【ゲームパッド強すぎ】プロが注目するApexにおすすめのコントローラー10選

【ゲームパッド強すぎ】プロが注目するApexにおすすめのコントローラー

※本サイトはプロモーションが含まれています。

バトロワ系FPSの中でも特に人気の高い「Apex Legends」。ゲームを有利に進めたい場合には、プレイに適したゲームパッドを購入するのがおすすめです。

ただし、いざ購入するとなると、各メーカーから多種多様なモデルが発売されており、どれを選んでよいか迷ってしまいがち。

そこで今回はプロも使用するApex Legendsにおすすめのコントローラー(ゲームパッド)をご紹介します。

ボタン配置をカスタマイズできるモデルや背面ボタンを備えたモデルなど多種多様な製品が展開されているので、選び方のコツを参考にしてみましょう。


ゲーミングキーボード
「osu!」におすすめのゲーミングキーボード最強11選!打鍵感・耐久性◎軸についても徹底解説

Apexにおすすめのゲームパッドの選び方

Apexにおすすめのゲームパッドの選び方
Apexにおすすめのゲームパッドの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

有線式と無線式:接続方式で選ぼう

ゲームパッドの接続方式には、大きく分けて「有線式」と「無線式」の2種類が存在します。

有線式の製品は、ケーブルを使って接続するタイプ。

入力の遅延が起こりにくく、一瞬の遅れが勝敗を左右するようなゲームジャンルに適しています。

一方で無線式の製品は、Bluetooth通信などを利用してワイヤレスで接続するタイプ。

ケーブルが必要なく、ゲームプレイ時にリラックスした姿勢をとりやすいのがメリットです。

DirectInputとXInput:入力規格で選ぼう

ゲームパッドの入力規格には、「DirectInput(ダイレクトインプット)」と「XInput(エックスインプット)」の2種類があります。

DirectInputは、PS4やNintendo Switchなどに採用されている入力方式です。

一方、PC版のApex LegendsはXInputのみに対応しているため、DirectInputのゲームパッドは使用できないので注意が必要です。

最近の多くのゲームはXInputを採用しており、この規格に対応したゲームパッドが増えています。しかし、両方の規格に対応した製品も販売されているので、どちらの規格が必要かわからない場合は、DirectInputとXInputの両方に対応したモデルを選ぶと安心です。

マクロ・振動・連射など:機能で選ぼう

ゲームパッドに搭載されている機能は、製品ごとに異なるので注意が必要。

各ボタンに好みにコマンドを割り当てできるマクロ機能や、ゲーム内のアクションに合わせてパッド本体が震える振動機能、ボタンを押したままで連射できる連射機能などを備えた製品が発売されています。

購入する際は、必要な機能を備えているか事前にチェックしておくのがおすすめです。

Apexにおすすめのゲームパッド10選

Apexにおすすめのゲームパッドをご紹介します。

マイクロソフト(Microsoft) Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2

サイズ非掲載
重量345g±15g
接続方式Bluetooth/USB Type-C
対応プラットフォームWhindws7以降/Android/iOS/Xbox
カスタマイズ設定サムスティックの反発力変更/サムスティックの感度カーブ調整/サムスティックの入力切り替え/A・B・X・Y・方向パッド上下左右・左右バンパー・左右トリガー・左右サムスティックの押し込み・4つのパドルに割り当て
注目機能サムスティック・Dパッド・パドルの交換機能
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 付属の交換パーツを利用して好みに合うゲームパッドにカスタマイズできる。
  • 耐久性に優れており長期間使用できます。
  • 有線接続と無線接続の両方に対応しています。
気になるポイント
  • スティックのドリフトがあるというレビューも見られます。
  • Dパッドでの操作には慣れが必要という声もあります。
こんな人におすすめ
Xbox用に設計されたゲームパッドなので、Xboxでのゲームプレイに慣れている場合にもおすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスコントローラー DUALSHOCK 4 CUH-ZCT2J

サイズ非掲載
重量非掲載
接続方式Bluetooth/USB Type-A
対応プラットフォーム非掲載
カスタマイズ設定無し
注目機能ビルトインスピーカー
評価・レビュー
機能性
(3.5)
デザイン
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • ゲームパッド本体にスピーカーを搭載しておりサウンドの臨場感を高められます。
  • ヘッドセット端子を備えておりゲームパッドにヘッドセットを接続できます。
  • 本体上部にライトバーがついておりゲームへの没入感を高められます。
気になるポイント
  • アナログスティックの耐久性が高くないというレビューも見られます。
  • 純正品のために値段が高いという声もあります。
こんな人におすすめ
PS4用に設計されたゲームパッドなので、PS4でのゲームプレイに慣れている場合にもおすすめです。

ロジクール(Logicool) ゲームパッド F310 F310r

サイズ非掲載
重量非掲載
接続方式USB
対応プラットフォームWhindws Vista以降/ChromeOS
カスタマイズ設定プロファイラー ソフトウェアによるカスタマイズ
注目機能独自4スイッチ十字キー
評価・レビュー
機能性
(3.5)
デザイン
(3.5)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • DirectInputとXInputの両方をサポートしています。
  • 比較的リーズナブルな価格で購入できコスパに優れています。
  • PSシリーズ純正ゲームパッドを模したボタン配置が採用されています。
気になるポイント
  • L2およびR2ボタンが固いというレビューも見られます。
  • 十字キーの音が大きいという声もあります。
こんな人におすすめ
リーズナブルな価格で購入できるので、コスパを重視する場合にもおすすめです。

SCUF REFLEX FPS

SCUF(スカフ) リフレックス REFLEX FPS スティール グレイ PS5 コントローラー 日本語説明書付き [並行輸入品]
created by Rinker
SCUF Gaming

サイズ非掲載
重量236g
接続方式Bluetooth/USB Type-C
対応プラットフォームWhindws7以降/macOS CATALINA以降/Android/iOS10以降/PS5
カスタマイズ設定Remappable Paddles/Customization
注目機能4つのボタンが取り外し可能
評価・レビュー
機能性
(4.5)
デザイン
(4.5)
コスパ
(3.0)
ポイント
  • オンボードメモリを搭載しておりプロファイルを3つまで保存しておけます。
  • サムスティックを交換できます。
  • 振動モジュールを備えておりゲームへの没入感を高められます。
気になるポイント
  • 他のボタンに入力が切り替わるという不具合のレビューも見られます。
  • 初期不良の製品が存在するという声もあります。
こんな人におすすめ
滑り止めグリップが採用されているので、ゲームパッドを持った際のフィット感にこだわりたい場合にもおすすめです。

nacon Revolution Unlimited Pro Controller

サイズ非掲載
重量非掲載
接続方式Bluetooth/USB Type-C/USBレシーバー
対応プラットフォームWhindws/PS4
カスタマイズ設定ショートカットボタン/8方向指向性パッド主導プレーヤーステータスインジケーター
注目機能スティック交換機能
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 振動モーターが内蔵されておりゲーム内のアクションに応じてパッドが震えます。
  • 3.5mmヘッドセットジャックがついておりヘッドセットを取り付けできます。
  • カスタマイズした設定をゲームパッド本体に保存しておけます。
気になるポイント
  • ヘッドセット使用時にマイクの音が小さいというレビューも見られます。
  • 手が小さい場合に使いにくいという声もあります。
こんな人におすすめ
3種類の接続方式に対応しているので、シーンに合わせて使い分けたい場合にもおすすめです。

ソニー(SONY) DualSense ワイヤレスコントローラー

サイズ非掲載
重量非掲載
接続方式Bluetooth/USB Type-C
対応プラットフォームWhindows(有線)/Android/iOS/tvOS/iPadOS/macOS/PS5/PS4
カスタマイズ設定アダプティブトリガー
注目機能モーションセンサー機能
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • ハプティック(触覚)フィードバックによりゲームパッド本体が振動します。
  • ゲーム内の状況に合わせて強さを張力を体感できるアダプティブトリガーを搭載しています。
  • 本体内蔵のマイクを使ってボイスチャットが楽しめます。
気になるポイント
  • コントローラーの重量が少し気になるというレビューも見られます。
  • スティックの軋みを感じるという声もあります。
こんな人におすすめ
カラーラインナップが豊富に展開されているので、好みのカラーを選びたい場合にもおすすめです。

レイザー(RAZER) WOLVERINE V2 CHROMA

サイズ161.5×105.8×65mm
重量270g
接続方式USB
対応プラットフォームWhindws10以降/XboxOne/Xbox Series X|S
カスタマイズ設定6 remappable multi-function buttons
注目機能ヘアトリガーモード
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 4つの追加トリガーと2つのリマップ可能なバンパーを備えています。
  • 親指スティックキャップは拡張キャップと短いキャップの2種類が付属しています。
  • 応答性に優れておりスピーディな入力が可能です。
気になるポイント
  • 背面のペダルが遠いというレビューも見られます。
  • サイズが少し大きいという声もあります。
こんな人におすすめ
メイントリガーの作動距離が短いので、素早く射撃したい場合にもおすすめです。

PowerA スペクトインフィニティ 有線コントローラー

サイズ非掲載
重量非掲載
接続方式USB
対応プラットフォームWhindws10・11/Xbox Series X|S/Xbox One
カスタマイズ設定アドバンスドゲーミングボタン/トリガーロック
注目機能摩擦防止リング
評価・レビュー
機能性
(3.5)
デザイン
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • トリガーの可動範囲を3段階で設定できます。
  • ワンタッチでミュート機能が利用できるボリュームダイヤルを備えています。
  • 背面にマッピング可能なボタンを2つ備えています。
気になるポイント
  • 十字キーの斜めが入りにくいというレビューも見られます。
  • ドルフと現象が起こりやすいという声もあります。
こんな人におすすめ
3つのライトアップゾーンを備えているので、ゲーミングデバイスらしいライティングを楽しみたい場合にもおすすめです。

ホリ(HORI) ホリパッド FPS for Nintendo Switch / PC NSW-326

サイズ約幅155×奥行110×高さ60mm
重量約250g
接続方式USB Type-A
対応プラットフォームWhindws10・11/Nintendo Switch
カスタマイズ設定背面の2つのボタン/スティック感度切替
注目機能各種連射機能
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン
(3.5)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • アナログスティックの感度を調節して精密な照準操作が行えます。
  • 背面に搭載されている2つのボタンに好みの機能を割り当てできます。
  • 連射・連射ホールド・クイックターボ機能が利用できます。
気になるポイント
  • スティックの不具合があるというレビューも見られます。
  • スティックが小さ過ぎるという声もあります。
こんな人におすすめ
耐久性に優れているので、長期間使用できるゲームパッドを求めている場合にもおすすめです。

8BitDo Pro Bluetooth gamepad

サイズ約153×100×64mm
重量約228g
接続方式Bluetooth/USB Type-C
対応プラットフォームWhindws10/macOS X Lion以上/Android 4.0以上/Nintendo Switch
カスタマイズ設定背面ボタンのマクロ機能
注目機能有線および無線接続機能
評価・レビュー
機能性
(3.5)
デザイン
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • ジャイロセンサーや加速度センサーなどの機能を備えています。
  • 専用アプリを使用したコントローラーのカスタマイズが可能です。
  • グリップを搭載しておりしっかりと手にフィットします。
気になるポイント
  • 付属バッテリーに初期不良があったというレビューも見られます。
  • 接続の不安定さがあるいう声もあります。
こんな人におすすめ
レトロなデザインが採用されているので、外観にもこだわりたい場合におすすめです。

Apexに向いているゲームパッドとは

Apexに向いているゲームパッドとは
Apexに向いているゲームパッドとは、正確性が高く反応速度に優れているコントローラーのこと

FPSで勝率を上げるには、入力した操作をスピーディかつ正確にゲームに反映させる必要があります。

また、長時間プレイする場合には、疲れにくさも考慮するのがおすすめ。

自分が押しやすい位置にボタンがレイアウトされているかもあわせて確認しておきましょう。

ゲームパッドとマウス&キーボードの違い

Apex Legendsをゲームパッドでプレイする際とマウス&キーボードを使用する場合では、エイムのしやすさに違いがあります。

エイムを素早く合わせるには、マウスを使用するのが有利。

ただし、Apexはエイムアシスト機能が強く、慣れればゲームパッドのスティックでもエイムが合わせられます。

また、キャラクターの操作はゲームパッドを使用する方が操作しやすい傾向にあります。

特に斜め方向の入力はゲームパッドのスティックを使った操作が優れています。

ぐーちょ編集部

ゲームパッドは長時間のプレイに快適で、滑らかな移動と迅速なコマンド入力が可能です。一方、マウス&キーボードは精密な操作が可能で、特にエイム(照準を合わせること)に優れています。自分のプレイスタイルに合わせて選びましょう。

Apexでゲームパッドを使用するメリット

Apexでゲームパッドを使用するメリット
Apexでゲームパッドを使用するメリットは、以下の3つです。

エイムアシスト機能が利用できる

Apexでは、ゲームパッドを使っている場合のみ「エイムアシスト機能」が利用できます。

エイムアシスト機能とは、敵に照準を合わせる際に自動的に補助が得られる機能のこと。

一般的にエイムが合わせやすいとされるキーボードとマウスを使ったプレーヤーとの差が出ないようにゲームパッド使用時にはエイムアシスト機能の恩恵が与えられます。

自由な姿勢でプレイできる

キーボードとマウスを使ってApexをプレイする場合には、デスクなどを使用する必要があります。

ソファの上や膝の上にキーボードとマウスを置くと、安定せずにプレイに支障をきたしてしまう可能性も。

一方でゲームパッドは両手でしっかりと保持して操作できるのがメリット

デスクの前に座った姿勢はもちろん、ソファにもたれてリラックスした状態でもApexがプレイできます

キーボードとマウスを揃えるよりコストが低い

Apexをキーボードとマウスでプレイする場合には、高い性能を備えたゲーミングモデルを選択する必要があります。

ゲーミングキーボードとゲーミングマウスの2台の機器を購入するとコストがかかってしまいがち。

ゲーミングパッドであれば、高性能なモデルでも20,000円ほどで手に入ります。

Apex用に使う機器購入の予算が限られている場合はもちろん、コスパを重視するプレイヤーにもおすすめです。

Apexでゲームパッドを使用するデメリット

Apexでゲームパッドを使用するデメリット
Apexでゲームパッドを使用するデメリットは、以下の2つです。

振り向きが遅い

ゲームパッドを使ってApexをプレイする際に注意すべき点は、キャラクターの振り向きが遅くなってしまうこと。

マウスを使用すれば瞬時に振り向いて背後の敵に対応できますが、ゲームパッドを利用した際はどうしても時間がかかってしまいます。

Apexをゲームパッドでプレイする場合には、事前に振り向きにかかる時間を考慮しておくのがおすすめです。

精密なエイムが難しい

マウスを使用してApexをプレイすれば、ミリ単位の精密なエイムが可能。

ただし、ゲームパッドでエイムを合わせる際はスティックを傾けてコントロールするので、細かな調節が難しい傾向があります。

エイムアシストやアタッチメントの利用である程度エイムを合わせやすくなりますが、マウスに比べると難易度が高い点は把握しておきましょう。

初心者から上級者まで便利!おすすめの設定方法

Apexをゲームパッドでプレイする際は、適切な設定を採用するのがおすすめ。

特に感度の設定はプレイに大きな影響を与えます

初めてApexをプレイする方やFPS初心者の方は、「反応曲線」という項目を「クラシック」に設定するのがポイント

エイムの微調整がしやすくなるだけでなく、エイムアシストも強めにかかります。

プロを含めた上級者が、視点感度「5」・視点感度(エイム時)「4」・反応曲線「クラシック」に設定している場合も。

初心者から上級者まで長く使用できる設定として把握しておくと便利です。

Apexの最適なゲームパッド設定方法

設定項目おすすめの設定
感度プレイヤーの好みに合わせて調整
反応曲線クラシック
視点感度5
視点感度(エイム時)4

もっと簡単に!おすすめのボタン配置

Apex Legendsでコントローラーを使用する場合には、R3ボタンに武器の切り替えを割り振るのがおすすめ。

デフォルトのキー設定を変更しない場合には、戦闘中に武器の切り替えをスムーズにできません。

スティックを押し込むR3ボタンにボタンに武器の切り替えを設定しておけば、コントローラーから右手を外さずに武器が変更できます。

ぐーちょ編集部

ボタン配置をカスタマイズする際は、戦闘中に使用するアクションをスティックから指を離さず操作できるように検討しましょう。

動かない!そんな時の対処法は

Apexをプレイしていると、まれにゲームパッドの操作が反映されないトラブルが発生する場合も。

ゲームパッドを有線で接続している場合には、ケーブルを抜き差しして改善するか試してみましょう

また、Bluetooth通信を利用してワイヤレス接続している場合にも再接続を試してみるのがおすすめです。

それでも改善しない場合には、ゲームを再起動してみる方法も。パソコンでApexをプレイしている場合には、キーボードとマウスを外してからゲームパッドの操作が反映されるか確認してみましょう。

Apexをもっと楽しもう

Apexのプレイが快適になるアイテムもあわせてチェックしてみましょう!

Apex Legendsにおすすめのコンバーター
Apex Legendsにおすすめのコンバーター9選!見分け方や注意点も

ゲーミングパソコン
【Apex Legends】最低限必要なスペックはこれ!おすすめのゲーミングPC5選

Apexにおすすめのゲームパッドの重要ポイントまとめ

Apexにおすすめのゲームパッドの重要ポイントは以下の3つです。

  • 有線式と無線式から接続方式を選択しよう
  • ボタンの配置や交換可能かどうかもチェックしておこう
  • ボタンへ好みの機能を割り当てできるかも確認しておこう

この記事を書いたライターからのコメント

バトルロイヤルタイプのFPSのなかでも人気の高い「Apex」。PC版はキーボードやマウスを使って操作しているプレイヤーが多いですが、ゲームパッドであればより直感的なコントロールが可能です。

FPSでは一瞬の判断と素早い入力が求められるので、家庭用ゲーム機などでゲームパッドの扱いに慣れている場合には、キーボードやマウスを使用する場合に比べて有利にゲームを進められます。

マウスとキーボードを使ったプレイと比較して優れた面や劣っている面がそれぞれ存在するので、自分がプレイしやすいモノを選ぶのがおすすめ。自分が使いやすいと感じる入力機器を選択しましょう。

ですこ
ライター:ですこ

大阪在住。音楽イベント制作業に携わっていた経験があるオーディオ・ガジェット好きライターです。
ヘッドホン・イヤホンなどの聴き比べが趣味。
自らバンド活動を行っていたこともあり、楽器やDTM関連の機器、ソフトについても日々情報に触れております。
最近は、歌ってみたやゲーム実況配信などに必要な機材類についても興味津々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です