じっくり読むと6分30秒

安いけどコスパ最強のおすすめ電動シェーバーを10選紹介します。
パナソニック、フィリップスなどの定番人気メーカーをはじめ、おすすめの低価格電動シェーバーを性能を比較しながら解説します。
また、低価格電動シェーバーの選び方についても解説します。




こんな人は低価格の電動シェーバーでも満足

以下のような人は、低価格の電動シェーバーでも十分でしょう。

髭が薄い人

髭の密度が低い人や髭が柔らかく細い人は、髭の濃い人に比べてシェービングにかける時間が短くて済みます。

また濃い髭でなければ、高価格帯の電動シェーバーが備えているような高性能なシェービング機能がなくても、基本的なシェービング機能を備えた低価格帯シェーバーで、しっかりと剃りきれることもあるので、自分の髭の特徴に合わせて電動シェーバーの性能を選ぶことをおすすめします。

シェーバーのクリーニングを自分でしたい人

高価格帯の電動シェーバーを清掃する場合には、付属している自動洗浄機を使用することがほとんどです。逆に電動シェーバーのクリーニングを、付属の掃除用ブラシや水洗いで、自分で確認しながら行いたい人は、自動洗浄機が付属していない低価格帯電動シェーバーがおすすめです。

最近の低価格帯電動シェーバーは、防水性能が高いモデルが多く本体をまるごと水洗いできることもあるので、自動洗浄機に比べて手間はかかりますが、綺麗に清掃できないことはありません。

1日1回のシェービングしかしない人

1日に行うシェービングが1回のみの人にも低価格帯電動シェーバーがおすすめできます。

1日に何度もシェービングする人は、短い充電時間で長時間駆動してくれる高性能バッテリーを備えた電動シェーバーが必要でしょう。
ただ、朝髭を剃ったら次の日まで剃らないといった人は、低価格帯の電動シェーバーに内蔵されているバッテリー性能でも十分満足できるでしょう。

低価格帯電動シェーバーのバッテリーでも、フル充電まで1時間もかかりませんし、高価格帯電動シェーバーをしのぐ高性能バッテリーを搭載したコスパ良好な電動シェーバーもあるので、購入する際はバッテリーの性能もチェックしましょう。

低価格帯の電動シェーバーと高価格帯の電動シェーバーの違い

低価格帯の電動シェーバーと高価格帯の電動シェーバーの違いを、以下の3つのポイントから解説します。

深剃りの性能

低価格帯の電動シェーバーに比べて高価格帯の電動シェーバーは、深剃り出来る性能がすぐれていることが多いです。例えば高価格帯の電動シェーバーは、高速モーターが搭載されていて刃を動かすスピードが速かったり、肌にしっかりフィットするためにヘッドの駆動方向が多くとられていたりします。

高価格帯のシェーバーは深剃りのための機能を多く備えているので、少ないストロークで髭を剃りきることができますが、低価格帯の電動シェーバーでは、自分でシェーバーの向きを変えたり何度か同じ場所をシェービングする必要が出てきます。

ただし低価格帯のシェーバーでは深剃りできないというわけではないので、レビューや口コミなどを参考にして、剃り心地のよいコスパ良好な電動シェーバーを探しましょう。

バッテリーの性能

低価格帯の電動シェーバーに比べて、高価格帯の電動シェーバーに搭載されているバッテリーは高性能なものが多く、充電時間や駆動時間にすぐれている傾向があります。高価格帯電動シェーバーが約1時間でフル充電できるのに対して、低価格帯の電動シェーバーは、数時間かけないと充電が満タンにならないことが多いといえるでしょう。

もちろん、バッテリーの性能にすぐれたコストパフォーマンス良好な電動シェーバーもあるので、しっかりスペックをチェックしましょう。

付属品が違う

低価格帯の電動シェーバーに付属しているアクセサリは、高価格帯の電動シェーバーに比べて、必要最小限に絞られていることが多く見られます。例えば低価格の電動シェーバーでは、自動洗浄機が付属していないモデルもありますが、高価格帯の電動シェーバーには自動洗浄機が付属していることがほとんどです。

また低価格帯の電動シェーバーでは収納ケースの付属がなかったり、簡単なポーチのみの付属だったりしますが、高価格帯の電動シェーバーでは、革製の収納ケースが付属していることもあります。低価格帯の電動シェーバーを購入しても、後から別売りで専用アクセサリを購入できることもあるので、その点もチェックしておくと良いでしょう。

コスパ最強シェーバーのおすすめメーカーを比較

コスパで選ぶシェーバーのおすすめメーカーは以下の3つです。

イズミ(IZUMI)

コスパ最強のシェーバを開発&製造しているイズミは、電設工具などを手掛けている株式会社泉精器製作所が、家電製品を販売しているメーカーです。イズミ製のシェーバーはかなり低価格なモデルがほとんどですが、シェービング性能の評価は高く、価格以上の剃り心地を味あわせてくれることで人気です。

またイズミ製のシェーバーは、大手メーカー以上に長時間駆動が可能なバッテリーを搭載していることで知られています。1度充電すると約4週間(1日1回3分使用時)も充電せずに使用できるイズミ製シェーバーは、短期間での充電を忘れてしまっても安心です。

日立(HITACHI)

日本の家電メーカーとして有名な日立製のシェーバーは、フィリップスやパナソニックよりも価格の安モデルが多く、購入しやすくなっています。日立製シェーバーの多くは、日立独自の技術が注入されており、高い性能を備えています。

また往復式のシェーバーは、回転式シェーバーに比べて肌への優しさで劣るとされていますが、日立製の往復式シェーバーは、肌へのダメージを抑える機能を搭載しているモデルが多く、一定の人気を集めています。

ブラウン(BRAUN)

電動シェーバーのシェア率は、フィリップス・パナソニック・ブラウンの3メーカーで、約9割近くを占めると言われています。電動シェーバーのメーカーとしては有名なブラウン製のシェーバーは、高価格なモデルもありますが、リーズナブルな価格のモデルも多く製造されています。

ブラウン製シェーバーのエントリーモデルは、電動シェーバーメーカーを代表するブラウンらしく、高い性能を備えており、コストパフォーマンスにすぐれています。

コスパ最強のシェーバーの選び方

コスパが高いシェーバーの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

肌への優しさで選ぼう

電動シェーバーの形状は、往復式と回転式と呼ばれる2つの種類が主ですが、肌に優しいと言われているのは回転式のシェーバーです。回転式シェーバーを採用しているのは有名メーカーのフィリップスですので、フィリップス製シェーバーのラインナップの中からコスパ最強シェーバーを選ぶ方法も良いでしょう。

またコスパ最強の往復式シェーバーの中にも、お風呂で使える防水設計のモデルやシェービングフォームを使用可能なモデルなど、肌を保護しながらシェービングできるモデルもあるので購入する際のポイントにしましょう。

充電方式で選ぼう

電動シェーバーの充電方式には、充電式・交流式・交流充電式と呼ばれる3種類が主です。充電式と交流式の両方に対応しているのが交流充電式なので、迷った場合は交流充電式のシェーバーを選ぶと良いでしょう。

充電式の電動シェーバーは、本体のバッテリーに充電して使用するタイプで、1度充電すると約1週間から、最長で約4週間(1日1回3分使用時)ほど充電することなしで使用可能なモデルがあります。また交流式の電動シェーバーは、コードレスでの使用ができないので、お風呂などでの使用はできませんが、バッテリー切れの心配がありません。

手入れや洗浄方法で選ぼう

電動シェーバーは定期的にメンテナンスやクリーニングが必要です。シェーバーのクリーニングの方式は、専用のブラシを使って手で掃除するモデルと水洗いできる防水設計のモデル、専用の洗浄液を使って自動で洗浄してくれるモデルの3つがあります。

コスパ最強のシェーバーでおすすめなのは、自動洗浄してくれるモデルで、シェービングした後の洗浄機にセットするだけで自動的に洗浄してくれますし、充電・乾燥・除菌までしてくれるモデルもあります。

コスパ最強の低価格電動シェーバーおすすめ10選

イズミ(IZUMI) S-DRIVE IZF-V557 ソリッドシリーズ 往復式シェーバー 4枚刃

イズミ(IZUMI) S-DRIVE IZF-V557の仕様・製品情報

サイズ(H×W×D)/重量 155×62×44mm/177g
充電方式 充電式(約2時間で満充電)/交流式
駆動時間 約28日間(1日1回3分使用時)
洗浄方式 水洗い可能
付属品 ポーチ、キャップ、I型ブラシ、電源アダプター

イズミ(IZUMI) S-DRIVE IZF-V557のおすすめポイント3つ

  • 驚異的な長時間駆動バッテリーを搭載
  • 驚きの低価格
  • 4枚刃搭載

イズミ(IZUMI) S-DRIVE IZF-V557のレビューと評価

イズミ S-DRIVE IZF-V557は、千円後半~2千円台で購入できるリーズナブルな価格にも関わらず、高級シェーバーを上回る長時間駆動バッテリーを搭載しています。またイズミ S-DRIVE IZF-V557は、価格以上の剃り心地が得られることでも人気です。

ブラウン(BRAUN) Series1 190s-1 メンズ電気シェーバー シリーズ1 1枚刃 丸ごと水洗い可

ブラウン(BRAUN) Series1 190s-1の仕様・製品情報

サイズ(H×W×D)/重量 136×59×40mm/160g
充電方式 充電式(約1時間で満充電)/交流式
駆動時間 約10日間(1日1回3分使用時)
洗浄方式 水洗い可能
付属品 保護キャップ、ブラシ、シェーバーオイル、電源コード

ブラウン(BRAUN) Series1 190s-1のおすすめポイント3つ

  • 完全防水設計
  • コストパフォーマンス良好
  • マルチパターン網刃搭載

ブラウン(BRAUN) Series1 190s-1のレビューと評価

ブラウン Series1 190s-1は、電気シェーバーメーカーとして有名なブラウン製シェーバーのエントリーモデルです。ブラウン Series1 190s-1は、1枚刃ながらマルチパターンの網刃を搭載しており、様々な向きに生えてる髭を捉えてカットしてくれます。

パナソニック(Panasonic) ES-RL13 メンズシェーバー 3枚刃 お風呂剃り可

パナソニック(Panasonic) ES-RL13の仕様・製品情報

サイズ(H×W×D)/重量 160×65×44mm/160g
充電方式 充電式(約8時間で満充電)
駆動時間 約7日間(1日1回3分使用時)
洗浄方式 水洗い可能
付属品 掃除用ブラシ

パナソニック(Panasonic) ES-RL13のおすすめポイント3つ

  • パナソニック 3枚刃シェーバーシリーズ
  • 30°の鋭角なのエッジ内刃搭載
  • お風呂で剃れる防水設計

パナソニック(Panasonic) ES-RL13のレビューと評価

パナソニック ES-RL13は、パナソニックの人気シェーバシリーズであるラムダッシュシリーズの前に発売された3枚刃搭載のモデルです。パナソニック ES-RL13に魅力は滑らかな剃り味とスリムなデザインです。

日立(HITACHI) S-BLADE RM-W249 電気シェーバー エスブレード 2枚刃

日立(HITACHI) S-BLADE RM-W249の仕様・製品情報

サイズ(H×W×D)/重量 157×66×44mm/165g
充電方式 充電式(約5時間で満充電)/交流式
駆動時間 約7日間(1日1回3分使用時)
洗浄方式 水洗い可能
付属品 掃除用ブラシ、電源アダプター

日立(HITACHI) S-BLADE RM-W249のおすすめポイント3つ

  • 日立独自の切れ味にすぐれた内刃
  • コストパフォーマンス良好
  • お風呂で剃れる防水設計

日立(HITACHI) S-BLADE RM-W249のレビューと評価

日立 S-BLADE RM-W249は、刃こぼれしにくく耐久性にすぐれたYSSヤスキハガネを搭載しています。また日立 S-BLADE RM-W249は、お風呂などの使用で濡れた場合でも持ちやすいS字型のボディラインをもっています。

フィリップス(PHILIPS) 5000シリーズ S5050/05 メンズ電気シェーバー 回転刃 お風呂剃り可

フィリップス(PHILIPS) 5000シリーズ S5050/05の仕様・製品情報

サイズ(H×W×D)/重量 164×61×67mm/173g
充電方式 充電式(約8時間で満充電)
駆動時間 約10日間(1日1回3分使用時)
洗浄方式 水洗い可能
付属品 シェーバーホルダー、専用オイル、掃除用ブラシ、ACアダプター

フィリップス(PHILIPS) 5000シリーズ S5050/05のおすすめポイント3つ

  • 肌に優しい回転式シェーバー
  • コストパフォーマンス抜群
  • 5方向に稼働するヘッドが深剃りを実現

フィリップス(PHILIPS) 5000シリーズ S5050/05のレビューと評価

フィリップス 5000シリーズ S5050/05は、電動シェーバー業界で世界ナンバー1のシェアを誇るフィリップス製シェーバーのエントリーモデルです。フィリップス 5000シリーズ S5050/05は、エントリーモデルながら、肌に優しいシェービングが特徴的なフィリップス製シェーバー特有の機能をしっかりと搭載しています。

藝夢堂 Vegetable GD-S401 4枚刃充交両用シェーバー 完全防水 丸洗いOK

藝夢堂 Vegetable GD-S401の仕様・製品情報

サイズ(H×W×D)/重量 160×60×50mm/186g
充電方式 充電式(約1時間30分で満充電)/交流式
駆動時間 約14日間(1日1回3分使用時)
洗浄方式 水洗い可能
付属品 充電台兼用シェーバー収納スタンド、掃除用ブラシ、ACアダプター

藝夢堂 Vegetable GD-S401のおすすめポイント3つ

  • 充電残量が一目でわかるディスプレイ搭載
  • ヘッド部クリーニング時期を知らせてくれる
  • 劣化しにくいリチウムイオン電池採用

藝夢堂 Vegetable GD-S401のレビューと評価

藝夢堂 Vegetable GD-S401は、使った時間を記憶することで、ヘッド部の清掃時期を知らせるライト点滅によって適切な清掃時期を教えてくれます。また藝夢堂 Vegetable GD-S401は、5千円ほどのリーズナブルな価格にも関わらず、充電スタンド&乾燥用スタンドが付属しています。

イズミ(IZUMI) A-DRIVE IZF-V757 グルーミングシリーズ 往復式シェーバー 4枚刃

イズミ(IZUMI) A-DRIVE IZF-V757の仕様・製品情報

サイズ(H×W×D)/重量 156×61×45mm/184g
充電方式 充電式(約2時間で満充電)
駆動時間 約28日間(1日1回3分使用時)
洗浄方式 水洗い可能
付属品 オイル、ブラシ、コーム(2/4/6mm)、充電スタンド、キャップ、スウェード調ポーチ、乾燥用ホルダー

イズミ(IZUMI) A-DRIVE IZF-V757のおすすめポイント3つ

  • 広い接地面が肌に優しい
  • 3段階調整可能なコーム搭載
  • 耐久性の高いステンレス製の外刃

イズミ(IZUMI) A-DRIVE IZF-V757のレビューと評価

イズミ A-DRIVE IZF-V757は、2・4・6mmの長さに調整できるコームが搭載されているので、シェービングだけでなく、髭の長さを整えることもできます。またイズミ A-DRIVE IZF-V757には、充電スタンドや乾燥用ホルダーも付属しているので置き場所に困ることもありません。

日立(HITACHI) S-BLADE RM-LF800 4枚刃 水洗い可能

日立(HITACHI) S-BLADE RM-LF800の仕様・製品情報

サイズ(H×W×D)/重量 157×63×54/170g
充電方式 充電式(約5時間で満充電)/交流式
駆動時間 約10日間(1日1回3分使用時)
洗浄方式 水洗い可能
付属品 シェーバーホルダー、キャップ、シェーバーオイル、掃除用ブラシ、電源アダプター

日立(HITACHI) S-BLADE RM-LF800のおすすめポイント3つ

  • 洗顔料を使用してのシェービング可能
  • 刃先27°の鋭角刃搭載
  • 滑らかな剃り心地の3Dヘッド

日立(HITACHI) S-BLADE RM-LF800のレビューと評価

日立 S-BLADE RM-LF800は、お風呂での使用が可能で、シェービングフォームや洗顔料の泡を使用して肌を保護しながらシェービングすることも可能です。日立 S-BLADE RM-LF800は、シェービングによる肌へのダメージが気になる方におすすめです。

ブラウン(BRAUN) Series3 300s 電気シェーバー シリーズ3 3枚刃

ブラウン(BRAUN) Series3 300sの仕様・製品情報

サイズ(H×W×D)/重量 156×57×48mm/175g
充電方式 充電式(約1時間で満充電)/交流式
駆動時間 約20分
洗浄方式 水洗い可能
付属品 保護キャップ、電源コード

ブラウン(BRAUN) Series3 300sのおすすめポイント3つ

  • ブラウン製シェーバーの最高機種と同じ刃を採用
  • コストパフォーマンス抜群
  • 5分急速充電可能

ブラウン(BRAUN) Series3 300sのレビューと評価

ブラウン Series3 300sは、ブラウン製シェーバーの最高機種と同じ刃を搭載したエントリーモデルです。ブラウン Series3 300sは、高い深剃り機能を備えながらも5千円ほどの価格で購入できるコストパフォーマンスにすぐれたモデルです。

パナソニック(Panasonic) ラムダッシュ ES-ST2Q メンズシェーバー 3枚刃 お風呂剃り可

パナソニック(Panasonic) ラムダッシュ ES-ST2Qの仕様・製品情報

サイズ(H×W×D)/重量 155×65×50mm/145g
充電方式 充電式(約1時間で満充電)
駆動時間 約14日間(1日1回3分使用時)
洗浄方式 水洗い可能
付属品 シェーバーホルダー、専用オイル、掃除用ブラシ、ACアダプター

パナソニック(Panasonic) ラムダッシュ ES-ST2Qのおすすめポイント3つ

  • パナソニック ラムダッシュシリーズ
  • コストパフォーマンス抜群
  • お風呂でも剃れる防水設計

パナソニック(Panasonic) ラムダッシュ ES-ST2Qのレビューと評価

パナソニック ラムダッシュ ES-ST2Qは、すぐれた防水設計でお風呂での使用も可能です。またパナソニック ラムダッシュ ES-ST2Qは、シェービングフォームやシェービングジェルを使用できる点も魅力でコストパフォーマンスは抜群です。

コスパ最強シェーバーのまとめ

今回の記事は、コストパフォーマンスにすぐれた最強の低価格電動シェーバーおすすめ10選をご紹介しました。ハイエンドな電動シェーバーは高いという方は、今回紹介したコスパ良好なモデルを参考に、自分に必要な性能を搭載した電動シェーバーを探してみてくださいね。

合わせて見たい関連リンク