マイカーにカーオーディオを取り付けて、車の中でも音楽を楽しむことができるようにしたい。知らない街をドライブするので、カーナビを車につけたい。でもお金がない。そんな方には、スマートフォンをミラーリングできるカーオーディオをおすすめします。一体どんな商品なのか?その概要から説明しましょう。

ミラーリングとは

ミラーリングとは、スマートフォンやタブレット、パソコンの画面に表示されているものと同じ表示を、テレビなどの他のモニター画面にも表示する機能です。
車の中にあるモニター画面と言って思い出すのは、カーナビゲーションシステムではないでしょうか。カーナビの画面にスマートフォンの画面を表示することができると、日頃のカーライフにおける悩みが解消されるかもしれません。どんなことができるようになるのか、まとめてみました。

カーオーディオにミラーリングすることでできること

低価格でカーナビが使えるようになる

今、カーナビはタクシーの運転手も利用するほど、高性能なものになっています。マイカーをお持ちの方や車を運転する機会が多い方なら、誰もが欲しいと思うところではないでしょうか。しかし、機能が高性能になればなるほど、その価格も高くなります。

高くて、買うことが難しいから我慢して、初めての道を調べる時は手持ちのスマートフォンで、という方もいるかもしれません。そうです。今、スマートフォンもGPS機能付が当たり前となっています。その性能も、カーナビと引けをとらないレベルになっています。

つまり、カーナビを買う代わりに、スマートフォンの画面を表示し、操作できるモニターさえあれば、カーナビと同じことができてしまうのです。モニターだけならカーナビよりも低価格ですから、リーズナブルなのです。そして、スマートフォンと連動する商品であるが故の特徴もあります。

スマートフォンにダウンロードした音楽データをカーステレオで

今、多くの人は、お気に入りの音楽を聴く時には、スマートフォンのダウンロード販売で入手した音楽ソフトを、ヘッドホンなどで聴いているのではないでしょうか。ミラーリングするのに、スマートフォンと接続するのですから、このスマートフォンにダウンロードしたデータを再生して、車の中で聴くことができるようになります。

スマートフォンとこのカーオーディオがあれば、音楽を聴くこともできるし、カーナビの役割を果たすこともできるのですから、カーライフが今よりも楽しくなることは間違いありません。

ミラーリングできるカーオーディオの選び方のポイント

Bluetooth対応のものを選ぶ

今、多くのスマートフォンはBluetooth対応になっています。スマートフォンからカーオーディオへのデータもBluetoothでのやり取りにすれば、車の中で煩わしい配線をする必要がありません。

なお、Bluetoothにはバージョンやプロファイルがありますので、今利用しているスマートフォンのバージョンをよく確認することが大切です。

Androidの方は無線でのミラーリング対応可否を確認すべし

Androidのスマートフォンをご利用の方は、購入前に注意すべき点があります。Android版のスマートフォンの場合、無線でのミラーリングに対応していない機種が一部あります。

こうしたスマートフォンでミラーリングする場合、有線ケーブルでの接続が必要となりますので、購入前にお使いのスマートフォンの使用をよく確認しておきましょう。

置き場所と色にご注意を

こうしたカーオーディオの機器ですが、車のダッシュボードへの設置を検討されている方は、注意しておきたいポイントがあります。その本体の色によっては、外からの光を反射して、フロントガラスにその本体が映ってしまうことがあるのです。

この反射は視界を妨げる可能性もありますので、安全運転にも影響しかねません。出来れば、反射しにくい黒を選んだ方がいいでしょう。他の色を購入する場合は、置き場所に注意が必要です。

ミラーリング可能なカーオーディオでミラーリングした際に、amazonプライムのようなVODサービスも利用できる

ミラーリングオーディオで、スマホとの画面ミラーリングに対応していれば、プライム・ビデオのようなVODも利用可能です。
豊富なタイトルの中から好きな映像コンテンツが手軽に楽しめるのが、最大のメリット。その反面、Yahoo!カーナビ等のカーナビアプリなどと併用できないデメリットもあります。

注意するポイントとしては、ミラーリング時はスマホのバッテリー消耗が激しいので電源の確保も快適に使う上で重要なポイントといえます。

おすすめのミラーリングカーオーディオ5選

イニツィア SKK-620MH

2万円以下リモコンコスパ◯

イニツィア SKK-620MHのおすすめポイント3つ

  • HDMI接続で設定は簡単
  • iPhone/Android
  • バックカメラにも対応、車庫入れが苦手な方におすすめ

イニツィア SKK-620MHのレビューと評価

若葉マークの方にもおすすめの1台

HDMI端子を搭載していますので、スマートフォンとの接続が非常に簡単です。1万円台の価格で、簡単にカーオーディオとしても、カーナビとしても使うことができます。そしてバックカメラの入力もできるスグレモノですので、車庫入れが苦手な若葉マークの方も安心の1台です。

イニツィア SKK-620MHの仕様・製品情報

サイズ29 x 26.4 x 18.6センチメートル
ブラック
重量3.12Kg

カロッツェリア SPH-DA05

2万円以下Bluetoothマイクコスパ◯

カロッツェリア SPH-DA05のおすすめポイント3つ

  • Bluetooth対応で簡単接続
  • FM/AMチューナーあり
  • ハンズフリー通話も可能

カロッツェリア SPH-DA05のレビューと評価

車の中でスマートフォンを使うならこの1台

車の中でスマートフォンを使用することを意識して作られた製品です。Bluetooth対応で簡単に接続できるのはもちろん、ハンズフリー通話もできるよう設計されています。FM/AMチューナー、GPS機能もあります。

カロッツェリア SPH-DA05の仕様・製品情報

サイズ17.8×10.0×16.8センチメートル
ブラック
重量2.2kg

ケンウッド DDX6170BT

3万円以下Bluetoothコスパ◯

ケンウッド DDX6170BTのおすすめポイント3つ

  • 本体だけではなく、スマートフォンからも操作可能
  • 高音質のハンズフリー通話もOK
  • ワイドFM放送対応

ケンウッド DDX6170BTのレビューと評価

スマートフォンからも操作できます

Androidのスマートフォンをご利用の方は、専用アプリをインストールすれば、スマートフォンからも操作が可能となります。高音質、高画質が特徴で、ハンズフリー通話、ワイドFM放送にも対応しています。

ケンウッド DDX6170BTの仕様・製品情報

サイズ17.8×10.0×16.2センチメートル
ブラック
重量2.3Kg

CATUO RK-7158G

2万円以下Bluetooth サラウンドリモコンコスパ◯

CATUO RK-7158Gのおすすめポイント3つ

  • ステアリングコントロール機能あり
  • FM/AMチューナー内蔵
  • バックカメラ入力対応

CATUO RK-7158Gのレビューと評価

低価格でステアリングコントロール機能対応

2万円を切る低価格ですが、よく使う機能をステアリングコントロールボタンに登録できる、ステアリングコントロール機能付です。バックカメラ入力もありますので、若葉マークの方でも安心です。

CATUO RK-7158Gの仕様・製品情報

サイズ26.2 x 23.2 x 11.8センチメートル
ブラック
重量2.24Kg

Xtrons D719A

※amazonでは売り切れました。

Xtrons D719Aのおすすめポイント3つ

  • Android7.1搭載
  • マルチウインドウビューあり、2つのアプリを同時利用可能
  • バックカメラ映像入力可能

Xtrons D719Aのレビューと評価

Android7.1を搭載

Android7.1搭載の製品ですが、Bluetoothで接続したスマートフォンのミラーリングも可能です。バックカメラ映像入力やハンズフリー通話、ステアリングコントロールも可能となっています。

Xtrons D719Aの仕様・製品情報

サイズ17.9×15.5×5.0センチメートル
ブラック
重量1.84Kg

まとめ

低価格帯の商品でも、ハンズフリー通話機能やバックカメラ映像入力などが可能なものがあり、カーオーディオとしても、カーナビとしても十分な機能を備えていると言えそうです。今後、カーオーディオやカーナビはこうしたスマートフォンのミラーリングに対応した商品に全て変わるのかもしれませんね。