デレステにおすすめのタブレット最強ランキング5選

2015年9月のリリース以来、いまだ衰え知らずの人気を維持する超有名タイトル、アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(通称デレステ)。

今回はデレステをより快適にプレイするためにおすすめのタブレットの特徴やメーカー、選び方などを解説し、タブレットにはどんな種類があるのかということやスマホとの違いなどをご紹介します。

デレステ用タブレットとは

デレステはそもそもスマホ用に開発されたアプリであるにもかかわらず、かなり高いスペックを端末側に要求することが特徴です。特に高画質で楽しめる3Dリッチモードが実装されてからはさらにその傾向に拍車がかかり、生半可な性能のタブレットでは処理落ちやローディングの長期化、最悪アプリそのものが落ちるという事態が起こります。

そのため、まずは性能を重視してタブレットを選ぶというのが大前提になります。

タブレットの種類

タブレットの主な3つの種類を解説します。

  • Android
  • Windows
  • iOS

Android

Xperiaなどに代表されるスマホと同じAndroidをOSとして搭載したタブレットです。iPadと違いさまざまなメーカーが製造しているので選択肢の幅が広いことが特徴ですが、性能的には一歩劣ります。たくさんのアプリが発表されていることやカスタマイズ性が高いことが強みです。Androidのスマホを使っている方は同じ感覚で使うことが可能でしょう。

OS7.0アップデート時には音ズレが頻発する不具合がありましたが、現在は改善されています。

Windows

パソコンと同じWindowsのOSを搭載したタブレットです。最大の強みはパソコンと同じように使えることで、別途キーボードを装着することによりノートパソコンのような操作感を得ることができます。特にExcelなどのオフィス製ソフトを使えるのが便利な点です。

ただし、デレステなどのスマホ用アプリには対応していないものが多く、別にソフトを用意する必要があり動作環境的にはあまりおすすめできません。

iOS

iPhoneと同じiOSを搭載したiPadシリーズです。Apple社製品共通の特徴として動作が非常に安定していることや性能が高いレベルでまとまっていること、初心者の方でも直感的に操作しやすいことが挙げられます。

また、iPhoneと親和性が高く、共通してデータ管理をすることができることも強みです。デレステをプレイする際はアスペクト比の違いから表示上の問題があったものの、オプションに全画面表示機能が加わったことで緩和されています。

デレステをタブレットとスマホで動かしたときの違い

タブレットとスマホ、どっちでデレステをプレイしてもできることに変わりはありませんが、操作感が大きく違ってきます。まず画面の大きさによるタッチのしやすさでは圧倒的にタブレットが有利です。

滑り止めのついた固定スタンドを利用すれば両指でのタッチも可能で、ミスタッチの確率が大幅に下がります。MVなどが大画面で楽しめることも魅力です。

一方、スマホの強みは携帯性と処理速度です。現行のモデルならスペック的にも十分で気軽に持ち運ぶことができます。タッチ操作はタブレットと比べてやりにくいですが、フリックはスマホの方が操作しやすいです。

デレステ用におすすめのタブレットの特徴

デレステ用におすすめのタブレットの特徴は、以下の3つです。

  • 性能が高いこと
  • アスペクト比が16:9であること
  • 画面サイズが大きいこと

処理性能が高いこと

デレステ用のタブレットを購入する時に最も気をつけなければいけない点が基本性能の高さです。詳しくは後述しますがCPU性能、メモリの性能、ストレージ容量の大きさが重要になってきます。本来アプリはそこまでの性能を端末に要求しないことがほとんどですが、デレステは例外です。

低スペックのタブレットだとまともにプレイできず、端末に負担がかかりとても熱くなり寿命が減るリスクがあります。

アスペクト比が16:9であること

アスペクト比というのは画面の縦と横の比率のことで、デレステは16:9のアスペクト比でのプレイを想定して作られています。

アップデートで全画面表示機能が実装されたこともあり、アスペクト比の違うタブレットではプレイできないというわけではありませんが、画面が見切れてしまったり上下に余白ができる場合があります。

性能と見比べながら可能な限り16:9のアスペクト比のタブレットを選ぶのがおすすめです。

画面サイズが大きいこと

キャラゲーであること、ルームモードやMVモードが充実していることなどから、せっかくなのでなるべく画面サイズの大きなものを選びたいところです。デレステ専用にタブレットの購入を考えているならなおさらでしょう。

一般的な画面サイズは7インチから12インチを越えるものまであり、大きくなるほど価格も高くなりますが、視認性や操作性に優れます。

デレステ用におすすめのタブレット おすすめメーカー

デレステ用におすすめのタブレットのおすすめメーカーは、以下の3つです。

  • Apple
  • Huawei
  • Samsung

Apple

やはりiPadシリーズが性能、機能的に頭一つ抜けている印象です。特にiPadの2018年モデルは2017年モデルと比べ、価格が据え置きながらCPU性能が約2倍にアップしており、今までproにしか対応していなかったApple Pencilにも対応している非常にコストパフォーマンスの高い製品です。

唯一の欠点が全モデル共通して4:3のアスペクト比を採用している点ですが、そこまで気にならない方ならとりあえずiPadを買っておけば大丈夫というほどおすすめのメーカーです。

Huawei

現在Android搭載のタブレットは性能が頭打ちになっており、デレステをプレイするという観点から考えると発売されている製品の多さに対してかなり絞り込まれてきます。

その中でHuaweiのタブレットはかなり快適に動作する部類です。性能に対して価格が安いことも強みで、アスペクト比も16:9とうってつけですが、一部の楽曲で3Dリッチ設定にすると若干動作が厳しくなるので設定を変更する必要があるでしょう。

Samsung

スマホでも高い技術力を背景に高性能のモデルを発表するSamsungもおすすめのメーカーです。停滞するAndroid搭載のタブレットの中で最高峰のスペックを持っています。ほぼ全ての楽曲を最高画質でプレイできるでしょう。

やや高額の傾向がありますが、アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ(通称ミリシタ)と共にプレイするのにおすすめのメーカーです。

デレステ用におすすめのタブレット 選び方

デレステ用におすすめのタブレットの選び方を以下の4つのポイントから解説します。

  • CPU性能で選ぼう
  • メモリで選ぼう
  • ストレージ容量を確保しよう
  • OSの違いを意識しよう

CPU性能で選ぼう

CPUとはタブレットの頭脳に当たる部分で、ほぼ全ての動作の処理速度に影響を与えるとても重要なパーツです。CPUの性能でタブレットの快適さが全く変わってきます。

iPadなら特に気にする必要はないですが、Androidのタブレットは機種によってさまざまなCPUが搭載されています。有名なところでSnapdragonというCPUがあり、810シリーズ以上がデレステを快適にプレイするための一つの目安になります。

メモリで選ぼう

メモリとは、CPUと並んで処理速度に影響を与える重要なパーツです。机に例えられることが多く、一度にどれだけの作業を同時に行えるかに関わってきます。メモリが足りないと画面がカクついたりゲームが途中で落ちてしまったりする可能性があります。

デレステをプレイする際は最低でも2GB、できれば4GB以上のメモリが搭載されているタブレットを選びたいところです。

ストレージ容量を確保しよう

ストレージ容量とは、全てのデータを格納しておく場所のことで、大きければ大きいほどたくさんのデータを保存しておくことができます。写真や動画、ダウンロードした音楽もデータに含まれます。

デレステは単体のアプリとしてはかなり容量を食う方で、デレステ専用としてタブレットを購入する場合でもできれば32GB以上、ほかのデータも保存しておきたい場合は64GB以上のストレージ容量がおすすめです。

OSの違いを意識しよう

OSとはオペレーティングシステムの略称で、基本システムのことです。OSによってできることや使えるアプリ、操作感や表示方法など全てが変わってきます。使っているスマホに合わせてAndroidかiOSのタブレットを選ぶと操作しやすく、データも共有しやすいのでおすすめです。

今回はデレステ向けではないため除外しますが、パソコンのように使いたい場合はWindows OS搭載のタブレットが良いでしょう。

デレステ向けタブレットのおすすめ最強5選

デレステ向けタブレットのおすすめ5選を紹介します。

Apple iPad mini 5

created by Rinker
Apple(アップル)
¥50,370 (2021/04/21 02:48:21時点 Amazon調べ-詳細)

Apple iPad mini 5の仕様・製品情報

ストレージ容量 64GB
メモリ 3GB

Apple iPad mini 5のおすすめポイント3つ

  • コスパ○
  • 携帯性○
  • 推奨機種

Apple iPad mini 5のレビューと評価

総合バランスNO.1モデル

2020年3月に発売された最新の第5世代iPad mini。メモリは3GB相当(公式発表なし)とデレステをプレイするにはやや不安に見えますが、デスクトップPCに迫る性能のA12 Bionicチップを搭載。高いCPU/GPU性能を実現しています。

デレステの推奨機種にも入っており、価格や取り回しやすさを考えればイチオシのタブレット。

Apple iPad Pro 11

Apple iPad Pro 11の仕様・製品情報

ストレージ容量 256GB
メモリ 4GB

Apple iPad Pro 11のおすすめポイント3つ

  • 大容量
  • 大画面
  • 高性能

Apple iPad Pro 11のレビューと評価

文句なしのスペックを誇る最新モデル

A12 BionicチップをチューニングしたA12X Bionicチップを心臓部に搭載、オーバースペックともいえる処理性能を実現しています。2018年モデルから推奨機種に指定されており、デレステでの動作保証済み。

さらに高性能の12.9インチもAppleユーザーならぜひチェックしておきたいところ。ネックはやはり価格でしょう。

HUAWEI MediaPad T5 10

HUAWEI MediaPad T5 10の仕様・製品情報

ストレージ容量 32GB
メモリ 3GB

HUAWEI MediaPad T5 10のおすすめポイント3つ

  • 安い
  • 大画面
  • 軽量

HUAWEI MediaPad T5 10のレビューと評価

驚異的な低価格のAndroidタブレット

4コア最大2.36GhzクロックのCPUを搭載、10.1インチの大画面で2万円弱のコスパがウリのタブレット。一方メモリが3GBなため3Dリッチではやや安定性に欠けることも。価格とトレードオフできるかがポイントになるでしょう。

Lenovo Tab P10

Lenovo Tab P10の仕様・製品情報

ストレージ容量 64GB
メモリ 4GB

Lenovo Tab P10のおすすめポイント3つ

  • コスパ○
  • 軽量
  • 大画面

Lenovo Tab P10のレビューと評価

バランス感のよさがウリのミドルクラスタブレット

性能的にも価格的にもHUAWEIの2機種の中間に位置するタブレットです。デレステの快適動作の目安である4GBのメモリはクリアしていますが、3Dリッチのマスターなどでは音抜けの不安も。こちらも「Androidユーザー+コスパ重視」ということであればアリな選択肢です。

HUAWEI MediaPad M5 Pro

※現在売り切れです。

HUAWEI MediaPad M5 Proの仕様・製品情報

ストレージ容量 64GB
メモリ 4GB

HUAWEI MediaPad M5 Proのおすすめポイント3つ

  • 大容量
  • 高性能
  • ハイレゾ対応

HUAWEI MediaPad M5 Proのレビューと評価

Android対応ハイスペックタブレット

正直「Android OS搭載端末でデレステが(ほぼ)完全動作するタブレット」という条件を満たすのは現行でHUAWAYの高スペックモデルのみといっても過言ではありません。が、ベンチマーク的には最新iPad miniと互角かやや分が悪い程度。

価格や入手がやや難しいことも考えれば「Androidと大画面にこだわるユーザー向け」ということになるでしょう。