消えたMacデータを復元する方法は?Macのデータ復旧ソフトのおすすめ|Tenorshare 4DDiGをレビュー

Macのデータ復元ソフト「Tenorshare 4DDiG」がおすすめ

今回の記事は、Macのデータ復元に便利なソフト「Tenorshare 4DDiG」をご紹介します。

Macに保存していた大切なデータを失って困っている場合には、復元ソフトの利用がおすすめ。

Tenorshare 4DDiGの使い方や魅力などを解説しているので、消えたデータを取り戻したい場合には試してみてください。


4DDiG File Repairで白黒写真をカラー化、レビュー・評価
昔の思い出をカラフルに!白黒写真をカラー化するアプリ【4DDiG File Repair】使用レビュー・評価

\\ 公 式 サ イ ト は コ チ ラ //

Tenorshare 4DDiG

※この記事はTenorshare社より【Tenorshare 4DDiG】をご提供いただき作成しています。

消えたMacデータを復元する方法は?

データ復旧
「消えたMacのデータを復元させたい」場合には、業者への依頼やデータ復元ソフトの利用がおすすめ。専門の業者への依頼はコストがかかりますが、プロによる高いデータ復元率が期待できます。

情報漏洩のリスクや依頼にかかる手間・コストを削減したい場合には、データ復元ソフトの使用が便利。Mac用のデータ復元ソフトを利用すれば、業者に依頼せず自分でデータの復元が試せます。

また、データ復元を試みる際は、事前にファイルが隠されていないかチェックしておくのもポイント。

Macにはターミナルと呼ばれる隠しファイルを見分けるツールがあるので、データが残っていないか確認しておきましょう。

▼関連記事:[Mac ゴミ箱 復元]Macのゴミ箱から削除したデータの復元方法

Macで消えたデータを復元する方法

Macで消えたデータを復元する主な4つの種類を解説します。

  • 方法1:Finderを再起動する
  • 方法2:環境設定でアイコンを再表示する
  • 方法3:ファイルの隠し状態を解除する
  • 方法4:おすすめのMac復元ソフト「Tenorshare 4DDiG」を利用する

方法1:Finderを再起動する

デスクトップ上にあったファイルが消えてしまった場合には、「Finder」を再起動するのがおすすめ。

特にファイルを削除した記憶がない場合には、Finderに原因がある可能性が高いので、再起動を試してみましょう。

STEP.1
Finderのアイコンクリック
「option」キーを押したままFinderをクリックし、右クリックの項目を開きます。
STEP.2
再起動する
右クリックで表示された項目から、「再度開く」を選択してFinderを再起動します。
完了!

方法2:環境設定でアイコンを再表示する

デスクトップに表示する項目は、Finderの設定から選択できます。

Macのデスクトップに表示されていたファイルが消えてしまった場合には、ファイルが表示される設定になっているかチェックして見ましょう。

STEP.1
Finderの設定を開く
メニューバーからFinderをクリックし、「環境設定」を選びます。
STEP.2
デスクトップに表示する項目をチェックする
「一般」タブを選び、「デスクトップに表示する項目」の部分を確認する。
STEP.3
デスクトップに表示したい項目にチェックを入れる
「デスクトップに表示する項目」から表示したい項目にチェックを入れて表示されているか確認する。
完了!

方法3:ファイルの隠し状態を解除する

Macに保存されているファイルやフォルダが消えても、完全に削除されているとは限りません。

誤って削除してしまった記憶がない場合には、隠しファイルやフォルダとして保存されている場合も。ファイルの隠し状態を解除して確認してみましょう。

STEP.1
ファイル名をspotlight検索する
ファイルが本当に削除されているか残っているか、spotlight検索によって確認する。
STEP.2
ターミナルを使用して隠しファイルを表示する
ターミナルを開き、「defaults write com,apple,finder appleahoufiles TRUE」を入力後、エンターキーを押します。
STEP.3
ファイルを確認する
隠されていたファイルが表示されているかチェックする。
完了!

方法4:おすすめのMac復元ソフト「Tenorshare 4DDiG」を利用する

Finderの再起動や隠しファイルを表示しても探しているデータが見つからない場合には、誤ってデータを削除するなど消えてしまっている可能性が高め。Mac用のデータ復元ソフトを使って、データの復活を試みてみましょう。

Mac向けのデータ復元ソフトは無料・有料ともに数多く存在します。どのソフトを使用するべきか悩んだ場合には、「Tenoshare 4DDiG」がおすすめ。

Macや外付けのストレージなどから、幅広い種類のファイルを復元できます。

Macのデータ復元ソフト「Tenorshare 4DDiG」がおすすめ

Macのデータ復元ソフト「Tenorshare 4DDiG」がおすすめ

\\ 公 式 サ イ ト は コ チ ラ //

Tenorshare 4DDiG

「Tenorshare 4DDiG」の仕様・製品情報

復元可能なデータ

対応ストレージデバイスコンピューター/ラップトップ・HDD/SSD・外付けハードディスク・CF/SDカード・USBフラッシュドライブ・メモリーカード・デジタルカメラ・アクションカメラ・カメラドローンなど
対応ファイル写真(JPG、JPEG、PNG、GIF、HEIC、TIFF、TIF、BMP、PSD、RGBなど)・動画(AMV、AVI、WMA、MP4、MPEGMKV、FLV、FLA、MOVなど)・音声(FLAC、MP3、OGG、WAV、WMA、AA3、AC3、ACCなど)・メール、アーカイブ(MSG、PST、OST、EMKIWAYA、EMLX、MBOX、BKL、BMS、DBX、DCI、EDB、MAIL、MBX、NSF、OEB、PAB、PST、WAB、7zip、7Z、WAR、ZIP、EXE、DEB、GZ、JAR、KRYPTER、LZA、LZH、MSI、PF、PKG、PUP、RAR、SEA、SFX、ACE、ALZ、ARC、ARJ、BZ、BZIP、CAB、DBS、SIT、SITX、SOR、TAR、TGZ、ZIPX、ZOO、AFZ、GZIP、ISO、DMG、RPM、EXE、iso9660など)・office文書(DOC、DOCXRTF、XLS、XLSX、CSV、PPT、PPTX、PPS、PDF、PDF/A、XPS、EPUBなど)・その他(HTM、HTML、PHP、ASPX、CGI、ELM、IGY、IQY、JSP、LDB、MHT、MHTML)

システム要件

対応OSmacos Sonoma、macOS Ventura、macOS Monterey、macOS BigSur 11.0、macOS 10.15、macOS 10.14 (macOS Mojave)、mac OS X 10.13 (High Sierra)、10.12(macOS Sierra)
ファイルシステムAPFS、HFS+、FAT32、exFAT.
CPU1GHzまたはそれ以上
ディスクの空き容量200MB以上の空き容量があること
RAM512MBまたはそれ以上

「Tenorshare 4DDiG」の魅力

ポイント
  • 誤った削除やMac更新の失敗などで消えてしまったファイルを復元できます。
  • Mac内蔵ストレージだけでなく、外付けのストレージやUSBメモリ、SDカードなどのデータも復元できます。
  • 破損した画像や動画の修復にも利用できます。
  • 修復率が高いだけでなく、3ステップで簡単にデータを修復できます。
  • 写真・動画・音声・メール・ドキュメントなど幅広いファイル形式に対応できます。
こんな人におすすめ
復元率が高く幅広いMacやデータに対応できるので、大切なデータをMacから消去してしまった場合におすすめです。

「Tenorshare 4DDiG」の口コミ・評価

データの入ったハードディスクが突然認識されなくなり、ディスクの管理に表示されなくなったので、「Tenorshare 4DDiG」でデータを復元しました。ありがとうございました。

パソコンが突然壊れてしまい、保存していたデータが全てなくなってしまいました。

パソコンに深い知識があるわけでもありませんが、データ復元ソフトがあると助かりますね!

重要な情報を含むSD カードが機能しなくなりました。そのデータが必要だったので、良いプログラムを探したところ、最終的にTenorshare 4DDiGを見つけました。

これを使用すると、hdd、タブレット、SD カード、パーティションなどのデータを復旧することもできます。

保存した状態で消えてしまったり消してしまったりしたデータの復旧率は高いが、新規データを作成中に保存しないまま消えてしまったデータの復旧は難しい。

データが消えたあとに色々と余計な操作を行うとデータの残骸が積み重なってしまうので、復旧させたいデータが消えてTenorshare 4DDiGを利用しても復元できない場合がある。

\\ 公 式 サ イ ト は コ チ ラ //

Tenorshare 4DDiG

「Tenorshare 4DDiG」のプランと価格

プラン月間更新
ライセンス
年間更新
ライセンス
永久
ライセンス
料金7,981円(税込み)10,980円(税込み)13,980円(税込み)
ストレージデバイスから2000種類以上のファイルを復元
クラッシュしたMacパソコンタからデータを復元
破損した写真や動画などを修復
必要なデータを選択的に復元
復元前にデータをプレビュー

※ライセンスは期間終了後に自動更新されます。更新しない場合は忘れずに解約の手続きをしてください。

\\ 公 式 サ イ ト は コ チ ラ //

Tenorshare 4DDiGを購入

「Tenorshare 4DDiG」の使い方

STEP.1
Tenorshare 4DDiG Macのアプリを起動する
Tenorshare 4DDiGの公式WebサイトからソフトをダウンロードしてMacにインストールしたら、アプリを起動します。
STEP.2
復元したいデータが保管されていたドライブを選択する
復元したいデータのあるドライブ(Mac内蔵ストレージ・外付けストレージ・USBフラッシュメモリなど)を選択する。
復元したいデータが保管されているドライブを選択するの手順
STEP.3
復元するファイルの種類を選択する
写真・ビデオ・ドキュメント・オーディオ・他のなどファイルの種類が表示されるので、復元したいファイルが属する項目を選びます。選択したら、「選択したファイルのタイプをスキャン」をクリックします。


復元するファイルの種類を選択するの手順1
復元するファイルの種類を選択するの手順2

STEP.4
スキャンが完了したら復元したいファイルを探す
左側のツリー表示またはファイルの種類を選択し、復元したいファイルを検索します。

スキャンが完了したら復元したいファイルを探すの手順

STEP.5
復元したいファイルを選びます。
復元したいファイルが見つかったら、チェックを入れて「復元」のボタンを押します。
復元したいファイルを選びますの手順
STEP.6
ファイルの復元場所を選びます。
復元ボタンを押したら、ファイルを復元する場所を選んで「開く」をクリックします。
復元する場所を選びますの手順
STEP.7
復元したファイルを確認する。
「復元されたファイルを表示する」をクリックし、ファイルを確認できたら完了です。
復元したファイルを確認するの手順
完了!

「Tenorshare 4DDiG」のQ&A

「Tenorshare 4DDiG」のQ&A

Tenorshare 4DDiGの安全性は?

Tenorshare 4DDiGはデータ復元時にシステムやストレージにかかる負荷がなく、安全に使用できるのが魅力。

世界中で1000万人以上のユーザーに支持されていることからも、トラブルにつながるリスクの低さが分かります。

Tenorshare 4DDiGにはどのようなサポートがありますか?

Tenorshare 4DDiGでは、20以上の言語に対応する無料の技術サポートが受けられます。

カスタマーサービスは年中無休なので、トラブルが発生した際にも安心できます。また、30日間の返金保証が付いている点も魅力です。

無料版と有料版では何が違いますか?

Tenorshare 4DDiGには無料版と有料版の2種類が存在します。

無料版に昨日は「クイック・ディープスキャン」と「復元可能ファイルのプレビュー」のみ。データの復元や修復を実際に行うには、有料版のインストールが必要です。

Tenorshare 4DDiGの解約方法は?

Tenorshare 4DDiGのサブスクリプション解約方法は、MyCommerce・PayPal・Paddleなどショッピングサイトごとに手順が異なります。

注文したプラットフォームの指示に従ってサブスクリプションをキャンセルしましょう。

「Tenorshare 4DDiG」を実際に使用した感想

「Tenorshare 4DDiG」を実際に使用した感想
Tenorshare 4DDiGは、数あるMac用データ復元ソフトのなかでも比較的容易に使用できるのが魅力。インターフェースが分かりやすく簡単な使用方法も公式Webサイトに記載されており、手順に従って操作を行うだけでデータの復元が試みられます。

また、対応するデータの種類が豊富な点もTenorshare 4DDiGのメリット。写真や動画、音声、ドキュメントなど、一般的にMacで使用されるデータの多くに対応しています。

さらに、プランが複数用意されているのもポイント。普段からデータ紛失のリスクに備えておきたい場合には永久ライセンスや年間更新ライセンスが適しており、消去してしまったデータを1度だけ復元したい場合には月間更新ライセンスも選択できます。

\\ 公 式 サ イ ト は コ チ ラ //

Tenorshare 4DDiGを購入

「Tenorshare 4DDiG」の重要ポイントまとめ

「Tenorshare 4DDiG」の重要なポイントは以下の3つです。

  • 使用方法が簡単で、パソコンソフトの利用が苦手な場合には安心できる
  • 写真・動画・ドキュメント・音声など幅広いファイルの復元に利用できる
  • サポート体制も充実しており、トラブル発生時にも対応してもらえる
ぐーちょ編集部
ぐーちょ編集部

みんなが興味を持っている数ある商品やサービスの中からおすすめなモノを厳選してお届けします。
大手家電量販店で販売員やバイヤー・家電アドバイザー有資格者・メーカー商談を長年行なっているスタッフが所属しています。


おすすめのMAC用データ復旧ソフト
Mac用データ復旧ソフトおすすめ7選【徹底比較】フリーソフトも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です