【PS4/PS5/PCに】FF14向けゲーミングキーボードおすすめ8選!

キーボード

今回はFF14(ファイナルファンタジーXIV)をプレイする際におすすめのキーボードをご紹介します。ゲーム向けに設計されたキーボード・マウス・ヘッドセットの取り扱いで人気を集めているロジクール・レイザー・コルセアなどの大手メーカー製品だけでなく、コスパに優れた比較的リーズナブルな価格のモデルもピックアップしています。
選び方のコツだけでなく、FF14向けキーボードについての解説もしているので、是非参考にしてみてください。
VRコントローラーを使ってゲームをする男性 【最新】VRコントローラーおすすめ10選!種類・タイプも解説します! eizo ゲーミングモニター 【品質が評判・日本製!】EIZOのゲーミングモニターおすすめベスト5選 ゲーム中の男の人 静音性の高いゲーミングキーボードのおすすめ人気10選!安くてコスパの高いモデルなど

FF14とは

黒いキーボード

FF14とは、大人気のゲーム「ファイナル・ファンタジー」シリーズ2作目のMMORPG(数百人以上が同時にインターネット上で同時に参加できるロールプレイングゲーム)です。”エオルゼア”という世界で、戦いはもちろんアイテム製作やチョコボ育成など自由に楽しめます。美麗なグラフィックにストーリーや音楽の良さが合わさって、ゲーム攻略の面白さだけでなく世界観も楽しみたい人におすすめです。

FF14向けキーボードとは?

FF14向けのキーボードとは、MMORPGゲームとして高い人気を集めているFF14(ファイナルファンタジーXIV)のプレイに使用するのに向いたキーボードのことです。

FF14は家庭用ゲーム機に付属しているコントローラーでもプレイできますが、多ボタンマウスとキーボードを組み合わせれば操作性が向上し、より快適にプレイできます。

FF14向けキーボードの選び方

光っているキーボード

FF14向けキーボードの選び方を以下の4つのポイントから解説します。

  • フルサイズキーボードから選ぶ
  • 日本語配列が便利
  • 接続方式で選ぼう
  • キースイッチの種類で選ぼう

フルサイズキーボードから選ぶ

FF14をプレイする際は、基本的にキーボード右側にあるテンキーを使用します。メインのコマンドを選択する際や操作などで使用するテンキーがないキーボードは使用できないので注意しましょう。

デスク上のスペースが限られている場合には、フルサイズながら比較的コンパクトで設置しやすいモデルを選択するのがおすすめです。

日本語配列が便利

キーボードのキー配列には、大きく分けて日本語配列と英語配列の2種類が存在します。市販のパソコンに付属しているキーボードは基本的に日本語配列を採用しているので、キーの形状や位置に違和感を感じたくない場合には日本語配列を採用したモデルを選択するのがおすすめです。

また、英語配列の場合は日本語入力できない可能性があるので注意しましょう。

接続方式で選ぼう

FF14向けのキーボード接続方式には、有線接続式と無線接続式の2種類が存在します。ワイヤレス接続に対応したモデルはケーブルが必要なくすっきりと設置できますが、有線タイプに比べると遅延発生の確率が高まるので注意が必要です。

どうしても無線接続タイプを使用する場合には、なるべくBluetoothのバージョンが新しいらしいモデルを選択しましょう。

キースイッチの種類で選ぼう

キーボードのキースイッチには、メンブレン・パンタグラフ・メカニカルなど、さまざまな種類が存在します。キースイッチが異なると打鍵感も違ってくるので、FF14のプレイにも影響が出ます。

ゲーミングキーボードらしいカチカチとした打鍵感が好みの場合はメカニカル、スリムな形状を求めるならパンタグラフ、コスパ重視ならメンブレンと、特徴を把握したうえで選択するのがおすすめです。

FF14向けキーボードのおすすめ8選

おすすめのFF14向けキーボードを紹介します。

ロジクール(Logicool) RGBメカニカル ゲーミング キーボード G910

最初に紹介するおすすめのFF14向けキーボードは、「ロジクール(Logicool) G910」です。

サイズ(H×W×D)505×210×35.5mm
重量1.5kg
接続方式USBケーブル
キー数非掲載
荷重45g
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン性
(3.5)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 「ROMER-Gタクタイル」と呼ばれるメカニカルスイッチが採用されています。
  • LIGHTSYNC RGBを搭載しておりライティング効果も楽しめます。
  • 専用メディアコントロールを備えており再生や一時停止などの操作を直感的に行えます。

「ロジクール(Logicool) G910」の特徴

心地よい打鍵感があるだけでなく、静音性や耐久性に優れたキースイッチが採用されており、操作性のよいキーボードを時間を問わず使用できます。

こんな人におすすめ
113キー アンチゴースト機能を搭載しているので、確実な入力を求める場合にもおすすめです。

ロジクール(Logicool) G213 PRODIGY RGBゲーミング キーボード

次に紹介するおすすめのFF14向けキーボードは、「ロジクール(Logicool) G213」です。

サイズ(H×W×D)33×452×218mm
重量1005g
接続方式USBケーブル
キー数非掲載
荷重50g
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン性
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • ゲーム向けに設計されたMech-Domeキーが採用されています。
  • テンキー上部にはメディアコントロールボタンが搭載されています。
  • 一体型のパームレストを備えています。

「ロジクール(Logicool) G213」の特徴

キーボード本体の一体となったパームレストに加えて、2段階の角度調節機能を備えているので、タイピングしやすい好みの角度に設定して快適にプレイできます。

こんな人におすすめ
60mlの液体でテスト済みの耐水性を備えているので、ドリンクを飲みながらゲームする場合にもおすすめです。

レイザー(Razer) RAZER TATRAS PRO

次に紹介するおすすめのFF14向けキーボードは、「レイザー(Razer) RAZER TATRAS PRO」です。

サイズ(H×W×D)非掲載
重量非掲載
接続方式USBケーブル
キー数8方向デジタルサムパッド/32個のプログラムキー
荷重非掲載
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン性
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 左手のみで使用するタイプのゲーミングキーボードです。
  • キーを押した深さを感知するRAZER アナログオプティカルスイッチが採用されています。
  • ゲーミングギアらしいライティングも楽しめます。

「レイザー(Razer) RAZER TATRAS PRO」の特徴

任意のコマンドを入力できる24個のキーおよびボタンに加えて、親指で操作する8方向デジタルサムパッドを備えており、ゲーム時のパフォーマンス向上に役立ちます。

こんな人におすすめ
リストレストが付属しているので、手首にかかる負担を軽減したい場合にも おすすめです。

レイザー(Razer) RAZER BLACKWIDOW V3

次に紹介するおすすめのFF14向けキーボードは、「レイザー(Razer) RAZER BLACKWIDOW V3」です。

サイズ(H×W×D)非掲載
重量非掲載
接続方式USBケーブル
キー数非掲載
荷重非掲載
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン性
(3.5)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • ケーブル配線オプションによってどの方向にもケーブルが引き出せます。
  • 8000万回のキーストロークに耐える品質を備えています。
  • アルミ製のボディは堅牢性にも優れています。

「レイザー(Razer) RAZER BLACKWIDOW V3」の特徴

静音性に優れた「RAZER イエローメカニカルスイッチ」が採用されており、滑らかかる音を抑えたタイピングができるキーボードです。

こんな人におすすめ
世界中のゲーマーに使用されているモデルなので、信頼性の高い製品を求める場合にもおすすめです。

コルセア(CORSAIR) K70 RGB MK.2

次に紹介するおすすめのFF14向けキーボードは、「コルセア(CORSAIR) K70 RGB MK.2」です。

サイズ(H×W×D)非掲載
重量1.08kg
接続方式USBケーブル
キー数109キー
荷重非掲載
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン性
(3.5)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 静音性に優れた赤軸のメカニカルスイッチが採用されています。
  • 無駄を省いたスリムなデザインが採用されています。
  • 航空機グレードのアルミを使用したフレームは堅牢性にも優れています。

「コルセア(CORSAIR) K70 RGB MK.2」の特徴

キーボードの右上には音量調節やミュートなどがコントロールできるマルチメディアキーやWindowsロックキーを備えており、使い勝手に優れています。

こんな人におすすめ
滑り止め加工を施した交換用キーキャップが付属しているので、確実な入力を行いたい場合にもおすすめです。

キングストン(Kingston) HyperX Alloy Orijinsメカニカルゲーミングキーボード HX-KB6RDX-JP

次に紹介するおすすめのFF14向けキーボードは、「キングストン(Kingston) HyperX Alloy Orijins」です。

サイズ(H×W×D)442.5×132.5×36.3936.39mm
重量1075g
接続方式USBケーブル
キー数非掲載
荷重45g/45g/50g
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン性
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 「NGENUITY」ソフトを利用すればライティングのカスタマイズができます。
  • 航空機グレードのフルアルミボディが採用されています。
  • キーボードの角度は3段階で調節できます。

「キングストン(Kingston) HyperX Alloy Orijins」の特徴

カスタムHyperXメカニカルスイッチが採用されているだけでなく、フルサイズながら比較的コンパクトなデザインで人気を集めている製品です。

こんな人におすすめ
USB Type-Cケーブルは取り外しできるので、収納性や携帯性を重視する場合にもおすすめです。

アップル(Apple) Magic Keyboard

次に紹介するおすすめのFF14向けキーボードは、「アップル(Apple) Magic Keyboard」です。

サイズ(H×W×D)41.87×11.49×0.41~10.9cm
重量1.5kg
接続方式Bluetooth/Lightningポート/ワイヤレス
キー数非掲載
荷重非掲載
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン性
(4.5)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • キーの安定性に優れており快適にタイピングできます。
  • 1回の充電で約1ヶ月長持ちするバッテリーが内蔵されています。
  • 高さを抑えたシザー構造のキースイッチを採用しています。

「アップル(Apple) Magic Keyboard」の特徴

スリムでスタイリッシュな外観を有しており、デザイン性に優れているだけでなく、素早く正確なタイピングをサポートできる点でも人気を集めています。

こんな人におすすめ
ワイヤレス接続に対応しているので、ケーブルを煩わしく感じる場合にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) PS4向け有線キーボード GM-TKFCM062BK

次に紹介するおすすめのFF14向けキーボードは、「エレコム(ELECOM) GM-TKFCM062BK」です。

サイズ(H×W×D)452×138×29.6mm
重量約586g
接続方式USBケーブル
キー数108キー
荷重非掲載
評価・レビュー
機能性
(3.5)
デザイン性
(3.5)
コスパ
(5.0)
ポイント
  • リーズナブルな価格で購入できる点が魅力です。
  • キーボードの角度はスタンドによって2段階で調節できます。
  • 最大1000万回のキーストロークに耐えるキーを採用しています。

「エレコム(ELECOM) GM-TKFCM062BK」の特徴

低価格でコスパの高いメンブレン式のキースイッチを採用しており、液体をこぼした場合でも水抜き穴から排出する排水機能も備えているので、安心して使用できます。

こんな人におすすめ
日本語配列が採用されているので、市販のパソコンに付属しているキーボードに慣れている方にもおすすめです。

【合わせて知りたい】FF14向けマウスのおすすめ2選

おすすめのFF14向けマウスを紹介します。

レイザー(Razer) RAZER NAGA TRINITY

最初に紹介するおすすめのFF14向けマウスは、「レイザー(Razer) RAZER NAGA TRINITY」です。

サイズ(H×W×D)43×74×119mm
重量120g
接続方式USBケーブル
ボタン数19
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン性
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • サイドプレートを付け替えてボタンの数を2・7・12個から選択できます。
  • True 16000DPI対応の精度に優れたセンサーが搭載されています。
  • 最大19個のボタンにコマンドをプログラムできます。

「レイザー(Razer) RAZER NAGA TRINITY」の特徴

ゲームジャンルやプレイスタイルにあわせてサイドのボタン数を調節できるので、FF14はもちろん、幅広いゲームのプレイに利用できます。

こんな人におすすめ
ゲーミングデバイスメーカーとして有名なレイザーの製品なので、定番のモノが欲しい場合にも おすすめです。

コルセア(CORSAIR) SCIMITAR RGB ELITE 光学式 MOBA/MMO ゲーミングマウス
CH-9304211

次に紹介するおすすめのFF14向けマウスは、「コルセア(CORSAIR) CH-9304211」です。

サイズ(H×W×D)非掲載
重量122g
接続方式USBケーブル
ボタン数17
評価・レビュー
機能性
(4.5)
デザイン性
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 親指で操作するサイドボタンは12個搭載されています。
  • サムボタンはすべてプログラムが可能です。
  • 18000DPIの高精度センサーによって精確なトラッキングが可能です。

「コルセア(CORSAIR) CH-9304211」の特徴

5000万回のクリック耐久性能を備えたOmron製のスイッチが採用されており、長期間使用できるだけでなく、ハードにゲームプレイする場合にも便利です。

こんな人におすすめ
合計17個のボタンにコマンドをプログラミングしておけるので、FF14で頻繁に使用するコマンドが多い場合にもおすすめです。
Amazon.co.jp おすすめ商品

FF14向けキーボードの重要ポイントまとめ

FF14向けキーボードの重要なポイントは以下の3つです。

  • 多ボタンマウスと組み合わせて使おう
  • 接続方式は有線タイプがおすすめ
  • 打鍵感にこだわるならメカニカルキーボードを選択しよう
VRコントローラーを使ってゲームをする男性 【最新】VRコントローラーおすすめ10選!種類・タイプも解説します! eizo ゲーミングモニター 【品質が評判・日本製!】EIZOのゲーミングモニターおすすめベスト5選 ゲーム中の男の人 静音性の高いゲーミングキーボードのおすすめ人気10選!安くてコスパの高いモデルなど