【じっくり読むと4分】

安い代わりに機能に劣る洗濯機。高性能だけれども価格も比例している洗濯機。長く使うものだからこそ、価格にも機能にも妥協はしたくないけれど、選び方が分からない。そんな方がほとんどです。

そこで、洗濯方式(ドラム式・縦型)や、容量(一人暮らし・二人暮らし・家族)、メーカー(日立・シャープ)などの観点から、安いけれど高性能でおすすめの洗濯機を厳選してご紹介します。




洗濯機の容量の目安とは

一人当たりの一日の洗濯物の量は、平均すると1.5キロです。一人暮らしの方が2日に一回洗濯するとすれば3キロの容量でこと足りる計算になりますが、予定がずれること、毛布など大型の衣類を洗濯することを考えれば+1キロ程度の余剰を作りたいところ。

一人暮らしの場合は4~5キロ程度の小型のもの、二人暮らしで7キロ、三人以上の家族であれば10キロ前後の洗濯容量をベースに考えるのがおすすめです。

安いけど高性能なの注目したい機能・性能

安いけど高性能なの注目したい機能・性能は、以下の2つです。

  • 乾燥機能
  • インバーター

乾燥機能

「高性能」というポイントを手軽さに求める場合は、乾燥機能がついた洗濯機を選ぶのがおすすめです。洗濯機は「洗濯乾燥機」と「全自動洗濯機」に大きく分けられ、最近のモデルであれば、洗濯乾燥機といえば全自動機能もついていると考えて間違いありません。

ワンボタンですすぎから乾燥まで全て行ってくれるので、洗濯にあまり時間をとられたくないという方は洗濯乾燥機のラインナップから選ぶのがおすすめです。

インバーター

一人暮らしの忙しい方は洗濯がおろそかになりがち。これは夜間に洗濯をできないからというのが大きな理由です。そんな方にはインバーター駆動式の洗濯機がおすすめ。モーターの回転数を細かく制御できることが特徴で、音や振動が出にくいことがメリットです。

また、無駄にモーターの回転数を上げることがなくなるので省エネ=ランニングコストに優れるという点も見逃せません。上位モデル、最新モデルには標準搭載されています。

安いけど高性能な洗濯機のおすすめメーカー

安いけど高性能な洗濯機のおすすめメーカーは、以下の2つです。

  • 日立
  • シャープ

日立

日立の洗濯機は、大型で乾燥性能に特化した「ビッグドラム」、業界最高峰の容量と乾燥機能のついた「ビートウォッシュ」、コスパに優れ、シャワー浸透洗浄機能でよごれをしっかり落としてくれる「白い約束」と、ユーザーのニーズごとに最適な製品を選びやすいことがポイントです。
また、上位モデルには高濃度、大流量で醤油、ファンデーションなどのしつこいよごれも問題にしないナイアガラビート洗浄、追加コストわずか1.8円で一回ごとに洗濯ドラムを洗浄する自動おそうじ機能がついているのも嬉しいところ。

シャープ

シャープの洗濯機は高い機能性だけでなく、2018年グッドデザイン賞に輝いた洗練されたルックスも特徴です。また、機能面に目を向けるとシャープの独自技術である穴なし洗濯層が注目ポイント。

穴なし洗濯層は縦型洗濯乾燥機、全自動洗濯機に採用されていて、高洗浄力・省エネ性・清潔性と洗濯機に最も重要な3点を高いレベルで実現しています。

安いけど高性能な洗濯機の選び方

安いけど高性能な洗濯機の選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 容量で選ぶ
  • 洗濯方式で選ぶ
  • 機能性で選ぶ

容量で選ぶ

どのタイプの洗濯機を購入するにしても、一番最初に洗濯容量を決めておきましょう。洗濯容量の目安は1.5キロ×人数×日数(洗濯の頻度)+1キロです。また、小型の洗濯機はイニシャルコストに優れ、大型の洗濯機はランニングコストに優れる傾向があります。

人数や生活スタイルに合った洗濯容量を選ぶというのが、コスパをよくする第一のポイントです。

洗濯方式で選ぶ

次に注目するのは洗濯方式です。「縦型」と「ドラム式」に大きく分けられます。縦型の洗濯機のメリットは生地をこすり合わせてかくはんする洗濯方式のため、頑固なよごれも落としやすいところです。また、小型から大型まで幅広いラインナップがあり、コスパに優れた製品も多いです。

一方ドラム式のメリットは、水の量が少なくてすむので省エネ性に優れ、圧倒的な乾燥性能を持つこと。ただし大型になりがちで本体価格が高くなります。

機能性で選ぶ

洗濯機の機能で注目したい点は主に2つだけ。乾燥機能と静音性です。手軽さを重視するなら洗濯乾燥機、洗濯時間を自由にとりたい方はインバーター駆動の洗濯機から選ぶのがおすすめ。

多機能になればなるほど本体価格は高くなります。まずは自分に必要な機能をピックアップし、メーカーの信頼性を考えながらより価格の安いものを探すことが、コスパに優れた洗濯機を選ぶ重要なポイントです。

【一人暮らし用】安いけど高性能な洗濯機おすすめ3選

Haier(ハイアール) JW-C55A

Haier JW-C55Aの仕様・製品情報

洗濯容量 5.5キロ
種類 全自動洗濯機
サイズ 幅52.6cm×奥行き50cm×高さ88.8cm

Haier JW-C55Aのおすすめポイント3つ

  • 安い
  • 音が静か
  • お急ぎコース付き

Haier JW-C55Aのレビューと評価

圧倒的低価格の人気モデル

使わない機能を極力排除し、その分価格面に振り切った格安モデル、JW-C55A。1キロ以内の洗濯物なら10分で完了するお急ぎコースが選べ、静音性や洗浄能力も十分。正直これ以上の価格を求めると信頼性や性能が犠牲になる、それほどにコスパに優れたモデルです。

JW-C55Aはこんな人におすすめ!

シンプル機能で安さを重視する方へ

パナソニック NA-F50B12

パナソニック NA-F50B12の仕様・製品情報

洗濯容量 5キロ
種類 全自動洗濯機
サイズ 幅52cm×奥行き53cm×高さ83.2cm

パナソニック NA-F50B12のおすすめポイント3つ

  • 多彩なコース
  • パワフル洗浄
  • コスパ○

パナソニック NA-F50B12のレビューと評価

価格と機能のバランスに優れた小型モデル

3枚のビッグウイングを使ったビッグウエーブ洗浄がウリの全自動モデル。頑固な汚れに対応するつけおきコース、柔軟剤の香りを強めに残す香りしっかりコースなど付加機能が充実しながらもコスパに配慮したバランスモデルです。

パナソニック NA-F50B12はこんな人におすすめ!

安さ+一段階上の機能性を求める方に

シャープ ES-TX5C

シャープ ES-TX5Cの仕様・製品情報

洗濯容量 5.5キロ
種類 洗濯乾燥機
サイズ 幅56.5cm×奥行き59cm×高さ98.5cm

シャープ ES-TX5Cのおすすめポイント3つ

  • 乾燥機能付き
  • 抗菌性○
  • 時短コース

シャープ ES-TX5Cのレビューと評価

乾燥機能つきで価格も抑えたハイパフォーマンスモデル

縦型の洗濯乾燥機でありながらコストにも配慮した小型モデル。独自技術の穴なし洗濯層で清潔な状態を保ち、Yシャツ4枚程度なら90分で乾燥まで完了することができるなど、正に一人暮らしの忙しい方向けのおすすめ製品です。

シャープ ES-TX5Cはこんな人におすすめ!

乾燥機能+価格にこだわる方向け

【二人暮らし用】安いけど高性能な洗濯機おすすめ3選

ハイセンス HW-DG75A

ハイセンス HW-DG75Aの仕様・製品情報

洗濯容量 7.5キロ
種類 全自動洗濯機
サイズ 幅57cm×奥行き56cm×高さ99cm

ハイセンス HW-DG75Aのおすすめポイント3つ

  • インバーター制御
  • コンパクト
  • コスパ○

ハイセンス HW-DG75Aのレビューと評価

静音性に優れたハイグレードモデル

余計な機能を省き「安い」を追及した同社の人気モデル、G75Aをベースに静音・省エネ性を追加したインバーター制御のハイグレードモデル。正に価格と機能の両立です。一人暮らし向けの4~5キロのモデルと変わらないコンパクトボディも見逃せません。異物の混入に弱い点だけご注意を。

ハイセンス HW-DG75Aはこんな人におすすめ!

静かで安い洗濯機をお探しの方へ

日立 BW-V80C

日立 BW-V80Cの仕様・製品情報

洗濯容量 8キロ
種類 全自動洗濯機
サイズ 幅57cm×奥行き61cm×高さ100cm

日立 BW-V80Cのおすすめポイント3つ

  • 強力洗浄
  • コンパクト
  • 耐久性○

日立 BW-V80Cのレビューと評価

機能面に振った万能モデル

日立の製品ラインナップの中で中間に位置するビートウォッシュの全自動洗濯機タイプ。洗浄能力を強力に高めてくれる各種ナイアガラ機能が最大のウリです。

他にも取り出しやすい大口径の取り出し口、洗濯物のからみをおさえてくれるほぐし脱水機能など、ユーザー目線の細かい配慮はさすが日立といったところ。

日立 BW-V80Cはこんな人におすすめ!

多機能で使いやすい洗濯機をお探しの方へ

東芝 AW-7G6

東芝 AW-7G6の仕様・製品情報

洗濯容量 7キロ
種類 全自動洗濯機
サイズ 幅56.3cm×奥行き58cm×高さ98.7cm

東芝 AW-7G6のおすすめポイント3つ

  • 安い
  • 音が静か
  • Wセンサー付き

東芝 AW-7G6のレビューと評価

安いながらもツボを抑えた汎用モデル

低価格家電といえば中国製品になりがちですが、価格面で全く引けをとらないのが東芝 AW-7G6。インバーター制御ではないながらも平均的な洗濯機より5db静かな静音性、温度センサーとからみ検知センサーで常に最適な洗濯状態を保つなど、日本製らしい技術力も併せ持ったハイブリッドモデルです。

東芝 AW-7G6はこんな人におすすめ!

低価格の製品で失敗経験をお持ちの方に

【家族用】安いけど高性能な洗濯機おすすめ3選

シャープ ES-GV10C

シャープ ES-GV10Cの仕様・製品情報

洗濯容量 10キロ
種類 全自動洗濯機
サイズ 幅60cm×奥行き59cm×高さ96cm

シャープ ES-GV10Cのおすすめポイント3つ

  • 安い
  • 静音性○
  • 抗菌性○

シャープ ES-GV10Cのレビューと評価

大容量かつ低価格のスタンダードモデル

インバーター搭載+家族向けの大容量で価格が跳ね上がってしまうところをスタンダードな機能に抑えることでバランスを取ったモデル。とはいえ独自技術の穴なし洗濯層はもちろん採用され、時短コース、おしゃれ着コースなど機能性も十分。

強いていえば脱水力がやや弱いことが難点でしょうか。

シャープ ES-GV10Cはこんな人におすすめ!

家族向け低価格洗濯機を探している方へ

日立 BW-DV90B

日立 BW-DV90Bの仕様・製品情報

洗濯容量 9キロ
種類 洗濯乾燥機
サイズ 幅61cm×奥行き63.5cm×高さ104cm

日立 BW-DV90Bのおすすめポイント3つ

  • 乾燥機能付き
  • 洗浄力○
  • 使いやすい

日立 BW-DV90Bのレビューと評価

安さの秘密は前世代

高性能ながら安いものを選ぶ最も有効な手段は「一世代前のモデルを選ぶ」こと。最新モデルと性能が大きく変わらない上、旧シリーズの在庫を持ちたがらないメーカー側が価格を譲歩するからです。
さらに容量を9キロに落とすことで、日立の上位モデルである縦型洗濯乾燥機でも低価格で手に入ります。

日立 BW-DV90Bはこんな人におすすめ!

安さと機能に妥協したくない方へ

パナソニック NA-FA100H6

パナソニック NA-FA100H6の仕様・製品情報

洗濯容量 10キロ
種類 全自動洗濯機
サイズ 幅59.9cm×奥行き64.8cm×高さ107.1cm

パナソニック NA-FA100H6のおすすめポイント3つ

  • 安い
  • 多機能
  • 省エネ

パナソニック NA-FA100H6のレビューと評価

多機能+低価格の人気モデル

まず注目したいのが最新+家族向け大容量モデルとは思えない安さ。加えて最大約16%の省エネを実現するエコナビ機能によりランニングコストにも配慮されています。

さらに自宅で手軽に布団を洗える毛布コースを搭載し、2段階洗浄で洗浄能力も十分と目立った欠点のない万能モデルです。

パナソニック NA-FA100H6はこんな人におすすめ!

最新+多機能モデルをお探しの方へ