藤次郎の包丁おすすめ8選!特徴・評判・シリーズも徹底解説、お手入れの方法

野菜を切る

藤次郎は世界中のプロたちから評価されているブランド包丁です。そこで、「折り紙がスパっと切れるほどの切れ味」「冷凍ナイフとしても使える」「ダマスカスが美しい」「プロ仕様」など評判の高いおすすめの包丁を、三徳・牛刀・ペティナイフなど幅広く紹介します。
包丁おすすめ 安くてよく切れる!人気の包丁おすすめ10選 レザークラフト用品おすすめ 革包丁のおすすめ人気10選 料理するカップル セラミック包丁のおすすめ15選|京セラ、ニトリなど人気メーカー、研ぎ方まで

藤次郎とは

藤次郎は包丁メーカーの藤寅工業が展開している、世界中のプロ料理人に愛用される包丁ブランドのひとつです。海外では「TOJIRO」というブランド名で通っており、複合素材の包丁ジャンルでは世界1位のシェアを持っています。「プロの切れ味をご家庭で」のコンセプトのもと、家庭用向けの優れた包丁も数多く販売しています。

藤次郎包丁の特徴

藤次郎包丁の特徴は、以下の2つです。

  • ユーザーの評価が非常に高い
  • 家庭向けとプロ向けラインナップがある

ユーザーの評価が非常に高い

藤次郎の包丁は切れ味が良く、研ぎ直しまでの期間が長いうえ、それほど値段が高くありません。家庭用としても購入出来る包丁として、料理上級者たちからの評価が非常に高いのが特徴です。プロ料理人のニーズを満たしつつ、家庭用としても絶賛される包丁です。

使いやすく癖がないところも特徴で、家庭料理研究家たちからも「藤次郎の包丁を購入しておくと間違いない」といわれることが多いブランドです。

家庭向けとプロ向けラインナップがある

藤次郎の包丁は大きく2つに分けると、一般の人向けにも販売されているものと、「プロ」と名が付けられた業務用・プロフェッショナル仕様のラインナップがあります。

包丁によって仕様は異なりますが、材質や切れ味、オールステンレスの手入れのしやすさ・耐久性など、総合的に「プロ」の品質がワンランク上です。刃渡りや形状など似たタイプの包丁がプロと家庭用の2通りでラインナップしているので、予算に合わせてどちらかを選びましょう。

藤次郎包丁シリーズの種類

包丁

藤次郎包丁シリーズの主な3つの種類を解説します。

  • TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込シリーズ
  • TOJIRO PRO ニッケルダマスカス鋼鍛造シリーズ
  • 藤次郎 ORIGAMI モノコック包丁シリーズ

TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込シリーズ

藤次郎の包丁の中では最もスタンダードなモデル。プロ仕様ながら、人気商品の多くは10,000円以下で家庭用包丁とサイズ感も同じです。
持ち手はステンレス製でもトルネード型なのでグリップ力があり、熱湯消毒もできるため毎日のお手入れも簡単。
使い慣れた家庭用包丁よりも、切れ味やデザインで1ランク上の包丁をお求めの方に最適なシリーズだと言えるでしょう。

TOJIRO PRO ニッケルダマスカス鋼鍛造シリーズ

藤次郎の中では、20,000円台から50,000円台と最も高価なハイエンド・シリーズ。
最たる特徴はブレード部分のダマスカス波紋であり、欧州の王家由来というその模様の美しさと共に一本一本がこの世に2つとないオリジナルな絵柄になっているのが強み。
また値段相応の藤次郎トップクラスの切れ味を誇り、ハンドル部分もステンレス製なので衛生的。
シリーズの中心はペティナイフや牛刀であることからも、プロの料理人に向けられたシリーズだと言えるでしょう。

藤次郎 ORIGAMI モノコック包丁シリーズ

「ORIGAMI」として知られるオールステンレス包丁は、藤次郎の包丁のアイデンティティとも言えるでしょう。
まさに折り紙のようにステンレスを巧みに曲げることでブレードとハンドルを一体化させ、実用性とデザイン性の両方を実現しています。
ただし、ステンレス包丁には切れ味の持続性のなさや刃が曲がりやすいといったデメリットも。
しかし「ORIGAMI」ではブレードにさまざまな複合材を加えることでそのデメリットを克服しています。
特にキッチンのインテリアにこだわる人にはおすすめのシリーズです。

藤次郎包丁のお手入れ方法

料理するカップル

STEP.1
使用後はできるだけ早く水洗い
業界最高級として名高い藤次郎の包丁も日々のお手入れを怠れば三流包丁になりかねません。特に大切なのは調理中のこまめな水洗いです。特に三徳包丁は野菜・肉・果物と種類が変わるごとにサっと水洗いするだけで、より長持ちさせられます。
STEP.2
最後の洗浄はスポンジと中性洗剤で
調理後は普通の台所用洗剤を使いスポンジでブレード部分の汚れを洗い落とします。柑橘類などのすっぱい食材は錆びの要因となる酸をふくんでいるため要注意。切った後すぐ水洗いし、最後の洗浄でも念入りに洗う必要があります。
STEP.2
風通しの良い場所で自然乾燥
洗浄した後は、包丁置きの中に入れて自然乾燥させるのが一番です。涼しい季節ならキッチンの窓を開けるのがベスト。食器乾燥機は熱を使うため多くの場合、劣化を早めます。長期間使用しない包丁は新聞紙などにくるんで湿気のない場所に保管しておきましょう。
完了!

藤次郎包丁のおすすめ人気8選

おすすめの藤次郎包丁を紹介します。

藤次郎 三徳 ホワイト F-132W

最初に紹介するおすすめの藤次郎包丁は、「藤次郎 三徳 ホワイト F-132W」です。

重さ 125g
サイズ/刃渡り 30.5㎝/17㎝
タイプ 三徳
ブレード(刃)の素材 モリブデンバナジウム鋼
ハンドル(持ち手)の素材 エラストマー樹脂(ノバロン銀系無機抗菌剤配合)
評価・レビュー
切れ味
(4.0)
用途の多さ
(5.0)
デザイン性
(5.0)
ポイント
  • 世界の本格派ブランド・藤次郎の包丁には珍しく、持ち手が15色のカラー(白・黒・赤・青・黄など)から選べる
  • 手術用のメスの素材と同じモリブデンバナジウム鋼のブレードで切れ味も抜群
  • 全長30㎝・刃渡り17㎝と家庭用包丁の標準サイズで使いやすく、利き手を選ばない便利な両刃設計

「藤次郎 三徳 ホワイト F-132W」の特徴

ハンドルが15色のカラーに彩られたポップなデザインと現在3,000円台の価格の安さが大きな特徴です。
Amazonの口コミでは切れ味の良さや他用途性、ハンドルの握りやすさなども評価され、藤次郎の三徳シリーズとしての実力も兼ね備えているようです。

こんな人におすすめ
藤次郎 三徳 ホワイト F-132Wは、おしゃれで切れ味も鋭いコスパに優れた包丁をお探しの方におすすめです。

藤次郎 三徳 ORIGAMI ステンレスモノコック構造包丁 F-771

次に紹介するおすすめの藤次郎包丁は、「藤次郎 三徳 ORIGAMI ステンレスモノコック構造包丁 F-771」です。

重さ 175g
サイズ/刃渡り 30㎝/16.5㎝
タイプ 三徳
ブレード(刃)の素材 高炭素ステンレス鋼,・ステンレス鋼
ハンドル(持ち手)の素材 ブレードと同じ一体型構造
評価・レビュー
切れ味
(4.0)
用途の多さ
(5.0)
デザイン性
(5.0)
ポイント
  • ステンレスを折り紙のように曲げて作られた藤次郎の人気シリーズ『ORIGAMI』の一品
  • 包丁として最高クラスの素材・ステンレス鋼の一体型包丁で、錆びにくく長持ちする
  • 野菜・肉・果物と、どんなものにも最高の切れ味を見せる万能包丁

「藤次郎 三徳 ORIGAMI ステンレスモノコック構造包丁 F-771」の特徴

「ORIGAMI」シリーズらしくブレードとハンドルがステンレス鋼で一体型になったシンプルで美しい外観が何よりも目を引きます。
すべてステンレスなので、錆びにくく手入れが楽で刃もかけにくいといった利点を実感できるはずです。

こんな人におすすめ
藤次郎 三徳 ORIGAMI ステンレスモノコック構造包丁 F-771は、5,000円を超えるモデルの中、デザイン・切れ味・耐久性すべてが普段使いのものより1ランク上の三徳包丁が欲しいという方におすすめです。

藤次郎 PRO DPコバルト合金鋼割込 オールステンレス包丁2本セット FT-150A

次に紹介するおすすめの藤次郎包丁は、「藤次郎 PRO DPコバルト合金鋼割込 オールステンレス包丁2本セット FT-150A」です。

重さ 三徳:150g・ペティナイフ:70g
サイズ/刃渡り 三徳:29㎝・ペティナイフ:25.5㎝/三徳:17㎝・ペティナイフ:12㎝
タイプ 三徳とペティナイフの二本セット商品
ブレード(刃)の素材 ステンレス鋼
ハンドル(持ち手)の素材 ブレードと一体型包丁
評価・レビュー
切れ味
(5.0)
用途の多さ
(5.0)
デザイン性
(4.0)
ポイント
  • オールステンレス素材に加えコバルト合金鋼割込なので、プロの料理人も満足する切れ味と手入れのしやすさを実現
  • ORIGAMIシリーズとは違い、ステンレス製の持ち手が独自のトルネード模様でグリップ力がある
  • 2本セット商品なのでプレゼントにも見栄えする化粧箱入れもついてくる

「藤次郎 PRO DPコバルト合金鋼割込 オールステンレス包丁2本セット FT-150A」の特徴

ORIGAMIシリーズのようにオールステンレス包丁ながら、握りにくさや切れ味の耐久性といったステンレスの弱点を補う要素があります。
プロ仕様の本格派包丁ながら家庭用の三徳包丁にもなる使い勝手の良さもうれしいところ。

こんな人におすすめ

藤次郎 PRO DPコバルト合金鋼割込 オールステンレス包丁2本セット FT-150Aは、本格派のプロ業務用の包丁セットを料理人などにプレゼントとして送りたい方におすすめです。

藤次郎 ペティナイフ DPコバルト合金鋼割込 口金付 F-801

次に紹介するおすすめの藤次郎包丁は、「藤次郎 ペティナイフ DPコバルト合金鋼割込 口金付 F-801」です。

重さ 40.82g
サイズ/刃渡り 23㎝/12㎝
タイプ ペティナイフ
ブレード(刃)の素材 コバルト合金刃物鋼
ハンドル(持ち手)の素材 積層強化材
評価・レビュー
切れ味
(5.0)
用途の多さ
(4.0)
デザイン性
(4.0)
ポイント
  • 刃物職人による手作業と独自のクラッド技術DP法などで、最高クラスの切れ味を実現
  • アウトドアナイフに使用される積層強化材の持ち手は握りやすく、耐水性・耐久性にも優れている
  • 右利きでも左利きでも使える両刃設計

「藤次郎 ペティナイフ DPコバルト合金鋼割込 口金付 F-801」の特徴

わずか20㎝ほどのペティナイフでも40gの重さで藤次郎ブランドらしい切れ味があるため、多用途で手軽に使える三徳包丁にもなります。
ブレードと持ち手の間に口金がついているおかげで、汚れがたまりにくい点も大きなメリットです。

こんな人におすすめ
藤次郎 ペティナイフ DPコバルト合金鋼割込 口金付 F-801は、コンパクトでいろいろと使い勝手が良い小型の包丁をお探しの方にお勧めです。

藤次郎 ペティナイフ DPコバルト合金鋼割込 F-313

次に紹介するおすすめの藤次郎包丁は、「藤次郎 ペティナイフ DPコバルト合金鋼割込 F-313」です。

重さ 70g
サイズ/刃渡り 24㎝/13.5㎝
タイプ ペティナイフ
ブレード(刃)の素材 コバルト合金鋼
ハンドル(持ち手)の素材 黒積層強化木
評価・レビュー
切れ味
(4.0)
用途の多さ
(4.0)
デザイン性
(3.5)
ポイント
  • 13クロームステンレス鋼を複合したコバルト合金鋼のブレードは、切れ味が鋭い上に洗いやすい
  • 藤次郎の洋包丁シリーズの一品で、海外の固い食材の調理にも耐えうるタフ設計
  • 持ち手に黒積層強化材を使用していて、女性や高齢者でも軽々と使用できる

「藤次郎 ペティナイフ DPコバルト合金鋼割込 F-313」の特徴

昔ながらの懐かしいデザインが目を引くペティナイフ。家庭用としては三徳包丁として抜群の使い勝手の良さと切れ味を発揮します。
Amazonの口コミでは切れ味が落ちても砥石で研いだら切れ味が戻ったという評判が多数あがっているのも頼もしいところ。

こんな人におすすめ
藤次郎 ペティナイフ DPコバルト合金鋼割込 F-313は、長く愛用できて使い勝手もいい高価なペティナイフをお求めの方におすすめです。

藤次郎 牛刀 コバルト合金鋼 両刃 DP霞流し鋼割込 F-332

次に紹介するおすすめの藤次郎包丁は、「藤次郎 牛刀 コバルト合金鋼 両刃 DP霞流し鋼割込 F-332」です。

重さ 140g
サイズ/刃渡り 30㎝/18㎝
タイプ 牛刀
ブレード(刃)の素材 コバルト合金鋼
ハンドル(持ち手)の素材 積層強化材(3本鋲本通し)
評価・レビュー
切れ味
(5.0)
用途の多さ
(4.0)
デザイン性
(5.0)
ポイント
  • 2つと同じものがないユニークな独自のダマスカス模様入りブレード
  • 刃のコバルト合金鋼(V金10号)は切れ味が鋭く耐久性にも優れている
  • ハマグリ刃形状で刀先が薄いので、わずかな力でも食材に食い込みやすい

「藤次郎 牛刀 コバルト合金鋼 両刃 DP霞流し鋼割込 F-332」の特徴

藤次郎の牛刀包丁だけに、刃物職人の手によるコバルト合金鋼の切れ味の良さは業務用の分厚い肉切りの際にも実感できるでしょう。
ダマスカス模様の高級感あふれる外観も他の藤次郎シリーズにない大きな特徴です。

こんな人におすすめ

藤次郎 牛刀 コバルト合金鋼 両刃 DP霞流し鋼割込 F-332は、精肉の取扱店でも使える最高級の肉切り包丁を10,000円前後で手に入れたいという方におすすめです。

藤次郎 牛刀 TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込 F-889

次に紹介するおすすめの藤次郎包丁は、「藤次郎 牛刀 TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込 F-889」です。

重さ 160g
サイズ/刃渡り 33.5㎝/21㎝
タイプ 牛刀
ブレード(刃)の素材 コバルト合金鋼・13クロムステンレス鋼
ハンドル(持ち手)の素材 18-8ステンレス
評価・レビュー
切れ味
(5.0)
用途の多さ
(5.0)
デザイン性
(5.0)
ポイント
  • 独自製法で不純物を極限まで取り除いた特別なステンレス鋼ブレードなので切れ味が鋭く、砥石での研磨にも最適
  • トルネード型の持ち手ハンドルにより、油汚れのある手にも強いグリップ力を発揮
  • オールステンレス一体型なので一気に熱湯消毒が可能、手間をかけずに衛生を保てる

「藤次郎 牛刀 TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込 F-889」の特徴

藤次郎の牛刀らしく肉切り時の鋭さや力強さをベースにしながら、持ち手の良さやお手入れのしやすさにもこだわった一品。
牛刀ながら全長30cm・重さ160gと軽量コンパクト設計なので業務用店舗から家庭の調理まで幅広く使用できます。

こんな人におすすめ

藤次郎 牛刀 TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼割込 F-889は、パワフルな牛刀の中でも毎日の家庭での調理やお手入れにも使い勝手の良い包丁をお探しの方におすすめです。

藤次郎 丸峰出刃 青紙鋼 本水牛桂柄 F-976

最後に紹介するおすすめの藤次郎包丁は、「藤次郎 丸峰出刃 青紙鋼 本水牛桂柄 F-976」です。

重さ 270g
サイズ/刃渡り 16.5㎝/36.1㎝
タイプ 出刃包丁
ブレード(刃)の素材 青紙鋼・軟鉄
ハンドル(持ち手)の素材 朴木・桂:本水牛
評価・レビュー
切れ味
(5.0)
用途の多さ
(4.0)
デザイン性
(4.0)
ポイント
  • ブレードが全体的に丸みを帯び、特にプロの料理人には添え手がしやすい丸峰出刃シリーズの一品
  • ハガネ素材の中でも最高峰・青紙鋼に柔らかい鉄を加えたブレード素材は、切れやすさと扱いやすさを同時に実現
  • 持ち手が手になじみやすい木材で、桂・本水牛柄の高級感あふれる外観

「藤次郎 丸峰出刃 青紙鋼 本水牛桂柄 F-976」の特徴

最もパワーが求められる出刃包丁にふさわしく、青紙鋼などの素材にこだわり抜いた藤次郎シリーズの中でも最高クラスの切れ味を誇る一品です。
業務用包丁を超えた超プロフェッショナルな出刃包丁だとしてメーカーは自信を見せています。

こんな人におすすめ
藤次郎 丸峰出刃 青紙鋼 本水牛桂柄 F-976は、鮮魚店などの店舗でありふれた業務用の出刃包丁では物足りないという方におすすめです。

藤次郎包丁の重要ポイントまとめ

藤次郎包丁の重要なポイントは以下の3つです。

  • 人気シリーズ「origami」に代表されるよう藤次郎の包丁の多くはステンレス鋼素材であり、錆びにくく刃がかけにくくなっています
  • 藤次郎の包丁は安価なモデルでもブレード部分が刃物職人による手作りなので、長年愛用できるポテンシャルを秘めています
  • 世界ブランド・藤次郎の包丁には、業務用包丁に物足りなさを感じるプロにも求められる最高品質のものがあります
包丁おすすめ 安くてよく切れる!人気の包丁おすすめ10選 レザークラフト用品おすすめ 革包丁のおすすめ人気10選 料理するカップル セラミック包丁のおすすめ15選|京セラ、ニトリなど人気メーカー、研ぎ方まで