【じっくり読むと7分】

スマホやタブレットなどの充電に欠かせないUSB急速充電器は、持ち運びに便利で人気のアイテムです。今回は、そんなスマホ対応急速充電器を急速充電のメリットとデメリット、選び方の解説の上、手軽な価格のモデルから使い勝手のよいモデルまでiPhoneやAndroidに最適な人気の10モデルを厳選してご紹介します。




急速充電とは

急速充電とは、スマホやタブレットなどの充電コネクタへ電圧を上げた電流を流すことで、短時間の充電を可能にする技術のこと。現在のところ、急速充電は規格が統一されていません。そのため、スマホや充電器メーカーにより「PowerIQ対応」や「Quick Charge対応」など様々です。これらも「接続された機器で充電可能な最大スピードに近い速度で充電できる」ようにするために、各社が独自開発した技術です。

急速充電のメリット

短時間で充電ができる

急速充電の最大のメリットは、「短時間で充電ができる」ことです。スマホやタブレットの機器にもよりますが、通常充電と比べて約半分ぐらいの時間で満充電が可能です。急速充電のもう一つのメリットは、「最初の1時間程度の充電量」にあります。

スマホやタブレットに使われているリチウムイオンバッテリーは、通常、最初に定電流充電を行い一気に充電する特徴があります。充電する機器にも左右されますが、その特徴をフルに活かした給電が可能です。満充電にする必要がない場合は、より短時間で一気に充電ができます。

急速充電のデメリット

バッテリーの寿命を短くする

急速充電は、短時間で充電ができて便利な反面、電圧を高めて給電するためバッテリーにダメージを与えるリスクもあります。充電中バッテリーから多くの熱が発生します。充電が完了した状態で長時間そのままにすると、バッテリーに負担が掛かり劣化の原因となります。

現在では、スマホやタブレット側にも急速充電対応の機種も増えているので、特に神経質になる必要はありません。しかし、同じ機種を長く使い続けたい場合は注意が必要です。

スマホ対応急速充電器の選び方

電流の最大出力(アンペア=A)が高い充電器を選ぶ

急速充電器を選ぶ時に、先ずチェックしてほしいのが出力できる電流(アンペア=A)の数字です。なぜなら、急速充電に対応したスマホやタブレットであれば、アンペアが大きいほど充電時間が短くなるからです。

充電に必要な電流は、スマホで定格1A、タブレットでは定格2Aが必要になります。そのことから、急速充電器は、普通のスマホなら定格出力5V1A以上、iPhone 8 Plusのような大型スマホなら1.5A、タブレットなら2A以上のものを選びましょう。

ポート数で充電器を選ぶ

最近では、個人だけなく、家族でスマホやタブレット、モバイルバッテリーなど複数利用しているケースも多々あります。ポート数の多い充電器であれば、スマホやタブレット、モバイルバッテリーなどを一度に充電ができて大変便利です。

それ以外でも、占有するコンセントが1つで済ますし、狭い場所で使う場合もスッキリするなどのメリットもあります。急速充電器を選ぶ際には、利便性の高いポート数の多いモデルを選びましょう。

機器に対応した充電ケーブルを選ぶ

周辺機器メーカーが発売している急速充電器の大半は、充電ケーブルが別売になっています。それは、使う人のニーズにあった長さのケーブルが選べるようになっているためです。
急速充電器の性能をきっちり発揮させるには、それぞれの急速充電に対応したケーブル選びがとても重要になります。急速充電規格別の注意点をしっかり把握して選びましょう。

Quick Charge3.0

Quick Charge3.0を利用するには、対応充電器と対応デバイスの間で通信を行う事でバッテリーの状態を検知して給電量を決めています。そのため、充電のみのケーブルでは機能しないので、充電と通信機能の双方に対応しているケーブルが必要になります。

USB PD (USB Power Delivery)

USB PD (USB Power Delivery)は、USB Type-CとUSB 3.1を混同してしまう部分がありますが、USB Type-Cは、接続コネクタの形状のことなので勘違いしないように注意しましょう。全てのUSB Type-CケーブルがUSB PDに対応するわけではないので、選ぶ際には、必ず「USB PD (Power Delivery)対応」の表記を確認しましょう。

iPhone・iPadの場合

iPhone・iPadの場合は、純正でLightningケーブルが付属していますのでそれを流用するケースが大半です。しかし、別に用意する場合には、Apple社が定める性能基準MFi認証を受けている製品を選びましょう。

Androidユーザーの場合「Quick Charge」への対応をチェックする

Android搭載のスマホやタブレットの場合は、端末メーカーで他社が開発した高速充電規格に対応しているモデルがあります。その代表的なものにクアルコム社の「Quick Charge」 があり、現在の最新は3.0です。

Quick Chargeは、対応充電器と対応機器の間で通信を行いバッテリーの状態を検知して最適な給電量で充電します。そのため、効率的な急速充電とバッテリーの負荷と劣化を抑えます。高速化と安全性の両立した先進の高速充電規格です。Androidでは、標準搭載されている機器が多いので必ずチェックしましょう。

スマホ対応急速充電器のおすすめ10選

cheero USB AC Charger QC3.0 CHE-315

cheero USB AC Charger QC3.0 CHE-315 の仕様・製品情報

対応デバイスiPhone / iPad / Android各種対応
入力100-240V〜50/60Hz 0.5A
出力3.6V-6V/3A , 6V-9V/2A , 9V-12V/1.5A (AUTO-IC機能付き)
寸法 (幅x高さx奥行き mm)43.0×42.7×37.5
重量 (g)54
主要機能AUTO-IC機能・Quick Charge 3.0対応
カラーブラック・ホワイト

cheero USB AC Charger QC3.0 CHE-315 のおすすめポイント3つ

  • Qualcomm Quick Charge 3.0に対応
  • 独自技術Auto-ICで機種を選ばず急速充電
  • 持ち運びに便利な小さな本体

cheero USB AC Charger QC3.0 CHE-315 のレビューと評価

コンパクトで携帯に便利なQC3.0 急速充電器

カバンに一つ常備したい人、充電する機器は1台だけなら、cheero USB AC Charger QC3.0がおすすめ。ポートが1つとシンプル。コンパクトで折り畳み式なので、カバンの中に入れても中の物を傷つける心配もなく、持ち運びに便利です。
QC3.0に対応し、対応機種なら非対応機器よりもさらにハイスピードな急速充電が可能。iPhoneなどの非対応機種でも独自のAuto-IC技術で安定した急速充電ができます。最大3A出力が可能なので、モバイルブースター用にも最適です。

AUKEY 2ポートUSB充電器 PA-U32

AUKEY 2ポートUSB充電器 PA-U32 の仕様・製品情報

対応デバイスiPhone / iPad / Android各種対応
定格入力300mA/100-240V AC
最大出力電流2.4A(2ポート合計2.4A)
消費電力12W
寸法 (幅x高さx奥行き mm)31x35x29
主要機能Ai Power
カラーホワイト・ブラック

AUKEY 2ポートUSB充電器 PA-U32 のおすすめポイント3つ

  • 超小型デザインと折畳式で高い携帯性
  • 接続した端末を自動検知し急速充電するAi Power技術
  • 回路保護システムで安全な充電が可能

AUKEY 2ポートUSB充電器 PA-U32 のレビューと評価

超小型デザインで旅行や出張に最適な2ポート急速充電器

AUKEY 2ポートUSB充電器 PA-U32は、2ポートタイプでは、世界最小サイズでとてもコンパクト。電源タップにつけても隣のコンセントの邪魔になりません。プラグ部分は、折り畳みが可能で持ち運びにも便利なので旅行や出張用に最適です。

QCには未対応ですが、充電する端末に最適な電流を検知するAi Power技術で多彩な機種に対応。各種保護機能搭載で安全な充電が可能です。2ポート合計2.4Aの出力なので、スマホなら2台、タブレットなら1台の急速充電ができます。低価格なので携帯用の予備にもおすすめです。

RAVPower 24W 2ポート USB充電器 RP-UC11

RAVPower 24W 2ポート USB充電器 RP-UC11 の仕様・製品情報

対応デバイスiPhone / iPad / Android各種対応
入力AC 100-240V
出力DC 5V 4.8A (各ポート最大2.4A)
寸法 (幅x高さx奥行き mm)53x53x27
重量 (g)81.6
主要機能iSmartテクノロジー
カラーホワイト・ブラック

RAVPower 24W 2ポート USB充電器 RP-UC11 のおすすめポイント3つ

  • 各ポート最大2.4Aまで出力が可能
  • 出力を自動判別し高速充電する独自のiSmart技術
  • 折畳式プラグによるコンパクト設計

RAVPower 24W 2ポート USB充電器 RP-UC11 のレビューと評価

タブレット2台の同時の急速充電ができるハイパワー2ポート充電器
RAVPower 24W 2ポート USB充電器 RP-UC11は、24W最大4.8Aの急速充電に対応。2ポートとも出力2.4Aなので、タブレット2台の同時の急速充電ができるハイパワーが大きな魅力。

接続機器を自動検知し、最適な電流を送る独自のiSmart技術を搭載。iPhone、Androidデバイスを選ばず急速充電が可能です。充電器自体とデバイスを保護する回路保護システム搭載で安心です。
形状もコンパクト、プラグも折り畳み可能で持ち運びにも便利です。使い勝手のよさと、お求め易さでおすすめです。

Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0

Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0 の仕様・製品情報

対応デバイスiPhone / iPad / Android各種対応
入力AC100, 240V/0.8A, 50-60Hz
出力(PowerIQ 出力) 5V/2.4A [合計出力] 31.5W (QC3.0 出力) 3.6-6.5V / 3A, 6.5-9V/2A, 9-12V/1.5A
寸法 (幅x高さx奥行き mm)65x65x29
重量 (g)134
主要機能Quick Charge 3.0・PowerIQテクノロジー
カラーブラック

Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0 のおすすめポイント3つ

  • Quick Charge 3.0に対応
  • PowerIQテクノロジーで機種を選ばず高速充電
  • 携帯性に優れたコンパクトな本体

Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0 のレビューと評価

QC3.0とPowerIQで効率的な充電ができる高性能急速充電器

iPhoneとAndroidの2台持ちユーザーなら、Anker PowerPort 2 Quick Charge 3.0がおすすめ。Quick Charge 3.0に対応デバイスなら、従来の4倍の速さで充電が可能。わずか35分で80%充電ができます。
iPhoneやiPadなどの非対応機器でもPowerIQ ポートで高速充電に対応。最大出力31.5Wの余裕の給電能力で安定した充電ができます。熱を持ちやすいQuick Charge 3.0対応充電器の中では、小柄なタイプで携帯性に優れているのも魅力です。

RAVPower PD対応 2ポート充電器 RP-PC017

RAVPower PD対応 2ポート充電器 RP-PC017 の仕様・製品情報

対応デバイスiPhone / iPad / Android各種対応
入力AC 100-240V 1.2A
出力(iSmart) 5V/2.4A (USB-C PD) 5V/3A、9V/2A、15V/2A、20V/1.5A
寸法 (幅x高さx奥行き mm)76x69x25
重量 (g)168
主要機能USB-C PD・iSmartテクノロジー
カラーホワイト・ブラック

RAVPower PD対応 2ポート充電器 RP-PC017 のおすすめポイント3つ

  • USB-CとPower Delivery充電規格に対応
  • iSmart出力自動判別機能で高速充電が可能
  • 過充電、過放電から機器を守るマルチ保護システム

RAVPower PD対応 2ポート充電器 RP-PC017 のレビューと評価

USB PDに対応した扱いやすい2ポート急速充電器

USB PDに対応したPCとスマホの充電環境をシンプルにしたい人。出張が多く、極力荷物を少なくしたい人には、RAVPower PD対応 充電器 RP-PC017がおすすめ。

Power Delivery(PD)充電規格に適合したUSB-Cと汎用性の高いUSB-Aの2ポートで扱いやすい構成。独自のiSmartテクノロジーで接続デバイスに最適な電流を供給。充電機器を守るマルチ保護システムで安心の高速充電が可能です。

Anker PowerCore Fusion 5000

Anker PowerCore Fusion 5000 の仕様・製品情報

対応デバイスiPhone / iPad / Android各種対応
入力AC使用時 5V=2A
出力AC使用時 5V=2.1A (最大合計x2.1A) / バッテリー使用時 5V=3A (最大合計3A)
バッテリー容量5000mAh
寸法 (幅x高さx奥行き mm)72x70x31
重量 (g)189
主要機能PowerIQ・VoltageBoost
カラーブラック・ホワイト・レッド

Anker PowerCore Fusion 5000 のおすすめポイント3つ

  • 急速充電器とモバイルバッテリーの一台二役の優れもの
  • 独自のPowerIQとVoltageBoostで機種を選ばす高速充電が可能
  • 5000mAhの大容量バッテリー

Anker PowerCore Fusion 5000 のレビューと評価

旅行に最適!充電器とモバイルバッテリーの利便性を備えたモデル
モバイルバッテリーと充電器の使い勝手に不便を感じてる人なら、Anker PowerCore Fusion 5000がおすすめ。

一番の特徴が、急速充電器とモバイルバッテリーを一台でこなせる取り回しのよさ。QC3.0には、非対応ですが、独自のPowerIQとVoltageBoostでiPhone、Android関係なく急速充電が可能。5000mAhのバッテリー搭載で、ほぼすべてのスマホを1回以上フル充電できる優れものです。プラグが折り畳み式でコンパクトになるので、旅行や出張に最適です。

RAVPower 40W 4ポートUSB充電器 RP-UC07

RAVPower 40W 4ポートUSB充電器 RP-UC07 の仕様・製品情報

対応デバイスiPhone / iPad / Android各種対応
入力AC 100-240V
出力DC 5V/8A(各ポート最大2.4A、合計8Aまで)
寸法 (幅x高さx奥行き mm)90x58x28
重量 (g)163
主要機能iSmartテクノロジー
カラーホワイト・ブラック

RAVPower 40W 4ポートUSB充電器 RP-UC07 のおすすめポイント3つ

  • 付属の変換アダプタで壁挿しと卓上2通りの使い方が可能
  • 独自のiSmart技術で4台同時に急速充電可能
  • 持ち運びしやすい手のひらサイズ

RAVPower 40W 4ポートUSB充電器 RP-UC07 のレビューと評価

使う場所に応じて壁挿しと卓上の使い方ができる4ポート急速充電器
使う場所で電源への接続方法が選べる急速充電器が欲しい人は、RAVPower 4ポートUSB充電器 RP-UC07がおすすめ。ライフスタイルやコンセントの位置に応じて変換アダプタで壁挿しと卓上2通りの使い方ができる柔軟性の高さが最大の特徴。

40W最大8.0A、1ポート2.4Aのハイパワー給電、独自のiSmart技術で接続機器を選ばない給電が可能。回路保護システム搭載で4台同時の急速充電でも安心です。4ポートモデルながら、手のひらサイズの取り回しのよさと、コスパの高さも魅力です。

Anker PowerPort Speed 4

Anker PowerPort Speed 4 の仕様・製品情報

対応デバイスiPhone / iPad / Android各種対応
入力AC100, 240V/1.7A, 50-60Hz
出力[QC3.0 出力] 3.6-6.5V/3A, 6.5-9V/2A, 9-12V /1.5A [PowerIQ 出力] 5V/4.8A (各ポート最大2.4A)
寸法 (幅x高さx奥行き mm)68x68x29
重量 (g)142
主要機能Quick Charge 3.0・PowerIQテクノロジー
カラーブラック

Anker PowerPort Speed 4 のおすすめポイント3つ

  • Quick Charge 3.0に対応
  • 独自のPowerIQとVoltageBoostによる高速充電
  • 4ポートで合計43.5Wの出力が可能

Anker PowerPort Speed 4 のレビューと評価

Quick Charge 3.0対応コンパクトサイズの4ポート急速充電器
Anker PowerPort Speed 4は、QC3.0が1、PowerIQが3の計4ポート同時充電が可能な充電器。特に、QC3.0対応でマルチポート充電器を探している人、USB充電機器が増えてシンプルにまとめたい人におすすめ。

QC3.0対応機器なら、従来の4倍の速さで高速充電が可能。また、iPhoneなどの非対応機器でも独自のPowerIQとVoltageBoostで最適な給電が可能。最大出力が43.5Wあるので高速充電でも安定しています。電源プラグが折り畳み式のコンパクトタイプで持ち運び用にも最適です。

Anker PowerPort+ 5 USB-C USB Power Delivery

Anker PowerPort+ 5 USB-C USB Power Delivery の仕様・製品情報

対応デバイスiPhone / iPad / Android各種対応
入力AC100, 240V/1.7A, 50-60Hz
出力[PowerIQ 出力] 5V/6A (各ポート最大2.4A) [USB PD出力] 5V/3A, 9V/3A,15V/2A, 20V/1.5A
寸法 (幅x高さx奥行き mm)103x78x28
重量 (g)213
主要機能USB PD・PowerIQ・VoltageBoost
カラーブラック・ホワイト

Anker PowerPort+ 5 USB-C USB Power Delivery のおすすめポイント3つ

  • Power Delivery搭載USB-Cに対応
  • 独自のPowerIQとVoltageBoostによる高速充電
  • 60Wの高出力で5台同時の急速充電でも安心

Anker PowerPort+ 5 USB-C USB Power Delivery のレビューと評価

デスク回りの充電環境を快適にする5ポートのUSB/USB-C急速充電器
PowerPort+ 5 USB-C USB Power Deliveryは、5ポートのUSB/USB-C急速充電器。USB PDに対応した最新のPowerBookなどのノートPCやiPhone、スマホの複数ユーザにおすすめです。5ポートタイプでは大柄なので機動性はありませんが、5台同時の急速充電でも60Wの高出力で安定した給電が可能です。

独自のPowerIQとVoltageBoostテクノロジーでUSB-C機器でない場合も急速充電に対応します。上質な質感と高い耐久性を実現したアルミニウム合金製のパネルを採用するなど、品質へのこだわりも魅力のモデルです。

まとめ

今回は、持ち運びに便利でおすすめのスマホ対応急速充電器を急速充電のメリットとデメリットや選び方のポイントを解説の上、 iphoneやAndroidに最適な人気の10モデルをご紹介しました。今回ご紹介したおすすめモデルや急速充電器の選び方を参考にライフスタイルに合ったスマホ対応急速充電器を見つけてみてください。