陰毛がツルツルに?ブラジリアンワックスの特徴や他の脱毛の違いも解説

デリケートゾーンのお手入れにはいろいろな方法があるが、最近、注目されているのがブラジリアンワックス。
多少の痛みはあるものの短時間で広範囲を処理でき、肌もツルツルになると評判。
女性だけでなく男性の利用者が多いのも特徴です。
では、ブラジリアンワックスは、除毛クリームを使った自己処理法やエステ脱毛、医療レーザー脱毛とどう違い、どんなメリットがあるのか。
また、どんな注意が必要なのかを徹底解説。
さらに、特にどんな人におすすめなのかを紹介していきます。

ブラジリアンワックスとは

ブラジリアンワックスとは、処理したい部分にワックス(砂糖と保存料を混ぜた液体)を塗り、かたまったところで一気にはがして、ムダ毛を処理する脱毛法です。

多少の痛みを伴いますが、サロンならわずか30分ほどでVIOゾーンを安全に処理できます。

肌への負担が少ないので肌荒れの心配もなく、手軽にアンダーヘアのお手入れをしたい人におすすめです。

除毛クリーム・サロン脱毛(光脱毛)・医療脱毛(レーザー脱毛)との違い


以下3つの除毛・脱毛について解説していきます。

  • 除毛クリーム
  • サロン脱毛(光脱毛)
  • 医療脱毛(レーザー脱毛)

除毛クリーム

除毛クリームは薬品を使い、毛を溶かすことで除毛する方法。アンダーヘアに使えるものも多く、自己処理する時に便利です。

同じ自己処理法として一般的なカミソリ剃りに比べて、肌(角質層)を傷つけてしまうことがないので黒ずみがなく、表面はスベスベに。

一方、すぐに毛が生えてくるので除毛効果が3日~3週間程度と短いのがデメリット。まれに除毛成分が肌に合わずにヒリヒリすることも。

サロン脱毛(光脱毛)

サロン脱毛は、毛根にあるメラニン色素に光を当てて毛を生えにくくすることで、最終的には永久に生えてこないようにする脱毛法。

毛周期に合わせて、何度か照射する必要があるので長い期間、サロンに通わなくてはいけないのが難点。

一方、医療脱毛(レーザー脱毛)に比べて痛みが少なく、炎症などが起こりにくく、価格も手頃なのでオシャレに関心のある女性に人気です。

医療脱毛(レーザー脱毛)

医療脱毛は、レーザーを毛根にある毛母細胞に照射して破壊する脱毛法。

毛母細胞は、毛をつくるところなので、ここが破壊されれば永久に毛は生えてきません。

光脱毛に比べて、短期間で完了します。

医療脱毛は医療行為なので、医師か看護師が必ずおこないます。

そのため、万一、火傷したり、炎症が起きてもすぐに対処してくれるので安心です。

一方、レーザーの出力が強いので痛みが強いのがデメリット。ただし、希望すれば、麻酔をして施術してくれる病院もあります。

ブラジリアンワックスのメリット

ブラジリアンワックスのメリットは、以下の3つです。

  • スピーディー
  • 脱毛後のお肌がツルツル
  • 手頃な価格

スピーディー

塗って一気にはがすだけの簡単脱毛なので、スピーディーに完了。サロンならVIOゾーンの脱毛がわずか30分ほどで終わります。

サロン脱毛(光脱毛)や医療脱毛(レーザー脱毛)のように毛周期に関係なくいつでも処理できるので、急な旅行やデートの予定が入っても慌てずにすむのもメリットの一つ。

サロンに行く時間がない人なら自宅での処理も可能。忙しいビジネスマンでも気軽に試せます。

脱毛後のお肌がツルツル

ワックスの成分は砂糖と保存料のみで、肌荒れの原因になるものなし。そのため、デリケートゾーンにも安心して使えます。

脱毛効果が高く、ゴワゴワした剛毛も、かなり多めの毛量も根こそぎキレイに取り除けます。

さらに脱毛効果は剛毛だけでなく細い毛にも有効なので、誰でも肌はツルツルに。

ムダ毛とともに古い角質も一緒にとるため、肌が明るくなったと感じる人が多いのも特徴です。

手頃な価格

ブラジリアンワックスのサロン料金は、女性用VIOゾーンで、だいたい1万円以下。

最近は、ブラジリアンワックスの人気上昇によりサロンの数も増えてきており、さらにプライスダウン傾向にあります。

市販品のブラジリアンワックスも多数出回っており、サロンや通販だけでなくドラッグストアなど、どこでも買えます。

日本人の体質に合わせて開発された商品もあり、価格は、1,000円台から3,000円台です。

ブラジリアンワックスのデメリット

ブラジリアンワックスのデメリットは、以下の2つです。

  • 毎月1回のお手入れが必要
  • 痛みがある

毎月1回のお手入れが必要

ブラジリアンワックスは永久脱毛ではないので、1か月後には1cmほど毛が生えてくるため、いつもツルツルの状態を保つには毎月1回程度のお手入れが必要。

ただし、水着を着る機会が多い夏は毎月、冬場は少し間隔を長くするなど、好みに合わせてサイクルを変えてもOK。

脱毛間隔を長くしたからといって脱毛効果が薄れるといった心配はありません。

痛みがある

ワックスを一気にはがすので痛みが強いのがデメリット。

医療脱毛(レーザー脱毛)のように、要望によって麻酔を使ったり、サロン脱毛(光脱毛)のように施術の前に肌を冷やして痛みを軽減するという処置がなく、我慢するしかありません。

痛みに弱い人には向かない可能性も。

ただ痛みを感じる度合いは人によって違うので、なかには「医療脱毛よりも痛くない」「思っていたよりも全然痛くなかった」という人もいるようです。

また同じ人でも、Vゾーンに痛みを感じやすい人、Iゾーンに痛みを感じやすい人など、脱毛箇所によって痛みのレベルが違う場合がある。

ブラジリアンワックスはこんな方におすすめ!


スピーディーさとリーズナブルな価格が“売り”のブラジリアンワックスは、永久脱毛を目指すほどではないけれど、エチケットとして脱毛に興味があるという人におすすめ。

主成分が砂糖なので、除毛クリームの刺激で炎症を起こしがちな人でも安心。

また、カミソリでのお手入れに比べると、1回の処理後の効果持続期間が長いので、長い期間、脱毛を続けるなら、カミソリ剃りよりも肌への負担が少ないです。

ブラジリアンワックスは普及しつつある!

ブラジリアンワックスのサロンに通う人の女性と男性の割合は半々。

女性なら20代後半から40代、男性なら30代後半から50代が多いです。

水着着用時のエチケットとしてだけではなく、アンダーヘアのお手入れは、生理時のムレ防止やトイレ後を清潔に保つためといった衛生面での効果が高いです。

そのため、比較的年齢が高い人も利用している。

男性は、毛質が硬く量も多いため、一度試すと、「汗でムレることがなくなった」「トイレ後の処理がラク」などの実感度が高いです。

そのため、男性専用のブラジリアンワックスの市販品も多く登場するほど。

サロン数も増えてきており、手軽な脱毛法として広がりつつあるのがブラジリアンワックスなのです。

ブラジリアンワックスを探そう!

created by Rinker
サージ(SURGI)
¥2,137 (2020/12/05 05:36:03時点 Amazon調べ-詳細)

ブラジリアンワックス脱毛の重要ポイントまとめ

ブラジリアンワックス脱毛の重要なポイントは以下の3つです。

  • ワックスの主成分は砂糖なので、肌への負担が少なく安心
  • 痛みはあるが、人により感じ方はさまざま
  • 衛生面の効果により男性も多く利用している