【2022】RAW現像におすすめなノートパソコン9選|予算別・タブレットも

コーヒーを飲みながら考える人

今回はRAW現像におすすめのノートパソコンをご紹介します。デル(DELL)やエムエスアイ(MSI)、マイクロソフト(Microsoft)など、大手有名メーカー製品はもちろん、コスパに優れたレノボ(Lenovo)やエイスース(ASUS)の製品まで幅広くピックアップしています。

高性能なCPUを搭載しているにも関わらず、10万円以下で購入できるコスパに優れたモデルも紹介しているので、是非参考にしてみてください。

パソコンとカップと眼鏡 【劇的クオリティアップ】写真編集におすすめのノートパソコン10選 スーツの男性 【最新版】新社会人におすすめのノートパソコン・デスクトップPC最強19選 安い&コスパ最強ノートパソコンのおすすめ14選

RAW現像とは

黒のニコンのカメラ
RAW現像とは、生(=RAW)の画像データに画像処理を施すことを指します

RAWデータはJPEGなどと異なり、非圧縮データのため、より多くの情報を持っているのが特徴。このため、撮影後に画像を調整しても、より違和感なく、多彩な表現が可能です。

Adobe Lightroomや、SILKYPIXなどの有料ソフトのほか、Nikonなどカメラメーカー各社が無料で提供するソフトなどを使用することで、RAW現像を行えます

RAW現像におすすめなノートパソコンの機能・性能

RAW現像におすすめなノートパソコンの注目したい機能・性能は、以下の3つです。

  • CPU
  • ストレージ・メモリ
  • 液晶

CPU

パソコンの頭脳にあたるCPU。RAW現像は、一枚一枚が容量の大きい「RAWデータ」を扱うため、搭載されているCPUの性能によって、作業にかかる時間や快適性が大きく変わります

RAW現像用のノートパソコンを選ぶ際は、まずCPU性能に注目しましょう。

ストレージ・メモリ

RAW現像用のノートパソコンを選ぶ際は、ストレージの種類やメモリ容量にも注目しましょう。

JPEGやPNGに比べてファイルサイズが大きく、読み込みや書き込みに時間がかかってしまうRAWデータ。SSD搭載モデルや、メモリサイズの大きいモデルにすることで、データの読み書きを高速化できるため、現像にかかる時間を短縮できます。

液晶

RAW現像の際に画像を正しく確認するためは、液晶の性能も重要です。特に、表示できる色の範囲を示す「色域」や、解像度を確認しましょう

また、液晶のサイズに関しては、大きい方がより正確に画像を確認しやすいです。しかし、持ち歩きの手間が増えてしまうため、ノートパソコンを持ち運びたい場合は携帯性とのバランスを考慮しましょう。

RAW現像におすすめのノートパソコンの選び方

パソコンにSDカードを挿す
RAW現像におすすめのノートパソコンの選び方を以下の5つのポイントから解説します。

  • CPU性能で選ぶ
  • ストレージとメモリで選ぶ
  • 液晶性能で選ぶ
  • GPUの搭載有無で選ぶ
  • SDカードスロットの搭載有無で選ぶ

CPU性能で選ぶ

CPUについては、一度に取り扱う画像データの量にもよりますが、最低でもIntel Core i5クラス以上をおすすめします。

特に、快適に作業したい場合や、一度に何十〜何百枚もまとめて書き出すことがある場合などは、Core i7以上を搭載したノートパソコンがおすすめです。

ストレージとメモリで選ぶ

ストレージについては、読み書きのスピードが大きく変わるため、HDDではなくSSDをおすすめします。

また、RAW現像にはメモリを大きく使用するため、メモリ容量については最低でも16GB、予算に余裕がある場合は32GBがおすすめです。

液晶性能で選ぶ

色域については、Adobe RGBカバー率、sRGBカバー率の高いモデルを選びましょう。機種が限られるものの、Adobe RGBカバー率100%の液晶が最もおすすめです。

また、解像度については、基本的にはフルHDであれば現像作業自体は可能ですが、予算に余裕があれば4Kもおすすめです。

GPUの搭載有無で選ぶ

写真の編集作業にはGPUは必要ないので、高性能なCPUを搭載したノートパソコンであれば使用が可能。ただし、映像の処理を担当するGPUが搭載されているモノを使用するのに越したことはありません

最近では1部にGPUの映像処理機能を使用するRAW現像ソフトも存在します。写真編集に使用する場合は高性能なGPUは必要なく、エントリーモデルでも充分使用できます。

SDカードスロットの搭載有無で選ぶ

ノートパソコン本体にSDカードスロットが搭載しているモデルであれば、デジカメで撮影した写真データを直接挿し込んで転送可能。搭載されていないモデルであっても、外付けのSDカードリーダーを購入すればデータ転送が可能ですが、USBポートを1基塞いでしまうことになります。

直接SDカードが挿せるモデルであれば、手間もかからないのでクリエイターにはおすすめです。

RAW現像におすすめのノートパソコンのメーカー一覧

dellのパソコン
RAW現像におすすめのノートパソコンのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • エイスース(ASUS)
  • デル(DELL)
  • レノボ(Lenovo)

エイスース(ASUS)

台湾の台北市に本社を構えるパソコンやパソコンパーツ、パソコン周辺機器メーカー「エイスース」。ゲーミングパソコンも多数取り扱っており、高い処理性能を求める方にもおすすめのメーカーです。

また、エイスースが製造するRAW現像向けのノートパソコンは、比較的リーズナブルな価格で購入可能。コスパ重視でRAW現像向けのノートパソコンをお探しの方にもおすすめです。

デル(DELL)

ヒューレットパッカード(HP)やレノボと並んで、パソコン市場で高いシェア率を誇る「デル」。高い処理性能を備えたモデルから、コスパに優れた初心者向けのモデルまで幅広いノートパソコンラインアップを取り揃えているのが特徴です。

デルのRAW現像向けのノートパソコンは、シンプルな設計で使いやすいのが特徴。初めて購入するRAW現像向けノートパソコンとしてもおすすめです。

レノボ(Lenovo)

レノボは香港に本社を置く大手パソコンメーカーです。中華メーカーらしく、コスパに優れた製品を多数取り扱っているのが特徴。高性能ながらリーズナブルな価格で購入できるノートパソコンを多数製造しています。

レノボが製造するRAW現像向けのノートパソコンは、AMD製のCPUが採用されているモデルも多く、コスパを重視する方にもおすすめです。

【10万円まで】RAW現像におすすめのノートパソコン2選

予算10万円までのRAW現像におすすめのノートパソコンを紹介します。

マウスコンピューター(mouse) ノートパソコン MB-CU71SI11ZN

最初に紹介するおすすめのRAW現像におすすめのノートパソコンは、「マウスコンピューター(mouse) MB-CU71SI11ZN」です。

ディスプレイサイズ15.6型
本体サイズ361×256×24.1mm
重量約2.03kg
CPUIntel Core i7-10510U
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB
評価・レビュー
処理性能
(3.5)
映像の美しさ
(4.0)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • シンプルなデザインを採用しており使いやすいノートパソコンです。
  • OSにWindows11を採用しているのがポイントです。
  • 画面が広く使用できるナローベゼルを採用しています。

「マウスコンピューター(mouse) MB-CU71SI11ZN」の特徴

デザインがシンプルでシーンを選ばず使いやすいだけでなく、1920×1080のフルHDに対応した15.6型のディスプレイにナローベゼルを採用しているノートパソコンです。

こんな人におすすめ
ナローベゼルを採用しているので、15.6型ながら比較的コンパクトなRAW現像向けノートパソコンをお探しの方におすすめです。

エイスース(ASUS) Vivobook 15 X512JA-EJ257T

次に紹介するRAW現像におすすめのノートパソコンは、「エイスース(ASUS) X512JA-EJ257T」です。

ディスプレイサイズ15.6型
本体サイズ357.2×230.4×19.9mm
重量約1.7kg
CPUIntel Core i7-1065G7
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB
評価・レビュー
処理性能
(3.5)
映像の美しさ
(4.0)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • エルゴリフトヒンジを採用しており快適に入力作業が行えます。
  • HDMI・USB Type-C・microSDカードリーダーなどインターフェイスも充実しています。
  • ASUS SonicMaster技術を搭載しており高品質なサウンドが再生できます。

「エイスース(ASUS) X512JA-EJ257T」の特徴

ディスプレイを開いた際にキーボードに角度がつく「エルゴリフトヒンジ」が採用されており、タイピングを快適に行えるのがポイントです。

こんな人におすすめ
エルゴリフトヒンジ機能が搭載されているので、快適に入力作業ができるRAW現像向けノートパソコンをお探しの方におすすめです。

【10万~15万円まで】RAW現像におすすめのノートパソコン2選

予算10万~15万円までのRAW現像におすすめのノートパソコンを紹介します。

デル(DELL) G3 15ゲーミング ノートパソコン NG38H5A-AWLW

最初に紹介するRAW現像におすすめのノートパソコンは、「デル(DELL) NG38H5A-AWLW」です。

ディスプレイサイズ15.6型
本体サイズ365.5×254×21.6mm
重量2.34kg
CPUIntel Core i7-10750H
メモリ16GB
ストレージSSD 256GB/HDD 1TB
評価・レビュー
処理性能
(3.5)
映像の美しさ
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • ダイナミック パフォーマンス モードによってファンを高速回転しシステムをパワフルに冷却します。
  • デュアルスピーカーを内蔵しており臨場感あるサウンドが楽しめます。
  • 比較的リーズナブルな価格ながらGPUが搭載されています。

「デル(DELL) NG38H5A-AWLW」の特徴

比較的リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れたノートパソコンながら、GPUにNVIDIAのGTX1650Tiを搭載しています。

こんな人におすすめ
NVIDIAのGTX1650Tiが搭載されているので、GPUが必要なRAW現像ソフトを使用している方におすすめです。

レノボ(Lenovo) IdeaPad Slim 560Pro(16)

次に紹介するRAW現像におすすめのノートパソコンは、「レノボ(Lenovo) IdeaPad Slim 560Pro(16)」です。

ディスプレイサイズ16.0型
本体サイズ356×251×17mm
重量1.92kg
CPUAMD Ryzen7-5800H
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB
評価・レビュー
処理性能
(3.5)
映像の美しさ
(4.5)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 2560×1600の高解像度16.0型ディスプレイを採用しています。
  • AMDの高コスパCPUだけでなくGPUも搭載しています。
  • 顔認証機能を搭載しておりスピーディなログインが可能です。

「レノボ(Lenovo) IdeaPad Slim 560Pro(16)」の特徴

16:10の広い視野を備える16.0型のディスプレイは、2560×1600のWQXGA IPS液晶パネルを採用しており、精細な画像が映し出せます。

こんな人におすすめ
2560×1600のWQXGA IPS液晶パネルが搭載されているので、精細な画像を求める方におすすめです。

【15万円以上】RAW現像におすすめのノートパソコン3選

予算15万円以上のRAW現像におすすめのノートパソコンを紹介します。

エムエスアイ(MSI) Presige-14-A11SC-012JP

最初に紹介するおすすめのRAW現像におすすめのノートパソコンは、「エムエスアイ(MSI) Presige-14-A11SC-012JP」です。

ディスプレイサイズ14.0型
本体サイズ319×219×15.9mm
重量1.29kg
CPUIntel Core i7-1185G7
メモリ16GB
ストレージSSD 1TB
評価・レビュー
処理性能
(4.0)
映像の美しさ
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 1TBの大容量なSSDが搭載されています。
  • OSにWindows10Homeが採用されていますがWindows11への無償アップグレードが可能です。
  • 14インチのコンパクトなディスプレイサイズが採用されています。

「エムエスアイ(MSI) Presige-14-A11SC-012JP」の特徴

OSにWindows10 Homeが採用されていますが、Windows11への無償アップグレードが可能なRAW現像向けのノートパソコンです。

こんな人におすすめ
1TBの大容量なSSDが搭載されているので、写真を多量に保存しておきたい方におすすめです。

デル(DELL) G15 5511 NG7F5A-BNL

次に紹介するRAW現像におすすめのノートパソコンは、「デル(DELL) NG7F5A-BNL」です。

ディスプレイサイズ15.6型
本体サイズ357.26×272.83×24.9mm
重量2.44kg
CPUIntel Core i7-11800H
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB
評価・レビュー
処理性能
(4.5)
映像の美しさ
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • キーボード上面と底面の2ヶ所に吸気口から冷たい空気を取り込めます。
  • 高性能なGPU「NVIDIA GeForce RTX3060」が搭載されています。
  • パワフルな冷却が可能なダイナミック パフォーマンス モードが搭載されています。

「デル(DELL) NG7F5A-BNL」の特徴

パワフルな冷却が可能なダイナミック パフォーマンス モードやキーボードの上面と底面に配置されている吸気口などを備えています。

こんな人におすすめ
冷却性能に優れているので、安定したパフォーマンスを期待したい方におすすめです。

エムエスアイ(MSI) ゲーミングノートPC GF65-10UF-258JP

次に紹介するRAW現像におすすめのノートパソコンは、「エムエスアイ(MSI) GF65-10UF-258JP」です。

ディスプレイサイズ15.6型
本体サイズ359×254×21.7mm
重量1.86kg
CPUIntel Core i7-10750H
メモリ16GB
ストレージSSD 512GB
評価・レビュー
処理性能
(3.5)
映像の美しさ
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 6本のヒートパイプと2基のファンを備えています。
  • 高性能CPUだけでなくNVIDIA GeForce RTX3060も搭載されています。
  • データ転送速度に優れたSSDをストレージに採用しています。

「エムエスアイ(MSI) GF65-10UF-258JP」の特徴

データ転送速度に優れた512GBのSSDや高性能なCPUおよびGPUを搭載しているノートパソコンで、高い処理性能が期待できます。

こんな人におすすめ
ストレージにSSDを採用しているので、データの転送をスピーディに行いたい方におすすめです。

【番外編】RAW現像におすすめのタブレット2選

RAW現像におすすめのタブレットを紹介します。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro 8 EFH-00010

最初に紹介するおすすめのRAW現像におすすめのノートパソコンは、「マイクロソフト(Microsoft) EFH-00010」です。

ディスプレイサイズ13.0型
本体サイズ287×208×9.3mm
重量891g
CPUIntel Core i7-1185G7
メモリ32GB
ストレージSSD 1TB
評価・レビュー
処理性能
(4.5)
映像の美しさ
(4.5)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 2880×1920の高解像度ディスプレイを搭載しています。
  • 180°の角度調節が可能なキックスタンドを備えています。
  • 最大16時間のバッテリー駆動時間を備えています。

「マイクロソフト(Microsoft) EFH-00010」の特徴

2880×1920の高解像度ディスプレイを備えているだけでなく、最大16時間のバッテリー駆動時間を備えているタブレットです。

こんな人におすすめ
最大16時間のバッテリー駆動時間ができるので、外出先での使用頻度が高い方におすすめです。

アップル(Apple) 11インチiPad Pro

次に紹介するRAW現像におすすめのノートパソコンは、「アップル(Apple) 11インチiPad Pro」です。

ディスプレイサイズ11.0型
本体サイズ247.6×178.5×5.9mm
重量466g
CPUApple M1チップ
メモリ非掲載
ストレージSSD 256GB
評価・レビュー
処理性能
(4.0)
映像の美しさ
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 11インチのLiquid Retinaディスプレイを搭載しています。
  • AppleのM1チップが搭載されており高い処理能力が期待できます。
  • スリムかつスタイリッシュなデザインが採用されています。

「アップル(Apple) 11インチiPad Pro」の特徴

高い処理性能が期待できるAppleのM1チップや高解像度なLiquid Retinaディスプレイも搭載されているスタイリッシュなデザインのタブレットです。

こんな人におすすめ
スタイリッシュなデザインが採用されているので、外観にもこだわりたい方におすすめです。
Amazon.co.jp おすすめ商品

RAW現像におすすめなノートパソコンの重要ポイントまとめ

RAW現像におすすめなノートパソコンについて、重要なポイントは以下の3つです。

  • CPUはIntel Corei5以上がおすすめ
  • ストレージはSDD、メモリは16GB以上がおすすめ
  • 液晶は色域や解像度に注目
パソコンとカップと眼鏡 【劇的クオリティアップ】写真編集におすすめのノートパソコン10選 スーツの男性 【最新版】新社会人におすすめのノートパソコン・デスクトップPC最強19選 安い&コスパ最強ノートパソコンのおすすめ14選