ステンレスフライパンのおすすめランキング15選|失敗しない選び方も

ステンレスフライパン

コンロを使用した調理で多用するのがフライパンですが、ステンレス製のフライパンは最も使い勝手が良く多くのご家庭で利用されている調理器具です。
多用する調理器具ゆえに多くのメーカーから販売されていますが、性能やサイズによって使い勝手が大きく異なってきます。
そこで今回はステンレスフライパンの特徴やメリット・デメリット、おすすめメーカーについての説明の他、ステンレスフライパンの洗い方まで解説させていただき、2021年おすすめの15選についてご紹介致します。
キッチン用品おすすめ 【最新版】フライパンのおすすめランキング10選。メーカー&選び方も解説 食卓にフライパンのまま出された料理 【2021年版】取っ手が取れるフライパンの人気おすすめランキング15選。メーカーや選び方も解説 フライパンに盛り付け セラミックフライパンおすすめ10選!安全性や選び方も解説

ステンレスフライパンの特徴

ステンレスフライパンとは、鉄とクロムの合金のことで、鉄と同じく一生使いつづけられるほどの耐久性が特徴です。

また、熱伝導率があまり高くないもの特徴といえます。材質別に熱伝導率の高いものから順に並べると、銅、アルミ、鉄、ステンレスです。このように熱伝導率が低いステンレスフライパンは、ほとんどが他の金属と多層構造で作られています。そうすることで、家庭料理にも使いやすいフライパンとなっているのです。

熱伝導率は低いものの、これはデメリットだけではありません。温度が一度上昇すれば、高温をキープできます。そのため炒め物やステーキなどにも向いています。また、ステンレスならではのなめらかな表面によって、きれいな焼き目のホットケーキやオムレツも簡単に作れます。

一方、重量がそれなりにあるのが欠点であり、軽いフライパンを求める人には向きません。

ステンレスフライパンのメリット

料理するカップル

ステンレスフライパンのメリットは、以下の2つです。

  • オールマイティに使えるフライパン
  • 余熱料理ができる

メインで毎日使えるステンレスフライパン

炒め物、ステーキ、オムライス、ホットケーキなど、オールマイティに使えるのがステンレスフライパンのメリットです。アルミニウムのフライパンは見た目は似ていますが、こうはいきません。高温にも非常に強く、揚げ物に利用できるのです。

また、ソースの色などが確認しやすいため、幅広い料理に用いる人も多いようです。つまり、ステンレスフライパンとは、鉄フライパンとアルミフライパンのいいところどりをしたような幅広い料理に使えるフライパンといえます。

余熱料理でワンランク上の味になる

ステンレスは熱伝導率が低いため温度の上昇はゆっくりです。一方、逆に温度が下がるのもゆっくりなので、保温性がとても高く、余熱料理に向いています。

また、調理後だけでなく、温度をキープしやすい性質を調理前に利用するのもおすすめです。これにより、野菜炒めなどをシャキっと仕上げることも可能です。

テフロンのフライパンなどでは、食材を投入すると急激に温度が下がってしまいます。それが原因で、野菜炒めなどがべチャっとした仕上がりとなってしまいます。しかし、ステンレスフライパンなら、予熱時間を十分に取ることで、家庭レベルの火力でもシャキっとした仕上がりにできるのです。

ステンレスフライパンのデメリット

ステンレスフライパンのデメリットは、以下の2つです。

  • 焦げやすい・くっつきやすい
  • 重い

ステンレスフライパンに慣れるまでは時間がかかる

ステンレスフライパンが苦手とする料理は、チャーハン、焼きそば、焼きうどんなどです。炭水化物が焦げやすく、くっつきやすい特徴があります。

幅広い料理に適しているステンレスフライパンですが、このような不得意な食材もあることに注意が必要です。調理に向いているとされる食材でも、温度の上げ方、油のなじませ方にコツが必要で「慣れるまでに時間がかかった」という人も多いようです。

力が弱い女性などには不向き

鉄を半分以上含んでいるのがステンレスという金属なので、重いのもデメリットです。力が弱い女性などには不向きでしょう。
ただ、軽量のアルミニウムとの多層構造を持つステンレスフライパンの場合、1Kg程度のものも販売されています。製品選びの際には、重量をチェックしておきましょう。

ステンレスフライパンの洗い方

STEP.1
余分な油を拭き取る
まず、キッチンペーパーなどで、余分な油を拭き取っておきましょう。あまり油がありすぎると、次の手順で汚れが浮きにくくなってしまうからです。
STEP.2
余熱で汚れを浮かせる
ステンレスフライパンは、非常に保温性が高い金属です。この余熱を利用して汚れを浮かせます。お湯を入れることになっていますが、現実的には面倒なことも多いでしょう。急激に温度が下がらないように注意しながら、少量ずつ水を入れていくのが現実的です。

こびりつきやすいステンレスフライパンですが、このような状態で少し時間を置くことで、汚れが浮いてきます。

STEP.3
洗剤を使わずスポンジなどで水洗い
汚れが浮いたら、洗剤を使わず、スポンジなど柔らかい素材のもので優しく水洗いしましょう。ステンレスは鉄フライパンと同じように、洗剤で油の膜を落とさないように注意が必要です。こうすると、次回調理時にくっつきにくくなります。
汚れがひどい場合は、アクリルたわしがおすすめです。アクリルたわしなら、強めに擦っても表面を傷つけません。
STEP.4
自然乾燥
最後に自然乾燥をさせましょう。鉄とアルミのいいところどりのステンレスフライパンは、サビることがないのが特徴です。
完了!

ステンレスフライパンのおすすめ人気メーカー

フライパン、にんにく、レモン、BBQ

ステンレスフライパンのメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • ビタクラフト
  • フィスラー
  • ジオ・プロダクト

ビタクラフト

ビタクラフトはアメリカを代表する調理器具のメーカーです。ビタクラフトのステンレスフライパンは、アルミニウムとの多層構造が特徴で、軽量化を実現しています。

また、全面が多層構造となっているため、高温をキープしやすいのがメリットです。余熱料理に向いていますし、無水料理も手軽にできます

フィスラー

フィスラーは1845年創業の伝統あるドイツの調理器具メーカーです。洗練されたデザインとドイツらしい質実剛健さが両立しているので、長く愛用できるステンレスフライパンを探している人などにおすすめです。

フィスラーのステンレスフライパンの特徴は、表面に細かな凹凸がついていることです。これによってステーキなどの余計な油を落としながら、きれいな焼き目を付けられます。

ジオ・プロダクト

ジオ・プロダクトは宮崎製作所のブランドのひとつです。国産のステンレスフライパンが欲しいという人に一押しのメーカーといえるでしょう。

料理研究家として著名な服部幸應氏がスーパーバイザーを務めており、煮る・炊く・焼く・揚げるといった幅広い料理に対応した、使いやすさを追求した製品作りが特徴です。

ステンレスフライパンの失敗しない選び方

フライパンで料理を始める

ステンレスフライパンの選び方を以下の5つのポイントから解説します。

  • 層で選ぶ
  • 重量で選ぶ
  • 表面加工で選ぶ
  • IH対応で選ぶ
  • サイズで選ぶ

ステンレスフライパンにおいては組み合わせる金属が大切

ステンレスフライパンにおいては、多層構造にしている他の金属との組み合わせが重要です。たとえば、アルミニウムとの組み合わせは軽量であるのが特徴ですし、鉄と組み合わせたものは高温になるため、炒め物や焼き物に適しています。

扱いやすい重さを選ぶ

扱いやすいステンレスフライパンの重量は1Kg以下と言われています。幅広い料理に向くステンレスフライパンは毎日のように使うことになるでしょう。扱いやすい重さを選ぶべきです。ただ、IHなどでは煽りを使わないため、多少重くても特に不便は感じない人もいるようです。

ステンレスフライパンビギナーならフッ素樹脂加工がおすすめ

ステンレスフライパンのなかには、外側がステンレスで、内側はフッ素樹脂加工やテフロン加工のものもあります。

全面がステンレスのフライパンよりは扱いやすいのが特徴です。そのため、フッ素・テフロンフライパンから移行する場合には、違和感なく使いやすいといえます。くっつきにくく調理もしやすいです。

IH対応かどうかで選ぶ

ステンレスフライパン選びでは、対応している熱源もチェックしておきましょう。特にIH調理器具のキッチンの場合、「IH対応」と明記されているか購入前に確認しておく必要があります。

ステンレスなので基本的にはIH対応と考えてもよいです。しかし、温度が十分に高くならなかったり変形してしまったりする恐れがあるため、IH対応と明記されていないものを購入するのはおすすめできません。

サイズで選ぶ

ステンレスフライパンは豊富なラインナップがあり、サイズも20cm前後のコンパクトなものから30cm以上の大きなものまであります。
ステンレスフライパンのサイズ目安は、家族人数によって調理のボリュームは変わります。一度の調理で家族みんなの分をまとめて調理して時短しましょう。
おおよその目安として、1~2人暮らしなら24cm、3人暮らしなら26cm、4人以上なら28cmが妥当です。オールステンレスのフライパンの場合重量があります。毎日使用するものなので、現在使用しているフライパンの重量も確認しておき、購入候補と比較して手首に負担にならないように注意しましょう。
また、多用するフライパンとは別にちょっとした料理を調理するときに20cm程の小型のフライパンも用意してあると軽量で使い勝手も良く大変重宝します。
あると地味に便利なものは厚焼き卵用のフライパンです。卵料理はもちろんですが、フライパンで収納を圧迫させないコンパクトさながら、フライパンの縁が高めでコンパクトなので、ちょっとした料理をするときにも使えて便利です。

ステンレスフライパンのおすすめランキング15選

おすすめのステンレスフライパンを紹介します。

【15位】Zwilling ツヴィリング バイタリティ フライパン

【15位】に紹介するおすすめのステンレスフライパンは、「Zwilling ツヴィリング バイタリティ フライパン」です。

重量1300g
サイズ26cm
素材18-10ステンレス
表面加工底面3層構造
IH対応対応
評価・レビュー
長持ち
(4.0)
洗いやすさ
(4.0)
軽さ
(3.0)
ポイント
  • 底面3層構造による高い蓄熱性・熱伝導性
  • 10年保証
  • IH、ガス火、オーブン対応

「Zwilling ツヴィリング バイタリティ フライパン」の特徴

底面3層構造による高い蓄熱性・熱伝導性があり、IH、ガス火、オーブンに対応しているため幅広い調理が可能となります。また、保証期間も10年と長いサポートがあり、長く使用することができます。

こんな人におすすめ
装飾を必要最小限に抑えているので、ステンレスの素材感のあるデザインが好みの方におすすめです。また食洗機にも対応しているので、片付けを時短したい方にもおすすめです。

【14位】キャプテンスタッグ キャンプ バーベキュー用 フライパン

【14位】に紹介するおすすめのステンレスフライパンは、「キャプテンスタッグ キャンプ バーベキュー用 フライパン」です。

重量380g
サイズ17cm
素材ステンレス鋼
表面加工3層鋼
IH対応非対応
評価・レビュー
耐久性
(4.0)
長持ち
(4.0)
軽さ
(3.5)
ポイント
  • 取っ手も取り外せてコンパクトに収納
  • 耐食性に優れた18-10ステンレスではさんだ3層鋼
  • バーベキュー用のステンレスフライパン

「キャプテンスタッグ キャンプ バーベキュー用 フライパン」の特徴

バーベキュー用のフライパンで、取っ手も取り外せてコンパクトに収納ができます。地面に落としたり、運搬時などにぶつけるといった少しくらいの衝撃にも耐える耐久性に加え、耐食性に優れた18-10ステンレスではさんだ3層鋼の加工でしっかり熱を食材に伝える伝導性を持っています。

こんな人におすすめ
キャンプ用ですが、家庭でもコンパクトに収納できるフライパンをお探しの方におすすめです。

【13位】マイヤー マキシム フライパン

【13位】に紹介するおすすめのステンレスフライパンは、「マイヤー マキシム フライパン」です。

重量976g
サイズ26cm
素材日本製ステンレス
表面加工ふっ素樹脂加工 底面三層構造
IH対応対応
評価・レビュー
使いやすさ
(4.0)
軽さ
(3.5)
洗いやすさ
(4.5)
ポイント
  • プロも愛用するスタイリッシュでシンプルなデザイン
  • 品質と耐久性に優れた日本製ステンレスを採用
  • ふっ素樹脂加工 底面三層構造

「マイヤー マキシム フライパン」の特徴

プロも愛用するスタイリッシュでシンプルなデザインと品質と耐久性に優れた日本製ステンレスを採用したフライパンです。ふっ素樹脂加工 底面三層構造をさいようしているため、熱ムラができにくくどこで焼いても同じ焼き目がついて美しく仕上がります。

こんな人におすすめ
フライパンの他にもシステム化されたマキシムシリーズがラインナップされているため、調理器を同一ブランドで統一されたい方におすすめです。

【12位】アイリスオーヤマ フライパン 鍋 セット12点

【12位】に紹介するおすすめのステンレスフライパンは、「アイリスオーヤマ フライパン 鍋 セット12点」です。

重量12点セット5.51kg
サイズフライパン26cm、フライパン20cm、炒めなべ26cm、なべ20cm、なべ16cm、シリコン縁ガラスふた26cm、シリコン縁ガラスふた20cm、シリコン縁ガラスふた16cm、PEシールふた、20cm、PEシールふた16cm
素材はり底:ステンレス鋼
表面加工ダイヤモンドコーティング
IH対応対応
評価・レビュー
洗いやすさ
(4.5)
耐久性
(4.0)
軽さ
(4.0)
ポイント
  • ダイヤモンドコートパンの軽量モデル
  • 冷蔵庫にそのまま保存OK
  • オーブン調理OK

「アイリスオーヤマ フライパン 鍋 セット12点」の特徴

ダイヤモンドコートパンの軽量モデルで、取っ手がワンタッチで取り外しできるため調理後冷蔵庫にそのまま保存することができます。また、オーブン調理にも対応しているため、1台でガス、IH、オーブンに対応する万能性があります。

こんな人におすすめ
セットでシステム化さえれているため、フライパン周りの調理器具を一式まとめて揃えたい方におすすめです。

【11位】homgeek フライパン 2点セット

【11位】に紹介するおすすめのステンレスフライパンは、「homgeek フライパン 2点セット」です。

フライパン homgeek ガス IH 対応 20cm/24cm 2点セット オール熱源対応 底3層加工 ステンレス アルミニウム 高熱伝導率 焦げ付かない 2年保証 ブラック
homgeek
重量0.57kg及び0.82kg
サイズ20cm及び24cm
素材ステンレス&アルミニウム
表面加工フッ素樹脂
IH対応対応
評価・レビュー
使いやすさ
(4.5)
軽さ
(4.0)
洗いやすさ
(4.5)
ポイント
  • オール熱源対応
  • 耐久性と耐熱性に優れた高品質のフッ素樹脂と鉄砂で加工
  • 持ち手と本体をリベットで固定し経年劣化によるガタつきなし

「homgeek フライパン 2点セット」の特徴

ガス、IH、シーズヒーター、ハロゲンヒーター、エンクロヒーター、ラジエンドヒーターのオール熱源に対応したフライパンです。フライパンの表面を耐久性と耐熱性に優れた高品質のフッ素樹脂と鉄砂で加工してあります。

こんな人におすすめ
全ての熱源に対応したフライパンをお探しの方におすすめです。

【10位】HITECLIFE フライパンセット

【10位】に紹介するおすすめのステンレスフライパンは、「HITECLIFE フライパンセット」です。

重量20cm:0.36kg 24cm:0.49kg 28cm:0.66kg
サイズ28cm 24cm 20cm
素材本体:アルミニウム合金、はり底:ステンレス鋼
表面加工米国Whitfordコーティング加工
IH対応対応
評価・レビュー
洗いやすさ
(4.5)
軽さ
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
ポイント
  • 取れる取っ手を外し、重ねてコンパクトに収納することでキッチンスペースを節約
  • 焦げ付かないWhitfordコーティング加工
  • 食洗機対応

「HITECLIFE フライパンセット」の特徴

取れる取っ手を外し、重ねてコンパクトに収納できるフライパンです。焦げ付かないWhitfordコーティング加工が施されていおり、調理後も食洗機に対応しているので、片付けもスマートに行うことができます。

こんな人におすすめ
調理器具の収納をコンパクトにした方におすすめです。また、調理後の片付けを食洗機を使用して時短されたい方にもおすすめです。

【9位】遠藤商事 インダクション ステンレスフライパン

【9位】に紹介するおすすめのステンレスフライパンは、「遠藤商事 インダクション ステンレスフライパン」です。

重量1.26 Kg
サイズ24cm
素材18-8ステンレス
表面加工サンドイッチ式三層底
IH対応対応
評価・レビュー
長持ち
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
軽さ
(3.0)
ポイント
  • サンドイッチ式三層底により、熱伝導率の高いアルミニウムを保温性の高いステンレスで挟み、ムラ無く均一に、効率よく加熱
  • 空洞ハンドル
  • 業務用

「遠藤商事 インダクション ステンレスフライパン」の特徴

業務用でも使用されるフライパンです。サンドイッチ式三層底により、熱伝導率の高いアルミニウムを保温性の高いステンレスで挟み、ムラ無く均一に、効率よく加熱します。ハンドル部分も握りやすく疲れにくいデザインのハンドルを採用した空洞形状をしています。

こんな人におすすめ
プロも愛用する業務用フライパンをお探しの方におすすめです。

【8位】KIPROSTAR 業務用ステンレスフライパン

【8位】に紹介するおすすめのステンレスフライパンは、「KIPROSTAR 業務用ステンレスフライパン」です。

重量650g
サイズ20cm
素材ステンレス鋼
表面加工ヘアライン加工
IH対応対応
評価・レビュー
耐久性
(4.0)
使いやすさ
(3.5)
軽さ
(3.0)
ポイント
  • 三層構造で熱伝導率の向上と、耐食性強化
  • IH対応で幅広い料理に対応
  • 表面にヘアライン加工を施す事により、油馴染みを良くして焦げ付きにくい

「KIPROSTAR 業務用ステンレスフライパン」の特徴

KIPROSTARは業務用のステンレスフライパンで、油馴染みを良くして焦げ付きにくいように表面にヘアライン加工を施してあります。熱効率に優れた三層鋼を採用しており、まんべんなく食材に火が通り調理時間を短縮します。

こんな人におすすめ
プロの現場でも使用される業務用フライパンの機能性とデザインに魅力を感じる方におすすめです。

【7位】ビタクラフト フライパン 25.5cm

【7位】に紹介するおすすめのステンレスフライパンは、「ビタクラフト フライパン 25.5cm」です。

重量1.6kg
サイズ25.5cm
素材ステンレス・アルミニウム
表面加工全面5層構造
IH対応対応
評価・レビュー
長持ち
(5.0)
耐久性
(4.0)
軽さ
(3.0)
ポイント
  • 全面多層構造により「高い熱吸収性」「熱伝導性」「保温性」などの優れた熱効率を発揮
  • 熱や水分を外に逃さないベイパーシール(水蒸気の膜)効果
  • 無水・無油調理可能

「ビタクラフト フライパン 25.5cm」の特徴

全面多層構造で耐久性に優れたフライパンです。全面多層構造により「熱吸収性」「熱伝導性」「保温性」などの優れた熱効率を発揮します。ベイパーシール(水蒸気の膜)効果により密閉性が高く、熱や水分を外に逃しません。

こんな人におすすめ
良いものを長く大事に使い続けたい方におすすめです。

【6位】アーネスト センターエッグ トリプルパン

【6位】に紹介するおすすめのステンレスフライパンは、「アーネスト センターエッグ トリプルパン」です。

重量800 g
サイズ24cm
素材ステンレス
表面加工テフロンコーティングに3ヶ所同時調理可能な仕切り付き
IH対応非対応
評価・レビュー
使いやすさ
(4.0)
軽さ
(3.5)
長持ち
(3.5)
ポイント
  • 3種類のおかずを同時に作れる
  • ガス火専用
  • 仕切りの中央は卵1個で卵焼きを作るのに最適

「アーネスト センターエッグ トリプルパン」の特徴

朝の時短に、3ヶ所同時調理可能な仕切り付きフライパンです。仕切りの中央は卵1個で卵焼きを作るのに最適です。ガス火専用ながら、一度に三種類の調理が可能なため、忙しい朝の食事やお弁当の準備に重宝します。

こんな人におすすめ
朝のお弁当作りの救世主。子育て世代にぜひおすすめです。

【5位】スキャンパン HaptIQ – フライパン

【5位】に紹介するおすすめのステンレスフライパンは、「スキャンパン HaptIQ – フライパン」です。

重量1.5kg
サイズ24cm
素材ステンレス及びアルミニウム合金
表面加工フッ素樹脂加工
IH対応対応
評価・レビュー
耐久性
(4.0)
使いやすさ
(3.5)
軽さ
(3.0)
ポイント
  • 「良い物を長く大切に使う」デンマークの文化に則った調理器具
  • 有害物質PFOAを不使用
  • 熱源を選ばない&お手入れが簡単

「スキャンパン HaptIQ – フライパン」の特徴

デンマーク製の高級フライパンです。熱源を選ばず、100%PFPA/PFOSフリーの次世代ノンスティック加工が施されているので、安心して調理できます。

こんな人におすすめ
高級なフライパンですが、良い物を長く大切に使いたい方におすすめです。

【4位】マイヤー スターシェフ2 エッグパン

【4位】に紹介するおすすめのステンレスフライパンは、「マイヤー スターシェフ2 エッグパン」です。

重量680g
サイズ13cm
素材ステンレス
表面加工フッ素樹脂加工
IH対応対応
評価・レビュー
使いやすさ
(4.5)
耐久性
(4.0)
軽さ
(3.0)
ポイント
  • こびりつきにくくお手入れ簡単
  • 底面三層構造で、全熱源に対応
  • 高級感と清潔感溢れるデザイン

「マイヤー スターシェフ2 エッグパン」の特徴

シンプルデザインのIH対応フライパンです。使いやすく、優れた熱伝導、内面はふっ素樹脂加工、機能性を追求したエッグパン。信頼のSGマーク取得製品。

こんな人におすすめ
だし巻き卵づくりを頻繁にされる方に加えて、フライパンに深みのあるものをお探しの方におすすめです。

【3位】ティファール フライパン 鍋 6点セット

【3位】に紹介するおすすめのステンレスフライパンは、「ティファール フライパン 鍋 6点セット」です。

重量フライパン22cm/0.71kg、26cm/0.98kg、ソースパン0.7kg
サイズフライパン22cm、26cm、ソースパン18cm
素材ステンレス18-0
表面加工チタンコーティング
IH対応対応
評価・レビュー
使いやすさ
(4.5)
耐久性
(4.5)
軽さ
(4.0)
ポイント
  • 重ねてすっきり収納&オーブン皿に早変わり
  • より見やすくなったお知らせマーク
  • チタンコーティングにより剥がれを強力に防止し、使い始めのこびりつきにくさが長続き

「ティファール フライパン 鍋 6点セット」の特徴

取手が取れて重ねてすっきり収納できるフライパンセットです。チタンコーティングにより剥がれを強力に防止し、使い始めのこびりつきにくさが長続きします。専用蓋を利用すれば、調理後そのまま保存容器として冷蔵庫に保管が可能です。

こんな人におすすめ
海外ブランドの調理器具で統一感を出したい方におすすめです。

【2位】宮崎製作所 ジオ ソテーパン

【2位】に紹介するおすすめのステンレスフライパンは、「宮崎製作所 ジオ ソテーパン」です。

重量1.49 Kg
サイズ21cm
素材ステンレス、アルミ
表面加工全面7層構造
IH対応対応
評価・レビュー
耐久性
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
軽さ
(2.5)
ポイント
  • 熱伝導性に優れたアルミニウムをステンレスでサンドイッチした全面7層構造
  • 本体と蓋が密着するウォーターシール効果で高い密閉性
  • 日本製の確かなモノ作り

「宮崎製作所 ジオ ソテーパン」の特徴

日本製のしっかり作り込まれたフライパンです。熱伝導性に優れたアルミニウムをステンレスでサンドイッチした全面7層構造を採用し、本体と蓋が密着するウォーターシール効果のあるモデルになります。

こんな人におすすめ
日本製のしっかり作り込まれたフライパンをお探しの方におすすめです。

【1位】フィスラー フライパン

【1位】に紹介するおすすめのステンレスフライパンは、「フィスラー フライパン」です。

重量610g
サイズ20cm
素材アルミニウム・ステンレス
表面加工フィスラー独自の3層フッ素コーティング
IH対応対応
評価・レビュー
耐久性
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
軽さ
(3.5)
ポイント
  • 人体や環境に有害とされるPFOA/PFOS一切不使用
  • 深型でフチが広がっているので、素材が返しやすく、炒め物やオムレツ作りに最適
  • ガスレンジ・電磁調理器・ハロゲンヒーター・IHの幅広い熱源に対応

「フィスラー フライパン」の特徴

フィスラーの製品を初めて使っていただく方にもおすすめの蓋とフライパンのセットです。ガスレンジ・電磁調理器・ハロゲンヒーター・IHの幅広い熱源に対応し、深型でフチが広がっているので、素材が返しやすく、炒め物やオムレツ作りに最適です。

こんな人におすすめ
洗練されたデザインと伝統あるドイツメーカーの長く愛用できるステンレスフライパンを探している方におすすめです。

ステンレスフライパンの重要ポイントまとめ

この記事で重要なポイントは以下の3つです。

  • ステンレスフライパンは鉄とアルミのいいところどり
  • 余熱調理などステンレスフライパンならではの良さもある
  • 毎日使う人は軽いものを選ぶ
キッチン用品おすすめ 【最新版】フライパンのおすすめランキング10選。メーカー&選び方も解説 食卓にフライパンのまま出された料理 【2021年版】取っ手が取れるフライパンの人気おすすめランキング15選。メーカーや選び方も解説 フライパンに盛り付け セラミックフライパンおすすめ10選!安全性や選び方も解説