Apex Legendsにおすすめのコンバーター9選!見分け方や注意点も

Apex Legendsにおすすめのコンバーター

※本サイトはプロモーションが含まれています。

人気FPSゲーム「Apex Legends」を家庭用ゲーム機で有利にプレイしたい場合には、「コンバーター」の利用が便利。コンバーターを使えば、コントローラーの代わりにキーボードやマウスで操作できます。

ただし、Apex Legendsでコンバーターを使用することは規約違反となる場合があり注意が必要。

そこで今回は、Apex Legendsのプレイ時の注意点や、Apex Legendsでコンバーターを使っているか見分ける方法、おすすめのコンバーターなどをご紹介します。


【ゲームパッド強すぎ】プロが注目するApexにおすすめのコントローラー
【ゲームパッド強すぎ】プロが注目するApexにおすすめのコントローラー10選

Apex Legendsにおすすめのコンバーター9選

対応機種対応する機種の多さ(対応機種が少ない:低い〜対応機種が多い:高い)
携帯性携帯性の高さ(サイズが大きい・重量が重い:低い〜サイズが小さい・重量が軽い:高い)
コスパ価格の安さ(価格が高い:低い〜価格が高い:高い)

XIM APEX キーボードマウス接続アダプタ SRPJ2038

対応機器PS4・PS3・XboxOne・Xbox360
サイズ150×100×20mm
重量68g
評価・レビュー
対応機種
(4.0)
携帯性
(3.5)
コスパ
(3.0)
ポイント
  • 有線接続と無線接続の両方に対応しており、幅広いキーボードとマウスに対応できます。
  • USBポートは3基搭載しているので、キーボードとマウス以外にゲームパッドなども同時接続できます。
  • 価格は高額な傾向がありますが、定番の製品なので比較的レビュー数なども多く参考にしながら購入を検討できます。
気になるポイント
  • 付属のUSBハブはケーブルが短いので、ゲーム機周辺をすっきりとさせたい場合には別途ケーブルの長いUSBハブが必要という声もありました。
  • 特定のマウスを使った際に不具合が起こるというレビューもありました。
こんな人におすすめ
ワイヤレス接続に対応しているので、モニターや家庭用ゲーム機から離れてApex Legendsをプレイする場合にもおすすめです。

LeadJoy VX2 AimBox マウス・キーボード接続アダプター

対応機器PS4・Nintendo Switch・XboxOne・Xbox Series X・S/td>
サイズ80×58×19mm
重量非掲載
評価・レビュー
対応機種
(4.0)
携帯性
(3.5)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 高度なアジャイル翻訳テクノロジーを採用しており、接続するだけでキーボードやマウスが利用できます。
  • USBポートを3基搭載しており、キーボードとマウスに加えてゲーム機のコントローラーも接続できます。
  • 本体内部にカウンターウェイト、底面にシリコンゴム製のフットパッドを備えているので、安定して設置できます。
気になるポイント
  • 購入から3ヶ月経過後に接続しているコントローラーがSwitchに認識されなくなったという声もありました。
  • マウスを接続して感度を最大に設定しても低いというレビューもありました。
こんな人におすすめ
3.5mmオーディオジャックを搭載しているので、イヤホンやヘッドホンを接続したい場合にもおすすめです。

Mcbazel KX キーボード・マウス接続コンバーター

対応機器PS4・PS3・XboxOne・Nintendo Switchなど
サイズ非掲載
重量非掲載
評価・レビュー
対応機種
(4.5)
携帯性
(3.5)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • 有線キーボードとマウスをサポートしており、ケーブルを接続するだけで簡単に使えます。
  • 本体をゲーム機に繋ぐとLEDライトが緑に点灯するので、接続状況が一目で確認できます。
  • USBポートは3基搭載されているので、キーボード・マウス・ゲームパッドを同時に接続できます。
気になるポイント
  • シンプルな機能のみを搭載した製品のわりに価格が高いという声もありました。
  • 水平にマウスを振って止めた際に逆方向+上方向と誤認識されるというレビューもありました。
こんな人におすすめ
PS4やNintendo Switchをはじめとする幅広いゲーム機に対応しているので、ゲーム機を複数所有している場合にもおすすめです。

ReaSnow S1 ゲーミングコンバーター

対応機器PS4・PS5・XboxOne・Nintendo Switcなど
サイズ142×125×45mm
重量180g
評価・レビュー
対応機種
(4.5)
携帯性
(3.5)
コスパ
(3.0)
ポイント
  • アンチリコイルや連射マクロ機能などが搭載されているので、ゲームを有利に進めたい場合にも適しています。
  • 技的マーク取得済みの製品なので、品質を重視する場合や動作の不具合を予防したい場合にも適しています。
  • 日本語の説明書が付属しているので、購入後のセットアップに不安がある場合にも便利です。
気になるポイント
  • 操作性が悪く、アンチリコイル機能のメリットを感じられなかったという声もありました。
  • 設定は簡単にできたが、ゲームプレイに使用していると、たまに設定がおかしくなるというレビューもありました。
こんな人におすすめ
PS5に対応しているので、PS5でApex Legendsをプレイする場合にもおすすめです。

アンサー Switch PS4マウス&キーボードコンバーター ツナガールDX ANS-SW111

対応機器PS4・Nintendo Switch
サイズ非掲載
重量非掲載
評価・レビュー
対応機種
(3.5)
携帯性
(3.5)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • TURBO(連射機能)やAUTO TURBO(自動連射)機能を備えており、シューティングゲームのプレイに適しています。
  • USBポートは4機搭載されており、キーボードやマウスだけでなく複数の機器を同時に接続できます。
  • PS4でNintendo Switchのコントローラーを使ったり、SwitchでPS4のコントローラーを使いたい場合にも利用できます。
気になるポイント
  • 接続の問題かケーブルの問題か分からないが、ゲームプレイ時に遅延が発生したという声もありました。
  • 接続状況が悪く安定しないので、マウス飛びが発生するというレビューもありました。
こんな人におすすめ
比較的リーズナブルな価格で購入できるので、コストを抑えたい場合やコスパを重視する場合にもおすすめです。

AIMZENIX BLADER キーボードマウスアダプター

対応機器PS4・PS3・Nintendo Switch・Xbox・PCなど
サイズ非掲載
重量非掲載
評価・レビュー
対応機種
(4.5)
携帯性
(3.5)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • 家庭用ゲーム機だけでなくパソコンでも使えるので、Apex Legendsを含む複数のゲームをプレイする場合にも適しています。
  • プラグアンドプレイに対応しておりケーブルを接続するだけで使用できるので、設定が苦手な場合にも便利です。
  • 気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現しているので、コンバーターにかかるコストを抑えてゲーミングキーボードやマウスに予算を回せます。
気になるポイント
  • 反応が悪いように感じるので、FPSのプレイは難しいという声もありました。
  • キー単体を押した場合は反応するが、複数のキーを同時押しした場合には反応しないトラブルが発生するというレビューもありました。
こんな人におすすめ
ショートカットキーによってゲーム設定がカスタマイズできるので、アプリへの接続にかかる手間を省きたい場合にもおすすめです。

XIM MATRIX アダプター

対応機器PS5・PS4・Xbox Serie X・S・XboxOne・PC
サイズ非掲載
重量非掲載
評価・レビュー
対応機種
(4.5)
携帯性
(3.5)
コスパ
(3.0)
ポイント
  • 本製品をローカルネットワークに接続すれば、PS5でApex Legendsをプレイする際にも使えます。
  • ゲーミング機器らしいライティング効果も楽しめるので、見た目にこだわりたい場合にも適しています。
  • XIM MATRIX Managerアプリを使ってスマホと接続できるので、家庭用ゲーム機以外にスマホゲームで利用したい場合にも便利です。
気になるポイント
  • 日本語に対応しておらず、英語での表記を読み取る必要があるという声もありました。
  • アンチリコイル機能だけが何度設定してもうまく動作しないというレビューもありました。
こんな人におすすめ
XIM独自のSmart translator精密照準システムを搭載しているので、エイムの精確性にこだわりたい場合にもおすすめです。

AIMZENIX Striker Pro

対応機器PS5・PS4・Nintendo Switch・Xbox
サイズ63×15×76mm
重量非掲載
評価・レビュー
対応機種
(4.0)
携帯性
(3.5)
コスパ
(3.5)
ポイント
    家庭用ゲーム機の多くに対応しており、汎用性の高いコンバーターを求めている場合にも便利です。

  • 専用アプリのGEEKVICEを利用してスマホと接続すれば、数多くのカスタマイズ機能が使えます。
  • 1000Hzまでのマウスポーリングレートを調節できるので、マウスの感度をカスタマイズしたい場合にも適しています。
気になるポイント
  • 少しマニアックな製品なので、快適に使用できるまでには慣れが必要という声もありました。
  • コンバーターの性能を十分に発揮するには、GEEKVICEと呼ばれるアプリが必要というレビューもありました。
こんな人におすすめ
日本語説明書とビデオチュートリアルが付属しているので、接続に不安がある場合にもおすすめです。

BROOK Sniper FPS 高精度キーボードマウス コンバーター

対応機器PS4・PS3・XboxOne・Nintendo Switch
サイズ150×100×20mm
重量68g
評価・レビュー
対応機種
(4.0)
携帯性
(3.5)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • モバイル向けのアプリをスマホにインストールすれば、自分の好みに合わせて機能が設定できます。
  • 認証の際に純正コントローラーを接続する必要もなく、キーボードとマウスを繋いでスムーズにゲームがプレイできます。
  • 本体にはLEDライトが搭載されているので、ゲーミング機器らしい外観を楽しみたい場合にも適しています。
気になるポイント
  • 操作が効かなくなってしまい、ゲームプレイ時に勝手に動き出してしまうという声もありました。
こんな人におすすめ
シューティングゲーム向けの設定が採用されているので、FPSに特化したコンバーターを求めている場合にもおすすめです。
あなたの感想やレビューをお願いします!
1
2
3
4
5

Submit

     

Cancel
レビューを投稿する
ぐーちょ

平均評価:  

 0 レビュー

コンバーターとは

「コンバーター」とは、家庭用ゲーム機で使用するコントローラーをキーボードとマウスに変換する際に使用する機器のこと。

利用すれば、PCゲームのようにキーボードとマウスでApex Legendsがプレイできます。

コントローラーでの操作に慣れていない場合はもちろん、普段PCゲームをプレイする頻度が高い場合にもおすすめです。

Apex Legendsでコンバーターを使用するメリット

Apex Legendsでコンバーターを使用するメリット
Apex Legendsでコンバーターを使用するメリットは、以下の3つです。

  • エイムアシストを付けてキーボードやマウスでプレイできる
  • ソフトウェアチートに比べて安価で使える
  • BANされにくい

エイムアシストを付けてキーボードやマウスでプレイできる

Apex Legendsをプレイする際は、エイムアシストの利用が有利。ただし、エイムアシスト機能はコントローラーでプレイする場合のみ使用でき、PCなどでキーボードやマウスを使う場合には利用できません。

ただし、コンバーターを使えば、キーボードやマウスで家庭用ゲーム機でApex Legendsをプレイする際にもエイムアシストの利用が可能。ゲームが有利に進められます。

ソフトウェアチートに比べて安価で使える

キーボードとマウスを使った操作にエイムアシスト機能を付加するのは、ソフトウェアチートを使用するのとあまり変わりがありません。

ただし、ソフトウェアチートを購入する場合に比べて、コンバーターは比較的低価格で導入が可能です。

また、ソフトウェアチートとは異なり、コンバーターは一度購入するだけで長く使用できます。

BANされにくい

ソフトウェアチートを使って、キーボードやマウスの操作にエイムアシストを付与するとチーターと見做されてBANされてしまう危険性も。

コンバーターを利用した場合はコントローラーでの操作と見なされるので、比較的BANされにくい傾向があります。

ただし、BANの可能性は「0」ではないので注意が必要。コンバーターを利用してApex Legendsをプレイする際は、アカウントのBANに気をつけるのがおすすめです。

コンバーター使用プレイヤーを見分けられるか

敵や味方のプレイヤーがコンバーターを使用しているかどうかは、視点移動や移動方法のチェックである程度見分けが付きます。コントローラーのスティックを倒した際は視点移動の速度が一定ではありません。

マウスの場合も振る速さで大きくスピードが変化しますが、コントローラーでできなさそうな操作をおこなっている場合はマウスの使用が疑われます。

感度が早く、スティックではできない速度で視点移動している場合はコンバーターとマウスを使っている可能性があるので、注意して見てみましょう。

公式Apex Legendsでコンバーターは規約違反

公式Apex Legendsでコンバーターは規約違反
Apex Legendsでは、公式がコンバーターの使用禁止を明言しています。またPlayStationを製造するソニーも非公認の機器が使用禁止としており、コンバーターは非公認の危機にあたるので注意が必要です。

ただし、PS4やPS5に直挿しし、キーボードやマウス対応のゲームタイトルをプレイする場合は規約違反になりません。

直挿しした際に反応がないにもかかわらず、コンバーターを利用してキーボードやマウスを使った場合は規約違反になります。

▼関連記事:こちらの記事はおすすめのコントローラーを紹介しています。

【ゲームパッド強すぎ】プロが注目するApexにおすすめのコントローラー
【ゲームパッド強すぎ】プロが注目するApexにおすすめのコントローラー10選

コンバーターはどこで買える?

コンバーターはどこで買える?
家庭用ゲーム機でキーボードやマウスが使えるようになるコンバーターは、一部の実店舗でも購入が可能。大型で知名度の高い家電量販店のパソコンコーナーであれば、販売している場合があります。

また、Amazonや楽天などのECサイトでも購入することは可能。リーズナブルでコスパに優れたモデルから遅延を抑えた高性能なモデルまで多彩な製品が展開されています。

ECサイトであれば、所有するハードに対応したコンバーターも比較的簡単に見つけられます。

パソコン周辺環境を整えて快適にプレイしよう


ゲーミングマウスを操作する手
【うるさいクリック音を解消】静音ゲーミングマウスおすすめ人気ランキング9選

赤と黒のゲーミングチェア
【コスパ最強】安いゲーミングチェアのおすすめ11選|1万円以下でも機能充実、快適に!

寝れるゲーミングチェア
リクライニングで仮眠を取りたい!寝れるゲーミングチェアのおすすめ人気10選

2台のモニター
ゲーミング環境を整える!ゲーミングモニターアームのおすすめ13選|メーカー、設置方法

EIZOのゲーミングモニターおすすめ
【品質が評判・日本製!】EIZOのゲーミングモニターおすすめベスト5選

この記事を書いたライターからのコメント

Apex Legendsを始めとするFPSやTPSなどのゲームは、エイムを正確に合わせられるかが勝敗の分かれ目。

コントローラーに比べてマウスはエイムが合わせやすく、エイムアシスト機能が利用できればさらにスムーズに照準を定められます。

ただし、コンバーターを使用する際は、規約違反やアカウントのBANなどに注意するのがおすすめです。

ですこ
ライター:ですこ

大阪在住。音楽イベント制作業に携わっていた経験があるオーディオ・ガジェット好きライターです。
ヘッドホン・イヤホンなどの聴き比べが趣味。
自らバンド活動を行っていたこともあり、楽器やDTM関連の機器、ソフトについても日々情報に触れております。
最近は、歌ってみたやゲーム実況配信などに必要な機材類についても興味津々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です