PLフィルターとは?おすすめ10選とメーカー、効果、デメリットを解説

【じっくり読むと5分】

おすすめのPLフィルターを、Kenkoやマルミ、ニコンなどの定番メーカーのラインナップから、特に人気のレンズ口径58mm・67mm・77mmの製品を中心に紹介します。夜景やポートレートなどシーンごとの効果や、つけっぱなしのデメリット、C-PLとの種類の違い、寿命なども併せて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

PLフィルターとは

PLフィルターとは、Polarized Light(偏光)フィルターの略で、不要な光の反射を除去する効果を持つフィルターです。

紅葉や青空などの色味が重要な被写体をより色鮮やかに捉えられるほか、ガラス面や水面への反射を抑えることもでき、より多彩な表現を可能にします。

PLフィルターの寿命

PLフィルターは紫外線と熱に弱く、使用頻度の多い場合で2~3年、長くても7~8年で寿命を迎えるとされています。

目安としては、白い紙の上にPLフィルターを置いた際、黄色がかって見えたら交換時期です。経年劣化を起こしたPLフィルターを使用して撮影すると、写真の色が濁ってしまうため、注意しましょう。

PLフィルターの効果やメリット

PLフィルターの効果やメリットを2つ解説します。

  • 反射除去効果
  • 色彩コントラスト効果

反射除去効果

PLフィルターは、被写体表面の反射を抑え、本来の色をより鮮やかに写し出すため、紅葉や、屋外でのポートレート撮影などの際に効果を発揮します。

また、水面やガラス面への反射・写り込みも抑えられるため、水辺での撮影や、展望台からのガラス越しでの夜景撮影などにもおすすめです。

色彩コントラスト効果

PLフィルターは、空気中のチリやホコリによる乱反射を抑える効果も持つため、青空の色味をより深く鮮やかに写し出します。

この効果により、白い雲とのコントラストを高められ、より引き締まった印象の写真を撮影可能です。

PLフィルターの気になるデメリット

PLフィルターのデメリットは、以下の2つです。

  • 光量が少なくなる
  • フレアやゴーストが多くなる

光量が少なくなる

PLフィルターを通すことで光量が少なくなる点には、注意が必要です。光量の減少量は、一般的なPLフィルターの場合、シャッタースピード2段分程度にあたります。

このため、PLフィルターを使う際は、手ぶれに注意するか、状況に応じて三脚を使うなどの対策を取りましょう。

フレアやゴーストが多くなる

一般的に、フィルターを装着するとフレアやゴーストが起きやすくなりますが、中でもPLフィルターは2枚のガラス板で構成されており、フレア等が生じる可能性は比較的高いと言えます。

そのため、PLフィルターのつけっぱなしは基本的におすすめできません。PLフィルターの効果が必要な時にのみ、装着するようにしましょう。

PLフィルターのおすすめメーカー3つ

PLフィルターのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • ケンコー(Kenko)
  • マルミ(MARUMI)
  • ハクバ(HAKUBA)

ケンコー(Kenko)

ケンコーは、レンズからカメラバッグ、天体望遠鏡までを手がける国内メーカー。お手軽モデルから高性能モデルまでを揃えた、幅広いラインナップを誇ります。

PLフィルターだけでも全5シリーズと、最も多くの種類を取り揃えているメーカーのため、自分にあったフィルターを選ぶことができます。

マルミ(MARUMI)

1952年の設立以来、60年以上に渡り、一貫してフィルターを専門に手がけている国内メーカー。

自社内での「開発・製造・生産」までの一貫した体制を実現しており、こだわりの自社製造により世界のオーダーに応える技術力と、質の高さが魅力です。

ハクバ(HAKUBA)

写真撮影に関連する製品を幅広く手がける国内メーカー。特に小口径レンズに限れば、信頼ある国内メーカー各社において最もお手頃価格で購入可能なPLフィルターがあるなど、ユーザー目線で開発された製品群が魅力です。

PLフィルターの選び方

PLフィルターの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 種類で選ぶ
  • フィルター径で選ぶ
  • 反射率で選ぶ

種類で選ぶ

PLフィルターには、PL(偏光)とC-PL(円偏光)の2種類があり、C-PLはサーキュラーPLとも呼ばれます。

PLフィルターの方が安い価格で購入可能ですが、AF機構の種類によってはC-PLフィルターでないとフォーカス誤差が発生する可能性があるため、注意が必要です。

お使いのカメラがAFを搭載している場合は、必ずC-PLフィルターを選びましょう

フィルター径で選ぶ

レンズごとに径が異なり、フィルター径もそれに合わせてさまざまなサイズがラインナップされています。

フィルター購入時は、フィルターを使用したいレンズの径をしっかりと確認し、それに合った径のPLフィルターを選びましょう。

反射率で選ぶ

一般的に、フィルターを装着すると、ゴーストやフレアが出やすくなります。そこで確認しておきたいのが、フィルターの反射率。

低反射率のフィルターほど、値段が高くなるものの、ゴーストやフレアが出にくくなるという特徴を持ちます。PLフィルターを購入する際は、予算に応じて、値段と反射率のバランスを考慮して選びましょう。

PLフィルターのおすすめ10選

PLフィルターのおすすめ10選を紹介します。

ケンコー(Kenko) ZX C-PL 77mm

ケンコー(Kenko) ZX C-PL 77mmの仕様・製品情報

価格 13,560円 (2020年5月24日時点)
フィルター径 77mm

ケンコー(Kenko) ZX C-PL 77mmのおすすめポイント3つ

  • 画期的なフレーム構造による超高解像
  • 明るい透過光量
  • 世界最高レベルのカラーバランス

ケンコー(Kenko) ZX C-PL 77mmのレビューと評価

世界最高クラスの高性能モデル

ケンコー ZX C-PLは、画期的なフレーム構造「フローティングフレームシステム」による超高解像が魅力のフィルターです。

加えて、新開発の高透過偏光膜により、シャッタースピード1段分明るい透過光量も実現しており、世界最高レベルのカラーバランスを誇ります。

ケンコー(Kenko) ZX C-PL 77mmはこんな人におすすめ!

世界最高クラスの高性能PLフィルターがほしい方

ケンコー(Kenko) PRO1D Lotus C-PL 58mm

ケンコー(Kenko) PRO1D Lotus C-PL 58mmの仕様・製品情報

価格 7,076円 (2020年5月24日時点)
フィルター径 58mm

ケンコー(Kenko) PRO1D Lotus C-PL 58mmのおすすめポイント3つ

  • 高い撥水・撥油機能
  • ガラス押さえバネの耐腐食処理
  • 過酷な環境下での撮影に耐える耐久性

ケンコー(Kenko) PRO1D Lotus C-PL 58mmのレビューと評価

環境を問わずに使える高耐久モデル

ケンコー PRO1D Lotus C-PLは、水や油を強力に弾く撥水・撥油機能を備えており、フィルター面への汚れの付着を防ぐほか、ガラス押さえバネには耐腐食処理も施されています。

山中や水辺など、過酷な環境下での使用にも耐える高い耐久性が魅力です。

ケンコー(Kenko) PRO1D Lotus C-PL 58mmはこんな人におすすめ!

過酷な環境でも使用できる耐久性を求める方

ケンコー(Kenko) PRO1D plus WIDEBAND サーキュラーPL(W) 67mm

ケンコー(Kenko) PRO1D plus WIDEBAND サーキュラーPL(W) 67mmの仕様・製品情報

価格 5,940円 (2020年5月24日時点)
フィルター径 67mm

ケンコー(Kenko) PRO1D plus WIDEBAND サーキュラーPL(W) 67mmのおすすめポイント3つ

  • デジタルマルチコート仕様
  • 内面反射を防止するガラス外周墨塗り加工
  • 高いコストパフォーマンス

ケンコー(Kenko) PRO1D plus WIDEBAND サーキュラーPL(W) 67mmのレビューと評価

高性能とお手頃価格を両立

ケンコーのPRO1D plus WIDEBAND サーキュラーPL(W)は、フレアなどの影響を抑えるデジタルマルチコートや、内面反射を防止するガラス外周墨塗り加工が施された高級仕様のC-PLフィルター。

機能に対してお手頃な価格を実現しており、コストパフォーマンスの高さが魅力です。

ケンコー(Kenko) PRO1D plus WIDEBAND サーキュラーPL(W) 67mmはこんな人におすすめ!

コストパフォーマンスの高さを求める方

ケンコー(Kenko) C-PL(W) 58mm

ケンコー(Kenko) C-PL(W) 58mmの仕様・製品情報

価格 3,791円 (2020年5月24日時点)
フィルター径 58mm

ケンコー(Kenko) C-PL(W) 58mmのおすすめポイント3つ

  • ケンコーにおいて最もお手頃価格のシリーズ
  • リニューアルされた薄枠仕様
  • 広角レンズ使用時のケラレも抑制

ケンコー(Kenko) C-PL(W) 58mmのレビューと評価

ケンコーのお手頃モデル

ケンコーのC-PL(W)は、ケンコーのラインナップにおいて最もお手頃価格のC-PLフィルターです。フィルター枠はリニューアルにより薄枠仕様となり、広角レンズに装着した場合に発生しやすいケラレも抑制されるようになりました。

基本性能をそろえたお手頃モデルのため、初めてのC-PLフィルターとしてもおすすめです。

ケンコー(Kenko) C-PL(W) 58mmはこんな人におすすめ!

お手頃価格のC-PLフィルターがほしい方

マルミ(MARUMI) EXUS CIRCULAR P.L 77mm

マルミ(MARUMI) EXUS CIRCULAR P.L 77mmの仕様・製品情報

価格 14,274円 (2020年5月24日時点)
フィルター径 77mm

マルミ(MARUMI) EXUS CIRCULAR P.L 77mmのおすすめポイント3つ

  • マルミ最高性能のC-PLフィルター
  • 明るい高透過偏光膜の採用
  • 0.6%以下の低反射率

マルミ(MARUMI) EXUS CIRCULAR P.L 77mmのレビューと評価

マルミ最高性能を誇るC-PLフィルター

マルミのEXUS CIRCULAR P.Lは、従来のモデルより明るい高透過偏光膜を採用しており、色鮮やかな写真を撮影可能です。加えて、0.6%以下の低反射率により、ケラレやゴーストも抑制。

マルミが手がけるC-PLフィルターシリーズ中、最も高性能なモデルです。

マルミ(MARUMI) EXUS CIRCULAR P.L 77mmはこんな人におすすめ!

高性能なC-PLフィルターがほしい方

マルミ(MARUMI) DHG サーキュラーP.L.D 58mm

マルミ(MARUMI) DHG サーキュラーP.L.D 58mmの仕様・製品情報

価格 3,130円 (2020年5月24日時点)
フィルター径 58mm

マルミ(MARUMI) DHG サーキュラーP.L.D 58mmのおすすめポイント3つ

  • ローレット加工による回転枠の操作性
  • 広角から望遠まで対応する超薄枠仕様
  • お手頃価格

マルミ(MARUMI) DHG サーキュラーP.L.D 58mmのレビューと評価

お手頃価格なスタンダードタイプ

マルミの DHG サーキュラーP.L.Dは、ローレット加工による回転枠の操作性と、広角から望遠まで対応する超薄枠仕様を備えたモデル。

マルミのC-PLフィルターシリーズにおいて最もスタンダードなモデルにあたり、お手頃な価格で購入可能です。

マルミ(MARUMI) DHG サーキュラーP.L.D 58mmはこんな人におすすめ!

スタンダードなお手頃価格のC-PLフィルターがほしい方

ハクバ(HAKUBA) XC-PRO エクストリーム サーキュラーPLフィルター 67mm

ハクバ(HAKUBA) XC-PRO エクストリーム サーキュラーPLフィルター 67mmの仕様・製品情報

価格 7,311円 (2020年5月24日時点)
フィルター径 67mm

ハクバ(HAKUBA) XC-PRO エクストリーム サーキュラーPLフィルター 67mmのおすすめポイント3つ

  • 0.6%以下の超低反射率
  • 撥水・防汚機能
  • 高いコストパフォーマンス

ハクバ(HAKUBA) XC-PRO エクストリーム サーキュラーPLフィルター 67mmのレビューと評価

超低反射率をお手頃価格で実現

ハクバのXC-PRO エクストリーム サーキュラーPLフィルターは、最高品質のSCHOTT製ガラス材を使用することで、0.6%以下の超低反射率を有しています。

水滴や汚れが付着しにくい撥水・防汚機能が施されており、過酷な環境下での風景撮影などにも対応。加えて、高性能に対してお手頃な価格を実現しており、コスパの高さが魅力です。

ハクバ(HAKUBA) XC-PRO エクストリーム サーキュラーPLフィルター 67mmはこんな人におすすめ!

コスパ良好な高性能モデルを求める方

ハクバ(HAKUBA) SワイドサーキュラーPLフィルター 58mm

ハクバ(HAKUBA) SワイドサーキュラーPLフィルター 58mmの仕様・製品情報

価格 3,025円 (2020年5月24日時点)
フィルター径 58mm

ハクバ(HAKUBA) SワイドサーキュラーPLフィルター 58mmのおすすめポイント3つ

  • お手頃なスタンダードモデル
  • 薄型で広角から望遠まで対応
  • レンズキャップ装着可

ハクバ(HAKUBA) SワイドサーキュラーPLフィルター 58mmのレビューと評価

バランスのとれたスタンダードモデル

SワイドサーキュラーPLフィルターは、ハクバのスタンダードモデルで、お手頃な価格が魅力。
薄型のため広角から望遠までケラレが起こりにくく、かつレンズキャップも装着できる設計がなされており、利便性も十分に兼ね備えています。

ハクバ(HAKUBA) SワイドサーキュラーPLフィルター 58mmはこんな人におすすめ!

お手頃なスタンダードモデルがほしい方

ハクバ(HAKUBA) サーキュラーPL 46mm

ハクバ(HAKUBA) サーキュラーPL 46mmの仕様・製品情報

価格 2,307円 (2020年5月24日時点)
フィルター径 46mm

ハクバ(HAKUBA) サーキュラーPL 46mmのおすすめポイント3つ

  • 圧倒的な安さ
  • しっかりとした基本性能
  • 初めてのC-PLフィルターにもおすすめ

ハクバ(HAKUBA) サーキュラーPL 46mmのレビューと評価

圧倒的な安さのC-PLフィルター

ハクバ サーキュラーPLは、信頼ある国内メーカー各社のC-PLフィルターの中で、最も手頃な価格で購入できる点が魅力です。

ガラス反射率は4%以下と、スタンダードモデルと変わらない基本性能を搭載。対応レンズ口径が25-46mmまでと少ないのが欠点ですが、対応してさえいればお手頃価格で購入できるため、初めてのC-PLフィルターにもおすすめです。

ハクバ(HAKUBA) サーキュラーPL 46mmはこんな人におすすめ!

小口径レンズ向けのお手頃モデルがほしい方

ニコン(Nikon) 円偏光フィルターII 67mm

created by Rinker
Nikon
¥11,100 (2020/09/23 18:36:03時点 Amazon調べ-詳細)

ニコン(Nikon) 円偏光フィルターII 67mmの仕様・製品情報

価格 11,070円 (2020年5月24日時点)
フィルター径 67mm

ニコン(Nikon) 円偏光フィルターII 67mmのおすすめポイント3つ

  • ニコン純正のフィルターによる信頼性
  • 薄型仕様
  • 両面マルチコート

ニコン(Nikon) 円偏光フィルターII 67mmのレビューと評価

カメラメーカーのニコンが手がける純正フィルター

ニコンの円偏光フィルターIIは、薄型のため、広角レンズでもケラレなく使用可能なほか、両面マルチコート採用により、ゴーストの低減効果も有しています。純正フィルターとして、ニコンのカメラ使用者に特におすすめのモデルです。

ニコン(Nikon) 円偏光フィルターII 67mmはこんな人におすすめ!

ニコンの純正フィルターがほしい方

PLフィルターの重要ポイントまとめ

この記事で重要なポイントは以下の4つです。

  • PLフィルターにより、不要な光の反射を抑え、色鮮やかな写真が撮影できる
  • PLフィルターには寿命がある
  • PLとC-PLの2種類があり、AF搭載のカメラにはC-PLを選ぶ
  • レンズの径に合ったサイズのPLフィルターを選ぶ