【話題沸騰】チューナーレステレビおすすめ最強7選!

洋室に置かれたTV

全国展開するドンキことドン・キホーテが2022年から本格販売したことでチューナーレステレビの人気は一気に広まりました。ほとんどの機種はAndroid OSとHDMI端子を搭載し、YouTubeなどのアプリがプリインストールされているのでそのまま配信動画が見れます。Googleアシスタントにも対応しているので、リモコンから簡単に音声操作も可能。最近ではドウシシャを母体にするオリオンの50インチ型など大型画面で4K画質を備えたモデルが大人気。紹介に併せて、接続方法や使い方や地上波を見る方法、NHKの受信料という観点から必要かどうかについても解説します。ご購入の際のヒントとしてどうぞお役立てください。

木製カバーをつけたアマゾンエコー スマートホームハブで出来ることとは?おすすめ5選|テレビやライトを1つのハブにまとめよう 木製カバーをつけたアマゾンエコー スマートホームハブで出来ることとは?おすすめ5選|テレビやライトを1つのハブにまとめよう 壁にかかった黒のテレビ 【2022年】壁掛けテレビのおすすめ人気10選!実際のメリットや方法など

チューナーレステレビとは

テレビとamazonfirestick
チューナーレステレビとは、地上波やBS/CSなどのTV局の受信チューナーがすべてないテレビのこと。
2022年に爆発的にヒットした最大の要因として、ネット配信動画がすぐに観れることがあげられています。多くが配信に非対応の普通のTVだと対応レコーダーやAmazonの「Fire TV Stick」を別に買わなければなりません。

またNHKが受信できないため受信料を払わなくてもいいのもチューナーレステレビの人気ポイント。現行制度では地上契約で年間1万3,650円を払わねばならず、生活費を浮かせるという点で必要と思われる方もいるでしょう。
※他に携帯電話や車のカーナビの保有により、支払い義務が発生する場合もあります。

チューナーレステレビで地上波は見られる?

チューナーレステレビでも地上波は見られます。日テレやテレ朝など民放の5局などが共同でネット動画をストリーミングする「TVer」という配信サービスをご存じでしょうか。

Android OSでTVerのアプリをダウンロードすれば、地上波の番組を見ることができます。フリープランだと多くの場合、見逃し配信で1週間分のみの視聴になりますが、最近ではライブ配信もあってサービスが充実しています

チューナーレステレビとモニターの違い

ディズニープラス搭載のテレビ
チューナーレステレビとモニターの最大の違いは、ネット配信動画が簡単に見れるかどうかにあるでしょう。
チューナーレステレビの多くはAndroid OS搭載で、YouTubeやネットフリックスなどの人気配信アプリがプリインストールされています。また最初からGoogleアシスタントに対応しているものも多く、リモコンなどで音声操作ができる点も便利。

普通のモニターでもAmazonの「Fire TV Stick」をHDMIポートに挿せば配信動画が楽しめます。しかし別途購入が必要な上に、モニターの多くは20インチ台の小型画面でフルHD画質なので高画質の配信動画は楽しめません。
一方、チューナーレステレビには、スマホやPCとの連携でワーキングモニターにもなるタイプもあり多用途に使えます

チューナーレステレビの接続方法・使い方

netflixが映ったテレビ

STEP.1
セットアップ
チューナーレステレビの一般的な使い方を解説します。まずは3秒押しなどでリモコンとテレビのペアリングを。Wi-Fiがあるご家庭ではルーターなどをオンにしてTV画面に映る接続先をリモコン操作で選択してパスワードを入力すればセット終了。Androidスマホがある方はGoogleアカウント情報などと共にお手持ちのスマホとテレビを同期させられます。
STEP.2
配信動画アプリをインストール
Googleでログインすると動画配信などのアプリを選択できます。多くの場合、YouTube・ネトフリ・アマプラといった主要配信サービスはプリインストールされています。
STEP.3
サインインして視聴
利用規約に同意をするとアプリの一覧が表示されます。ネトフリやアマプラを選ぶとサインインが必要で有料契約をしている方だけが利用可能。Google傘下にあるYouTubeは多くの場合、サインインなしで多くの無料動画が見れます。
完了!

チューナーレステレビのおすすめメーカー一覧

いろんなアプリが入ったテレビ
チューナーレステレビのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • オリオン(ドウシシャ)
  • ティーズネットワーク
  • Roommate

オリオン(ドウシシャ)

オリオンは福井県に本社を置く株式会社「ドウシシャ」の傘下にある電気機器メーカー。元々コスパの高いテレビ販売の実績があり、最近チューナーレステレビにも本格参入しました。注目は50インチ4K画質の新規モデルで、HDRや多くの画像補正技術も搭載。

Dolby Audioを搭載し、立体音響のDolby Atmosにも対応するなどサウンド面でも抜群です。大画面・4K高画質に加え、臨場感のあるサウンドで配信動画を楽しみたい方に、オリオンはおすすめのメーカーです。

ティーズネットワーク

ティーズネットワークは、2022年にドン・キホーテが同社製のチューナーレステレビを販売したことで注目されるようになりました。
東京に本社を置く家電や食品の総合メーカーですが、輸出入業務もしているため制作メーカーは海外にあるかもしれません。

ティーズネットワークのチューナーレステレビは現在、24型と42型の2つ。どちらかといえば、小型画面でもフルHDを採用した24型が注目されており、ドンキでも爆売れ中との評判も。
画質の良い小型TVで配信動画を観たい方やドンキのブランド「情熱価格」が好きな方にティーズネットワークはおすすめのメーカーです。

Roommate

Roommateは東京や札幌に本社を置くダイアモンドヘッド株式会社を母体にした総合家電メーカー。Roommateのチューナーレステレビは現在、HD画質の24型・32型、フルHD画質の42型、そして4Kの50型と数多く販売されています。

一般的にIPSパネルなどよりも黒がしっかりしていてコントラストの効いた描写力のあるVAパネルの採用も大きな強みです。パソコンよりも少し大きな画面で観たい方や、配信動画を4K高画質の大画面で観たい方に、Roommateはおすすめのメーカーです。

チューナーレステレビのおすすめ7選

おすすめのチューナーレステレビを紹介します。

Roommate チューナーレスTV 24V型 スマートテレビ ネット動画対応 (VOD) TDP-i001-TlS24M

最初に紹介するおすすめのチューナーレステレビは、「Roommate チューナーレスTV 24V型 スマートテレビ ネット動画対応 (VOD) TDP-i001-TlS24M」です。

サイズ・重さ幅:約557mm 高さ:約365mm 奥行:約165mm・約2.5kg
画面サイズ24インチ
解像度1366×768(HD)
OSAndroid
接続方法HDMI・USB・Bluetooth5.0・光デジタルなど
評価・レビュー
画質
(4.5)
デザイン
(4.0)
多機能性
(4.5)
ポイント
  • HD画質の「1366×768」でも24インチのテレビ画面では一般的にフルHD画質と大差のない解像度を実現
  • Androidスマホの画面をテレビの大画面に映し出せる「Chromecast Built-in」に対応
  • AndroidTVのGoogleアプリが配信する動画しか見れないので、NHK受信料の支払い義務がない

「Roommate チューナーレスTV 24V型 スマートテレビ ネット動画対応 (VOD) TDP-i001-TlS24M」の特徴

重さがわずか2.5㎏の24型なので持ち運びにも便利なコスパの高い小型モデルです。
一般的にIPSパネルなどよりも黒の描写力に優れたVAパネル採用なので配信動画のドラマや映画の視聴に向いています。

こんな人におすすめ
タブレットやPCよりも少し大きな画面でYouTubeなどの配信動画を見たい方におすすめします。

Roommate チューナーレスTV 50V型 4K対応 スマートテレビ ネット動画対応 (VOD) TDP-d021-TDP5014k

次に紹介するおすすめのチューナーレステレビは、「Roommate チューナーレスTV 50V型 4K対応 スマートテレビ ネット動画対応 (VOD) TDP-d021-TDP5014k」です。

サイズ・重さ幅111.7×高さ70.1×奥行21.2cm・9.8kg
画面サイズ3,840 × 2,160(4K)
解像度4K
OSAndroid11
接続方法HDMI・USB・Bluetooth5.0・LAN端子など
評価・レビュー
画質
(5.0)
デザイン
(4.0)
多機能性
(5.0)
ポイント
  • 50インチで4Kの最高水準の高解像度を実現、HDRにも対応でコントラストの効いた描写力を発揮
  • 2020年のAndroid11がOS、WEBブラウザはChromeでGoogleアシスタントによる音声操作も可能
  • HDMIポートは4つでUSBポートは2つ、ビデオ入力端子やLAN端子もあるなどインターフェースが充実

「Roommate チューナーレスTV 50V型 4K対応 スマートテレビ ネット動画対応 (VOD) TDP-d021-TDP5014k」の特徴

ドンキの人気販売品と同じくチューナーレスで4Kの高画質を備えた、接続端子の多さも光る50型モデルです。

Dolby Audioプロセッサ搭載でサウンド面も抜群、壁掛けに対応しているのも嬉しいところ。

こんな人におすすめ

チューナーレスで4K画質50インチに加えHDRも搭載したコスパ最強品をお探しの方におすすめします。

オリオン 24V型 チューナーレス スマートテレビ AndoroidTV搭載 SLHD241A

次に紹介するおすすめのチューナーレステレビは、「オリオン 24V型 チューナーレス スマートテレビ AndoroidTV搭載 SLHD241A」です。

サイズ・重さ14.8 x 55.3 x 36.9 cm・2.5 kg
画面サイズ24インチ
解像度1366 ×768(HD)
OSAndroid
接続方法HDMI・Bluetoothなど
評価・レビュー
画質
(4.5)
デザイン
(4.0)
多機能性
(4.5)
ポイント
  • Chromecast built-in対応でスマホとの連携可能
  • Windowsデバイスとつなげば仕事モニターとして活用できる
  • 1366 ×768のHD画質で24インチとしては最高水準
  • AndroidTV搭載でYouTubeやNetflixアプリがインストール済み
  • 重さがわずか2.5㎏なのでさまざまな場所で視聴可能、ネトフリなどのボタンもあるリモコンも搭載

「オリオン 24V型 チューナーレス スマートテレビ AndoroidTV搭載 SLHD241A」の特徴

コスパの高いテレビでお馴染みの国産ブランド「オリオン」によるチューナーレス24インチの小型モデルです。

HDMIやUSB端子に加え、ビデオ入力端子やLAN端子もあり、Dolby Audioによる高音質サウンドも楽しめます。

こんな人におすすめ

仕事モニターにもなる24インチの小型TVでネトフリやアマプラなどのネット配信動画を気軽に観たい方におすすめします。

オリオン 50型 4K対応 チューナーレス スマートテレビ AndoroidTV搭載 SAUD501A

次に紹介するおすすめのチューナーレステレビは、「オリオン 50型 4K対応 チューナーレス スマートテレビ AndoroidTV搭載 SAUD501A」です。

サイズ・重さ(長さx幅x高さ) 21.2 x 111.7 x 70.1 cm・9.8㎏
画面サイズ50インチ
解像度3840 × 2160(4K)
OSAndroid
接続方法HDMI・Bluetooth・USBなど
評価・レビュー
画質
(5.0)
デザイン
(4.0)
多機能性
(5.0)
ポイント
  • 50インチで4Kの最高画質、4Kの配信コンテンツの再生にも対応、Dolby Vision形式のHDR技術を搭載
  • 映像の滑らかさを示すリフレッシュレートは60Hz、MEMC(フレーム補正技術)やALLM(自動低遅延モード)もあり
  • Dolby Audioのハイサウンドを実現、さらにDolby Atmos対応スピーカーとつなげば臨場感ある立体音響になる

「オリオン 50型 4K対応 チューナーレス スマートテレビ AndoroidTV搭載 SAUD501A」の特徴

オリオンによるDolby VisionのHDRや独自の映像補正とサウンド性能で高級な地上波テレビにも負けない50型モデルです。

Chromecast built-in対応でスマホ画面を50インチの大画面で観られるのも嬉しいところ。

こんな人におすすめ

50インチ4Kモデルで最新の映像・音響技術を備えたコスパ最強品をお探しの方におすすめします。

WIS ASTEX Android TV 32V型 チューナーレス スマートTV VAパネル

次に紹介するおすすめのチューナーレステレビは、「WIS ASTEX Android TV 32V型 チューナーレス スマートTV VAパネル」です。

サイズ・重さ幅:728mm 高さ:480.5mm 奥行:191.4mm・4.7 kg
画面サイズ32インチ
解像度1366×768(HD)
OSAndroid
接続方法HDMI・Bluetooth5.0・USBなど
評価・レビュー
画質
(4.0)
デザイン
(4.0)
多機能性
(4.5)
ポイント
  • Android OS搭載でGoogleアシスタントにも対応、リモコンに話しかけるだけで音声操作が可能
  • ネトフリやhuluに加え「TVer」にも対応しているためNHKを除く地上波放送も視聴できる
  • 画質はHDレベルながらVAパネル採用で黒が強くコントラストの効いた映像描写力がある

「WIS ASTEX Android TV 32V型 チューナーレス スマートTV VAパネル」の特徴

遅延の少ないBluetooth5.0に対応、フルHD画質ながらHDR機能を搭載した32型モデルです。

32インチの小型サイズなので壁掛以外にも、モニターアームやモニタースタンドでの設置にも対応しています。

こんな人におすすめ

ネット配信動画をHDR技術の効いた高画質で、中型32インチのTV画面サイズを通して観たい方におすすめします。

ティーズネットワーク チューナーレス スマートテレビ TSM-2401F2K 24型 Android TV 機能搭載 フルHD

次に紹介するおすすめのチューナーレステレビは、「ティーズネットワーク チューナーレス スマートテレビ TSM-2401F2K 24型 Android TV 機能搭載 フルHD」です。

サイズ・重さ幅550.77×高さ373.56×奥行81mm・梱包:3.29kg
画面サイズ24インチ
解像度1920×1080:フルHD
OSAndroid9
接続方法HDMI・Bluetooth・USB・光デジタルなど
評価・レビュー
画質
(4.5)
デザイン
(4.0)
多機能性
(4.5)
ポイント
  • 国産ブランド「ティーズネットワーク」による24インチの小型サイズでフルHD画質を実現したモデル
  • HDMI端子が3つあるのでゲームやPCモニターなど多用途な使い回しが可能、USB端子や光デジタル端子も搭載
  • Googleアシスタントによる音声操作に対応、リモコン操作で「Chromecast built-in」機能も発揮

「ティーズネットワーク チューナーレス スマートテレビ TSM-2401F2K 24型 Android TV 機能搭載 フルHD」の特徴

2022年夏から全国のドン・キホーテ系列店で販売も始まったチューナーレステレビの24型モデルです。

応答速度が8msで標準的なテレビより速く、スピーディーな映像処理ができる点も見逃せません。

こんな人におすすめ

ドンキでも大人気のチューナーレステレビの中、YouTubeなどの配信動画をPC画面よりも少し大きい画面で観たい方におすすめです。

ティーズネットワーク チューナーレス スマートテレビ TSM-4202F2K 42型 Android TV 機能搭載 フルHD

次に紹介するおすすめのチューナーレステレビは、「ティーズネットワーク チューナーレス スマートテレビ TSM-4202F2K 42型 Android TV 機能搭載 フルHD」です。

サイズ・重さ幅952×高さ588.3×奥行197mm・梱包:5kg
画面サイズ41.5inch 42V型
解像度1920×1080:フルHD
OSAndroid9
接続方法HDMI・Bluetooth・USBなど
評価・レビュー
画質
(4.5)
デザイン
(4.0)
多機能性
(4.5)
ポイント
  • チューナーレステレビの約42インチ中画面サイズ、現在Amazon価格で40,000円を切る安さ
  • 中型までのテレビとして最高画質と言える1920×1080のFHD解像度、応答速度は8ms
  • HDMI端子は3つ搭載、USB端子や光デジタルやLAN端子もありインターフェースが充実

「ティーズネットワーク チューナーレス スマートテレビ TSM-4202F2K 42型 Android TV 機能搭載 フルHD」の特徴

こちらも2022年にドンキが販売を始めたFHDチューナーレステレビの42型モデルです。

Googleアシスタントによる音声操作機能や「Chromecast built-in」機能が搭載されたリモコンなど基本性能も整っています。

こんな人におすすめ

NHKの受信料を払うことなく中型以上の画面サイズでネット配信動画やTVerの地上波放送を観たい方におすすめです。

Amazon.co.jp おすすめ商品
木製カバーをつけたアマゾンエコー スマートホームハブで出来ることとは?おすすめ5選|テレビやライトを1つのハブにまとめよう 木製カバーをつけたアマゾンエコー スマートホームハブで出来ることとは?おすすめ5選|テレビやライトを1つのハブにまとめよう 壁にかかった黒のテレビ 【2022年】壁掛けテレビのおすすめ人気10選!実際のメリットや方法など
Amazon プライム対象