【じっくり読むと8分】

大量に抱えた書籍を電子化し、PCやモバイルデバイスでも楽しめる形にする「自炊」に欠かせないのがブックスキャナーです。自動給紙装置で大量に取り込めるタイプや、本を裁断しなくてもいい非破壊タイプ、ページをめくると自動でスキャンする機能やA3サイズ対応機種、どこでも使えるハンディタイプなど、多様なスキャナーが販売されています。数あるブックスキャナーの人気機種や選び方、おすすめ商品を紹介します。

ブックスキャナーの種類

ブックスキャナーの主な4つの種類を解説します。

  • シートフィード型
  • フラットベッド型
  • オーバーヘッド型
  • ハンディ型

シートフィード型

シートフィード型は、給紙トレイにまとめてセットした原稿を、連続して読み取るスキャナーです。「ドキュメントスキャナー」とも呼ばれ、大量の原稿を一度にすばやくスキャンできるので、ページ数の多い本を電子化する時にたいへん便利です。

ただし、本をスキャンするためには背表紙を裁断し、1枚ずつに分解する前準備が必要なので、取り込む本を本のまま残したい人には向きません。

フラットベッド型

フラットベッド型は、コピー機のように、ガラスの読み取り面にページを伏せて読み込むスキャナーです。単に「ブックスキャナー」と言うと、本来は書籍用フラットベッドスキャナーを指します。

読み取り面が広く、本体のエッジとの間隔がとても狭くなっているので、本の見開き部分まできれいに取り込めます。フラットベッド型は1回ごとに本をセットする手間はありますが、本を裁断する必要が無いので、学術書などハードカバーや古い本のスキャンに向いています。

オーバーヘッド型

オーバーヘッド型は、他と比較して新しいタイプのスキャナーです。電気スタンドのように上部にセンサーやカメラがあり、下に置いた原稿を上から読み取ります。

「スタンドスキャナー」と呼ばれます。オーバーヘッド型は原稿に接触しない「非接触型」なので、本を傷めません。新聞などA3サイズや、裁断したくない書籍を電子化したい時に向いています。

ハンディ型

ハンディ型はコンパクトな直方体の形をしており、文字通り手で持って原稿の上を移動させ読み取るスキャナーです。「ハンディスキャナー」「モバイルスキャナー」とも呼ばれます。

ハンディ型は持ち歩けて置き場所に困らず、記録したいページをすぐ読み取ることができます。ハンディスキャナーは手ブレしやすく、大量に読み取るのは不向きですが、雑誌のスクラップを取りたい時、厚手の書籍を手軽にスキャンしたい時に重宝します。

ブックスキャナーの注目したい機能・性能

ブックスキャナーの注目したい機能・性能は、以下の2つです。

  • 両面読み取り機能
  • 自動連続撮影

両面読み取り機能

両面読み取り機能は、シートフィード型のドキュメントスキャナーに搭載されている機能です。スキャナーに複数枚の原稿をセットすると、ADF(オートドキュメトフィーダー・自動給紙装置)で原稿を送りながら、同時に両面をスキャンし、別々の画像として取り込みます。

特に本のスキャンの効率アップには重要な機能です。紙の質によっては裏写りするので、裏写り防止機能やアプリケーションで調節します。

自動連続撮影

自動連続撮影機能は、オーバーヘッド型のスキャナーに搭載されている機能です。複数の原稿やページを読み取る時に、スキャナー上部のカメラにタイマーを設定しておき、一定の時間が経過すると自動的に読み取りを開始します。

1ページごとにスキャンボタンを押す作業がはぶけ、取り込み作業が楽になります。オプションで、ページをめくる動作を自動で検出し、読み取りを継続する機能もあります。

ブックスキャナーのおすすめメーカー

ブックスキャナーのおすすめメーカーは、以下の2つです。

  • 株式会社PFU
  • キヤノン株式会社(Canon)

株式会社PFU

株式会社PFUは富士通の子会社で、自炊用スキャナーとして高い人気を誇る「ScanSnap」シリーズを製造販売しています。「ScanSnap」シリーズはドキュメントスキャナー、スタンドスキャナー、ハンディスキャナーなど各種あり、特にドキュメントスキャナーは自炊の強い味方として支持され続けています。

キヤノン株式会社(Canon)

キヤノンはプリンタのシェアをエプソンと二分する大手メーカーです。
ドキュメントスキャナーでは「imageFORMULA」シリーズが、ビジネス向け、一般向けでそれぞれシートフィード型、ハンディ型の製品が販売されています。またA3サイズ対応の大型スキャナーも充実しています。

キヤノンのスキャナーは、書籍のスキャンに限らず画像のスキャンにも強いので、写真集やイラスト集にも向いています。

ブックスキャナーの選び方

ブックスキャナーの選び方を以下の5つのポイントから解説します。

  • 読み取る本をどうしたいか
  • 作業の速度は重要なポイント
  • スキャン画像の品質で決める
  • 読み取りセンサーは2種類ある
  • スキャナーの使い勝手で選ぶ

読み取る本をどうしたいか

書籍を読み取るためのスキャナーを選ぶ時は、まず「取り込む本を壊すか、残すか」で分かれます。本を裁断してもかまわない人は、裁断したページを一度に取り込めるシートフィード型が適しています。本を壊したくない人や、借りた書籍の一部をスキャンしたい時は、非破壊型のフラットベッド型やハンディ型、非接触型のオーバーヘッド型を選びましょう。

作業の速度は重要なポイント

本を電子化する作業は、特に厚い本や冊数があるほど効率が重要になってきます。スキャナーの読み取り速度が遅いと作業の時間も長くなり、作業の進捗に影響します。

スキャン速度が最も早いのはシートフィード型です。他のタイプが1ページずつスキャンするのと比較して、量に強く両面スキャンも可能です。
作業全体の手軽さを重視するなら、本を置くだけのオーバーヘッド型や、好きな場所を読み取るハンディ型が向いています。

スキャン画像の品質で決める

スキャナーの解像度が大きければ、画像はより鮮明になります。解像度には「dpi(dot per inch)」という単位が使われ、数値が高いほど精密なデータになります。反面、あまり解像度が大きすぎるとスキャナーの動作が遅くなり、ファイルは大きく重たくなります。文字だけなら300dpi、写真や絵をふんだんに使った書籍なら600dpiが適切でしょう。

最も鮮明に読み取れるのはフラットベッド型です。ページを読み取り面にぴったり押しつけて取るので、精度は最も高くなります。逆にそこまで画質にこだわらなくていい小説やマンガなどは、シートフィード型がおすすめです。

読み取りセンサーは2種類ある

スキャナーの画質を左右する読み取りセンサーには2種類あり、それぞれ特徴を持っています。スキャン速度が速くきれいに読み取れる分、大型かつ高価格になるCCD(光学縮小方式)と、薄型で価格が安い反面、スキャン速度が遅くやや画質も劣るCIS(密着センサー方式)の2種類があります。

通常のスキャナーはCISで十分な画質を得られますが、本を電子化する場合は、速度が上で綴じ代部分の歪みもある程度解消する、CCDを搭載した機種が向いています。

スキャナーの使い勝手で選ぶ

スキャナーは大体A4サイズ対応なので、写真集など大型の冊子をスキャンしたい場合は、A3サイズ対応の機種を選ぶ必要があります。A3サイズの書籍をそのまま読み取れるスキャナーは高額になるので、価格を抑えたい場合はスタンドスキャナーが良いでしょう。

その他、歪み補正や裏写り補正など、取り込んだ画像を補正できるアプリケーションの有無も、作業に大きな影響を及ぼします。Wi-FiやBlueToothといった接続方法、保存先の設定など、原稿のサイズや質、使用方法でも、スキャナーの選び方は変わってきます。

ブックスキャナーのおすすめ10選

富士通 PFU ScanSnap iX1500 FI-IX1500

富士通 PFU ScanSnap iX1500 FI-IX1500の仕様・製品情報

タイプシートフィード
サイズ(W×H×D)292mm×152mm×161mm
重量3.4kg
センサーカラーCIS×2
光学解像度600dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数50枚
両面読み取り

富士通 PFU ScanSnap iX1500 FI-IX1500のおすすめポイント3つ

  • タッチパネルで設定完了
  • 手動で修正すると学習して次回から対応
  • さまざまなクラウドサービスと連携する「ScanSnap Cloud」

富士通 PFU ScanSnap iX1500 FI-IX1500のレビューと評価

スキャナーが学んで精度を上げてくれる

富士通 PFUの「ScanSnap iX1500」は、自炊で有名な「ScanSnap」シリーズの最新機種です。専用ソフトウェア「ScanSnap home」で機能を一元管理できる上、画像を手動で修正するとスキャナーが学習し、次回からははさまざまな修正をアシストしてくれます。

データは内容によって4種別に自動で振り分けられ、「ScanSnap Cloud」を経由して、DropboxやEvernoteなど各種のクラウドサービスに直接転送されるため、どこからでもデータに自在にアクセスできます。

富士通 PFU ScanSnap iX1500 FI-IX1500はこんな人におすすめ!

初めて「自炊のため」のドキュメントスキャナーを探している人。

Canon imageFORMULA DR-C225 II

Canon imageFORMULA DR-C225 IIの仕様・製品情報

タイプシートフィード
サイズ(W×H×D)300mm×220mm×156mm
重量2.7kg
センサーCIS
光学解像度600dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数30枚
両面読み取り

Canon imageFORMULA DR-C225 IIのおすすめポイント3つ

  • 「ラウンドスキャン」で排紙スペース不要
  • リタード方式と超音波重送検知で重送エラーを減らす
  • 「CaptureOnTouch」でモードも簡単に選択

Canon imageFORMULA DR-C225 IIのレビューと評価

スマートな形状で置きやすく使いやすい

Canonの「imageFORMULA DR-C225 II」は、狭い場所でもすっきり置けるドキュメントスキャナーです。
シートフィードから給紙した原稿を、スキャン下部でUターンさせスキャナー前面に収めていく「ラウンドスキャン」で、従来スキャナーの前部にあった排紙スペースを無くしました。本体レバーを切り替えることで、通常のストレート排紙も可能なので、厚手の紙も問題無くスキャンできます。

連続スキャンにつきものの重送も、リタードローラーによって分離され1枚ずつ搬送され、更に「超音波重送検知」で重送時には自動的に搬送が止まるので、読み取りエラーが少なくなります。

Canon imageFORMULA DR-C225 IIはこんな人におすすめ!

狭いテーブル上ですっきり置けるドキュメントスキャナーが欲しい人。

EPSON DS-780N

EPSON DS-780Nの仕様・製品情報

タイプシートフィード
サイズ(W×H×D)296mm×217mm×212mm
重量3.7kg
センサーカラーCIS×2
光学解像度600dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数100枚
両面読み取り

EPSON DS-780Nのおすすめポイント3つ

  • 1度に100枚の原稿がセットできる給紙トレイ
  • 毎分45枚、計90面を取り込み可能な高速スキャン
  • 薄い紙や皺になった原稿もスキャンできる「低速モード」

EPSON DS-780Nのレビューと評価

早い・きれい・大量にデータ化

EPSONの「DS-780N」は、1度にセットできる原稿が100枚と群を抜いて多く、毎分45枚、計90面(カラー200dpi/モノクロ300dpi)を高速にデータ化することができます。新聞など薄い紙や、スキャンが難しいしわの入った原稿も、「低速モード」でていねいにスキャンし取り込むことができます。

EPSON DS-780Nはこんな人におすすめ!

大量の原稿を一度にデータ化したい人。

富士通 PFU ScanSnap SV600 FI-SV600A

富士通 PFU ScanSnap SV600 FI-SV600Aの仕様・製品情報

タイプオーバーヘッド
サイズ(W×H×D)525mm×383mm×484mm
重量3kg
センサーカラーCCD
光学解像度主走査:285dpi~218dpi/副走査:283dpi~152dpi
原稿サイズA3
最大セット可能枚数1枚
両面読み取り

富士通 PFU ScanSnap SV600 FI-SV600Aのおすすめポイント3つ

  • A3サイズまで対応した非接触型スキャナー
  • 「VIテクノロジー」で均一に読み取れる
  • 専用ブックプレッサーで楽に冊子をスキャン

富士通 PFU ScanSnap SV600 FI-SV600Aのレビューと評価

非破壊でA3サイズまで1度で取り込める

富士通 PFUの「ScanSnap SV600 FI-SV600A」は、スキャナー上部のヘッドが回転することで、センサーが広範囲の原稿をピンぼけせず素早く読み取る非接触型スキャナーです。A3サイズからはがきサイズまで、多彩なサイズの原稿に対応しており、見開きページは読み取り後に分割が可能です。

「継続読み取り機能」で、置いた冊子のページをめくるだけで、一々スキャンボタンを押す必要がないので、スキャンの労力がかなり緩和されます。データはスキャン完了後一括で確認できます。保存先はパソコンやクラウドのどちらでも選べます。

富士通 PFU ScanSnap SV600 FI-SV600Aはこんな人におすすめ!

A3サイズまで1度に高画質でスキャンしたい人。

iOCHOW S1 ドキュメントスキャナー

iOCHOW S1 ドキュメントスキャナーの仕様・製品情報

タイプオーバーヘッド
サイズ(W×H×D)240mm×350×80mm
重量1.4kg
センサーカメラ(非公開)
画素数800万画素
原稿サイズA3
最大セット可能枚数1枚
両面読み取り

iOCHOW S1 ドキュメントスキャナーのおすすめポイント3つ

  • 折りたたみ式で持ち運びが容易
  • 最適なオートフォーカスと800万画素の鮮明な画像
  • 「文書モード」でスキャンデータをPDFに1本化

iOCHOW S1 ドキュメントスキャナーのレビューと評価

折り畳んで持ち歩ける書画カメラ

iOCHOWの「S1 ドキュメントスキャナー」は、スリムな本体を2つに折り畳めばモバイルスキャナーのように手軽に持ち歩ける、コンパクトなスタンドスキャナーです。スキャナーより書画カメラに分類され、センサーなどは非公開です。重めのベースがあるので、スキャン中不安定になることはありません。

カメラの下に原稿を置くと、自動的に認識、識別し、撮影します。「文書モード」を選択すると、複数の原稿を連続スキャンした後、1つのPDFとしてまとめて出力することができます。

iOCHOW S1 ドキュメントスキャナーはこんな人におすすめ!

どこでも持ち運べるスタンドスキャナーがほしい人。

CZUR ET16 Plus ドキュメントスキャナー

CZUR ET16 Plus ドキュメントスキャナーの仕様・製品情報

タイプオーバーヘッド
サイズ(W×H×D)230mm×390mm×375mm
重量4.84kg
センサーHDカメラ(SONY製CMOSセンサー)
画素数1600万画素
原稿サイズA3
最大セット可能枚数1枚
両面読み取り

CZUR ET16 Plus ドキュメントスキャナーのおすすめポイント3つ

  • 綴じ代の湾曲を自動修正する「自動平坦化機能」
  • サイド照明で原稿の反射を低減
  • 187種言語に対応するOCR

CZUR ET16 Plus ドキュメントスキャナーのレビューと評価

スキャンのために本を押さえなくてもいい

CZURの「ET16 Plus ドキュメントスキャナー」は、上だけでなくスタンド脚部の真ん中にサイド照明を設置することで、原稿を明瞭にするだけでなく反射を抑え、よりクリアな画像の撮影が可能です。

レーザーによる形状の認識と冊子の湾曲を自動で修正する「自動平坦化機能」で、フラットな画像に修正し、歪み補正や汚れ除去も行います。軽く指で押さえてスキャンした場合は、指のかかる部分を自動で取り外し、きれいなデータに仕上げてくれます。

CZUR ET16 Plus ドキュメントスキャナーはこんな人におすすめ!

置いてめくるだけの手軽さでスキャンを完成させたい人。

サンワダイレクト 2WAYハンディスキャナ 400-SCN040

サンワダイレクト 2WAYハンディスキャナ 400-SCN040の仕様・製品情報

タイプハンディ/シートフィード
サイズ(W×H×D)260mm×26.5mm×39mm(本体)/285mm×60mm×88mm(ドック)
重量146g(本体)/350g(ドック)
センサーカラーコンタクトイメージセンサー
光学解像度1200dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数1枚
両面読み取り

サンワダイレクト 2WAYハンディスキャナ 400-SCN040のおすすめポイント3つ

  • ハンディ・シートフィード2役で使える
  • microSDに保存してデータを持ち運べる
  • USB接続でPCに楽々データ転送

サンワダイレクト 2WAYハンディスキャナ 400-SCN040のレビューと評価

1台2役のえたスキャナー

サンワダイレクト「2WAY ハンディスキャナ」は、ハンディスキャナーを附属ドックに取り付けることでシートフィードスキャナーとしても使える、いいとこ取りのスキャナーです。

ハンディスキャナーで本の厚みにこだわらずスキャンできる上、必要な部分だけを読み取ることも可能です。データはmicroSDに保存され、USB接続でPCへの転送や編集も簡単にできます。
ドックに接続すれば、簡易なシートフィードスキャナーとしてA4サイズまで取り込めます。

サンワダイレクト 2WAYハンディスキャナ 400-SCN040はこんな人におすすめ!

本だけでなく帯などもそのまま取り込みたい人。

ミヨシ UMSC-05

ミヨシ UMSC-05の仕様・製品情報

タイプハンディ
サイズ(W×H×D)257mm×36mm×24mm
重量0.16kg
センサーA4カラーコンタクトイメージセンサー
光学解像度900dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数1枚
両面読み取り

ミヨシ UMSC-05のおすすめポイント3つ

  • 900dipの高解像度データを取り込み可能
  • スキャンデータを確認できるカラー液晶画面></span
  • スマホやタブレットからもデータにアクセス

ミヨシ UMSC-05のレビューと評価

高解像度対応のハンディスキャナー

ミヨシの「UMSC-05」は、900dpiの高解像度で精密なデータを、どこでも手軽にスキャンできるハンディスキャナーです。専用のキャリングポーチが附属するので、バッグの中に入れても安心です。

本体にカラー液晶画面が附属しているので、その場で画像を確認できるだけでなく、PC画面で状況を確認しながらの取り込み作業も可能です。ホスト機能対応の端末にアクセスできるので、取り込んだ画像をスマートフォンやタブレットからも確認できます。

ミヨシ UMSC-05はこんな人におすすめ!

出先でも必要な情報を高解像度でスキャンしたい人。

Plustek OpticBook 4800

Plustek OpticBook 4800の仕様・製品情報

タイプフラットベッド
サイズ(W×H×D)491mm×102mm×291mm
重量3.45kg
センサーCCD
光学解像度1200dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数1枚
両面読み取り

Plustek OpticBook 4800のおすすめポイント3つ

  • SEETM(陰影除去エレメント)で綴じ代まできれい
  • A41枚を3.6秒で高速スキャン
  • 古い本も安心してスキャンできる2mmのブックエッジ

Plustek OpticBook 4800のレビューと評価

書籍スキャンのために作られたスキャナー

台湾メーカーPlustekの「OpticBook 4800」は、書籍用フラットベッドスキャナーです。本来「ブックスキャナー」と言うと、Plustekの書籍スキャナーを指します。

Plustekの特許技術「SEETM(陰影除去エレメント)」と、2mmのブックエッジ、LED光源の使用により、本を読み取り画面に強く押しつけなくても鮮明にスキャンできるので、ハードカバーや古い本でも傷めにくく、高品質なデータを保存できます。

Plustek OpticBook 4800はこんな人におすすめ!

古い本、ハードカバー本をスキャンしたい人。図書館での使用。

サンワダイレクト 400-SCN033

サンワダイレクト 400-SCN033の仕様・製品情報

タイプフラットベッド
サイズ(W×H×D)453mm×105mm×285mm
重量3.4kg
タイプフラットベッド
センサーCCD
光学解像度1200dpi
原稿サイズA4
最大セット可能枚数1枚
両面読み取り

サンワダイレクト 400-SCN033のおすすめポイント3つ

  • 1200dpiの商業利用も可能な高画質
  • 6mmエッジでソフトカバー本をきれいにスキャン
  • 上下に動いて本をしっかり固定するカバー

サンワダイレクト 400-SCN033のレビューと評価

OMEでも国内企業のサポート付

サンワダイレクトの「400-SCN033」は、前述のPlustek「OpticBook 4800」の下位機種「OpticBook 3800」のOEMです。サポートはサンワサプライが行うので、同機種でサポートが欲しい方は、400-SCN033の方が安心でしょう。

400-SCN033は、1200dpiの高画質で取り込める上、ブックエッジが6mmと、一般的なフラットベッドスキャナーよりかなり細く、ソフトカバーやマンガなどを取り込む際に綴じ代の部分が潰れにくいです。原稿カバーが持ち上がる構造になっており、書籍を上からしっかり固定してスキャンできます。

サンワダイレクト 400-SCN033はこんな人におすすめ!

ブックスキャナーに国内メーカーのサポートがほしい人。

まとめ

ブックスキャナーは各機種それぞれにメリットとデメリットがあり、使い方によって選択肢も変わります。速度、画質、手軽さなど、重視する点は人それぞれです。最も適したスキャナーを選び、有意義な読書ライフをおすごしください。