ネイルマシーンのビットおすすめ10選|甘皮処理や互換性のあるものなど

ネイルをしている手

ビットは基本的にはどこのメーカーのものも同じ規格なので、手元のネイルマシーンと同じメーカーのものでなくても使えます。もちろん海外製のものでも大丈夫です。またビットの多くは研磨用ですが、研磨して出たカスや汚れをかきだすためのブラシビットやマンドレールのようにサンディングバンドを巻かなければいけないものなど、ほかのビットとは使い方が少し違うものもあります。

ネイルマシーンを使い始めた初心者向けに一通りのビットが揃っているセットから、ネイルケア用といった目的別のビットを数本をまとめたもの、同じ形状で表面の粗さが変わるタイプ、本格プロ仕様のものまで、おすすめの商品をご紹介します。

ジェルネイルをしている手 必要な道具を一挙公開!セルフジェルネイルのおすすめ人気10選|削らないタイプ、シールタイプも ネイルマシンおすすめ ネイルマシンのおすすめランキング10選!セルフジェル初心者~プロ仕様まで ジェルネイル用ライトおすすめ ジェルネイル用ライトのおすすめ9選!種類も解説

ビットの互換性は?他のマシーンでも使える?

ネイルを施術している

ビットとは、ネイルマシーンにつけるアタッチメントのことです。下処理やサンディング、ネイルオフなど、用途に合わせて取り替えます。

ビットの特徴は、違うメーカーでも基本的には軸のサイズは同じなので、どのネイルマシーンにもつけられることです。ビットの規格は、国内だけでなく海外製でも基本的には同じです。気になるビットがあれば、ビットだけ買い足すことができるので経済的です。

ただし、まれに互換性のないビットもあるようなので、購入の前には念のため規格チェックはしておきましょう。

ビットは面取りが必要?

ネイルニッパー
ビットを使用する前には、必ず面取りをおこないます

面取りとは、円柱状のビットの角の部分を削っておくことです。面取りをおこなわないと、ビットの角が肌に直接触れてケガをしてしまうことがあります。ただし、ビットの先が丸く角のないものは面取りの必要はありません。

面取りには、ダイヤモンドドレッサーを使います。面取りするビットをネイルマシーンに装着して、45度くらいの角度でダイヤモンドドレッサーに当てて削ります。時短したい時は、ネイルマシーンの回転数を7000~10000回程度に設定します。

またビットの形状によっては、使ううちにカスなどが溝にたまって切れ味が悪くなるものもあるので、このような場合、ふたたび面取りをおこなうと、切れ味が回復します。

ネイルマシーンのビットの種類

ネイルマシーンのビットの主な3つの種類を解説します。

  • 甘皮処理などのケアに使うもの
  • サンディングに使用するもの
  • ネイルオフに使うもの

甘皮処理などのケアに使うもの

甘皮処理にはピンクビットを使います。爪の根元にある甘皮や爪の表面全体を覆っている薄い不要な角質(ルーススキン・甘皮の一種)を取り除きます

根元の甘皮は、本来、雑菌などが爪の内部に侵入しないようにガードする役割があるので取りすぎはNGです。ジェルのくっつきをよくするために、爪全体のルーススキンを丁寧に除くほうが大切です。

お手入れ中に出てきたカスや不要な角質はブラシビットで丁寧にかきだします。

サンディングに使用するもの

サンディングには円錐状のマンドレールを使います。マンドレールを使う時には、必ずサンディングバンドを外側に巻きます。サンディングバンドは基本的に使い捨てなので、切れ味が悪くなってきたら、新しいものと交換します。

マンドレールを使うと時短になりますが、爪にあたる面が広いので削りすぎる可能性があるので、注意しましょう。

サンディング後、バッファーを使うと、爪の表面がツヤツヤになります。

ネイルオフに使うもの

ネイルオフにはゴールドビットを使います。ジェルがはがれてきた爪の根元部分を削ったり、爪表面のジェルをオフできます。ゴールドビットを使えば、リムーバーでのネイルオフが少量ですみ、爪へのダメージを抑えられます。

ゴールドビットは目詰まりしやすいので、削りが悪くなってきたら、リムーバーに浸してカスを洗い落とすなどのお手入れが必要です。

またゴールドビットを使ってのネイルオフは、削りすぎてしまう傾向があるので、爪への当て方は慎重におこないます。

ネイルマシーンのビットの選び方

白のナチュラルシアーネイル

ネイルマシーンのビットの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 使用目的によって選びます。
  • 素材で選びます。
  • 粗さで選びます。

使用目的によって選びます。

ビットの種類はたくさんありますが、まずは使用目的によって選びます。主な種類を3つに分けて紹介しましたが、そのほかフットネイルのためのビットもあります。

また、同じ甘皮処理に使うビットでも、紹介したビンクビットだけでなく、ルーススキンや爪のサイドの除去など、細かな部分のケアにはポイントスリム、硬くなってしまって取れにくい角質除去にはフットボールダイヤバーなど、より適したビットがたくさんあります。

素材で選びます。

ビットの素材はたくさんありますが、よく使われているのがセラミック、炭化タングステン、ジルコニア(人工ダイヤモンド)です。

3つの中で一番やわらかいのがセラミック。価格もリーズナブルです。

セラミックよりも硬く、ジルコニアよりも柔らかいのが炭化タングステンです。セラミックよりは価格が高くなりますが、耐久性にすぐれているので長く使えます。

もっとも硬くて丈夫なのがジルコニアです。

そのほか、各金属の特性を活かした合金なども用いられています。

粗さで選びます。

ビットの粗さもさまざまですが、主に粗い順からXコース、コース、ミディアム、ファインの4つに分けられます

これをネイルファイルの粗さをあらわすグリット数で示してみると、Xコース100G、コース150G、ミディアム180G、ファイン240Gとなります。

100Gはネイルオフ用、180G~240Gは自分の爪の長さや形をととのえたり、爪の表面の凹凸をなくすために使う粗さです。

使用目的や使いやすさで選びましょう

ネイルマシーンのビットのおすすめ10選

ネイルマシーンのビットのおすすめをご紹介します。

ASNOMY ネイルアート ドリルビット

最初に紹介するおすすめのネイルマシーンのビットは、「ASNOMY ネイルアート ドリルビット」です。

本数3本
原材料タングステンカーバイド合金
カラーゴールド
梱包サイズ9.8x7x1.2 cm
梱包質量20g
評価・レビュー
価格
(4.5)
使いやすさ
(4.5)
耐久性
(3.0)
ポイント
  • 微研削・粗研削・中仕上げの3タイプです。
  • 先端が丸いので、面取りが不要です。
  • プラスチック製収納ケースが付いています。

「ASNOMY ネイルアート ドリルビット」の特徴

同じラウンドの形状ながら、微研削用のファイル、粗研削用のコート、中仕上げ用のミディアムの3種の粗さが揃っていて、使用目的や好みに応じて替えられます。セラミックより耐久性のある炭化タングステン製です。

こんな人におすすめ
ラウンド型の形状で粗さが3種類あるので、初めてネイルマシーンを使う人におすすめです。

MZCMSL ボール ダイヤモンドネイルビット

次に紹介するおすすめのネイルマシーンのビットは、「MZCMSL ボール ダイヤモンドネイルビット」です。

本数3本
原材料エメリー(金剛砂)
カラーシルバー
梱包サイズ7x1x10 cm
梱包質量20g
評価・レビュー
価格
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
耐久性
(4.0)
ポイント
  • キューティクル除去用ビットです。
  • 直径が1.8mm、3mm、5mmの3タイプをセット。)
  • 摩擦熱がほとんど発生しません。

「MZCMSL ボール ダイヤモンドネイルビット」の特徴

ビットの長さや形状は同じながら、先端の球の直径が1.8mm、3mm、5mmの3タイプをセットしたキューティクル除去用のビットです。爪の根元、サイド、除去場所のサイズによって使い分けられます。

こんな人におすすめ
キューティクル除去専用のビットなので、ネイルニッパーでの処理が苦手だった人でも簡単に除去できます。

Depvko ネイルドリルビット16点セット

次に紹介するおすすめのネイルマシーンのビットは、「Depvko ネイルドリルビット16点セット」です。

本数16本
原材料セラミック
カラーレインボー・ホワイト
梱包サイズ15.9x14x1.19cm
梱包質量82g
評価・レビュー
価格
(3.0)
使いやすさ
(4.0)
耐久性
(3.0)
ポイント
  • 16本のビットをセットにしています。
  • 防塵のコンパクトボックスに収納して届けます。
  • 穴あけや研磨、爪の整形、キューティクル除去にも対応。

「Depvko ネイルドリルビット16点セット」の特徴

5ピーススペシャルアンダーネイルクリーナー(UNC)ビット、2ピースボール型ビット、2ピースフレームビット、1ピースブラシ、6ピースセラミックネイルファイルビットをセット。穴あけだけでなく、研磨、キューティクルやアクリルの洗浄、爪の整形、不要な角質の除去などができます。

こんな人におすすめ
初心者だけでなくプロも使うほどビットの種類が豊富なので、ネイルマシーンを使いこなしたい人におすすめです。

MelodySusie ネイルドリルビット

次に紹介するおすすめのネイルマシーンのビットは、「MelodySusie ネイルドリルビット」です。

本数7本
原材料合金炭化タングステン
カラーレインボー・ホワイト
梱包サイズ10.1×6.8×1.7cm
梱包質量50g
評価・レビュー
価格
(4.5)
使いやすさ
(4.5)
耐久性
(3.0)
ポイント
  • アメリカのネイリストと美容師が開発したブランドです。
  • 正逆回転に対応した両刃設計です。
  • ネイルケア&ネイルオフ用のビットセットです。

「MelodySusie ネイルドリルビット」の特徴

円柱型ビット(粗砂)、 円柱型ビット・半丸(中砂)、 トーチ型ビット(細砂)、 円錐型ビット(細砂)、 円錐型ビット・ミニ(細砂)、 安全ビット(細砂)、 ブラシビットの7本をセット。正逆回転に対応しているので、どちらの手でマシーンを持っても使えます。

こんな人におすすめ
正逆回転対応なので、左利きの人でも安心して使えます。

Pinkiou ネイルビットセット

次に紹介するおすすめのネイルマシーンのビットは、「Pinkiou ネイルビットセット」です。

本数7本
原材料セラミック、ジルコニア
カラーホワイト
梱包サイズ6.6×3.6×3.2cm
梱包質量40g
評価・レビュー
価格
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
耐久性
(3.5)
ポイント
  • 耐久性の高いセラミックとジルコニアの材質です。
  • 研削工学に基づいたファッショナブルなデザインです。
  • 小さなくぼみをつけて交換しやすい形にしています。

「Pinkiou ネイルビットセット」の特徴

セラミックとジルコニアの材質で耐久性、摩耗性、耐腐食性を向上させています。交換しやすいように小さなくぼみをつけたりコンパクト設計にするなど、見た目だけでなく使いやすさにこだわったデザインです。

こんな人におすすめ
使いやすさにこだわった設計なので、初心者におすすめです。

ZJchao ネイルドリルビット

次に紹介するおすすめのネイルマシーンのビットは、「ZJchao ネイルドリルビット」です。

本数30本
原材料陶磁器、ステンレス
カラーシルバー
製品サイズ1x1x1cm
製品質量10g
評価・レビュー
価格
(4.5)
使いやすさ
(3.5)
耐久性
(3.0)
ポイント
  • 2014年設立の美容製品ブランドです。
  • 形状や長さの違うビット30本をセット。
  • コンパクトなので携帯にも便利です。

「ZJchao ネイルドリルビット」の特徴

形状と長さが違う30本のビットをセット。材質は陶磁器とステンレスで錆びにくいのが特徴です。研磨、研削、剥離、ドリル、彫刻ラディアンに適し、自然な爪にも人工の爪のどちらにも使えます。

こんな人におすすめ
コンパクトなので、長期出張や旅行に携帯する時にも便利です。

GreenLife ネイルドリルビットキット

次に紹介するおすすめのネイルマシーンのビットは、「GreenLife ネイルドリルビットキット」です。

本数10本
原材料タングステン鋼カーバイド
カラーシルバー
梱包サイズ9.8×6.4x1cm
梱包質量20g
評価・レビュー
価格
(5.0)
使いやすさ
(3.5)
耐久性
(3.0)
ポイント
  • さまざまな形状のビットが10本入っています。
  • コンパクトでユニークなデザインです。
  • リーズナブルな価格が魅力です。

「GreenLife ネイルドリルビットキット」の特徴

トップが小さなドームになったキューティクルクリーンビットや先端が細くシャープなビットなど、さまざまな形状の10本のビットをセット。ネイルケアやジェルの研磨などに最適です。

こんな人におすすめ
リーズナブルな価格が魅力なので、お試し感覚で使えます。

Felimoa ネイルマシン用ドリルビット

次に紹介するおすすめのネイルマシーンのビットは、「Felimoa ネイルマシン用ドリルビット」です。

本数20本
原材料タングステン鋼
カラーシルバー、レインボー
梱包サイズ13×8.8×2.4cm
梱包質量80g
評価・レビュー
価格
(4.5)
使いやすさ
(3.0)
耐久性
(3.0)
ポイント
  • ネイルアートやケアに使うビットを20本セット。
  • 高硬度のタングステン銅を使用しています。
  • ほとんどのマシーンに対応した汎用タイプです。

「Felimoa ネイルマシン用ドリルビット」の特徴

20種類のドリルビットセットなので、爪のケアやネイルアートに合わせて、使い分けができます。高硬度で耐久性のあるタングステン銅素材なので、長く使えます。

こんな人におすすめ
20種類とビットの数が多いので、より丁寧なネイルケアをしたい人やネイルアートに興味がある人におすすめです。

petitor ビットセット

次に紹介するおすすめのネイルマシーンのビットは、「petitor ビットセット」です。

本数6本
原材料セラミック
カラーシルバー、ピンクなど
軸径2.34mm
サンディングバンド6個
評価・レビュー
価格
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
耐久性
(2.5)
ポイント
  • ネイルケアや下準備用のビット6本セットです。
  • 本格プロ仕様です。
  • サンディングバンド6個付きです。

「petitor ビットセット」の特徴

ケア用ビット3本、セラミックピンクビット、マンドレール、ブラシビットがセットです。6個のサンディングバンド付きです。プチトルネイルマシーン推奨ですが、軸径は汎用タイプなので、ほかのマシーンにも使えます。

こんな人におすすめ
プロが選んだネイルケア&下準備用の6本ビットセットなので、本格的な爪のお手入れをしたい方におすすめです。

KESYOO 超硬ドリルビット

次に紹介するおすすめのネイルマシーンのビットは、「KESYOO 超硬ドリルビット」です。

本数10本
原材料タングステンスチール
カラーシルバー、ホワイトなど
製品サイズ9.3x6x0.6cm
製品重量50g
評価・レビュー
価格
(4.0)
使いやすさ
(3.0)
耐久性
(3.5)
ポイント
  • 錆びにくく汚れにくいタングステンスチール製です。
  • ネイルケアからネイルオフまでのビット10本セットです。
  • ガラスや石などの加工にも使えます。

「KESYOO 超硬ドリルビット」の特徴

タングステンスチール製なので、耐摩耗性、高硬度、耐腐食性、耐久性が良く強度がアップ。サビにくく、汚れにくいのでお手入れも簡単。長期使用ができます。ガラスやプラスチック、石などの加工もできるので、アートネイルツールとしても使えます。

こんな人におすすめ
錆びにくく汚れがつきにくいので、ビットのお手入れをする時間がなかなか取れない人におすすめです。
Amazon.co.jp おすすめ商品

ネイルマシーンのビットの重要ポイントまとめ

ネイルマシーンのビットの重要なポイントは以下の3つです。

  • 汎用性が高いので、少しずつ揃えることができます。
  • 使用目的や爪の場所などによって上手に使い分けましょう。
  • 面取りやサンディングバンドを巻くなど、安全対策は怠らずに!
ジェルネイルをしている手 必要な道具を一挙公開!セルフジェルネイルのおすすめ人気10選|削らないタイプ、シールタイプも ネイルマシンおすすめ ネイルマシンのおすすめランキング10選!セルフジェル初心者~プロ仕様まで ジェルネイル用ライトおすすめ ジェルネイル用ライトのおすすめ9選!種類も解説
Amazon プライム対象