セラミックフライパンおすすめランキング12選!安全性や寿命も解説

セラミックフライパンに入ったトマト料理とパスタやトマトなどの食材

セラミックフライパンは、テフロン・マーブル・ダイヤモンドなどのさまざまなコーティングの中でも、くっつきにくく安全性が高いフライパンです。今回は人気のセラミックフライパンの選びかたやおすすめのセラミックフライパンをランキング形式でご紹介します。

おすすめのセラミックフライパンでは、無印良品・アイリスオーヤマ・京セラ・ティファールなどの人気メーカーの中から、口コミで人気の製品や取っ手が取れるセラミックフライパンを厳選しました。ぜひ、最後まで読んで下さい。

ステンレスフライパン ステンレスフライパンのおすすめランキング15選|失敗しない選び方も カラフルな鍋 一人暮らしにも!自動調理機器のおすすめ人気ランキング10選 おしゃれなホットプレートおすすめ おしゃれなホットプレートのおすすめ11選

セラミックフライパンとは

ツルンとフライパンから滑り落ちる薄焼き卵
セラミックフライパンとは、陶磁器に使われる素材で表面をコーティングしたフライパンのこと。フライパンそのものがセラミック製なわけではありません。下地となる金属はほとんどがアルミニウム(またはアルミ合金)製です。

アルミの長所は安く、軽く、熱伝導率が高いこと。短所は耐久性が低いことです。一方でセラミックの長所は熱に強く、頑丈なこと。短所は重く、コストが高くなりやすいことです。

双方の素材の持つ短所を補完しあい、使いやすく長持ちし、コスパに優れた製品を作るというのが、セラミックコーティングのコンセプトです。

セラミック以外のフライパンのコーティングの種類

セラミックフライパンで料理をしている様子
セラミック以外のフライパンのコーティングの主な4つの種類を解説します。

  • テフロン・フッ素樹脂加工
  • マーブルコート
  • ダイヤモンドコート加工
  • チタンコート

テフロン・フッ素樹脂加工

テフロン・フッ素樹脂加工は、セラミック加工と比較して耐久性が低く、急激な温度変化の繰り返しに弱いのがデメリットです。

また、テフロン・フッ素樹脂加工は260℃以上の高温調理には向きません。高温で発生する有害物質が国際的に問題視されており、環境汚染のほかに吐き気・頭痛・めまい・呼吸困難などの健康被害や危険性が確認されています。フッ素コートの寿命は1〜2年です。

マーブルコート

マーブルコートとは、フッ素樹脂にマーブル(大理石)の粒子を混ぜたコーティング素材です。フッ素樹脂加工のデメリットである、耐久性の低さをマーブルで補っています。

一方、耐熱性に優れているセラミックフライパンは、マーブルコートとは違い熱による劣化の度合いが深刻ではありません。コーティングの層や厚さによって変わりますが、マーブルコートの寿命は1〜3年です。

ダイヤモンドコート加工

ダイヤモンドコートとは、フッ素樹脂に人工(合成)ダイヤモンドの粒子を混ぜたコーティング素材です。耐熱温度は一般的なフッ素コートよりも向上しています。しかし、300℃以上の高温に弱く、耐熱温度が400℃以上のセラミックと比較すると見劣りするのがデメリットです。

ダイヤモンドコートは、高温になると急激に耐久性が低下し、料理中や洗っている最中にコーティングが剥がれやすくなります。マーブルコートと同じくコーティングの条件によって変わりますが、ダイヤモンドコートの寿命は、2~3年です。

チタンコート

チタンコートは、加熱性に優れている一方で熱伝導性が劣る素材です。火が当たる外側の底部は素早く加熱しますが、火が直接触れない内側は温度差が生じます。しかし、火が当たる中心部は素早く加熱されるため、炒め物の料理に適しています。

調理の方法によって向き不向きはありますが、注目されている素材です。ただし、セラミックフライパンと比較した場合は、熱の伝わり方にやや癖のある素材です。

セラミックフライパンの寿命は?平均約2年!

セラミックフライパンに油を注ぐ様子
セラミックコーティングの寿命は、約2年と言われています。フッ素加工・マーブル加工・ダイヤモンド加工などの寿命も、平均すると約2年ほどなので比較的変わりはありません。

フライパンを選ぶ際に、コーティングの寿命にこだわる理由は無いと言えます。フライパンとしての寿命に変わりが無いため、使いやすさや安全性を重視するのがおすすめです。

セラミックフライパンの安全性、危険性について

セラミックフライパンの大きなアドバンテージが「安全性」でしょう。フッ素はプラスチックの一種であり、耐熱温度を超えて熱分解を起こした際に有害なガスが発生すると報告されています。また、フッ素加工の補助剤として使用されるPFOAにも危険性が指摘されています。

一方でセラミック化合物が有害物質を含んだ危険性の報告は(少なくともフライパンにおいては)ありません。また、耐熱性もセラミックの方が優れており、熱分解自体を起こしにくくなっています。

フッ素(テフロン)加工のフライパンを使用する際は、極力250℃以上過熱しない、PFOAを未使用の製品から選ぶなどの注意が必要です。

セラミックフライパンの特徴

セラミックフライパンの特徴は、以下の3つです。

  • 温度変化に強い
  • 耐食性が高い
  • 遠赤外線効果

温度変化に強い

セラミックフライパンの耐熱温度は400℃超、対してフッ素コートのフライパンは250℃前後とかなり違いがあります。また、耐熱性だけでなく急激な温度変化への耐久性もセラミックの方が上です。

熱に強いということは、コーティングがはがれにくいということ。セラミック本来の頑丈さも相まって、揚げ物などの高温調理にも対応しやすく、さらにお手入れしやすいことが特徴です。

耐食性が高い

耐食性が高いとは、酸に強い=錆びにくいということです。コーティングをほどこしていない金属は、金など一部を除き酸化に弱いという欠点があります。食べ物にも酸が含まれているので繰り返し使ったり調理後に入れっぱなしにしておくと耐久性にかなりの差が出るでしょう。

セラミックは耐食性が非常に高いことが特徴なので、長く使うという点で強みがあります。

遠赤外線効果

遠赤外線は吸収性がよく、熱を効率よく伝える特徴があります。セラミックは他の物質に比べて特に遠赤外線の放出量が多いことが特徴です。これによって食材を効率よく、しかも安定して熱することができ、ムラなく焼き上げることができます。

アルミの「温度が上がりやすいがムラが出やすい」という特徴ととても相性のよい素材です。

セラミックフライパンのおすすめメーカー一覧

セラミックフライパンのおすすめメーカー5つと特徴や評価を解説します。

  • 京セラ/li>
  • パール金属
  • 無印良品
  • ティファール
  • アイリスオーヤマ

京セラ

発売以来100万本以上の販売実績を誇るセラブリッドシリーズを送り出した、セラミックフライパンの人気の火付け役である国内大手メーカー、京セラ。それまで高級品と使い捨ての2極化が進んでいた業界に新たなニーズを吹き込みました。

セラミック製品らしく、頑丈なことが魅力。焦げ付きにくさという点ではフッ素コートに譲りますが、適切に使えば長持ちする信頼性が最大の特徴です。

パール金属

キッチン用品・アウトドア用品で高い実績を誇る国内大手メーカー、パール金属。職人気質に溢れた老舗らしく、重厚で無骨、頑丈で堅牢な製品が多いのが特徴です。また、セラミック製ながら焦げ付きにくさにも配慮した構造も特徴的。

外観のイメージも相まって「男の料理」を振舞いたい方は要チェックのメーカーです。

無印良品

無印良品のフライパンは、蓄熱性が高く、熱を均等に食材へ使えます。焼く・炒めるなどのさまざまな調理の中で、焼きムラが無い均一な仕上がりになるのがポイントです。

油慣らしは必要ですが、ていねいな手入れを行うと長く愛用できます。安い価格機能性の良いセラミックフライパンを選びたい人は、ぜひチェックしてみてください。

ティファール

ティファールのフライパンや鍋などの調理器具は、最適な温度がわかる「お知らせマーク」が付いています予熱の最適な温度がひと目でわかるため、素材のおいしさを引き出すタイミングを逃しません。

ほかに、コーティングや熱伝導などの最先端技術を惜しみなく注ぎ込み、調理のサポートをします。おしゃれなデザインと性能重視の人は、ティファールをチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマは、「快適生活」をキーワードに、さまざまな調理器具や家具を商品展開しています。安い価格で機能性が高い商品を選べるのがポイントです。

豊富なラインナップの中でも、特に取っ手が取れるセラミックカラーパンが人気を集めています。収納性が良いほかに、おしゃれでかわいく、取っ手を取り外すと調理直後にそのまま食卓へ出せるので便利です。

取っ手が取れるフライパンを選びたい人は、ぜひチェックしてみてください。

セラミックフライパンの選び方

セラミックフライパンの選び方を以下の4つのポイントから解説します。

  • サイズで選ぶ
  • 厚みや重さも考慮する
  • コーティングにこだわる
  • IH対応・デザインもチェック

サイズで選ぶ

フライパンの理想的な役割とは、料理がおいしく仕上がり、かつ食材がくっつくことなく後片付けが手軽なこと。どちらの面からも火力調整がキーになり、そのために重要なのがサイズです。特に小型のフライパンに大量の食材を投入すると温度が一時的に下がり、焼きムラができやすくなります。

最も汎用性が高いのは24cm~26cmのもの。3人~4人前を一度に作るなら28~30cmのサイズを選ぶとよいでしょう。

厚みや重さも考慮する

火力調整の面では厚みや重さにもこだわりたいところ。薄く軽いフライパンは取り回しに優れますが、熱が逃げやすく火力が安定しない欠点もあります。

少量をサッと仕上げたい場合は薄く軽いセラミックフライパン、大量の食材にじっくり火を通したい場合は厚手のセラミックフライパンがおすすめです。

深さも重要

お料理の種類によってフライパンの形状もチェックしておきましょう。フチの浅いタイプは火の通りがよいので炒め物や焼き物に向いていて、深いタイプはじっくり火を通しやすく煮物などにも対応できます。中華なべタイプは万能な使い方ができますが、重くなりやすい欠点もあります。

複数持ちもおすすめですが、どれか一つであればやや深め(5~8cm程度)の中華なべがおすすめです。

IH対応・デザインもチェック

IHコンロは磁力を利用して加熱しているので、磁力に反応する金属が底面に使用されていなければ熱を通すことができないので注意してください。反対に、IH対応のフライパンをガスで使用することは可能です。

また、他の材質にはないカラフルな製品が多いこともセラミックフライパンならではの特徴。毎日使うものなので、デザインにもぜひこだわってみてください。

セラミックフライパンのおすすめランキング12選

おすすめのセラミックフライパンを紹介します。

【12位】無印良品 セラミックコート深型フライパン

最初に紹介するおすすめのセラミックフライパンは、「無印良品 セラミックコート深型フライパン」です。

直径/深さ24/-cm
重さ
本体素材本体:アルミニウム合金・はり底:ステンレス
構造
対応熱源電磁調理器 (IH)・ガスコンロ・ラジエントヒーター・シーズヒーター
評価・レビュー
使いやすさ
(4.0)
軽さ
(3.0)
収納性
(4.0)
ポイント
  • アルミニウムの軽量な本体で、フライパンを振っても手が疲れません。
  • 取っ手のブナ材は、経年変化で使うほどに美しさを増します。
  • 十分な深さがあるので、オールマイティな調理が可能です。

「無印良品 セラミックコート深型フライパン」の特徴

十分な深さがあるフライパンは、焼き物・炒めもの・煮物・揚げ物など、オールマイティに使えるのが魅力です。取っ手のブナ材は、使うほどに魅力を増します。

こんな人におすすめ
オールマイティな調理が可能なフライパンは、一人暮らしの調理や予備の調理器具におすすめです。

【11位】ティファール フレッシュリサイクル セラミック ノンスティック 2ピース

次に紹介するおすすめのセラミックフライパンは、「ティファール フレッシュリサイクル セラミック ノンスティック 2ピース」です。

直径/深さ大:26・小:22/-cm
重さ
本体素材アルミニウム
構造
対応熱源
評価・レビュー
使いやすさ
(4.5)
軽さ
(3.0)
収納性
(4.0)
ポイント
  • 食洗機で洗えるので、お手入れがかんたんです。
  • オーブン対応なので、調理の幅が広がります。
  • フライパン中央の赤いアイコンで、最適な予熱を確認できます。

「ティファール フレッシュリサイクル セラミック ノンスティック 2ピース」の特徴

ホットスポットが無いので、熱を均一に素材へ伝えます。約100℃までオーブンに対応するので、調理の幅が広がるのも魅力です。食洗機対応で、お手入れの手間が省けます。

こんな人におすすめ
大小2個セットのフライパンは、料理によって使い分けたい人におすすめです。

【10位】グリーンパン 速水もこみち by GreenPan

次に紹介するおすすめのセラミックフライパンは、「グリーンパン 速水もこみち by GreenPan」です。

直径/深さ20/-cm
重さ530g
本体素材セラミック
構造
対応熱源マグニートIH・ガスコンロ
評価・レビュー
使いやすさ
(4.5)
軽さ
(4.0)
収納性
(4.0)
ポイント
  • グリーンパンとタレントの速水もこみちが開発したセラミックフライパンです。
  • 熱変形に強く熱伝導率にすぐれています。
  • 有害物質をいっさい使用していません。

「グリーンパン 速水もこみち by GreenPan」の特徴

高温でも変形しにくい素材とコーティングで、熱伝導率にすぐれています。原材料はすべて天然素材で、有害物質をいっさい含みません。

こんな人におすすめ
深さがあって底が平らなフライパンは、煮物や揚げ物料理が多い人におすすめです。

【9位】グリーンパン ウッドビー CC001009-001

次に紹介するおすすめのセラミックフライパンは、「グリーンパン ウッドビー CC001009-001」です。

直径/深さ20/4.3cm
重さ590g
本体素材アルミニウム合金
構造
対応熱源IH・ガス
評価・レビュー
使いやすさ
(4.5)
軽さ
(5.0)
収納性
(4.0)
ポイント
  • 料理に雑味が出ない、サーモロン・セラミック・コーティングを採用しています。
  • 独自のマグニート加工により、IHとガスの両方に対応します。
  • 熱くなりにくく、軽量な樹脂製ハンドルで手の負担を軽減します。

「グリーンパン ウッドビー CC001009-001」の特徴

アイボリーの本体に映える、木目調のハンドルが美しいフライパンです。有害物質を使用していないので、加熱をしすぎても毒性のあるガスを一切出しません。

こんな人におすすめ
デザイン性・機能性・安全性を兼ね備えたセラミックフライパンをお探しの人におすすめです。

【8位】京セラ セラフォート CFF-G26A-BBR

次に紹介するおすすめのセラミックフライパンは、「京セラ セラフォート CFF-G26A-BBR」です。

直径/深さ26/-cm
重さ595g
本体素材アルミニウム合金
構造セラミックとダイヤモンドの三層構造
対応熱源ガス専用
評価・レビュー
使いやすさ
(4.5)
軽さ
(4.5)
収納性
(4.0)
ポイント
  • セラミック・ダイヤモンド・フッ素の三層構造を採用しています。
  • 遠赤効果により、弱火で調理をしても魚や野菜のドリップが出にくい素材です。
  • セラミックとダイヤモンドのダブル効果で、野菜炒めがしゃきっと仕上がります。

「京セラ セラフォート CFF-G26A-BBR」の特徴

セラミックとダイヤモンドの三層構造により、熱伝導率の良さと焦げ付きにくさを兼ね備えています。調理中・盛りつけ時・片付けの負担を軽減するフライパンです。

こんな人におすすめ
料理の仕上がりとお手入れのしやすさを重視する人におすすめです。

【7位】京セラ セラブリッド CF-G28FB-WPK

次に紹介するおすすめのセラミックフライパンは、「京セラ セラブリッド CF-G28FB-WPK」です。

直径/深さ28/8.1cm
重さ1050g
本体素材アルミニウム合金
構造
対応熱源ガスコンロ・ラジエントヒーター・ハロゲンヒーター・シーズヒーター・エンクロヒーター
評価・レビュー
使いやすさ
(4.0)
軽さ
(3.0)
収納性
(4.0)
ポイント
  • 熱まわりの良さで省エネ調理ができます。
  • 撥水性が良いため、汚れが付きにくくきれいに洗い流せます。
  • 深型フライパンなので、揚げ物や煮物調理もできます。

「京セラ セラブリッド CF-G28FB-WPK」の特徴

深型のフライパンは、炒める・揚げる・煮る・焼くなどの、さまざまな調理に対応できるのがメリットです。撥水性が良いので汚れを洗い流しやすく、お手入れがかんたんです。

こんな人におすすめ
ひとつでさまざまな調理ができる深型フライパンは、ワンルームのキッチンにおすすめです。

【6位】グリーンシェフ ビンテージ ホワイト CC002727-001

次に紹介するおすすめのセラミックフライパンは、「グリーンシェフ ビンテージ ホワイト CC002727-001」です。

直径/深さ20/8.7cm
重さ590g
本体素材アルミニウム合金
構造
対応熱源IH・ガス
評価・レビュー
使いやすさ
(4.0)
軽さ
(4.0)
収納性
(4.0)
ポイント
  • 食洗機対応なので、お手入れをサッと済ませられます。
  • 180℃以下の温度で、オーブンを使用できます。
  • セラミックにダイヤモンド粒子をプラスしたコーティングで、ノンスティック性能が向上しています。

「グリーンシェフ ビンテージ ホワイト CC002727-001」の特徴

食洗機に対応しているので、ほかの洗い物と一緒にお手入れができます。180℃以下の温度ならオーブンも使用できるので、料理のレパートリーが豊富な方は、ぜひチェックしてみてください。

こんな人におすすめ
食洗機対応のフライパンを選びたい人におすすめです。

【5位】ティファール C92107

次に紹介するおすすめのセラミックフライパンは、「ティファール C92107」です。

直径/深さ30/-cm
重さ907g
本体素材
構造
対応熱源
評価・レビュー
使いやすさ
(3.5)
軽さ
(3.0)
収納性
(4.0)
ポイント
  • 食洗機対応なので、お手入れがかんたんです。
  • 180℃までのオーブンで調理ができます。
  • 均一な熱分布で確実な調理結果が出ます。

「ティファール C92107」の特徴

食洗機と180℃までのオーブンに対応しているので、さまざまな調理と行き届いたお手入れができます。イーブンヒートベースの均一な熱分布で、素材に熱をムラなく届けます。

こんな人におすすめ
イーブンヒートベースは、焦げ付きやすい素材や調理におすすめです。

【4位】D&S アルミフォージドフライパン DSFF24-WHRE

次に紹介するおすすめのセラミックフライパンは、「D&S アルミフォージドフライパン DSFF24-WHRE」です。

直径/深さ24/6.9cm
重さ880g
本体素材アルミニウム合金
構造2層セラミックコーティング
対応熱源電磁調理器(IH)100V~200V・ガスコンロ・電気プレートコイル・セラミックヒーター・ハロゲンヒーター
評価・レビュー
使いやすさ
(4.0)
軽さ
(4.0)
収納性
(4.0)
ポイント
  • ダブルレイヤー(2層)セラミックコーティングにより、400℃の耐熱温度を持っています。
  • 厚底・厚縁で変形しにくいプロ仕様のセラミックフライパンです。
  • 匂い移りがしにくいので、どんな食材や調味料も使用できます。

「D&S アルミフォージドフライパン DSFF24-WHRE」の特徴

ダブルレイヤーセラミックコーティングにより、高温調理ができます。匂い移りがしにくいため、ワンランク上の料理に仕上がります。

こんな人におすすめ
高温調理が可能なので、炒めものや揚げ物におすすめです。

【3位】グリーンパン エッグパン メイフラワー CC001901-001

次に紹介するおすすめのセラミックフライパンは、「グリーンパン エッグパン メイフラワー CC001901-001」です。

直径/深さ幅14.5・長さ35.7・高さ7.5cm
重さ490g
本体素材アルミニウム合金
構造
対応熱源IH(200V IH対応)・ガス・ラジエントヒーター・ハロゲンヒーター
評価・レビュー
使いやすさ
(4.0)
軽さ
(5.0)
収納性
(4.0)
ポイント
  • 外側にもセラミックコーティングを施しているので、汚れ落としがらくです。
  • 充分な厚みがある底部が、熱を素早く均一に伝えます。
  • ステンレスの板を貼り付けているため、ゆがみにくい仕様です。

「グリーンパン エッグパン メイフラワー CC001901-001」の特徴

素材がくっつく心配をせずにきれいな卵焼きが作れるエッグパンは、キッチンにひとつは持っていたい調理器具です。フレンチトーストやお弁当のおかず作りにも重宝します。

こんな人におすすめ
卵焼き・フレンチトースト・お弁当のおかず作りにおすすめです。

【2位】グリーンパン メイフラワー CC001899-001

次に紹介するおすすめのセラミックフライパンは、「グリーンパン メイフラワー CC001899-001」です。

直径/深さ28/-cm
重さ1009g
本体素材アルミニウム
構造
対応熱源IH・ガス
評価・レビュー
使いやすさ
(4.0)
軽さ
(3.0)
収納性
(4.0)
ポイント
  • クラシカルなデザインがおしゃれです。
  • セラミックコーティングを世界で初めて発売したグリーンパンのフライパンは、クリスピーな焼き上がりを達成します。
  • 熱伝導率が高く、IHでもガスコンロでも均一に熱を伝えます。

「グリーンパン メイフラワー CC001899-001」の特徴

サーモロン・セラミック・コーティングを施したフライパンは、従来のフライパンよりも効率的に熱を伝導するのが特徴です。ヘルシーでクリスピー(パリパリした)な料理に仕上がります。

こんな人におすすめ
ヘルシー調理や焼き上がりのパリパリ感を重視する人におすすめです。

【1位】アイリスオーヤマ セラミックカラーパン 6点セット CC-SE6N

次に紹介するおすすめのセラミックフライパンは、「アイリスオーヤマ セラミックカラーパン 6点セット CC-SE6N」です。

直径/深さ大:26cm・小20cm/-cm
重さ
本体素材
構造
対応熱源IH・ガス
評価・レビュー
使いやすさ
(4.0)
軽さ
(3.5)
収納性
(5.0)
ポイント
  • 取っ手が取れるので、収納性が抜群です。
  • 取っ手が取れるので洗いやすいと、口コミでも人気です。
  • 餃子もくっつく心配をせずに、おいしく焼き上がります。

「アイリスオーヤマ セラミックカラーパン 6点セット CC-SE6N」の特徴

取っ手が取れるフライパン大・小と鍋は、ひとつに重ねられるので収納性が抜群です。取っ手が取れるので、作りおきの料理をそのまま冷蔵庫で保存できます。

こんな人におすすめ
取っ手が取れる6点セットは、ワンルームのキッチン・これから一人暮らしを始める人におすすめです。
Amazon.co.jp おすすめ商品

セラミックフライパンの重要ポイントまとめ

セラミックフライパンの重要なポイントは以下の3つです。

  • セラミックフライパンの寿命は、約2年です。
  • セラミックフライパンは、中火以下で使うと焦げ癖がつきにくく長持ちします。
  • セラミックフライパンは、加熱をしても有害物質を発しないため安全に使えます。
ステンレスフライパン ステンレスフライパンのおすすめランキング15選|失敗しない選び方も カラフルな鍋 一人暮らしにも!自動調理機器のおすすめ人気ランキング10選 おしゃれなホットプレートおすすめ おしゃれなホットプレートのおすすめ11選
Amazon プライム対象