ネイルマシーンのおすすめベスト10選!定番から高コスパ機種まで

【じっくり読むと6分】

様々な目的別におすすめのネイルマシンの中から、特に厳選した機種10選を紹介してきます。プチトルやsubayといった人気機種から、安くてコスパの良い機種、オフだけではなく普段のケアや足の指にも使える機種など、幅広く取り揃えておきました。またネイルマシンの特徴やおすすめの選び方の紹介などもおりますので、ぜひ参考にしてみてください。

ネイルマシンとは

ネイルマシンとは、スカルプチュアのオフやジェルネイルのリペア、その他甘皮ケアや爪の整形、爪磨きなどが1台で出来るネイル用機械のことをいいます。

ネイルサロンなどで使われている場合も多いですが、最近では個人で持っている人も少なくはありません。

ネイルマシンは大きく分けるとパワーが強い『コードタイプ』と安全性が高い『コードレスタイプ』、プロ仕様の『卓上タイプ』が存在します。

ネイルのお直しを自宅でしたい人や、爪のケアを欠かさず行っている人などにはおすすめです。

ネイルマシンのメリット

ネイルマシンのメリットは、以下の3つです。

  • オフの時間と手間を短縮できる
  • 電動なので手が疲れにくい
  • 普段からの爪のケアに使える

オフの時間と手間を短縮できる

ネイルマシンを使う1番のメリットは恐らくこれでしょう。

オフとは以前行ったネイルを剥がす作業のことを言いますが、ネイルを自力で剥がすのは地味に大変な作業です。ネイルサロンでもオフは行ってくれますが、多くの場合オフにも料金がかかるため、割高になってしまいます。

新しいネイルを行いたいときや、色あせてしまったネイルを取りたい時などにネイルマシンは非常に便利です。

半電動なので手が疲れにくい

電動であることも、ネイルマシンの大きなメリットのひとつでしょう。

上記したように、ネイルを剥がすのは一苦労です。また爪を磨くのも何気に大変ですし、コツもいります。

その点ネイルマシンならば、電動でネイルを剥がしたり爪を磨いてくれますので、いちいち手を動かす必要もありません。ネイル残りで爪がデコボコになる心配もなく、簡単にキレイにできるので非常に便利です。

普段からの爪のケアに便利

これもネイルマシンの大きなメリットです。ネイルマシンはオフだけでなく、甘皮ケアなどにも使えるので、普段からの爪のケアに大いに役立てられます。

またネイルマシンはアセトンを使っていないので、爪を傷める心配もありません。他にも持ち運びができるので出先でもちょっとした時に使うこともできます。

美意識が高い人であれば、ひとつは持っていたいアイテムですね。

ネイルマシンのデメリット

ネイルマシンのデメリットは、以下の2つです。

  • 充電状況によってパワーが変わる
  • パワーが強すぎて爪を傷める可能性がある

充電状況によってパワーが変わる

ネイルマシンは、それそのものにはこれといったデメリットはありません。あるとするならばタイプごとに存在するデメリットでしょう。

『充電状況によってパワーが変わる』のは、上記したコードレスタイプのネイルマシンのデメリットです。コードレスタイプは充電式になりますので、充電の残量によっては回転数やパワーが変わってきます。

常にフルパワーで使いたいのであれば、充電の残りを小まめにチェックするか、コードタイプを選ぶとよいでしょう。

パワーが強すぎて爪を傷める可能性がある

これはコードタイプのネイルマシンに起こりうるデメリットです。

コードタイプはコンセントで直接電力を供給しているので、パワーダウンする心配はないのですが、反面機種によってはパワーが強すぎる場合があります。

勿論すべてのコードタイプが危険というわけではありませんが、爪の弱い人や心配な人は、安全性の高い機種を選ぶか、コードレスタイプを選ぶことをおすすめします。

ネイルマシンの選び方

ネイルマシンの選び方を以下の4つのポイントから解説します。

  • タイプ別で選ぶ
  • 回転とビット数と価格で選ぶ
  • 回転数で選ぶ

タイプ別で選ぶ

まず最初はネイルマシンの『タイプ』を選ぶようにしてください。

上で何度か触れましたが、ネイルマシンには大きく分けて『コードタイプ』『コードレスタイプ』『卓上タイプ』があり、それぞれに特徴があります。

例えばコードタイプはパワー落ちがない反面、機種によってはパワーが強すぎる可能性があること、コードレスタイプなら安全性が高いが機種によっては電気残量によってパワーダウンが起こることなどがそれです。

卓上タイプはプロが使う機種だけあってこれというデメリットはありませんが、価格が高いのと機材が大きくなりがちなのが玉にキズです。

それぞれの特徴を考慮し、どれが自分のライフスタイルに合うのかを考えて選んでみてください。

回転とビット数と価格で選ぶ

次に見てほしいのが『価格』と『回転』『ビット数』です。

高価なネイルマシンと安価なネイルマシンの違いは、大きく言えば付属するビットの数と回転の方向にあります。

高価なネイルマシンほどビットの種類が豊富で、正逆回転という、左右の手のどちらで持っても回転方向が合うようになる機能が付きやすくなるのです。

ある程度の機能を持ったマシンが欲しいのであれば、それなりの予算が必要になってくるでしょう。

回転数で選ぶ

最後に見てほしいのが、マシンの回転数です。

ネイルマシンはビットが回転しながら爪を削るマシンですが、この回転数も人によって使いやすい回転数があります。

例えばプロが使うネイルマシンの回転数は、おおよそ20000~25000rpm以上と言われています。プロ仕様の機種が欲しい人やネイルの腕に自信がある人であれば、25000を目安に機種を選ぶとよいでしょう。

またそこまでネイルマシンを使わない、もしくは初心者でいきなり高性能な機種はハードルが高いという人は、10000rpmを目安に選ぶことをおすすめします。

ネイルマシンのおすすめ10選

petitor プチトルL KRD2001SV

petitor プチトルL KRD2001SVの仕様・製品情報

サイズ 22×22×130mm
重量 85g
タイプ コードレス
ビット数 6種類
回転数 6000~20500rpm

petitor プチトルL KRD2001SVのおすすめポイント3つ

  • 機能の割にリーズナブル
  • 正逆回転機能あり!
  • 初心者からセミプロまでカバーできる回転数

petitor プチトルL KRD2001SVのレビューと評価

初めての人も手慣れた人も使いやすいオールラウンド型

プチトルL KRD2001SVを一言で表現すると、誰でも使いやすいネイルマシンでしょうか。

デザインは極めてシンプルで、特にこれといった目立つ機能はありません。しかしその反面基本的な機能となる回転数のカバー力があり、正逆回転機能も付いているので、初心者から慣れた人まで使いやすいのが魅力です。

petitor プチトルL KRD2001SVはこんな人におすすめ!

初めてでいい機種が欲しい人、末永く使っていきたい人、など

Bigman ネイルマシン

Bigman ネイルマシンの仕様・製品情報

サイズ 145mm、85g
タイプ コードレス
充電時間 2時間
使用時間 90分
回転数 5000・9000・14000rpm

Bigman ネイルマシンのおすすめポイント3つ

  • 3段階の回転数調節機能付き
  • USBポートからも充電可能
  • アルミケース付きで収納が便利

Bigman ネイルマシンのレビューと評価

持ち運びに便利で場所を選ばない

Bigmanのネイルマシンの良さは、持ち運びの便利さと本体の小ささ、デスク周りでも使えるUSBポート充電が可能な点にあるでしょう。

機能面でいえば回転数は5000・9000・15000とプロ向けには及びませんが、その反面普段からの爪の手入れやちょっとしたネイルのオフには便利です。

使用者の話では、1回の充電でジェルネイルなどのオフと爪のケアが2回ほど行えたそうです。使用時間もなかなか長めで、旅行などに持参するのに向いています。

Bigman ネイルマシンはこんな人におすすめ!

デスクワークが多い人、出先用のネイルマシンが欲しい人、など

ネオコレクション プロ用電動ネイルマシン

ネオコレクション プロ用電動ネイルマシンの仕様・製品情報

本体素材 プラスチック
タイプ 卓上
入力電力 100~120v
出力電力 3~12v
回転数 500~30000rpm

ネオコレクション プロ用電動ネイルマシンのおすすめポイント3つ

  • 最大回転数30000rpmのハイパワー
  • 安心のフットペダル式
  • 操作ボタンがすべて本体に付属

ネオコレクション プロ用電動ネイルマシンのレビューと評価

フットペダルで回転数を制御

ネオコレクションのネイルマシンの最大の特徴は、フットペダルによる回転数のコントロールができる点が挙げられます。

一昔前のミシンのように、フットペダルを踏むとネイルマシンが動き、踏み込むほどに回転数が上がる仕様です。

自分が好きな回転数を足の踏み込みでコントロールでき、もしも削りすぎてしまった場合は足を離せば回転は止まります。

いちいち回転数を設定する必要もなく、足ひとつで簡単に操作できるので機械が苦手な人でも扱いやすいのが魅力です。

ネオコレクション プロ用電動ネイルマシンはこんな人におすすめ!

回転数を細かくコントロールしたい人、安全性を重視する人、機械の設定が苦手な人、など

LNSTUDIO 電動ネイルケアキット

※現在売り切れです。

LNSTUDIO 電動ネイルケアキットの仕様・製品情報

サイズ 17×Φ3cm
重量 116g
タイプ コードレス
電源 単三乾電池×2
ヘッド数 6種類

LNSTUDIO 電動ネイルケアキットのおすすめポイント3つ

  • シンプルで使いやすい構造
  • 爪以外にも角質ケアに使える
  • 抜群のコストパフォーマンス

LNSTUDIO 電動ネイルケアキットのレビューと評価

1本持っておくと便利なお役立ちアイテム

LNSTUDIOの電動ネイルケアキットは、爪だけではなく踵などの角質ケアにも使える汎用性が魅力のアイテムです。

今まで紹介してきたネイルマシンとは異なり、ヘッド部分が円柱型のやすりのような形状をしています。これが回転することで爪や踵を削りケアするタイプなので、面積の大きな部位にも使えて応用が利くのが特徴です。

スイッチはオンとオフだけの非常にシンプルな構造なので、初めての人でも使いやすく、乾電池式なのでもち運びにも便利です。

LNSTUDIO 電動ネイルケアキットはこんな人におすすめ!

機械に疎い人、角質ケアにも使いたい人、など

Rooro ミニローロポチ

Rooro ミニローロポチの仕様・製品情報

サイズ 21×14.5×5cm
重量 180g
タイプ コード
コード長 177cm
回転数 8500~15000rpm

Rooro ミニローロポチのおすすめポイント3つ

  • 無段階調整なので初めてでも安心
  • 充電機能付きでコードレスにもなる
  • ハイパワー過ぎず、安定感がある

Rooro ミニローロポチのレビューと評価

不器用な人でも使いやすく安全性が高い

Rooroのミニローロポチは非常に安全性に優れた機種で、あまり手先の器用さに自信がない人でも使いやすいアイテムになります。

理由としては回転数が8500~15000と、ネイルマシンに中ではそれほどハイパワーでないことと、無段階調節機能付きであることが挙げられます。

ハイパワーでないにしろ、ネイルのオフには十分なパワーを持ち、なおかつ段階調節ではなく自分の好きな回転数に調節できるので、いきなりハイパワーで使うのは怖いという人にはピッタリな機種と言えるでしょう。

Rooro ミニローロポチはこんな人におすすめ!

初めてネイルマシンを使う人、手先の器用さに自信がない人、いきなりの高速回転は怖い人、など

urawa ネイルマシン ウラワ g3

urawaネイルマシン ウラワ g3の仕様・製品情報

サイズ 24.2×129 mm
重量 160g
タイプ 卓上
出力 12v
回転数 20000rpm

urawa ネイルマシン ウラワ g3のおすすめポイント3つ

  • 豊富なビット数でプロ仕様の出来栄え
  • 充電機能付きの上に省エネで長持ち
  • 自己冷却ファン付きで 熱くなりにくい

urawa ネイルマシン ウラワ g3のレビューと評価

プロ仕様な出来栄えを求める人へ

urawaのネイルマシン ウラワg3は、まさにプロ仕様と言えるネイルマシンでしょう。

まず豊富なビット数と安定した回転数による速やかなオフには定評があり、口コミやレビューでもその出来栄えとスピーディさを絶賛している人が多かったです。

また非常に静音性が高く、本体も熱くならないので使い勝手がよいのも魅力のひとつです。ポータブル式なので出先でも使うことができて、出張ネイルを行うプロのネイリストも愛用する本格的なネイルマシンです。

urawaネイルマシン ウラワ g3はこんな人におすすめ!

プロ向け機種が欲しい人、出張ネイルを行うプロのネイリスト、など

コイズミ ネイルポリッシャー KSB-LC01/P

created by Rinker
コイズミ(Koizumi)
¥1,850 (2020/10/22 21:41:32時点 Amazon調べ-詳細)

コイズミ ネイルポリッシャー KSB-LC01/Pの仕様・製品情報

サイズ 12.8×3.1×3.4cm
重量 79g
タイプ コードレス
電源 単4乾電池×2
スピード調整 2段階

コイズミ ネイルポリッシャー KSB-LC01/Pのおすすめポイント3つ

  • スポンジ製のビットなので爪に当てやすい
  • 自然なつやを出すナチュラル仕様
  • 足の指にも使える

コイズミ ネイルポリッシャー KSB-LC01/Pのレビューと評価

ネイルだ出来なくとも爪をきれいにしたい!

コイズミのネイルポリッシャーKSB-LC01/Pは、爪につやを出したい人におすすめの機種です。

ビットの素材がスポンジなので爪に当てやすくケガをしにくいのが特徴で、また柔らかいにもかかわらず結構なパワーがあるのでスルスルと削れます。

つや出しにもオフにも使えますが爪磨きに定評があり、口コミやレビューでは高評価が多く、『自然な仕上がりなので男性にもおすすめ』『ネイル禁止の職場でも使えてきれいに仕上がります』とその出来栄えは中々なようでした。

コイズミ ネイルポリッシャー KSB-LC01/Pはこんな人におすすめ!

爪の形を整えたい人、爪に自然なつやを出したい人、など

ビューティーワールド コンパクトハイネイルマシーン

created by Rinker
ビューティーワールド
¥4,956 (2020/10/22 21:41:33時点 Amazon調べ-詳細)

ビューティーワールド コンパクトハイネイルマシーンの仕様・製品情報

サイズ 10×21×4cm
素材 アルミニウム
タイプ コード
使用電力 AC100v
回転数 3000~16000rpm

ビューティーワールド コンパクトハイネイルマシーンのおすすめポイント3つ

  • 細身のボディで持ちやすい
  • 軽金属仕様で手が疲れにくい
  • 本体にスイッチがないので使いやすい

ビューティーワールド コンパクトハイネイルマシーンのレビューと評価

使いやすさ重視で小回りが利くボディ

ビューティーワールドのコンパクトハイネイルマシーンはあ、一言でいえば使いやすさを重視したネイルマシンと言えるでしょう。

軸径が2.34mmと、他のネイルマシンに比べても細く、まるでペンでも持っているかのような使いやすさが特徴です。

また本体に軽いアルミ素材を使用しているので、長時間作業していても重くなく、手が疲れにくい仕様にもなっています。

ビューティーワールド コンパクトハイネイルマシーンはこんな人におすすめ!

細かい作業が苦手な人、今までのネイルマシンを太くて使いにくいと思っている人、など

Petitor ネイルマシーン プチトル-S

Petitor ネイルマシーン プチトル-Sの仕様・製品情報

サイズ 135×φ23.5mm
重量 128g
タイプ コード
ビット数 8種類
回転数 6000~22000rpm

Petitor ネイルマシーン プチトル-Sのおすすめポイント3つ

  • 殆どの口コミで高評価
  • 無段階調節機能で好きな回転数に設定
  • 初心者からプロまで使える幅広さ

Petitor ネイルマシーン プチトル-Sのレビューと評価

ネイルマシンの大本命ともいえる人気機種

Petitorのプチトル-Sはネイルマシンの中でも人気と知名度が高く、評判も良いおすすめ機種です。

口コミサイトやおすすめサイトなどでは必ずと言っていいほど取り上げられ、尚且つレビューや使用者の話では大体が高評価という非常に評判が良いのが特徴的です。

機能的に言っても、無段階調節や正逆回転機能が付いており、回転数も幅広くビット数も豊富と非の打ちどころがありません。

まさに初心者からプロまでおすすめできるネイルマシンと言っても過言でないでしょう。

Petitor ネイルマシーン プチトル-Sはこんな人におすすめ!

結局どのネイルマシンを選べばいいのか分からない人、なんでもいいから良い機種が欲しい人、など

Subay 卓上式 プロ用電動サロンマシンネイルドリル

※現在、amazonでは売り切れています。

Subay 卓上式 プロ用電動サロンマシンネイルドリルの仕様・製品情報

サイズ 133×61×91mm
タイプ 卓上
入力電力 110v
出力電力 0‐17v
回転数 最大20000rpm

Subay 卓上式 プロ用電動サロンマシンネイルドリルのおすすめポイント3つ

  • 卓上タイプなのにコンパクト
  • 高い静音性
  • スタンド付きで使い勝手抜群

Subay 卓上式 プロ用電動サロンマシンネイルドリルのレビューと評価

初めて卓上タイプを購入する人にピッタリ

Subayの卓上ネイルマシンは、卓上タイプの欠点である『騒音性』と『大きさ』を改善させた機種といえます。

基本的に大きめな機種が多い卓上タイプに中にあって、比較的コンパクトで場所を取らないので手が届きやすいのが理由として挙げられます。また作動音も非常に静かで、実家住まいやアパートに住んでいる人でも使いやすいというメリットもあります。

機能的に言えば本格的な卓上タイプに比べると見劣りしますが、価格的にもリーズナブルで、口コミやレビューでの評価も高いです。、初めて卓上タイプを購入する人にはおすすめでしょう。

Subay 卓上式 プロ用電動サロンマシンネイルドリルはこんな人におすすめ!

初めて卓上タイプを購入したい人、アパートや集合住宅住まいの人、など

まとめ

以上、おすすめのネイルマシンとその選び方などについて紹介してきました。ネイルマシンはネイルのオフにも爪磨きとしても使え、どちらの使い方を主体とするかによっても選び方が変わってきます。自分の目的に合わせた機種を選ぶことが、適切なネイルケアを行う上で重要な要素となります。