャッターが切れます。

液晶モニターのピントを合わせたいところに触れてシャッターを切るタッチシャッターを採用している一眼レフもあります。

最も簡単な撮影方法なら、これだけでおしまいです。ピントや光の量は、カメラが調節してくれます。

一眼レフとミラーレスの違い

一眼レフもミラーレスもレンズ交換式カメラの一種です。
レンズで集めた光を撮像素子(イメージセンサー)にあてて記録する機械であることには変わりありません。また、どちらも、カメラの目にあたるレンズが一カ所しかないので「一眼」といいます。

一眼レフとミラーレスの違いはファインダーにあります。

カメラの中にある鏡にレンズからきた光を反射(reflection)させてファインダーに送り、写真に撮る像を事前に見えるようにしたカメラが一眼レフです。一眼レフの「レフ」はreflectionからきています。こうしたしくみの一眼レフのファインダーを光学ファインダーといいます。

ミラーレスには光を反射させる鏡がなく、レンズからの光がイメージセンサーに直接あたります。鏡がないので「ミラーレス」。

ミラーレスにもファインダーのあるカメラがありますが、映し出された光景は、イメージセンサーで読みとった電子信号を処理して作った映像です。このようなミラーレスのファインダーを電子ビューファインダー(EVF)といいます。

一眼レフの選び方

一眼レフの選び方を以下の6つのポイントから解説します。

  • レンズマウント編①メーカーで選ぶ
  • レンズマウント編②センサーサイズで選ぶ
  • 質量編①機動力重視なら軽いカメラ
  • 質量編②重いのも悪くない例
  • 質量編②重いのも悪くない例
  • 最新画像処理エンジンを選びたい<

レンズマウント編①メーカーで選ぶ

レンズマウントというのは、レンズとカメラを接続する機構のことです。
レンズマウントの選択は、その後のカメラ人生を決めるといわれるほど重要です。なぜなら、一眼レフの場合、レンズマウントがメーカーごとに全部異なるからです。

レンズをある程度そろえてしまったら、レンズマウントの違う他社に自分の好みにぴったりのボディが新発売になったとしても、なかなか乗り換えには至らないでしょう。その結果、最初に買ったメーカーのカメラを一生買い続ける可能性が高いです。初めてのカメラは、それほど重要です。

一般的には、みんなが使っているメーカーのカメラの方が良いということになります。サードパーティー製の種類も豊富、中古も数多く出回っていて、試してみたいレンズを安く手に入れることができます。

とはいえ、家族も友達も、周囲の人がみんなペンタックスを使っているのに、自分だけキヤノンでは、レンズの貸し借りもできません。知り合いの中でのシェアの方が重要なこともあります。

レンズマウント編②センサーサイズで選ぶ

レンズマウント選びが難しいのは、同じメーカーでもセンサーサイズの違うカメラではレンズマウントが異なる点にあります。

具体的には、APS-C専用レンズはフルサイズのカメラには使えません。逆は可能なことが多いのですが、フルサイズ用のレンズをAPS-C機で使うと、画角が違ってしまいます。

「画角が違う」とはどういう意味かというと、たとえば、キヤノンの28mm広角のEFレンズをAPS-Cのカメラで使うと、ほぼ標準レンズのような感じ(35mm判にたとえると44mm相当)になり、広角レンズらしさがなくなってしまいます。望遠レンズの場合は、フルサイズのレンズがより望遠に使えるため、APS-Cはお得に感じられますけれど。

カメラを一生の趣味にしたい、レンズをたくさん集めたい、そして予算に余裕がある、という人は、初心者でも最初からフルサイズ一眼レフを選択肢に入れておくのもいいでしょう。

質量編①機動力重視なら軽いカメラ

常に持ち歩くことを考えれば、カメラは軽い方がいいですね。特に、一眼レフはレンズを付けることを考えれば、軽いに越したことはありません。重たくて持ち歩くのが面倒になってしまっては、カメラを使う機会が減ってしまいます。

レンズ交換式カメラの特徴を最大限生かし、大きく重いズームレンズでなく、単焦点レンズを選んで軽くするという方法もあります。

質量編②重いのも悪くない例

ボディが重いカメラがダメかというとそんなことはありません。持ったときにふらつかない、ミラーの振動を吸収するといったメリットもあります。

また、だいたい500gより重い一眼レフのファインダーには、ペンタプリズムが使われています。ペンタプリズムは主に中級機以上の一眼レフに使われています。ペンタプリズムを使ったファインダーは見やすいのです。

一眼レフの一番の特徴である光学ファインダーに高い水準を求めるのであれば、少し重くはなりますが、ペンタプリズムを使った一眼レフをおすすめします。

画素数と感度の相関関係

高画素数のカメラに目がいってしまいますが、一眼レフクラスになると、どのカメラだって高画素です。人間の目では、はっきりした差はわかりません。一部分を拡大して大伸ばしすればわかりますが、スマホや家庭用テレビ画面で見ている限りでは差はないでしょう。

むしろ、同じ大きさのイメージセンサーに多くの画素を入れ込もうとすると、1画素辺りの面積が小さくなってしまいます。すると、画素の受け取る光の量が減り、色の再現力や感度が落ちてしまいます。

夜景や星空を撮りたい人は、画素数よりISO感度に注目した方が良いでしょう。

最新画像処理エンジンを選びたい<

パソコンやスマホの進化は非常に速く、「日進月歩ではなく秒進分歩」だなんて言われます。一眼レフの画像処理エンジンも同じです。

画像処理エンジンの能力は、写真のきれいさや、連写の速度にも関係しています。初心者向けのカメラでも、新しい機種だとより上位の機種と同じ画像処理エンジンを使っていることがあります。

一眼レフのおすすめ10選

Nikon(ニコン) D3500

Nikon(ニコン) D3500の仕様・製品情報

センサーサイズ APS-C
レンズマウント ニコンFマウント(DX)
有効画素数 2416万画素
質量 約415g
大きさ(幅×高さ×奥行き) 約124×97×69.5mm
ISO感度 ISO 100~25600
NFC

Nikon(ニコン) D3500のおすすめポイント3つ

  • 無駄をそぎ落とした415gの軽量ボディ
  • 高感度で暗いところにも強い
  • 説明書いらずのガイドモードをカメラに内蔵

Nikon(ニコン) D3500のレビューと評価

最新のエントリー機 軽量で持ちやすい一眼レフ

Nikon D3500は、カメラをはじめて使う人用に工夫が凝らされた最新の一眼レフです。カメラの機能を解説してくれるガイドモードを内蔵しているので、取扱説明書を開かないでも使い方がわかります。

D3500は、現行のデジタル一眼レフの中では最も軽い機種。ストラップで肩や首から常に下げて持ち歩いていれば、子供の仕草にハッとしたときにもすぐに手にとって写真が撮れますよね。

Nikon(ニコン) D3500はこんな人におすすめ!

初心者向け カメラをはじめて購入する人

Canon(キヤノン) EOS Kiss X90

Canon(キヤノン) EOS Kiss X90の仕様・製品情報

センサーサイズ APS-C
レンズマウント キヤノンEFマウント(EF-S)
有効画素数 約2410万画素
質量 約475g
大きさ(幅×高さ×奥行き) 約129.0×101.3×77.6mm
ISO感度 ISO100~12800相当(感度拡張時)
NFC

Canon(キヤノン) EOS Kiss X90のおすすめポイント3つ

  • 475gの軽量ボディ
  • シーンもカメラが選ぶシーンインテリジェントオート
  • 近づけるだけでスマホに接続(Androidの場合)

Canon(キヤノン) EOS Kiss X90のレビューと評価

スマホに接続も簡単 はじめてのカメラでもすいすい使える

Canon EOS Kiss X90は、シャッターを押すだけで写真が撮れる一眼レフです。シーンの選択もEOS Kiss X90がしてくれます(シーンインテリジェントオート)。操作に慣れてきたら、モニターに表示されるアドバイスに従って自分で設定を選ぶようにしていけば、個性的な写真が撮れるようになっていきます。

スマホとの連携も、自動で簡単。EOS Kiss X90をアンドロイド端末に近づけるだけで、スマホに対応アプリをダウンロードするよう表示されます。あとは、スマホとEOS Kiss X90のモニターに表示されるとおりにするだけです。

Canon(キヤノン) EOS Kiss X90はこんな人におすすめ!

初心者向け カメラをはじめて使う人

Nikon(ニコン) D7500

Nikon(ニコン) D7500の仕様・製品情報

センサーサイズ APS-C
レンズマウント ニコンFマウント(DX)
有効画素数 2088万画素
質量 約720g
大きさ(幅×高さ×奥行き) 約135.5×104×72.5mm
ISO感度 ISO 100~51200(ISO 1640000相当の増感可能)
NFC

Nikon(ニコン) D7500のおすすめポイント3つ

  • どんな角度でも見やすいチルト式モニター
  • 高感度で暗いところにも強い
  • 4K動画も撮れる

Nikon(ニコン) D7500のレビューと評価

初心者にやさしく、腕が上がっても使い続けられる一眼レフ

Nikon D7500は、高画質なだけでなく高感度。暗いところの撮影にも強い一眼レフです。感度が高いと望遠レンズや高速シャッターも使いやすいですよね。

Nikon D7500は、ファインダーにペンタプリズムを使用しているので、ファインダーをのぞいて集中して撮るにも向いています。運動会など、三脚を立ててじっくり撮るシーンに適しています。4K動画も撮れます。

Nikon D7500は、チルトモニターやタッチパネルのような、スマホの操作に慣れた人にも直観的に使いやすい機能も盛り込まれています。はじめて一眼レフを使う人にも馴染みやすいカメラです。

Nikon(ニコン) D7500はこんな人におすすめ!

初心者~中級者向け 一眼レフで運動会の写真を撮る人

Canon(キヤノン) EOS Kiss X9i

Canon(キヤノン) EOS Kiss X9iの仕様・製品情報

センサーサイズ APS-C
レンズマウント キヤノンEFマウント(EF-S)
有効画素数 約2420万画素
質量 約532g
大きさ(幅×高さ×奥行き) 約131.0×99.9×76.2mm
ISO感度 ISO100~25600
NFC

Canon(キヤノン) EOS Kiss X9iのおすすめポイント3つ

  • EOS Kissシリーズの最上位機種
  • 画像処理エンジンDIGIC7で高画質・高速処理
  • ワンタッチでスマホと連携(Androidの場合)

Canon(キヤノン) EOS Kiss X9iのレビューと評価

一眼レフの良さをワンタッチでスマホに注入

Canon EOS Kiss X9iは、EOS Kissシリーズの最上位機種です。エントリーモデルに分類はされていますが、最新の映像処理エンジンで上位機種にも負けない美しい画像を撮れます。処理も速いので、毎秒6コマの高速連写も可能です。

NFC対応機器なら、EOS Kiss X9iとの接続も近付けるだけです。スマホをリモコンがわりにしてシャッターを押したり、EOS Kiss X9iでいま撮った写真をスマホの画面で見たりできます。

Canon(キヤノン) EOS Kiss X9iはこんな人におすすめ!

初心者向け カメラをスマホのように使いこなしたい人

RICOH(リコー) PENTAX K-70

RICOH(リコー) PENTAX K-70の仕様・製品情報

センサーサイズ APS-C
レンズマウント ペンタックスバヨネット KAF2マウント
有効画素数 約2424万画素
質量 約688g
大きさ(幅×高さ×奥行き) 約125.5×93.0×74.0mm
ISO感度 ISO 100~102400
NFC

RICOH(リコー) PENTAX K-70のおすすめポイント3つ

  • 視野率100%の見やすいファインダー
  • 野外でも安心 防塵防滴仕様
  • 4.5段分の手ブレ補正

RICOH(リコー) PENTAX K-70のレビューと評価

野外での仕様に最適 防塵防滴のタフカメラ

RICOH PENTAX K-70は、防塵防滴構造のタフなカメラです。一般的なデジタルカメラは、電池で動くために寒さに弱いのですが、PENTAX K-70は-10℃の寒さにも耐えます。スキーの時に持って行っても大丈夫ですね。

PENTAX K-70は高い感度と手ブレ補正でぶれにくく、屋外はもちろん室内や夜景をの手持ちの撮影にも強い一眼レフです。

RICOH(リコー) PENTAX K-70はこんな人におすすめ!

初心者~中級者向き スキーヤーやバードウォッチャー/野外活動をする人

Canon(キヤノン) EOS 80D

Canon(キヤノン) EOS 80Dの仕様・製品情報

センサーサイズ APS-C
レンズマウント キヤノンEFマウント(EF-S)
有効画素数 約2420万画素
質量 約730g
大きさ(幅×高さ×奥行き) 約139.0×105.2×78.5mm
ISO感度 ISO100~16000(ISO25600相当の感度拡張が可能)
NFC

Canon(キヤノン) EOS 80Dのおすすめポイント3つ

  • 視野率100%の見やすいファインダー
  • アングルの自由度が増すバリアングル液晶
  • スマホとの連携も簡単

Canon(キヤノン) EOS 80Dのレビューと評価

本格的一眼レフ APS-Cの中級機

Canon EOS 80Dは、コンパクトなAPS-C機です。スマホとの連携もNFC機能で簡単にとれ、EOS 80Dで撮った写真もスマホで撮った写真と同じように扱えます。

EOS 80Dは、ファインダーにペンタプリズムを使用しているので、一眼レフ特有の「ファインダーをのぞいて写真に撮る映像をじかに見る」感覚を重視する人におすすめのカメラです。

Canon(キヤノン) EOS 80Dはこんな人におすすめ!

初心者~中級者向き 本格一眼レフにもスマホの便利さが欲しい人

Nikon(ニコン) D750

Nikon(ニコン) D750の仕様・製品情報

センサーサイズ 35mmフルサイズ
レンズマウント ニコンFマウント(FX)
有効画素数 2432万画素
質量 約840g
大きさ(幅×高さ×奥行き) 約140.5×113×78mm
ISO感度 ISO 100~12800(ISO 51200相当の増感可能)
NFC

Nikon(ニコン) D750のおすすめポイント3つ

  • フルサイズのイメージセンサー
  • 長寿命バッテリーと2枚のSDカードで長時間撮影ができる
  • Wi-Fiでスマホとも連携

Nikon(ニコン) D750のレビューと評価

初心者でもフルサイズ一眼レフを使いたいならこれ

Nikon D750のイメージセンサー(撮像素子)は、35mmフルサイズ。画質が良いのはもちろんのこと、ファインダーもペンタプリズムを用い、視野率100%。フレームの隅々まで写真を作り込むことができます。

Nikon(ニコン) D750は、基本的な性能ではプロ用ハイエンド機に通じ、それでいて840gと比較的軽く小型な一眼レフです。本格的にカメラを趣味にしたいから、最初からフルサイズ機をと考えている人には、Nikon D750がおすすめです。

Nikon(ニコン) D750はこんな人におすすめ!

初心者~中級者 フルサイズ一眼レフからはじめたい人

Canon(キヤノン) EOS 6D Mark II

Canon(キヤノン) EOS 6D Mark IIの仕様・製品情報

センサーサイズ 35mmフルサイズ
レンズマウント キヤノンEFマウント(EF)
有効画素数 約2620万画素
質量 約765g
大きさ(幅×高さ×奥行き) 約144.0×110.5×74.8mm
ISO感度 ISO100~40000(ISO102400相当の感度拡張が可能)
NFC

Canon(キヤノン) EOS 6D Mark IIのおすすめポイント3つ

  • 35mmフルサイズセンサーの一眼レフ
  • シーンインテリジェントオートで初心者にも簡単
  • 種類豊富なEFレンズが使える

Canon(キヤノン) EOS 6D Mark IIのレビューと評価

初心者にも扱いやすいフルサイズ一眼レフ

EOS 6D Mark IIは、初心者でもフルサイズ一眼からはじめたいという人にも比較的手に入れやすい価格帯のカメラです。EOS 6D Mark IIは、最新の画像処理エンジンを積み、センサーも高画質・高感度。将来的にレンズに興味が湧き、いろいろ増やしたくなることを考えれば、EOS 6D Mark IIは良い選択です。

EOS 6D Mark IIは、重さ約765gでフルサイズ一眼レフの中では小型軽量。バリアングル液晶やNFCを搭載して、スマホと連携させる使い方もできます。シーンインテリジェントオートを選択すれば、カメラが適切なモードを選んでくれますので、一眼レフがはじめての人でもシャッターを押すだけできれいに写ります。

Canon(キヤノン) EOS 6D Mark IIはこんな人におすすめ!

初心者~中級者 フルサイズ一眼レフから始めたい人

RICOH(リコー) PENTAX K-1 Mark II

RICOH(リコー) PENTAX K-1 Mark IIの仕様・製品情報

センサーサイズ 35mmフルサイズ
レンズマウント ペンタックスバヨネット KAF2マウント
有効画素数 約3640万画素
質量 約1010g
大きさ(幅×高さ×奥行き) 約136.5×110×85.5mm
ISO感度 ISO 100~819200
NFC

RICOH(リコー) PENTAX K-1 Mark IIのおすすめポイント3つ

  • 約3640万画素 高画素フルサイズ一眼レフ
  • 防滴防塵構造 屋外での使用に向く
  • シーンアナライズオートでカメラがシーンに応じて撮ってくれる

RICOH(リコー) PENTAX K-1 Mark IIのレビューと評価

野外でガンガン使えるタフなフルサイズ一眼レフ

PENTAX K-1 Mark IIは、防滴防塵構造を持つフルサイズ一眼レフです。PENTAX K-1 Mark IIは、GPSユニットを内蔵。-10℃までの耐寒性もあります。山岳写真を撮る人、天体写真を撮る人には、GPS機能のあるPENTAX K-1 Mark IIはおすすめです。

PENTAX K-1 Mark IIは、シーンアナライズオートで、シーン別に適切なシャッタースピード・絞りの組み合わせを決めてくれるので、初心者でもシャッターを押すだけできれいに撮れます。実際にカメラを動かしながら写真を勉強したい人は、最初からフルサイズ一眼のPENTAX K-1 Mark IIを買うのも良いでしょう。

RICOH(リコー) PENTAX K-1 Mark IIはこんな人におすすめ!

初心者~中級者向き 野外でフルサイズ一眼レフを使いたい人

Nikon(ニコン) D850

Nikon(ニコン) D850の仕様・製品情報

センサーサイズ 35mmフルサイズ
レンズマウント ニコンFマウント(FX)
有効画素数 4689万画素
質量 約1005g
大きさ(幅×高さ×奥行き) 約146×124×78.5mm
ISO感度 ISO 64~25600(ISO 102400相当の増感可能)
NFC

Nikon(ニコン) D850のおすすめポイント3つ

  • 高画素数でも高い階調再現性
  • ニッコールレンズの豊富なラインナップを利用できるフルサイズ一眼レフ
  • ネガフィルムデジダイズでフィルムもデジタル化できる

Nikon(ニコン) D850のレビューと評価

SNSとの親和性も高いハイスペック一眼レフ

Nikon D850は、4689万画素の高画素と高い階調再現性を両立させた高級一眼レフです。フィルムの時代の資産を生かすネガフィルムデジダイズ機能も、写真を長くやっている人向きです。

Nikon D850は、全くの初心者には向かないかもしれませんが、写真のしくみを理解している人にはおすすめのカメラです。インターネットとの連携もとりやすく、趣味としてカメラを使う人にも使い勝手の良いカメラです。

Nikon(ニコン) D850はこんな人におすすめ!

中級~ハイアマチュア向き 一眼レフを極めたい人

まとめ

一眼レフは、使えるレンズに注目して選んでみましょう。メーカーやセンサーサイズによって使えるレンズが違い、後々の出費にも関係してくるので、レンズマウントは重要です。

「見たままが撮れる」感性重視なら、一眼レフのファインダーの種類にこだわって選ぶのも良いでしょう。