【最新版】ブックスキャナーのおすすめ最強ランキング20選

積み上げられた本

オフィスでコピーする女性 A3対応スキャナのおすすめ人気13選|安いモデルや自宅向けなど オフィス家電おすすめ インクジェットプリンターの人気メーカーとおすすめランキング10選 人々がスキャンされたデータを元に会議する様子 自炊用ドキュメントスキャナーのおすすめ7選!タイプ別に徹底比較
大量に抱えた書籍を電子化し、PCやモバイルデバイスでも楽しめる形にする「自炊」に欠かせないのがブックスキャナーです。自動給紙装置で大量に取り込めるタイプや、本を裁断しなくてもいい非破壊タイプ、ページをめくると自動でスキャンする機能やA3サイズ対応機種、どこでも使えるハンディタイプなど、多様なスキャナーが販売されています。数あるブックスキャナーの人気機種や選び方、おすすめ商品を紹介します。

ブックスキャナーの種類

ブックスキャナーの主な4つの種類を解説します。

  • シートフィード型
  • フラットベッド型
  • オーバーヘッド型
  • ハンディ型

シートフィード型

シートフィード型は、給紙トレイにまとめてセットした原稿を、連続して読み取るスキャナーです。「ドキュメントスキャナー」とも呼ばれ、大量の原稿を一度にすばやくスキャンできるので、ページ数の多い本を電子化する時にたいへん便利です。

ただし、本をスキャンするためには背表紙を裁断し、1枚ずつに分解する前準備が必要なので、取り込む本を本のまま残したい人には向きません。

フラットベッド型

フラットベッド型は、コピー機のように、ガラスの読み取り面にページを伏せて読み込むスキャナーです。単に「ブックスキャナー」と言うと、本来は書籍用フラットベッドスキャナーを指します。

読み取り面が広く、本体のエッジとの間隔がとても狭くなっているので、本の見開き部分まできれいに取り込めます。フラットベッド型は1回ごとに本をセットする手間はありますが、本を裁断する必要が無いので、学術書などハードカバーや古い本のスキャンに向いています。

オーバーヘッド型

オーバーヘッド型は、他と比較して新しいタイプのスキャナーです。電気スタンドのように上部にセンサーやカメラがあり、下に置いた原稿を上から読み取ります。

「スタンドスキャナー」と呼ばれます。オーバーヘッド型は原稿に接触しない「非接触型」なので、本を傷めません。新聞などA3サイズや、裁断したくない書籍を電子化したい時に向いています。

ハンディ型

ハンディ型はコンパクトな直方体の形をしており、文字通り手で持って原稿の上を移動させ読み取るスキャナーです。「ハンディスキャナー」「モバイルスキャナー」とも呼ばれます。

ハンディ型は持ち歩けて置き場所に困らず、記録したいページをすぐ読み取ることができます。ハンディスキャナーは手ブレしやすく、大量に読み取るのは不向きですが、雑誌のスクラップを取りたい時、厚手の書籍を手軽にスキャンしたい時に重宝します。

ブックスキャナーの注目したい機能・性能

オフィスでコピーする女性
ブックスキャナーの注目したい機能・性能は、以下の2つです。

  • 両面読み取り機能
  • 自動連続撮影

両面読み取り機能

両面読み取り機能は、シートフィード型のドキュメントスキャナーに搭載されている機能です。スキャナーに複数枚の原稿をセットすると、ADF(オートドキュメトフィーダー・自動給紙装置)で原稿を送りながら、同時に両面をスキャンし、別々の画像として取り込みます。

特に本のスキャンの効率アップには重要な機能です。紙の質によっては裏写りするので、裏写り防止機能やアプリケーションで調節します。

自動連続撮影

自動連続撮影機能は、オーバーヘッド型のスキャナーに搭載されている機能です。複数の原稿やページを読み取る時に、スキャナー上部のカメラにタイマーを設定しておき、一定の時間が経過すると自動的に読み取りを開始します。

1ページごとにスキャンボタンを押す作業がはぶけ、取り込み作業が楽になります。オプションで、ページをめくる動作を自動で検出し、読み取りを継続する機能もあります。

ブックスキャナーのおすすめメーカー

ブックスキャナーのおすすめメーカーは、以下の2つです。

  • 株式会社PFU
  • キヤノン株式会社(Canon)

株式会社PFU

株式会社PFUは富士通の子会社で、自炊用スキャナーとして高い人気を誇る「ScanSnap」シリーズを製造販売しています。「ScanSnap」シリーズはドキュメントスキャナー、スタンドスキャナー、ハンディスキャナーなど各種あり、特にドキュメントスキャナーは自炊の強い味方として支持され続けています。

キヤノン株式会社(Canon)

キヤノンはプリンタのシェアをエプソンと二分する大手メーカーです。
ドキュメントスキャナーでは「imageFORMULA」シリーズが、ビジネス向け、一般向けでそれぞれシートフィード型、ハンディ型の製品が販売されています。またA3サイズ対応の大型スキャナーも充実しています。

キヤノンのスキャナーは、書籍のスキャンに限らず画像のスキャンにも強いので、写真集やイラスト集にも向いています。

ブックスキャナーの選び方

パソコンと書類
ブックスキャナーの選び方を以下の5つのポイントから解説します。

  • 読み取る本をどうしたいか
  • 作業の速度は重要なポイント
  • スキャン画像の品質で決める
  • 読み取りセンサーは2種類ある
  • スキャナーの使い勝手で選ぶ

読み取る本をどうしたいか

書籍を読み取るためのスキャナーを選ぶ時は、まず「取り込む本を壊すか、残すか」で分かれます。本を裁断してもかまわない人は、裁断したページを一度に取り込めるシートフィード型が適しています。本を壊したくない人や、借りた書籍の一部をスキャンしたい時は、非破壊型のフラットベッド型やハンディ型、非接触型のオーバーヘッド型を選びましょう。

作業の速度は重要なポイント

本を電子化する作業は、特に厚い本や冊数があるほど効率が重要になってきます。スキャナーの読み取り速度が遅いと作業の時間も長くなり、作業の進捗に影響します。

スキャン速度が最も早いのはシートフィード型です。他のタイプが1ページずつスキャンするのと比較して、量に強く両面スキャンも可能です。
作業全体の手軽さを重視するなら、本を置くだけのオーバーヘッド型や、好きな場所を読み取るハンディ型が向いています。

スキャン画像の品質で決める

スキャナーの解像度が大きければ、画像はより鮮明になります。解像度には「dpi(dot per inch)」という単位が使われ、数値が高いほど精密なデータになります。反面、あまり解像度が大きすぎるとスキャナーの動作が遅くなり、ファイルは大きく重たくなります。文字だけなら300dpi、写真や絵をふんだんに使った書籍なら600dpiが適切でしょう。

最も鮮明に読み取れるのはフラットベッド型です。ページを読み取り面にぴったり押しつけて取るので、精度は最も高くなります。逆にそこまで画質にこだわらなくていい小説やマンガなどは、シートフィード型がおすすめです。

読み取りセンサーは2種類ある

スキャナーの画質を左右する読み取りセンサーには2種類あり、それぞれ特徴を持っています。スキャン速度が速くきれいに読み取れる分、大型かつ高価格になるCCD(光学縮小方式)と、薄型で価格が安い反面、スキャン速度が遅くやや画質も劣るCIS(密着センサー方式)の2種類があります。

通常のスキャナーはCISで十分な画質を得られますが、本を電子化する場合は、速度が上で綴じ代部分の歪みもある程度解消する、CCDを搭載した機種が向いています。

スキャナーの使い勝手で選ぶ

スキャナーは大体A4サイズ対応なので、写真集など大型の冊子をスキャンしたい場合は、A3サイズ対応の機種を選ぶ必要があります。A3サイズの書籍をそのまま読み取れるスキャナーは高額になるので、価格を抑えたい場合はスタンドスキャナーが良いでしょう。

その他、歪み補正や裏写り補正など、取り込んだ画像を補正できるアプリケーションの有無も、作業に大きな影響を及ぼします。Wi-FiやBlueToothといった接続方法、保存先の設定など、原稿のサイズや質、使用方法でも、スキャナーの選び方は変わってきます。

ブックスキャナーのおすすめランキング20選

おすすめのブックスキャナーを紹介します。

【20位】PFU ScanSnap iX1500 FI-IX1500

富士通 PFU ScanSnap iX1500 FI-IX1500の仕様・製品情報

タイプシートフィード
サイズ(W×H×D)292mm×152mm×161mm
重量3.4kg
センサーカラーCIS×2
光学解像度600dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数50枚
両面読み取り
ポイント
  • タッチパネルで設定完了
  • 手動で修正すると学習して次回から対応
  • さまざまなクラウドサービスと連携する「ScanSnap Cloud」

富士通 PFU ScanSnap iX1500 FI-IX1500のレビューと評価

スキャナーが学んで精度を上げてくれる
富士通 PFUの「ScanSnap iX1500」は、自炊で有名な「ScanSnap」シリーズの最新機種です。専用ソフトウェア「ScanSnap home」で機能を一元管理できる上、画像を手動で修正するとスキャナーが学習し、次回からははさまざまな修正をアシストしてくれます。

データは内容によって4種別に自動で振り分けられ、「ScanSnap Cloud」を経由して、DropboxやEvernoteなど各種のクラウドサービスに直接転送されるため、どこからでもデータに自在にアクセスできます。

こんな人におすすめ
初めて「自炊のため」のドキュメントスキャナーを探している人

【19位】Canon imageFORMULA DR-C225 II

Canon imageFORMULA DR-C225 IIの仕様・製品情報

タイプシートフィード
サイズ(W×H×D)300mm×220mm×156mm
重量2.7kg
センサーCIS
光学解像度600dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数30枚
両面読み取り
ポイント
  • 「ラウンドスキャン」で排紙スペース不要
  • リタード方式と超音波重送検知で重送エラーを減らす
  • 「CaptureOnTouch」でモードも簡単に選択

Canon imageFORMULA DR-C225 IIのレビューと評価

スマートな形状で置きやすく使いやすい

Canonの「imageFORMULA DR-C225 II」は、狭い場所でもすっきり置けるドキュメントスキャナーです。
シートフィードから給紙した原稿を、スキャン下部でUターンさせスキャナー前面に収めていく「ラウンドスキャン」で、従来スキャナーの前部にあった排紙スペースを無くしました。本体レバーを切り替えることで、通常のストレート排紙も可能なので、厚手の紙も問題無くスキャンできます。

連続スキャンにつきものの重送も、リタードローラーによって分離され1枚ずつ搬送され、更に「超音波重送検知」で重送時には自動的に搬送が止まるので、読み取りエラーが少なくなります。

こんな人におすすめ
狭いテーブル上ですっきり置けるドキュメントスキャナーが欲しい人

【18位】富士通 PFU ScanSnap SV600 FI-SV600A

富士通 PFU ScanSnap SV600 FI-SV600Aの仕様・製品情報

タイプオーバーヘッド
サイズ(W×H×D)525mm×383mm×484mm
重量3kg
センサーカラーCCD
光学解像度主走査:285dpi~218dpi/副走査:283dpi~152dpi
原稿サイズA3
最大セット可能枚数1枚
両面読み取り
ポイント
  • A3サイズまで対応した非接触型スキャナー
  • 「VIテクノロジー」で均一に読み取れる
  • 専用ブックプレッサーで楽に冊子をスキャン

富士通 PFU ScanSnap SV600 FI-SV600Aのレビューと評価

非破壊でA3サイズまで1度で取り込める

富士通 PFUの「ScanSnap SV600 FI-SV600A」は、スキャナー上部のヘッドが回転することで、センサーが広範囲の原稿をピンぼけせず素早く読み取る非接触型スキャナーです。A3サイズからはがきサイズまで、多彩なサイズの原稿に対応しており、見開きページは読み取り後に分割が可能です。

「継続読み取り機能」で、置いた冊子のページをめくるだけで、一々スキャンボタンを押す必要がないので、スキャンの労力がかなり緩和されます。データはスキャン完了後一括で確認できます。保存先はパソコンやクラウドのどちらでも選べます。

こんな人におすすめ
A3サイズまで1度に高画質でスキャンしたい人

【17位】iOCHOW S1 ドキュメントスキャナー

iOCHOW S1 ドキュメントスキャナーの仕様・製品情報

タイプオーバーヘッド
サイズ(W×H×D)240mm×350×80mm
重量1.4kg
センサーカメラ(非公開)
画素数800万画素
原稿サイズA3
最大セット可能枚数1枚
両面読み取り
ポイント
  • 折りたたみ式で持ち運びが容易
  • 最適なオートフォーカスと800万画素の鮮明な画像
  • 「文書モード」でスキャンデータをPDFに1本化

iOCHOW S1 ドキュメントスキャナーのレビューと評価

折り畳んで持ち歩ける書画カメラ

iOCHOWの「S1 ドキュメントスキャナー」は、スリムな本体を2つに折り畳めばモバイルスキャナーのように手軽に持ち歩ける、コンパクトなスタンドスキャナーです。スキャナーより書画カメラに分類され、センサーなどは非公開です。重めのベースがあるので、スキャン中不安定になることはありません。

カメラの下に原稿を置くと、自動的に認識、識別し、撮影します。「文書モード」を選択すると、複数の原稿を連続スキャンした後、1つのPDFとしてまとめて出力することができます。

こんな人におすすめ
どこでも持ち運べるスタンドスキャナーがほしい人

【16位】サンワダイレクト 2WAYハンディスキャナ 400-SCN040

サンワダイレクト 2WAYハンディスキャナ 400-SCN040の仕様・製品情報

タイプハンディ/シートフィード
サイズ(W×H×D)260mm×26.5mm×39mm(本体)/285mm×60mm×88mm(ドック)
重量146g(本体)/350g(ドック)
センサーカラーコンタクトイメージセンサー
光学解像度1200dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数1枚
両面読み取り
ポイント
  • ハンディ・シートフィード2役で使える
  • microSDに保存してデータを持ち運べる
  • USB接続でPCに楽々データ転送

サンワダイレクト 2WAYハンディスキャナ 400-SCN040のレビューと評価

1台2役のえたスキャナー

サンワダイレクト「2WAY ハンディスキャナ」は、ハンディスキャナーを附属ドックに取り付けることでシートフィードスキャナーとしても使える、いいとこ取りのスキャナーです。

ハンディスキャナーで本の厚みにこだわらずスキャンできる上、必要な部分だけを読み取ることも可能です。データはmicroSDに保存され、USB接続でPCへの転送や編集も簡単にできます。
ドックに接続すれば、簡易なシートフィードスキャナーとしてA4サイズまで取り込めます。

こんな人におすすめ
本だけでなく帯などもそのまま取り込みたい人

【15位】ミヨシ UMSC-05

ミヨシ UMSC-05の仕様・製品情報

タイプハンディ
サイズ(W×H×D)257mm×36mm×24mm
重量0.16kg
センサーA4カラーコンタクトイメージセンサー
光学解像度900dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数1枚
両面読み取り
ポイント
  • 900dipの高解像度データを取り込み可能
  • スキャンデータを確認できるカラー液晶画面
  • スマホやタブレットからもデータにアクセス

ミヨシ UMSC-05のレビューと評価

高解像度対応のハンディスキャナー

ミヨシの「UMSC-05」は、900dpiの高解像度で精密なデータを、どこでも手軽にスキャンできるハンディスキャナーです。専用のキャリングポーチが附属するので、バッグの中に入れても安心です。

本体にカラー液晶画面が附属しているので、その場で画像を確認できるだけでなく、PC画面で状況を確認しながらの取り込み作業も可能です。ホスト機能対応の端末にアクセスできるので、取り込んだ画像をスマートフォンやタブレットからも確認できます。

こんな人におすすめ
出先でも必要な情報を高解像度でスキャンしたい人

【14位】ミヨシ UMSC-05

次に紹介するおすすめのブックスキャナーは、「ミヨシ UMSC-05」です。

タイプハンディ
サイズ257mm×36mm×24mm
重量0.16kg
センサーA4カラーコンタクトイメージセンサー
光学解像度900dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数1枚
両面読み取りなし
評価・レビュー
解像度
(3.0)
スピード
(2.0)
機能の充実度
(3.0)
ポイント
  • 900dpiの高解像度データを取り込み可能
  • カラー液晶画面装備でスキャンデータを確認できる
  • 取り込んだ画像をスマートフォンやタブレットからも確認可能
こんな人におすすめ
小さくて軽いので、出先でも高解像度の画像を取り込みたい方に

【13位】Plustek OpticBook 4800

次に紹介するおすすめのブックスキャナーは、「Plustek OpticBook 4800」です。

created by Rinker
Plustek
¥90,508 (2021/09/22 16:06:39時点 Amazon調べ-詳細)
タイプフラットベッド
サイズ491mm×102mm×291mm
重量3.45kg
センサーCCD
光学解像度1200dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数1枚
両面読み取りなし
評価・レビュー
解像度
(3.5)
スピード
(3.5)
機能の充実度
(4.0)
ポイント
  • SEETM(陰影除去エレメント)で綴じ代まできれいに取り込める
  • A4サイズの用紙なら1枚あたり3.6秒でスキャン可能
  • 古い本のスキャンにも安心して使用できる2mmのブックエッジ
こんな人におすすめ
本の取り込みに特化した各種機能が特徴。古い本のスキャンをしようと考えている方に

【12位】サンワダイレクト 400-SCN059W

次に紹介するおすすめのブックスキャナーは、「サンワダイレクト 400-SCN059W」です。

タイプハンディ/シートフィード
サイズ258×41×34mm
重量0.25kg
センサーCIS
光学解像度900dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数1枚
両面読み取りなし
評価・レビュー
解像度
(3.0)
スピード
(2.0)
機能の充実度
(3.0)
ポイント
  • ハンディ型としてもシートフィード型としても使用できる2ウェイ設計
  • 日本語表記の液晶画面で取り込んだ画像をすぐに確認可能
  • ハンディスキャナ使用時は、バッテリー式でコードレスで使用可能
こんな人におすすめ
ハンディ型としてもシートフィード型としても使えるので、書類が多くなる可能性がある出張などに最適

【11位】CZUR ET16 Plus

次に紹介するおすすめのブックスキャナーは、「CZUR ET16 Plus」です。

タイプオーバーヘッド
サイズ230mm×390mm×375mm
重量4.84kg
センサーHDカメラ(SONY製CMOSセンサー)
原稿サイズA3
最大セット可能枚数1枚
両面読み取りなし
評価・レビュー
解像度
(3.0)
スピード
(3.5)
機能の充実度
(3.5)
ポイント
  • A3サイズの用紙まで高速スキャン可能なオーバーヘッド型
  • 綴じ代の湾曲を自動修正する「自動平坦化機能」搭載
  • スキャンした文字をWordやExcelに変換可能
こんな人におすすめ
スキャンした文字をWordやExcelに変換可能なので、スキャン後のデータを編集したい方に最適

【10位】EPSON DS-780N

次に紹介するおすすめのブックスキャナーは、「EPSON DS-780N」です。

タイプシートフィード
サイズ296mm×217mm×212mm
重量3.7kg
センサーカラーCIS x2
光学解像度600dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数100枚
両面読み取りあり
評価・レビュー
解像度
(3.0)
スピード
(5.0)
機能の充実度
(4.0)
ポイント
  • 1度に100枚の原稿がセットできる、大容量給紙トレイ
  • 毎分45枚・計90面を取り込み可能な圧倒的な読み取り速度
  • 薄い紙や皺になった原稿もスキャンできる「低速モード」も搭載
こんな人におすすめ
とにかく大量に、圧倒的な速度で読み込みが可能なので、スキャンする資料の数が膨大な方におすすめ

【9位】EPSON FF-680W

次に紹介するおすすめのブックスキャナーは、「EPSON FF-680W」です。

タイプシートフィード
サイズ296×169×176mm
重量4.43kg
光学解像度600dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数写真36枚
両面読み取りあり
評価・レビュー
解像度
(3.0)
スピード
(4.5)
機能の充実度
(3.5)
ポイント
  • 書類だけでなく紙焼き写真の高速取り込みにも対応したフォトスキャナー
  • 色あせてしまった写真を鮮やかに蘇らせる退色復元機能を搭載
  • L判や2L判などの定型サイズの写真はもちろん、パノラマ・写真年賀ハガキなど、さまざまな写真サイズに対応
こんな人におすすめ
プリントされた写真を取り込む各種機能が非常に充実。家にある紙焼き写真を整理したい方に

【8位】富士通 ScanSnap SV600

次に紹介するおすすめのブックスキャナーは、「富士通 ScanSnap SV600」です。

タイプオーバーヘッド
サイズ525mm×383mm×484mm
重量3kg
センサーカラーCCD
光学解像度主走査:285dpi~218dpi/副走査:283dpi~152dpi
原稿サイズA3
最大セット可能枚数1枚
両面読み取りなし
評価・レビュー
解像度
(3.0)
スピード
(3.5)
機能の充実度
(4.0)
ポイント
  • 画質のムラを最小限に抑える「VIテクノロジー」搭載で均一で読みやすい画質を実現
  • 絵の具などが盛られた絵画なども接触せずに読み取れるオーバーヘッド型
  • 押した冊子をめくるだけで読み取れる「継続読み取り機能」搭載
こんな人におすすめ
A3までの広範囲を均一に読み取ることに長けているので、大きい原稿をきれいにスキャンしたい人におすすめ

【7位】サンワダイレクト 400-CAM073

次に紹介するおすすめのブックスキャナーは、「サンワダイレクト 400-CAM073」です。

タイプオーバーヘッド
サイズ85mm×266mm×335mm
重量0.75kg
センサーCMOS 1800万画素
解像度最大4912×3680
原稿サイズA3
最大セット可能枚数1枚
両面読み取りなし
評価・レビュー
解像度
(3.5)
スピード
(3.0)
機能の充実度
(4.0)
ポイント
  • リアルタイムでパソコンに画像を表示できるため、学校や会議などの書画カメラとしても使用可
  • ゆがみ・指消し補正機能や自動トリミングなど、便利な機能の数々を搭載
  • ページをめくると自動でカウントダウンが始まる自動連続撮影モード
こんな人におすすめ
リアルタイムで画像を確認できるので、学校や会議などリモートで資料を共有する必要がある方におすすめ

【6位】brother ADS-1700W

次に紹介するおすすめのブックスキャナーは、「brother ADS-1700W」です。

created by Rinker
ブラザー工業
¥28,000 (2021/09/22 16:06:44時点 Amazon調べ-詳細)
タイプシートフィード
サイズ386mmx211mmx158mm
重量2.03kg
センサーCIS x2
光学解像度600dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数20枚
両面読み取りあり
評価・レビュー
解像度
(3.5)
スピード
(4.0)
機能の充実度
(4.0)
ポイント
  • A4カラー原稿を毎分25枚/50面の高速スキャン可能
  • 非常にコンパクトで、狭いテーブルの上でも設置可能
  • 免許証などの読み取りができるカードスキャンスロット搭載
こんな人におすすめ
免許証や保険証を読み取るスロットが用意されているので、スペースに余裕のない事務所などの使用に最適

【5位】富士通 ScanSnap FI-IX100A

次に紹介するおすすめのブックスキャナーは、「富士通 ScanSnap FI-IX100A」です。

created by Rinker
富士通
¥20,000 (2021/09/22 16:06:44時点 Amazon調べ-詳細)
タイプシートフィード
サイズ273mm×47.5mm×36mm
重量0.4kg
センサーCIS
光学解像度600dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数1枚
両面読み取りなし
評価・レビュー
解像度
(3.0)
スピード
(3.0)
機能の充実度
(4.0)
ポイント
  • 非常にコンパクトなバッテリー内蔵タイプ。USBバスパワーでも駆動可能
  • PCやタブレット、スマートフォンとWi-Fi接続可能
  • 名刺やレシートを2枚同時に読み取る「デュアルスキャン」機能搭載
こんな人におすすめ
バッテリー内蔵で場所を選ばずにスキャンできる。外出時や出張時のお供に!

【4位】Canon imageFORMULA DR-C240

次に紹介するおすすめのブックスキャナーは、「Canon imageFORMULA DR-C240」です。

タイプシートフィード
サイズ291mmx253mmx231mm
重量2.8kg
センサーCIS
光学解像度600dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数60枚
両面読み取りあり
評価・レビュー
解像度
(3.0)
スピード
(5.0)
機能の充実度
(4.0)
ポイント
  • キャノンのイメージフォーミュラシリーズの最新モデル
  • 90面/分の圧倒的な読み取り速度
  • 超音波センサーが用紙の重なりを検知、自動停止する機能を搭載
こんな人におすすめ
1日4000枚読み込むようなハードな使用を想定した設計。オフィスなどで資料を大量に読み込む必要がある方に

【3位】Canon CANOSCAN LIDE 400

次に紹介するおすすめのブックスキャナーは、「Canon CANOSCAN LIDE 400」です。

タイプフラットベッド
サイズ250mm×367mm×42mm
重量1.7kg
センサーCIS
光学解像度4800dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数1枚
両面読み取りなし
評価・レビュー
解像度
(4.5)
スピード
(3.0)
機能の充実度
(4.0)
ポイント
  • 4800dpiの光学解像度を実現したコンパクトなフラッドベッドスキャナー
  • 最大21mmの厚手原稿までスキャン可能
  • 付属の縦置きスタンドを使えば、より省スペースで使用可能
こんな人におすすめ
4800dpiの高い解像度と省スペース、そして低価格が魅力。高コスパのフラットベッドスキャナーをお探しの方に

【2位】EPSON GT-X830

次に紹介するおすすめのブックスキャナーは、「EPSON GT-X830」です。

タイプフラットベッド
サイズ578mmx372mmx188mm
重量5.74kg
センサーCCD
光学解像度6400dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数1枚
両面読み取りなし
評価・レビュー
解像度
(5.0)
スピード
(3.0)
機能の充実度
(4.5)
ポイント
  • ポジフィルムや中判フィルムすら読み込める、高性能フラッドベッドスキャナー
  • プロ機に匹敵する光学解像度6400dpi
  • 2本のLED光源で、ウォームアップなしで高速スキャン可能
こんな人におすすめ
フィルムそのものを取り込み可能なフラットベッド型。写真や書類だけでなく、フィルムを高画質で直接読み込みたい方に

【1位】富士通 ScanSnap iX1600

次に紹介するおすすめのブックスキャナーは、「富士通 ScanSnap iX1600」です。

タイプシートフィード
サイズ161mmx292mmx152mm
重量3.4kg
センサーカラーCIS×2
光学解像度600dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数50枚
両面読み取りあり
評価・レビュー
解像度
(3.5)
スピード
(4.5)
機能の充実度
(5.0)
ポイント
  • 「名刺・レシートガイド」付属で名刺やレシートの読み取りも楽々
  • 40枚/分のスキャンスピードを実現
  • 主要な操作はタッチパネルで完結
こんな人におすすめ
使いやすいタッチパネル、充実の付属品などフラッグシップにふさわしい内容。トータルバランスに優れた機種をお探しの方に!

ブックスキャナーの重要ポイントまとめ

ブックスキャナーの重要なポイントは以下の3つです。

  • 本を裁断するか、そのまま残すかで選ぶスキャナーが変わる!
  • スキャン画像の品質は文字だけなら300dpi、写真や絵をふんだんに使った書籍なら600dpiを目安に!
  • スキャンのスピードや、本体の大きさも忘れずにチェック!


オフィスでコピーする女性 A3対応スキャナのおすすめ人気13選|安いモデルや自宅向けなど オフィス家電おすすめ インクジェットプリンターの人気メーカーとおすすめランキング10選 人々がスキャンされたデータを元に会議する様子 自炊用ドキュメントスキャナーのおすすめ7選!タイプ別に徹底比較