安くて書きやすいボールペンおすすめ人気ランキング12選

ボールペンでハートを書く

ビジネスシーンでもプライベートでも必ず使うボールペン。日常的に使うボールペンは、描きやすい、安いものだと嬉しいですよね。
本記事では、安い、かつ描きやすいボールペンをご紹介します。
大量購入できる事務用ボールペン中心にランキングしていきますが、有名メーカーの比較的安いボールペンも併せてご紹介します。
有名ペンメーカーのボールペンというと、モンブランのように高級なものをイメージするかもしれませんが、パーカー、パイロット、クロスなどはおしゃれで安いボールペンも出しているので、名入れしてプレゼントにもおすすめです。
文房具おすすめ 【最新版】極細ボールペンのおすすめ人気ランキング10選 文房具おすすめ 【最新版】ボールペンのおすすめ最強15選。ブランドも紹介 文房具おすすめ 【2020年最新版】初心者向け万年筆のおすすめ最強9選。もう迷わない。

安くて書きやすいボールペンのおすすめメーカー一覧

ペン、ノート、お茶

安くて書きやすいボールペンのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • 三菱鉛筆(uni)
  • ゼブラ
  • パイロット

三菱鉛筆(uni)

三菱鉛筆は1887年創業、日本初の鉛筆工業生産に成功した歴史を持ち、長年筆記具を中心とした文具を製造しているメーカーです。
2006年に発売された油性ボールペン「ジェットストリーム」は、滑らかな書き心地と速乾性で、それまで重い書き味が当たり前であった油性ボールペンのスタンダードを覆しました。
多くの人に支持されている、品質の高い筆記具を選びたい方におすすめのメーカーです。

ゼブラ

ゼブラは1897年創業、日本最初の国産鋼ペン先の製造に成功して以来、各種筆記具の開発・製造・販売をしているメーカーです。
2000年に発売されたゲルインクボールペン「サラサ」は、滑るような書き味が人気を呼び、ロングヒット商品となっています。また、2018年には筆記時のブレを抑える構造の油性ボールペン「ブレン」を発売し、発売一年で累計販売数500万本の売上を記録しました。
独創的なアイデアの詰まった筆記具が好きな方におすすめのメーカーです。

パイロット

パイロットは1909年創業、万年筆の開発から始まりやがて総合筆記メーカーとなり、筆記具の単一ブランドとして筆記具売上世界No.1(2018年調べ)を誇るメーカーです。
2007年に発売された消せるボールペン「フリクションボール」は、世界累計販売本数が22億本を超える大ヒットとなり、競合製品は今も現れていません。
筆記具メーカーとしての歴史と技術力を活かした製品に魅力を感じる方におすすめのメーカーです。

ボールペンの選び方

カラフルなボールペン

ボールペンの選び方を以下の4つのポイントから解説します。

  • 書きやすさで選ぶ
  • インクの種類で選ぶ
  • 用途によって選ぶ
  • 機能によって選ぶ

書きやすさで選ぶ

ボールペンは書きやすいものを選ぶと長時間使っても疲れにくく、綺麗な文字が書けます。

滑らかで軽い筆圧でも書けるボールペンが書きやすく、疲れにくいです。自分の手の大きさや使いたいペンの太さによっても変わるので、実際に売り場で試し書きをするといいでしょう。

インクの種類で選ぶ

ボールペンは、インクの種類によって特性が異なります。主に使われるのが「油性インク」「水性インク」「ゲルインク」の3種類です。

油性インクは、耐水性があり滲みにくいのが特徴です。すぐに乾くので、裏写りしにくくなっています。ただし、あまり発色が良くないのがデメリットです。

水性インクは、書き心地が滑らかで軽いのが特徴です。発色もいいので綺麗に文字を描きたいときやちょっとしたイラストなどにも最適でしょう。ただし、滲みやすく、裏写りしやすいのがデメリットになります。

ゲルインクは、水性の軽い書き心地と油性の滲みにくい特性をあわせ持ったインクです。ただし、インクの減りが早いので、インク切れに注意する必要があります。

用途によって選ぶ

手帳用やメモ、勉強など用途によって最適なボールペンは変わってきます。

特にペン先を出す方法は重要です。サッと取り出して使うならノック式がおすすめですが、ポケットの中でペン先が出ることがあるので、しまう場所によっては回転させるツイスト式やキャップ式がいいでしょう。

また、プレゼントする際は、デザインだけでなく、相手の用途に合わせることも忘れないようにしましょう。

機能によって選ぶ

ボールペンの中には、さまざまな機能を持っているものがあります。

後ろの部分がスマホなどで使えるタッチペンが付いていると、スマホへのメモやゲームにも使えます。他にも摩擦熱で消せるインクを使用したボールペンなどもあるので、使いやすい機能を選びましょう。

また、昔は発光ダイオードが組み込まれて手元を照らすものがありましたが、最近ではLEDライトを搭載してものもあります。鍵穴を探す際などに非常に便利です。

安くて書きやすいボールペンのおすすめ人気ランキング12選

おすすめの安くて書きやすいボールペンを紹介します。

【12位】ビック 油性ボールペン オレンジ 1.0 黒 20本 E-ORMJ20EGBLK

最初に紹介するおすすめの安くて書きやすいボールペンは、「ビック 油性ボールペン オレンジ 1.0 黒 20本 E-ORMJ20EGBLK」です。

インク 油性インク
芯の出し方 キャップ式
ボール径 1.0mm
サイズ 最大径φ13mm 全長140mm
重さ 8g
評価・レビュー
滑らかさ
(3.0)
色の濃さ
(5.0)
疲れにくさ
(3.0)
ポイント
  • インク粘度を軽減する特殊樹脂を配合した「新イージーグランドインキ」で従来モデルより筆記の滑らかさが35%アップしました。
  • オレンジの六角形ボディにインクと同じ色のキャップの変わらないデザイン。海外メーカーらしい雰囲気がありかわいいです。
  • 20本の大量パックでお安い価格でコストパフォーマンスが良いです。

「ビック 油性ボールペン オレンジ 1.0 黒 20本 E-ORMJ20EGBLK」の特徴

フランスの筆記具会社BICが1961年に発売したロングセラー油性ボールペンで、世界160ヵ国で販売されています。2010年にはグッドデザインロングライフデザイン賞を受賞しました。日本メーカーのボールペンほど滑るような書き心地ではありませんが、書き出しのインクのかすれもなく、握りやすい形状で書きやすいです。
従来品より35%もなめらか度がアップしたイージーグライドインキを採用し、書き味が進化しています。

こんな人におすすめ
海外メーカーらしい愛嬌のあるデザインのボールペンを安く大量買いしたい方におすすめです。
漢字を書かないためか、海外メーカーのボールペンは太字のものが多い傾向にあります。太字で書きやすいボールペンをお探しの方におすすめです。ボール径0.7mmもあります。

【11位】クロス ボールペン ベイリーライト

次に紹介するおすすめの安くて書きやすいボールペンは、「クロス ボールペン ベイリーライト」です。

インク 油性インク
芯の出し方 キャップ式
ボール径 細字
サイズ 13.41 x 1.32 x 1.32 cm
重さ 21.5 g
評価・レビュー
滑らかさ
(3.0)
色の濃さ
(4.5)
疲れにくさ
(4.0)
ポイント
  • クロスの定番シリーズ「ベイリー」の廉価モデルです。クラシカルなデザインでビジネス、プライベート問わず使えます。
  • 程よい重量感と太さで、長時間筆記でも疲れにくいです。
  • 豊富なカラー展開が魅力です。シックな色から鮮やかな色まで選べます。

「クロス ボールペン ベイリーライト」の特徴

アメリカの高級筆記具メーカー、クロスのボールペンのエントリーモデルです。「ベイリー ライト」は、クラシカルなデザインですが、レジン(合成樹脂)製のボディなのでカジュアルな雰囲気もあり、ビジネスや普段使いに適しています。
ブラック、ホワイト、グレー、ブルー、コーラル、ティールの色展開です。

こんな人におすすめ
おしゃれなデザインと鮮やかなボディカラーが魅力です。名入れオーダーをしてプレゼントや自分へのご褒美におすすめです。
短めのボールペンなので、手の小さい女性にもおすすめです。

【10位】パーカー ボールペン PARKER IM コアライン

次に紹介するおすすめの安くて書きやすいボールペンは、「パーカー ボールペン PARKER IM コアライン」です。

インク 油性インク
芯の出し方 キャップ式
ボール径 0.8mm 中字
サイズ 10x10x140mm
重さ 23g
評価・レビュー
滑らかさ
(3.0)
色の濃さ
(4.5)
疲れにくさ
(4.0)
ポイント
  • クインクフロー技術により、滑らかで安定した書き味で、インクだまりができません。
  • 程よい重量があり筆記の際、重心がペン先に集中するので、スムーズに書けます。
  • 替え芯は他社の芯との互換性が高く、国産の替え芯を使うこともできるので、国産ボールペン芯の書き心地が好きな方にもおすすめです。

「パーカー ボールペン PARKER IM コアライン」の特徴

機能性とモダンなデザインを兼ね備えた王室御用達の高級筆記具ブランド、パーカーのエントリーモデルです。持ちやすさ、機能性にフォーカスしたシンプルでモダンなデザインで、持つ人を選びません。

こんな人におすすめ
ノック式で使いやすく、適度な高級感のあるデザインなので、ビジネス用に初めて高級メーカーのボールペンを買う方におすすめです。
名入れオーダーをしてプレゼントや記念品として送るのにもおすすめです。

【9位】Pilot ボールペン フリクションノック 0.5mm ブラック LFBK-23EF-B

次に紹介するおすすめの安くて書きやすいボールペンは、「Pilot ボールペン フリクションノック 0.5mm ブラック LFBK-23EF-B」です。

インク ゲルインク
芯の出し方 クリップスライドノック式
ボール径 0.5mm
サイズ 最大径Φ11.1mm、全長146mm
重さ
評価・レビュー
滑らかさ
(4.0)
色の濃さ
(3.5)
疲れにくさ
(4.0)
ポイント
  • 何度でも書いては消せるボールペンです。教科書、ノート、手帳、パズルなどの用途で活躍します。
  • 柔らかめ、厚めのグリップで持ちやすいです。
  • インクの出も良くスラスラ書けます。

「Pilot ボールペン フリクションノック 0.5mm ブラック LFBK-23EF-B」の特徴

一定以上の温度になると色が消える、独自の「フリクションインキ」を使用。筆跡をペン上端のフリクションラバーでこすると、摩擦熱でインキの色が消えるしくみになっています。フリクションラバーは一見消しゴムのようですが、摩擦熱で消しているので消しカスは出ず、消し残しもありません。何度でも消し、書くことができます。

こんな人におすすめ
何度でも消して書き直せるので、手帳用ボールペンやメモ書きにおすすめです。

【8位】SAILOR セーラー G-FREE 07 ボールペン クリアブラック

次に紹介するおすすめの安くて書きやすいボールペンは、「SAILOR セーラー G-FREE 07 ボールペン クリアブラック」です。

created by Rinker
セーラー万年筆
¥185 (2021/05/12 15:43:21時点 Amazon調べ-詳細)
インク 油性インク
芯の出し方 ノック式
ボール径 0.7mm
サイズ Φ20(クリップ最大部)×145mm
重さ 12.8g
評価・レビュー
滑らかさ
(4.0)
色の濃さ
(4.0)
疲れにくさ
(4.5)
ポイント
  • 内部のスプリングの伸縮でペン先がスライドし余分な力を吸収する、筆圧アジャスター機能搭載。アジャスターは9段階の弾力調節が可能です。
  • 新開発の低摩擦G-FREEインクにより、同社従来製品のインクと比べ筆記時の抵抗値が20%減少しています。滑りが良く、筆圧をかけずに書いてもカスレやボテ(インクのかたまり)が出にくい快適な書き心地です。
  • 厚みのあるところでも挟めるバインダークリップタイプです。クリップを開くと芯が戻る設計です。

「SAILOR セーラー G-FREE 07 ボールペン クリアブラック」の特徴

内部スプリングで筆記における余分な力を吸収する筆圧アジャスター機能が最大の特徴で、手の筋肉負担を軽減させ、疲れにくい書字を可能としました。アジャスターは9段階に調節できるので、筆圧の強い方も弱い方も快適に書けます。

こんな人におすすめ
筆圧アジャスターで書き心地を調節できるので、筆圧が普通よりも強い、または弱い方、色々試しても合うペンがなかなか見つからなかった方におすすめです。

【7位】トンボ 油性ボールペン モノグラフライト0.5mm BC-MGLE

次に紹介するおすすめの安くて書きやすいボールペンは、「トンボ 油性ボールペン モノグラフライト0.5mm BC-MGLE」です。

インク 油性インク
芯の出し方 ノック式
ボール径 0.5mm
サイズ 軸径:10mm 最大幅:14mm 全長:144mm
重さ 9g
評価・レビュー
滑らかさ
(4.0)
色の濃さ
(4.5)
疲れにくさ
(4.0)
ポイント
  • ペン先は、全長5.2mmのロングニードルチップを使用しており、手元が見やすく細かい文字も楽に書けます。切削加工によりニードル形状にしているので、外力に強く変形しにくいです。
  • 書き味が驚くほど滑らかです。超低粘度油性インクと高精度ニードルチップの相乗効果で、筆記時の摩擦抵抗が業界標準と比べて約20%低くなっています(一般低粘油性ボールペン比)。
  • グリップ表面の凹凸加工により、軽い力でもしっかり握れ、ラバーグリップ特有のべたつきを抑えます。

「トンボ 油性ボールペン モノグラフライト0.5mm BC-MGLE」の特徴

業界最長となるニードル長5.2mmのペン先で、ペン先周りが見やすく細かい字を書きやすいのが特徴です。この高精度ニードルチップと超低粘度油性インクの相乗効果で、筆記時の摩擦抵抗を抑え、滑らかに書くことができます。

こんな人におすすめ
手元が見やすい状態で細かい字や画数の多い漢字、図が書けるので、履歴書、公的文書、手帳への書き込みに特におすすめです。精密なイラストも描きやすいです。ボール径0.38mmの極細字もあります。

【6位】サクラクレパス ジェルボールペン ボールサインノック

次に紹介するおすすめの安くて書きやすいボールペンは、「サクラクレパス ジェルボールペン ボールサインノック」です。

インク ゲルインク
芯の出し方 ノック式
ボール径 0.5mm
サイズ Φ10×138mm
重さ 8g
評価・レビュー
滑らかさ
(4.5)
色の濃さ
(4.5)
疲れにくさ
(4.0)
ポイント
  • 1984年に発売されたジェルボールペンのパイオニア、ボールサインシリーズの現行モデルです。なめらかな書き味、優れた耐水性、耐薬品性、耐光性を併せ持っています。
  • サクラクレパスの絵具開発で培った技術をジェルボールペンに転用し、鮮やかな発色を実現しています。
  • スリムで美しいフォルムが指に優しくフィットします。鮮やかなカラーが映える透明感のあるデザインです。

「サクラクレパス ジェルボールペン ボールサインノック」の特徴

ボールサインは、1984年にサクラクレパスから発売された、世界初の水性顔料ゲルインキボールペンです。優れた耐水性・耐薬品性・耐光性を持ち、にじみや色褪せが起こりにくくきれいな発色が続きます。サクラクレパスの絵具で培った技術を活用した鮮やかな発色、多様な色彩が特徴です。

こんな人におすすめ
発色の良さ、書きやすさに定評があります。発色の良いジェルボールペンをお探しの方、多色ボールペンのカラーにこだわりたい方に特におすすめです。

【5位】パイロット ゲルインキボールペン ジュースアップ04(超極細)

次に紹介するおすすめの安くて書きやすいボールペンは、「パイロット ゲルインキボールペン ジュースアップ04(超極細)」です。

インク ゲルインク
芯の出し方 ノック式
ボール径 0.4mm
サイズ 最大径φ 10.5mm 全長 142.8mm
重さ 約11.6g
評価・レビュー
滑らかさ
(4.5)
色の濃さ
(4.5)
疲れにくさ
(4.0)
ポイント
  • 新開発のペン先「シナジーチップ」と新顔料ゲルインキによって、激細ボールペンなのになめらかな書き味です。
  • 極細のペン先からでもスムーズに出るように最適化された新顔料ゲルインキを使用しているため、極細ボールペンながら発色が鮮やかです。
  • 低重心構造のため、安定して書きやすいです。

「パイロット ゲルインキボールペン ジュースアップ04(超極細)」の特徴

パイプチップ(細い筒状のペン先)とコーンチップ(円錐状のペン先)の長所を併せ持った新開発のペン先「シナジーチップ」によって、極細字ボールペンでありながら滑らかな書き味、書き出しの良さ、筆圧に強いペン先を実現しました。

こんな人におすすめ
手帳やノートをカラフルに書きたい方、激細のカラーボールペンをお探しの方におすすめです。

【4位】ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ0.5 P-JJ15-BK

次に紹介するおすすめの安くて書きやすいボールペンは、「ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ0.5 P-JJ15-BK」です。

インク ジェルインク
芯の出し方 ノック式
ボール径 0.5mm
サイズ 軸径11.0×全長141.0mm
重さ 9 g
評価・レビュー
滑らかさ
(5.0)
色の濃さ
(4.5)
疲れにくさ
(4.0)
ポイント
  • さらさらとしたなめらかな書き味です。
  • 耐水性に優れた水性顔料だから、濃くてにじまず、鮮やかな発色と豊富な色が楽しめます。
  • 可動式バインダークリップの採用により、厚みのあるボード等にもはさめ、クリップ折れを軽減させます。

「ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ0.5 P-JJ15-BK」の特徴

豊かなインクフローと滑らかなジェルインクによる、商品名通りのサラサラとした書き心地が特徴です。
耐水性・対光性に優れた顔料インクを使用しているため、公式文書にも使用できます。

こんな人におすすめ
ジェルインクの滑らかな書き心地が特徴のボールペンです。筆圧が軽めの方、スルスルと紙の上をすべるような軽い書き心地がお好みの方におすすめです。

【3位】ぺんてる ボールペン エナージェルX XBLN105-A5

次に紹介するおすすめの安くて書きやすいボールペンは、「ぺんてる ボールペン エナージェルX XBLN105-A5」です。

インク ゲルインク
芯の出し方 ノック式
ボール径 0.5mm
サイズ 16×11×147mm
重さ 11g
評価・レビュー
滑らかさ
(4.5)
色の濃さ
(5.0)
疲れにくさ
(4.0)
ポイント
  • 筆記時にゲルから液体へ素早く変化するエナージェルインキを使用しており、従来のゲルインキをしのぐなめらかな書き味です。
  • スムーズなインキ吐出と、高発色の着色剤で濃くクリアに字が書けます。
  • エナージェルインキが紙に素早く浸透して、優れた速乾性を発揮します。書いてすぐに触っても手が汚れません。

「ぺんてる ボールペン エナージェルX XBLN105-A5」の特徴

発色、速乾性、滑らかさを併せ持つエナージェルインキが特徴です。エナージェルインキは、筆記時にペン先のボールが回転してインクを出す時に、ゲルから液体に変化するスピードが速いため、書き味が滑らかです。また、紙に素早く浸透し優れた速乾性を発揮します。

こんな人におすすめ
よりなめらかで、発色の良いゲルボールペンを探しているけれど、乾くのが遅くて手が汚れるのが気になるという方におすすめです。

【2位】ゼブラ 油性ボールペン ブレン 0.5mm P-BAS88

次に紹介するおすすめの安くて書きやすいボールペンは、「ゼブラ 油性ボールペン ブレン 0.5mm P-BAS88」です。

インク 油性インク
芯の出し方 ノック式
ボール径 0.5mm
サイズ 13.9 x 1.2 x 1.4 cm
重さ 12.3g
評価・レビュー
滑らかさ
(4.5)
色の濃さ
(5.0)
疲れにくさ
(4.5)
ポイント
  • ペン先をホールドした設計により、筆記時のブレを防いでストレスフリーな書き心地です。
  • 内部やペン先に隙間がないので、筆記時や持ち運び時、ノック時にも音がしにくく静かに使えます。
  • シンプルなシームレスデザインがおしゃれです。2019年度グッドデザイン賞受賞。

「ゼブラ 油性ボールペン ブレン 0.5mm P-BAS88」の特徴

筆記ストレスの軽減に着目したペンで、低重心、芯や部品を隙間なくホールドした設計によって筆記時のブレ、ペン先のブレ、ペン内部のブレを防ぎます。
振動が少なくストレスフリー、鉛筆のようにスムーズな書き心地が特徴です。

こんな人におすすめ
筆圧が強く、ペン先のがたつきが気になる方に特ににおすすめです。
ご紹介したかわいい猫のワンポイントデザイン以外に、シンプルな無地バージョンもあります。

【1位】三菱鉛筆 uni ジェットストリーム スタンダード 油性ボールペン 0.5mm

次に紹介するおすすめの安くて書きやすいボールペンは、「三菱鉛筆 uni ジェットストリーム スタンダード 油性ボールペン 0.5mm」です。

インク 油性インク
芯の出し方 ノック式
ボール径 0.5mm
サイズ 13.96 x 1.13 x 1.48 cm
重さ 9.07 g
評価・レビュー
滑らかさ
(5.0)
色の濃さ
(5.0)
疲れにくさ
(4.0)
ポイント
  • 独自開発の油性インクで、まるで水性インクのように滑らかな書き心地です。
  • ペン先は紙との摩擦を軽減する設計で、長時間使用しても手が疲れません。
  • 逆流防止機能で、インク漏れを防ぎます。安心して持ち歩けるボールペンです。

「三菱鉛筆 uni ジェットストリーム スタンダード 油性ボールペン 0.5mm」の特徴

2006年に発売されて、油性ボールペンの常識を変えた滑らかな書き味のボールペンです。滑らかさ、速乾性、くっきりと濃い発色で、オールラウンドに使え、多くの人に書きやすいボールペンとして支持されています。

こんな人におすすめ
油性ボールペンなので、使うシーンを選びません。ビジネスにも公的文書にも、プライベートのメモにも使える、書きやすい王道ボールペンをお求めの方におすすめです。

安くて書きやすいボールペンの重要ポイントまとめ

安くて書きやすいボールペンの重要なポイントは以下の3つです。

  • 日本の安いボールペンはとても質が高く、ある程度滑らかな書き心地は多くのメーカーが達成しています。
  • 差別化をはかるために各メーカーが打ち出している特色があるので、そこが自分のニーズに合っているかチェックしましょう。
  • ボールペンは最終的に相性が重要になってきます。自分の筆圧、書き方にフィットするものを実際に使って見極めましょう。
文房具おすすめ 【最新版】極細ボールペンのおすすめ人気ランキング10選 文房具おすすめ 【最新版】ボールペンのおすすめ最強15選。ブランドも紹介 文房具おすすめ 【2020年最新版】初心者向け万年筆のおすすめ最強9選。もう迷わない。