【折りたたみ式】ベビーサークル人気製品おすすめ7選!赤ちゃんを安全に見守りたい方に

折りたたみ式おすすめのベビーサークル

赤ちゃんの後追いは、ママやパパが大好き過ぎる証です。嬉しい反面、後追いするから家事が進まない!という悩みはありませんか? 自我が芽生えた赤ちゃんの行動は積極的です。目についたものを口に運んだりいたずらをしたり、とにかく目が離せません。

そこで今回は、育児と家事を頑張っている人に役立つ折りたたみ式ベビーサークルの情報を網羅し、わかりやすく解説します。

また、アカチャンホンポでも人気を集めている「日本育児の洗えてたためるポータブルベビーサークル」をはじめ、特におすすめの商品を厳選しました。

円形長方形などに形状を変えられるコンパクトで持ち運びに便利価格が安いなど、人気のベビーサークルを幅広くご紹介します。展開や収納が簡単な折りたたみ式ベビーサークルをぜひチェックしてみてください。


浜辺に座る赤ちゃん
【完全版】赤ちゃん連れ旅行に必要な持ち物リストと便利グッズ13選

折りたたみ式ベビーサークルを使用するメリット

折りたたみ式ベビーサークルのメリット
折りたたみ式ベビーサークルを使用するメリットは、以下の3つです。

  • 素早くかんたんに展開・折りたたみできる
  • 省スペースで収納できる
  • らくに持ち運べる

素早くかんたんに展開・折りたたみできる

折りたたみ式ベビーサークルは、必要に応じて展開・収納できるため、不要な時は室内空間を広々と使えます。

一方、一般的なベビーサークルの場合、赤ちゃんの安全なスペースを確保する点は折りたたみ式と同じですが、出しっぱなしなので室内空間を圧迫します。折りたたみ式を選ぶと、状況に応じた空間の使い分けが可能です。

省スペースで収納できる

折りたたみ式ベビーサークルは展開・折りたたみの操作が簡単なので、突然の来客でもサッと収納できるのがメリットです。

コンパクトに折りたためるため、部屋の隅、クローゼット、デッドスペースのような隙間収納ができます。折りたたみサイズが小さく収納スペースを確保しやすい点は、居住空間が限られている集合住宅での設置に最適です。

らくに持ち運べる

らくに持ち運んで部屋の隅やクローゼットなどに移動できるため、掃除の際もじゃまにならないのがメリットです。

軽量でコンパクトに収納できる折りたたみ式ベビーサークルは、室内や車載の移動がらくにできます。旅行や帰省時、来客や掃除などで場所を移す時も、持ち運びで体に負担をかけません。状況に応じて使用する部屋を変えられるため、使うシーンの幅が広がります。

折りたたみ式ベビーサークル」と「パネル組立式ベビーサークル」の違い

折りたたみ式もパネル式も最終的にはコンパクトなサイズに収まりますが、かかる手間や時間が違います。

頻繁に展開・収納するなら、折りたたみ式の方が圧倒的に便利です。

パネル式はロックを解除する、または1ヶ所ネジを外すだけで、パタパタ折りたんでコンパクトに収納できます。一方パネル組み立て式は、必要な枚数のパネルを全て分解・結合をしなくてはいけません。また、パネル式は、結合用のネジを紛失すると組み立てられない点も留意しましょう。折りたたみ式は取り外す部品が無いか少ないため、紛失のリスクを軽減できます。

折りたたみ式ベビーサークル、安全性に問題はない?

折りたたみ式ベビーサークルの安全性
安全基準や品質の基準を満たしている商品は、特に安全面の心配はありません。ただし、展開や折りたたみの手順・注意点などを説明書に従って行うのが大前提です。

組み立てミスによる危険は、必ずしも目に見えるわけではありません。その時はしっかり組み立てられていても、赤ちゃんが柵を揺するたびにネジが緩んで外れる可能性も考えられます。

安心して使うために、商品を開発したメーカーの指示に従い、正しい方法で分解収納をしましょう。

折りたたみ式ベビーサークルを固定する方法はある?

折りたたみ式ベビーサークルが、ズレないように固定する方法をご紹介します。

軽いベビーサークルは、赤ちゃんが揺すったり体重をかけたりした際にズレることがあります。特に、ストーブのような熱を発する機器のそばでズレると危険です。

そこで、ベビーサークル用のマットを敷いてみてください。

マットの上にベビーサークルを乗せるのではなく、内側に敷くのがポイントです。赤ちゃんの体重を受け止めているマットがベビーサークルを固定するので、少しくらいの力ではズレなくなります。

マットを選ぶ際は、ベビーサークルの内寸に収まる商品を選びましょう。

折りたたみ式はレンタルか購入どちらがいい?

折りたたみ式ベビーサークルはレンタルと購入どちらが良い?
折りたたみ式ベビーサークルの購入は、次の出産の予定がある人・人が使ったものに抵抗がある人・長期保管のスペースを確保できる人におすすめです。

購入すれば、次の子供の時も扱い慣れたベビーサークルをそのまま使えます。

一時的な使用なら、レンタルを検討すると良いでしょう。初期費用を抑えられるほか、保管スペースの心配がありません。また、購入前に、レンタルで使用感やサイズ感を確かめるのもおすすめです。メジャーやスケールで寸法を当ててみるのと、実際に設置した際では圧迫感の感じ方が違います。

折りたたみ式ベビーサークルの選び方

折りたたみ式ベビーサークルの選び方
折りたたみ式ベビーサークルの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 柵の高さは60~70cmが目安
  • 視認性が良いと赤ちゃんもママも安心
  • ひとりでもかんたんに展開・収納できる

柵の高さは60~70cmが目安

ベビーサークルの作の高さは、安全面の理由により60~70cmを目安に選びましょう。ベビーサークルは、赤ちゃんが安全に遊べるスペースを提供するように設計されています。

60~70cmは、後追いによる赤ちゃんの乗り越え事故を抑えられるほか、つかまり立ちの練習にちょうど良い高さです。

ただし、赤ちゃんの踏み台になるおもちゃがあると、乗り越えてしまう可能性があるため注意しましょう。

視認性が良いと赤ちゃんもママも安心

ベビーサークル内にいる赤ちゃんの様子が見られるのはママにとって安心であり、また、赤ちゃんがママの姿を確認できるため気持ちが落ち着きます。家事をしながら声掛けをしてあげると、コミュニケーションを円滑に取れるでしょう。

お互いに認識した理想的な環境のもと、家事に専念できます。ただし、柵の隙間が小さいタイプや、色が濃いメッシュは視認性が悪いため、画像や商品詳細を参考に選んでみてください。

ひとりでもかんたんに展開・収納できる

折りたたみ式ベビーサークルの展開・収納は、ひとりでも簡単に操作できるのが使いやすさのポイントです。

折りたたみ式傘のように、ロックを解除するだけのタイプなら約1分で折りたためます。

忙しい時でも、サッと展開・収納できる手軽さは、必ずチェックしておきましょう。ひとりでも簡単に展開・収納できる手軽さが、折りたたみ式ベビーサークルの魅力を最大限に引き出します。

折りたたみ式ベビーサークルのおすすめ7選

折りたたみ式ベビーサークルのおすすめ7選を紹介します。

カトージ ポータブル折りたたみベビーサークル コロコロランド 8

組み立て時のサイズW212×D212×H82cm
折りたたみ時のサイズW43×D43×H82cm
ドアあり
重量8.84kg
素材生地:ポリエステル・他:スチール・ポリプロピレン
評価・レビュー
子供の抜け出しにくさ
(5.0)
視認性の良さ
(5.0)
展開・収納のしやすさ
(4.5)
ポイント
  • 高さが82cmもあるので、赤ちゃんが抜け出しにくい
  • やわらかくて、ぶつかっても痛くないメッシュタイプ
  • メッシュタイプなので、赤ちゃんとママがお互いにようすを伺える
気になるポイント
  • 大人が通るには小さい出入り口とまたぐには高い柵で、大人の出入りは少し面倒な印象です。
  • SNSでは、大きめのサイズが気になるとの声もあります。

「カトージ ポータブル折りたたみベビーサークル コロコロランド 8」の特徴

メッシュ柵は、子供が転んでぶつかっても「ぼよーん」と跳ね返す衝撃吸収性とやわらかさを備えています。
メッシュ柵の高さが、子供が抜け出しにくい82cmなのもポイントです。

こんな人におすすめ
子供を衝突時の衝撃から守るメッシュは、活発に動き回る子供・よちよち歩きがまだ不安定な子供におすすめです。

日本育児 木のミュージカルキッズランドDX

組み立て時のサイズペンタゴン:W196×D181×H60cm(製八角形の対角線上)
折りたたみ時のサイズ
ドアあり
重量16.5kg
素材
評価・レビュー
子供の抜け出しにくさ
(4.0)
視認性の良さ
(5.0)
展開・収納のしやすさ
(4.5)
ポイント
  • 関節部を1ヶ所外すと、パタパタ折りたためる
  • 柵の隙間が大きいため視認性が良い
  • 木の質感や温もりが、さまざまな空間にマッチする
気になるポイント
  • 木目のキズが少し気になるとの口コミがあり、天然素材ならではのデメリットと言えます。
  • 16.5kgの重量感は、持ち運ぶにはやや重たいでしょう。 

「日本育児 木のミュージカルキッズランドDX」の特徴

広々としたペンタゴン(八角形)タイプは、ハイハイ期の赤ちゃんが動き回れるスペースを確保できるのが魅力です。
6つの仕掛けやパズルのトイパネルが、好奇心旺盛な赤ちゃんや子供の興味を引き付けます。

こんな人におすすめ
空間と調和する木の素材は、リビングでの設置におすすめです。

大阪熊 ベビーサークル ‎Playpen-180

組み立て時のサイズW200×D180×H60cm
折りたたみ時のサイズ
ドアあり
重量
素材高密度ポリエチレン
評価・レビュー
子供の抜け出しにくさ
(4.0)
視認性の良さ
(4.0)
展開・収納のしやすさ
(4.0)
ポイント
  • 世界トップレベルの検査規格・EN-71をクリア
  • 角の無いブロー成形が、ぶつかった時のダメージを軽減
  • 柵は、手足をはさみにくい隙間を確保
気になるポイント
  • 子供を抱っこしたままでは、扉のロックを解除しにくいとの口コミがあります。
  • 連結部の部品が貧弱に感じるとの声があります。 

「大阪熊 ベビーサークル ‎Playpen-180」の特徴

科学的なブローチ成形による、角の無いデザインが特徴です。丸みのあるなめらかな形状が、ぶつかった時のダメージを軽減します。

手足をはさみにくい隙間がケガを抑えると同時に、良好な視認性を確保する点もおすすめのポイントです。

こんな人におすすめ
手足をはさみにくい隙間は、ママを後追いする赤ちゃんにおすすめです。

アイリスプラザ 折りたたみサークル ベビーアイランドDX 90199

組み立て時のサイズW150×D190×H64cm
折りたたみ時のサイズW72.5×D62.5×厚み32cm
ドアあり
重量15kg
素材ポリエチレン・ABS・TPR
評価・レビュー
子供の抜け出しにくさ
(4.0)
視認性の良さ
(4.0)
展開・収納のしやすさ
(4.5)
ポイント
  • 人体への影響が指摘されているBPEフリーだから安心
  • 空洞パネルが、ぶつかった際の衝撃を低減する
  • さまざまな形状に変化するので、空間の広さに合わせやすい
気になるポイント
  • 滑り止めは付いているけど、1歳の子供の力でずれるとの声があります。
  • 足元は静電気でホコリや髪の毛が付着するため、こまめな掃除が必要との声があります。 

「アイリスプラザ 折りたたみサークル ベビーアイランドDX 90199」の特徴

16枚のパネルで四角・長方形・円形のスペースを作れます。室内の広さに合わせて形状を整えられる点がポイントです。
角が少ないパネルや手をはさみにくい隙間に加え、衝撃を軽減する空洞パネルなど安全面への配慮が見られます。

こんな人におすすめ
サッと拭くだけで汚れを落としやすいベビーサークルは、お手入れのしやすさで選びたい人におすすめです。

WEIMALL ベビーサークル

組み立て時のサイズW133×D133×H60cm
折りたたみ時のサイズW73×D60×厚み21cm
ドアあり
重量
素材ポリエチレン
評価・レビュー
子供の抜け出しにくさ
(4.0)
視認性の良さ
(3.5)
展開・収納のしやすさ
(4.5)
ポイント
  • グリップ力が強い滑り止めによりズレにくい
  • パネルは押し込むと凹むやわらかさ
  • 子供が楽しめるトイパネル付き
気になるポイント
  • 柵の隙間が少ないため、離れた場所からの視認性があまり良くありません。
  • おもちゃのデザインが古いとの声があります。 

「WEIMALL ベビーサークル」の特徴

乳児が楽しめるトイパネル付きの折りたたみ式ベビーサークルを低価格で選べるのがポイントです。連結が可能なので、成長に合わせて拡張できます。

こんな人におすすめ
拡張性が高くてかわいいデザインの折りたたみ式ベビーサークルをコスパ重視で選びたい人におすすめです。

アイリスプラザ アイリスプラザ プレイヤード スタンダード 88-1168

組み立て時のサイズW70×D70.5×H100cm
折りたたみ時のサイズW70×D225.5×Hが22.5cm
ドアあり
重量8.36kg
素材スチール・ポリエステル・ナイロン・MDF・ウレタン
評価・レビュー
子供の抜け出しにくさ
(4.5)
視認性の良さ
(4.0)
展開・収納のしやすさ
(5.0)
ポイント
  • キャスター付きで展開時の移動がらく
  • 持ち手付きの収納バッグで帰省時に持ち運びやすい
  • 軽量なので出し入れがらく
気になるポイント
  • ベビーベッドとしては、重量制限がきついので月齢4ヶ月頃までしか使えないとの声があります。
  • サイズがベビー布団より小さいとの声もあります。 

「アイリスプラザ アイリスプラザ プレイヤード スタンダード 88-1168」の特徴

生後4ヶ月ころまではベビーベッドとして、以後はプレイヤードとして使えるのが特徴です。

キャスター付きで8.6kgの軽量モデルだから、掃除の際の移動も苦になりません。

こんな人におすすめ
サイズ感と移動のしやすさは、広いスペースを確保しにくい集合住宅での設置におすすめです。

日本育児 洗えてたためるベビーサークル クラウド

組み立て時のサイズW152×D118×H70cm
折りたたみ時のサイズW33×D31×H70cm
ドアあり
重量3.8kg
素材アルミ・ポリエステル・ポリプロピレン・TPR
評価・レビュー
子供の抜け出しにくさ
(4.5)
視認性の良さ
(4.5)
展開・収納のしやすさ
(5.0)
ポイント
  • メッシュタイプの外壁は洗濯機で洗えるから衛生的
  • スリムに折りたためるから隙間収納できる
  • 2ヶ所のボタンを押すだけでサッと折りたためる
気になるポイント
  • 床のマットが薄いので、フローリングだと転んだ時に痛いのではないかとの声があります。
  • 出入り口のファスナーの動きがスムーズじゃないとの声があります。 

「日本育児 洗えてたためるベビーサークル クラウド」の特徴

2ヶ所のボタンを押すだけで、かんたんに折りたためるのが特徴です。3.8kgの軽い本体は、出し入れの際にかかる体への負担を軽減します。
汚れても洗濯機で洗えるため、衛生面の心配を軽減できるのも嬉しいポイントです。

こんな人におすすめ
洗濯機で洗える素材は、飲み物やよだれのシミが気になる人におすすめです。

折りたたみ式ベビーサークルの重要ポイントまとめ

折りたたみ式ベビーサークルのまとめ
折りたたみ式ベビーサークルの重要なポイントは以下の3つです。

  • 折りたたみ式ベビーサークルは、状況に応じてスペースを有効活用できる。
  • 柵の高さは60~70cmを目安に選ぶと、安全と赤ちゃんの成長をサポートする。
  • 折りたたみ式ベビーサークルは、取扱説明書に従うのが安全の必須条件。

この記事を書いたライターからのコメント

赤ちゃんが後追いをすると、頼られているとか愛情とかを感じて嬉しいものです。しかし、家事の最中にずっと後追いされると家事が捗りません。

目を離すといたずらをしたり、落ちているものを口に運んだり、ハラハラさせられることも多いですね。ベビーサークルは赤ちゃんを閉じ込めるものではなく、赤ちゃんの安全なスペースを確保するためのアイテムです。

ママやパパと赤ちゃんが、安心して過ごせる空間を提供します。

若内 椎
ライター:若内 椎

北海道在住。フリーランスのwebライター、映像クリエイターです。料理好きですが、作るより食べる方が好きです。手の込んだ料理をていねいに作っても、食べるのは一瞬ですね。洋食好きでしたが、最近、和食に目覚めました。食材や味付けの好き嫌いが無いので、何をたべても幸せです。お酒も好きで、風味を楽しむ程度のほろ酔い加減がいいですね。


浜辺に座る赤ちゃん
【完全版】赤ちゃん連れ旅行に必要な持ち物リストと便利グッズ13選

赤ちゃん用の虫除け
安心して使える。赤ちゃんにおすすめの虫よけ人気10選

赤ちゃん用の柔軟剤
赤ちゃんの衣類にも安心の柔軟剤おすすめ人気ランキング16選【大人と一緒に使えるなど】

麦わら帽子をかぶり、サングラスをかけている赤ちゃん
赤ちゃんから使える!子供用日焼け止めおすすめ13選!大人と兼用・虫除け効果も

見守りカメラおすすめランキング
【最新】見守りカメラおすすめランキング10選!子ども、ペット、介護など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です