【2021年】コスパ最強!ゲーミングチェアのおすすめ15選|テレワーク、女性にも

ゲーミングチェアと周辺機器

みなさんはゲームをしている時、どんな姿勢でモニターやテレビに向かっているでしょうか?パソコンならいわゆるパソコンチェア、テレビならソファーや、高さが低ければ座椅子の方もいらっしゃるかもしれません。

しかしいずれも、長時間ゲームをしているときつくなってくる姿勢と言えます。ゲーミングチェアは価格はそれなりにしますが、長時間使っても疲れにくくするためのさまざまな工夫がなされています。

その意味では同じように「長時間座っても疲れにくくするには、どうすれば良いか」といった視点で作られている高級オフィスチェアも、ゲーミングチェアとして使えるチェアと言えるでしょう。

ゲーミングモニター 【4K・フルHD】おすすめの人気 ゲーミングディスプレイ(モニター)15選|PC、PS4/PS5、Switch向け選び方 シンプルなゲーミングルーター 【2021年版】Wi-Fi 6対応のゲーミングルーターおすすめ最強10選!PS5や最新スマホにも対応 高速 ゲーミングモニター benq BenQゲーミングモニターのおすすめ人気ランキング13選。注目の性能や選び方も解説

ゲーミングチェアとは?

「ゲーミングチェア」という呼ばれ方はしていますが、ゲームをする時だけでなく、デスクワークしたり読書する時にも使えます。いわゆるパソコンチェアやオフィスチェアと違う点としては、いかにも「ゲーム」を思わせるようなデザインと言えるでしょう。

色の基調は黒ベースの製品が多いですが、ポイントごとに原色を使ったり、どことなく近未来的なデザインのチェアが多くなっています。いわゆる「ゲーミングキーボード」もそうですが、デザイン面でもゲームの世界に没頭するための工夫がなされていると言えるかもしれませんね。

ゲーミングチェアの特徴

ゲーミングチェアの特徴は、以下の3つです。

  • 長時間座っても疲れにくい
  • リラクゼーションに力を入れている製品が多い
  • 独特のデザインの製品が多い

長時間座っても疲れにくい

何と言ってもまずユーザーがゲーミングチェアに求めるものがココであり、メーカー側も最も重視している部分がココでしょう。腰や背中への負担を減らし、長時間座ってもいかに疲れにくく快適に過ごせるか。

そのため独自のフレームやウレタン、出し入れできるオットマン(フットレスト)の付属などさまざまな工夫がなされています。

リラクゼーションに力を入れている製品が多い

オフィスチェアではあまり一般的ではありませんが、ゲーミングチェアでは背もたれのリクライニングもほぼ水平(180度)前後まで倒せるものが多くなっています。つまり寝れます。

オットマンもついているチェアなら、本当にそのままベッドにいるかのように寝てしまうことも可能でしょう。中には「寝れます」というのを謳い文句にしているチェアまであります。ゲーム中の休憩を考えての機能と推察されますが、イスでそのまま寝たい…という方には、ゲームをしない方にもゲーミングチェアはおすすめと言えるでしょう。

独特のデザインの製品が多い

上でも書きましたが、ゲーミングチェアは独特のデザインをしている製品が多いです。カラーリングもですが、流線型などフォルムでもそれを主張している製品もあります。性能で迷ったら自分好みのフォルムやデザインで選ぶ、というのもアリかもしれませんね。

オフィスチェアとゲーミングチェアの違い

ゲーミングチェアはゲームをプレイする際の使用を想定して設計されているのが特徴。レーシングカーのバケットシートのように体を包み込むようなデザインの製品が多く、心地よいフィット感が人気です。

また、リクライニング機能が搭載されているモデルが多く、椅子に座ったまま横に慣れるのも魅力です。最近ではゲーミングチェアをビジネス用途に使用する方も増えています。

オフィスチェアはビジネス用に製造されており、座った際に姿勢が保ちやすいのが特徴。首・背中・腰をS字に保ち、肩や首のコリを予防できるように設計されている製品が多い傾向があります。

ゲーミングチェアのおすすめメーカー

ゲーミングチェア 自宅

ゲーミングチェアのおすすめメーカーは、以下の3つです。

  • DXRACER
  • AKRACING
  • ハーマンミラー

DXRACER

「デラックスレーサー」と読みます。早くからゲーミングチェアを手がけていた老舗ブランドで、品質に定評があります。

多少なりとも「知っている」人がゲーミングチェアと聞いて「こういう感じ」と思い浮かべるのは、大抵同社の製品のイメージでしょう。黒を基調に原色をワンポイントに使うカラーリング、独自フレームとウレタンによる疲労軽減など、今のゲーミングチェアの雛形を作り上げたと言えます。

AKRACING

こちらは「エーケーレーシング」と読みます。ブランド名も似ていますが、製品もDXRACINGを意識したようなチェアが多くなっています。DXRACINGとともに、ゲーミングチェアの2大ブランドと言っていいでしょう。

フレームとウレタンという構造も似ており、価格帯的にもDXRACINGと競合する製品を投入しています。ただAKRACINGはオフィスチェアも手がけており、そこが違いと言えば違いです。

ハーマンミラー

「ゲーミングチェア」と名乗る製品は出していませんが、世界一有名な「長時間座っても疲れにくい」チェアのメーカーと言っていいでしょう。高級チェアの代名詞、アーロンチェアのメーカーです。

お値段はほとんどのゲーミングチェアより高級ですが、ゲームはしたいけど腰が痛いor弱いという方にとっては、有力な選択肢となるに違いありません。

ゲーミングチェアの選び方

ゲーミングチェア3台

ゲーミングチェアの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 生地の種類で選ぼう
  • リクライニング機能で選ぼう
  • オプションパーツで選ぼう

生地の種類で選ぼう

ゲーミングチェアに採用されている生地の種類は多く分けて2種類。合成皮革とファブリックです。合成皮革を使用しているゲーミングチェアは、高級感ある外観が魅力。汚れがついた場合や飲み物をこぼしてしまった場合でも掃除がしやすいメリットがあります。

ファブリック生地を使用しているモデルは、通気性に優れているのがメリット。蒸れにくいので、長時間ゲームをプレイする方やパソコン作業を行う方におすすめです。

リクライニング機能で選ぼう

ゲーミングチェアの多くにはリクライニング機能が搭載されています。ただし、リクライニングできる角度は130~180°ほどと各モデルによってさまざま。完全に横になってリラックスしたい場合には180°まで背もたれを倒せる製品がおすすめです。

リクライニングできる角度が浅いモデルは、作業やゲームプレイの合間に少し休憩したい場合に便利。ゲーミングチェアを購入する際は、リクライニング機能の有無に加えて、倒せる角度もチェックしておきましょう。

オプションパーツで選ぼう

ゲーミングチェアには様々なパーツが搭載されています。頭部や首を支える「ヘッドレスト」や腰の負担を軽減する「ランバーサポート」、腕を休められる「アームレスト」などパーツを備えているのが一般的ですが、中には脚を伸ばせる「フットレスト」がついている製品もあります。

また、多くのゲーミングチェアに搭載されているアームレストは、製品によっては角度や高さが調節できる場合もあります。

ゲーミングチェアのおすすめ最強ランキング15選

ゲーミングチェアのおすすめ最強ランキング15選を紹介します。

コンティークス(Contieaks) Shastina シャスティーナ

最初に紹介するおすすめのゲーミングチェアは、「コンティークス(Contieaks) Shastina」です。

座面高41~48cm
重量20kg
張り材質ポリエステル
評価・レビュー
座り心地
(3.5)
機能性
(3.5)
デザイン
(4.0)
ポイント
  • 高品質なメタルフレームを採用しており高い剛性を誇ります。
  • 3次元成型した座面クッションにより快適な姿勢がキープできます。
  • ゴム製よりも耐久性の高いポリウレタン製のキャスターを搭載しています。

「コンティークス(Contieaks) Shastina」の特徴

座面や背面の生地にソファーファブリックが採用されており、インテリアや部屋にマッチしやすい外観を有しているのがポイントです。

こんな人におすすめ
低座面設計なので、背が高くない方や女性にもおすすめです。

エーケーレーシング(AKRacing) Premium レイブン AKR-PREMIUM/LOW-RAVEN

次に紹介するおすすめのゲーミングチェアは、「エーケーレーシング(AKRacing) AKR-PREMIUM/LOW-RAVEN」です。

座面高36.5~43cm
重量28kg
張り材質PUレザー
評価・レビュー
座り心地
(4.5)
機能性
(4.5)
デザイン
(4.5)
ポイント
  • 座面チルト機能で臀部や太ももにかかる負荷を分散できます。
  • 17の品質試験項目をクリアしており信頼性に優れています。
  • 最大180°まで倒せるリクライニング機能が搭載されています。

「エーケーレーシング(AKRacing) AKR-PREMIUM/LOW-RAVEN」の特徴

50000回の座面・背もたれ耐久性試験や8000回の繰り返し衝撃試験、4000回のクッション性のへたり試験にクリアしており、長期間愛用できるのが魅力です。

こんな人におすすめ
耐久性に優れているので、長期間愛用するゲーミングチェアとしておすすめです。

バウヒュッテ(Bauhutte) ゲーミングチェア G-530

次に紹介するおすすめのゲーミングチェアは、「バウヒュッテ(Bauhutte) G-530」です。

座面高40~45cm
重量19.7kg
張り材質ポリエステル
評価・レビュー
座り心地
(4.0)
機能性
(4.0)
デザイン
(3.5)
ポイント
  • 取り外し可能な座面クッションにより奥行きの微調整が可能です。
  • 前後・左右・上下に加えて横幅の調節も可能な4Dアームレストを搭載しています。
  • 日本人向けの低座面設計が採用されています。

「バウヒュッテ(Bauhutte) G-530」の特徴

型崩れしにくいモールドウレタンクッションが採用された座面シートは脱着ができ、奥行きの微調整や別売りのゲーミング座布団への変更が可能です。

こんな人におすすめ
座面シートが脱着できるので、細かく座り心地が調節できるゲーミングチェアを求めている方におすすめです。

イトーキ(ITOKI) クロスフォーカスチェア YES-S-UB-AEL

次に紹介するおすすめのゲーミングチェアは、「イトーキ(ITOKI) YES-S-UB-AEL」です。

座面高43~52.5cm
重量19.3kg
張り材質ポリエステル
評価・レビュー
座り心地
(3.5)
機能性
(3.5)
デザイン
(4.5)
ポイント
  • ソファーに使用される頻度の高いファブリック生地を採用しています。
  • 7段階で上下昇降が可能なアームレストを備えています。
  • 最大135°まで倒せるリンクライニング機能を搭載しています。

「イトーキ(ITOKI) YES-S-UB-AEL」の特徴

事務用品やオフィス家具を扱うイトーキが製造しており、ソファーに使用される頻度の高いファブリックが採用されているのが特徴です。

こんな人におすすめ
シンプルなデザインとファブリック生地を採用しているゲーミングチェアなので、部屋やインテリアにマッチしやすい外観を重視する方におすすめです。

レイザー(RAZER) ISKUR

次に紹介するおすすめのゲーミングチェアは、「レイザー(RAZER) ISKUR」です。

座面高非掲載
重量非掲載
張り材質PVCレザー
評価・レビュー
座り心地
(4.0)
機能性
(4.0)
デザイン
(4.0)
ポイント
  • 調節可能なエルゴノミックランバーサポートシステムが搭載されています。
  • 頑丈で耐久性に優れた多層式合成レザーを生地に採用しています。
  • ヘッドクッションにはヘッド形状にぴったりとフィットするメモリーフォーム府が採用されています。

「レイザー(RAZER) ISKUR」の特徴

背中や腰にぴったりとフィットする調節可能な「エルゴノミックランバーサポートシステム」が搭載されており、理想的な姿勢を保ったままゲームがプレイできます。

こんな人におすすめ
背中や腰に合わせて調節できるエルゴノミックランバーサポートシステムが搭載されているので、長時間ゲームプレイを楽しむ型におすすめです。

コルセア(CORSAIR) T3 RUSH ゲーミングチェアー SKU CF-9010030-WW

次に紹介するおすすめのゲーミングチェアは、「コルセア(CORSAIR) SKU CF-9010030-WW」です。

座面高44~54cm
重量25.5kg
張り材質ソフトファブリック
評価・レビュー
座り心地
(4.0)
機能性
(3.5)
デザイン
(4.0)
ポイント
  • 通気性のよいファブリック素材を採用しています。
  • 耐荷重120kgの高耐久堅牢設計により長期間愛用できます。
  • 最大180°まで倒せるリンクライニング機能によりゲームの合間に休息がとれます。

「コルセア(CORSAIR) SKU CF-9010030-WW」の特徴

最大180°まで倒せるリンクライニング機能が搭載されているので、長時間ゲームをプレイする際、休憩をはさみたい場合に適しています。

こんな人におすすめ
ゲーミングデバイスメーカーとして知られるコルセアの製品なので、メーカーにもこだわってゲーミングチェアを探している方におすすめです。

ジーティーレーシング(GTRACING) FOOTREST SERIES GT901

次に紹介するおすすめのゲーミングチェアは、「ジーティーレーシング(GTRACING) GT901」です。

座面高非掲載
重量24.1kg
張り材質PUレザー
評価・レビュー
座り心地
(4.0)
機能性
(4.0)
デザイン
(4.0)
ポイント
  • 座面下にオットマンが搭載されており脚を上して休憩できます。
  • 人間工学に基づいた3D形状により体をやさしく包み込むような感触が得られます。
  • シンプルかつスタイリッシュなデザインが採用されいます。

「ジーティーレーシング(GTRACING) GT901」の特徴

人間工学に基づいた3D形状や腰を支えるランバーサポート、座面下のオットマンなど、多彩な機能を備えているゲーミングチェアです。

こんな人におすすめ
多機能ながら手頃な価格で購入できるので、コスパに優れた製品を好む方におすすめです。

エーケーレーシング(AKRacing) Wolf

次に紹介するおすすめのゲーミングチェアは、「エーケーレーシング(AKRacing) Wolf」です。

created by Rinker
エーケーレーシング(Akracing)
¥40,946 (2021/10/26 22:28:42時点 Amazon調べ-詳細)
座面高33~40cm
重量28kg
張り材質ファブリック
評価・レビュー
座り心地
(4.5)
機能性
(4.5)
デザイン
(3.5)
ポイント
  • 通気性に優れたファブリック生地を採用しており夏でも快適に使えます。
  • 昇降機能付きのアームレストにより肘の位置を作業しやすポジションに調節できます。
  • 座面と背もたれは固定したまま最大12°の角度まで傾けられるロッキング機能が搭載されています。

「エーケーレーシング(AKRacing) Wolf」の特徴

通気性に優れたファブリック生地を背もたれや座面に採用しているので、長時間ゲームプレイ時の蒸れを防止したい方や夏でも快適に使用したい方にも便利です。

こんな人におすすめ
通気性に優れているので、PUレザータイプの蒸れが苦手な方におすすめです。

SYALEN ゲーミングチェア

次に紹介するおすすめのゲーミングチェアは、「SYALEN ゲーミングチェア」です。

座面高42~50cm
重量非掲載
張り材質麻ファブリック
評価・レビュー
座り心地
(4.0)
機能性
(3.5)
デザイン
(4.0)
ポイント
  • 高品質な麻がブリック生地を採用しています。
  • 体をやさしく包み込む3D構造により長時間でも快適に使用できます。
  • 静音性の高いキャスターが採用されています。

「SYALEN ゲーミングチェア」の特徴

ロッキング機能や165°まで倒せるリクライニング機能に加えて、左右や高さ調節が可能なアームレストを搭載したシンプルなデザインのゲーミングチェアです。

こんな人におすすめ
インテリアや部屋にマッチし安いデザインなので、テレワーク用のゲーミングチェアをお探しに方にもおすすめです。

GTRACING GT002

GTRACING GT002の仕様・製品情報

座面高42〜50cm
重量24.18kg
張り材質PUレザー
ポイント
  • 高いハイバッグで横にもなれる
  • 42cmから設定可能な座面高
  • 高いカスタマイズ性

GTRACING GT002のレビューと評価

1年間で43億円の大ヒットチェア

GT000の後継で、メーカーによると全世界で1年間に43億円以上を売り上げたという大ヒットチェアです。首までしっかりと支えるハイバック型で、座った状態からそのまま横になることも可能。ヘッドレスト・ランバーサポートも付属し、長時間座る際の体の負担をやわらげてくれます。

座面も最低42cmからと、身長の低い方にも対応できるのもうれしいところ。もちろん、000ゆずりの高いカスタマイズ性も健在です。

DXRACER DXR-BKN

DXRACER DXR-BKNの仕様・製品情報

座面高43〜52cm
重量約23kg
張り材質ポリエステル
ポイント
  • 定番ブランドによるベーシックなチェア
  • 独自のスチールフレームで体幹を支持
  • 高品質なウレタンフォーム

DXRACER DXR-BKNのレビューと評価

老舗ならではの“匠”の構造で披露を軽減
ゲーミングチェアの分野ではさきがけとも言えるブランドで、世界的なe-sports大会でもよく採用されているDXRACER(デラックスレーサー)の製品です。同ブランドの製品としては、ベーシックな価格帯に属する製品と言えます。

人間工学に基いた独自のスチールフレームを用い、「体」ではなく「体幹」を支えてゲーム中の体をしっかりとサポートします。さらに高密度・高反発のウレタンフォームが使われており、座面部ではその厚さ実に10cm。老舗ならではの深い研究に基く構造で、座ることによる披露を軽減します。

RAKU ゲーミングチェア

RAKU ゲーミングチェアの仕様・製品情報

座面高45〜53cm
ポイント
  • 全6色から選択可能
  • 伸縮式フットレストを標準装備
  • PU素材キャスターで床に優しい

RAKU ゲーミングチェアのレビューと評価

豊富なカラバリから選べる多機能チェア

全6色と、非常に多くのカラーバリエーションが用意されているゲーミングチェアです。高反発ウレタンフォームを使用し、体への負担を軽減。リクライニングは180℃まで可能で、横になって休むこともできます。

伸縮式のフットレストが付属しており、足を伸ばして座ることも可能。キャスターにはPU素材が使われており、床を痛めにくくなっています。

EXRACING ゲーミングチェア

EXRACING ゲーミングチェアの仕様・製品情報

座面高47~56.5㎝
重量21.6kg
張り素材パンチングレザー
ポイント
  • 蒸れにくいパンチングレザー
  • 3Dアームレスト&3Dクッション
  • 汎用性の高いロッキング

EXRACING ゲーミングチェアのレビューと評価

ゲーマーが開発に参加したゲーミングチェア

世界的なゲーマーが開発に参加したというゲーミングチェアです。座面には長時間座っても蒸れにくいパンチングレザーを採用。高反発ウレタンに、肘には3Dアームレスト、さらに2種類の3Dクッションで体をしっかりサポートします。

ロッキングはレバー1本で簡単に操作でき、90℃〜165℃まで幅広く設定可能。ゲームプレイ時からリラックスしたい時まで、さまざまな利用シーンに対応します。

ハーマンミラー アーロンチェア リマスタード Bサイズ

ハーマンミラー アーロンチェア リマスタード Bサイズの仕様・製品情報

座面高40.5〜52.0cm
重量約20kg
ポイント
  • ’17年にリニューアルされた最新モデル
  • さらに進化したペリクル
  • 腰の負担軽減・疲れにくさで圧倒的な評価

ハーマンミラー アーロンチェア リマスタード Bサイズのレビューと評価

高級チェアの代名詞・アーロンチェア

最後に2つ、「ゲーミングチェア」という括りではなく、長時間座っても疲れにくい高級オフィスチェアをご紹介します。高級オフィスチェアの元祖にして代名詞・アーロンチェアです。

こちらは’17年にリニューアルされたモデルで、ペリクルと呼ばれる独自のメッシュがさらに高機能化しています。アマゾンで20万円弱と非常に高価ですが、腰への負担の低さ・長時間座った際の疲労度の軽減では圧倒的な評価を得ています。とにかく長時間座ってゲームをしたいという方なら、候補として検討するべきチェアでしょう。

なおリニューアル以前のアーロンチェアもクラシックモデルとして併売されており、こちらは価格も若干こなれています。

まとめ

ゲーミングチェアを選ぶ時、まず考えるべきなのは「長時間座っても疲れないか、腰を痛めないか」であると言えます。座るという姿勢自体、腰をはじめ体に負担をかけるものです。体を壊してしまってはゲームどころではありません。

多くのゲーミングチェアはヘッド〜腰のサポートに力を入れていますが、「長時間座ってもいかに疲れにくくするか」という点ではゲーミングチェアよりかなり先輩にあたるオフィスチェアの分野では、歴史もある分、健康への対策もより洗練されています。

体への負担軽減を考えればオフィスチェア、デザイン等ゲーミング環境との親和性を優先するならゲーミングチェア、とも言えるかもしれません。
ゲーミングモニター 【4K・フルHD】おすすめの人気 ゲーミングディスプレイ(モニター)15選|PC、PS4/PS5、Switch向け選び方 シンプルなゲーミングルーター 【2021年版】Wi-Fi 6対応のゲーミングルーターおすすめ最強10選!PS5や最新スマホにも対応 高速 ゲーミングモニター benq BenQゲーミングモニターのおすすめ人気ランキング13選。注目の性能や選び方も解説