使いやすいペン型マウスのおすすめ10選。Bluetooth対応など

【じっくり読むと5分】

今回紹介するペン型マウスは文字通りペンの様に使うことができるマウスです。ペン先がマウスのポインターになるので省スペースで文字を書くようにマウス操作が可能になります。

これにより持ち運びがスリムになりますし、文字書きやイラストの編集もしやすくなるのでグラフィック系の作業が多いMacユーザーの方には重宝されています。

ペン型マウスとは。特徴とおすすめポイント

ペン型マウスのおすすめポイントを3つ解説します。

省スペースで使える

従来のマウスだとある程度のスペースが必要でした。しかし、このペン型マウスであれば限られた少ないスペースでも利用することが可能です。ペン先を動かすとマウスポインタが移動するのでまるでペンで書いているような感覚で操作ができます。

つまり、メモを取る程度のスペースさえあれば利用できるので外出先のカフェで使うなどといった場合にも邪魔になりません。

体への負担が少ない

従来のマウスは腕から肩にかけて動かして操作するものなので長時間の利用で肩こりや腱鞘炎の原因になることがあります。ですが、このペン型のマウスであれば従来のマウスと違い体への負担が少なくなるという結果がでています。

これは文字を書くような動作で操作ができるという点が自然体でできる操作であるという点がポイントです。

単純なペン型マウスだけじゃない

ペン型マウスという大枠の中には空中で操作ができるエアマウスやハンディマウスなど従来のマウスの概念を覆すモデルもあります。これにより操作性は様々ですがどれも共通して言えるのが上記にもある省スペースでの利用が可能ということです。

また、レーザーポインタ機能などが付いている多機能タイプもあるのでビジネスシーンにおける会議の場でのプレゼン時に役に立つものもあります。

ペン型マウスの選び方

ペン型マウスの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • フィット感が大事
  • 機能面にも着目
  • ペン型以外のユニークなモデルも

フィット感が大事

ペン型マウスを選ぶ上でもっとも重要視したい点はなによりも使いやすさでしょう。一般的なマウスと比べても一風変わったデザインのため、大幅に持ち方が変わります。常にペンの様に持つことを考えるとグリップ感は非常に大事な点で、長時間の利用でも疲れにくいモデルにすることが重要です。

また、重さや太さなどもしっかり見ておきましょう。

機能面にも着目

使いやすさを向上させるために様々な機能面にも着目したいところです。

基本的な操作以外にも多くのボタンが付いているモデルも多く、インターネットブラウザの進む、戻るがワンタッチで可能なボタンや音楽、動画再生の操作ができるタイプ、モデルによっては機能の割り当てが可能なタイプもあるのでカスタマイズすることで使いやすさが格段にアップします。

ペン型以外のユニークなモデルも

ひとくくりにペン型マウスといっても実際には多種多様なモデルが出ています。単純にペンの形をしたモデルからリング型の指にはめて使うタイプなど特殊な形状のワイヤレスモデルをペン型と呼んでいます。

どれも用途に合わせて使うことで一般的なマウス以上の使い勝手が生まれますので、色々とみてみると面白いでしょう。

ペン型マウスのおすすめ最強ランキング10選

ペン型マウスのおすすめ最強ランキング10選を紹介します。

Wetoph XJ09

※現在売り切れです。

Wetoph XJ09の仕様・製品情報

バッテリー 電池式
重量 15g

Wetoph XJ09のおすすめポイント3つ

  • スタンダードモデル
  • 軽量コンパクト
  • 互換性が高い

Wetoph XJ09のレビューと評価

お手頃価格のスタンダードモデル

Wetophのペン型スタンダードモデルです。価格も1,000円台と手ごろながらもシンプルで必要な機能は揃っているので入門機としても最適です。軽量でコンパクトな点も魅力で持ち運びがしやすく、省スペースでどこでも使えます。

YFS ペン型マウス

YFS ペン型マウスの仕様・製品情報

バッテリー 電池式
重量 59g

YFS ペン型マウスのおすすめポイント3つ

  1. ワイヤレスでどこでも
  2. コンパクトに使える
  3. ボタンが充実

YFS ペン型マウスのレビューと評価

スタンダードなペン型マウス

オーソドックスなペン型マウスです。ワイヤレスで使用することができるので煩わしいケーブルが無く、取り回しが簡単です。各種ボタンが充実していてスクロールやポインタの移動速度を手元で変えることができるので便利です。

KKmoon 光学式 ワイヤレスペンマウス

KKmoon 光学式 ワイヤレスペンマウスの仕様・製品情報

バッテリー 電池式
重量 96g

KKmoon 光学式 ワイヤレスペンマウスのおすすめポイント3つ

  1. カラーは3色
  2. DPIを選択可能
  3. 電池が減ったらアラームでお知らせ

KKmoon 光学式 ワイヤレスペンマウスのレビューと評価

電池が減ったら知らせてくれるアラームが便利

形状はシンプルなペン型マウスです。電池が減ってきた際にアラームでお知らせしてくれるので急な電池切れで使えなくなるということがありません。また、マウスカーソルの速度が2種類から選べるので好みの使い心地に変更できます。

Meita ワイヤレスペン型マウス

※現在売り切れです。

Meita ワイヤレスペン型マウスの仕様・製品情報

バッテリー 電池式
重量 50g

Meita ワイヤレスペン型マウスのおすすめポイント3つ

  1. 精密な操作が可能
  2. 人間工学に基づいた設計
  3. 静かな操作音

Meita ワイヤレスペン型マウスのレビューと評価

スーパーミュートで静かな場所でも使える

スーパーミュートというだけあってボタン操作音が静かな点が特徴です。一般的なマウスに比べて精密な操作が可能なのでグラフィックデザインに最適であり、人間工学に基づいた設計の本体は快適でリラックスした状態での利用が可能です。

STARDUST ペンマ

STARDUST ペンマの仕様・製品情報

バッテリー 電池式
重量 30g

STARDUST ペンマのおすすめポイント3つ

  1. 胸ポケットに入るサイズ
  2. レシーバーも小型
  3. 軽量で持ち運びに最適

STARDUST ペンマのレビューと評価

約30gの小型軽量タイプ

胸ポケットに収まるサイズのペン型マウスで、パソコンに取り付けるワイヤレスレシーバーも非常に小型なので付けたままでの持ち運びにも邪魔になりません。ペン型マウスは持ったまま使うので重さが重要になりますが、これは30gと軽量なので使い勝手に優れます。

Ainex CPM-03

Ainex CPM-03の仕様・製品情報

バッテリー 電池式
重量 38g

Ainex CPM-03のおすすめポイント3つ

  1. Bluetoothで接続
  2. LEDライトでプレゼンにも
  3. 充電式で交換不要

Ainex CPM-03のレビューと評価

受信機いらずの多機能モデル

Bluetoothでの接続方式なのでパソコンに受信機が不要な点が特徴のモデルです。LEDライトが付いているのでプレゼンで使用したり懐中電灯替わりに使ったりと役に立ちます。また、充電式になっているのでいちいち電池を交換する必要がないことも魅力のひとつです。

YFS エアマウス

YFS エアマウスの仕様・製品情報

バッテリー 電池式
重量 68g

YFS エアマウスのおすすめポイント3つ

  1. 空中で操作ができる
  2. レーザーポインタ機能付き
  3. スライドのページめくりが簡単

YFS エアマウスのレビューと評価

ビジネスシーンで役立つ機能が満載

ジャイロセンサー搭載で空中でも傾きを感知して操作ができる優れものです。レーザーポインタも付いているので会議でのプレゼンなどビジネスシーンで非常に役立ちます。更にマウス自体にスライドをめくるボタンがあるのでより利便性が高まっています。

AGPtek iF5

AGPtek iF5の仕様・製品情報

バッテリー 電池式
重量 476g

AGPtek iF5のおすすめポイント3つ

  1. 自然にグリップできるデザイン
  2. カーソル速度変更が4段階
  3. 右手、左手どちらでも

AGPtek iF5のレビューと評価

持ちやすさ抜群のトラックボールタイプ

自然に握れるデザインで体への負担を少なくしたモデルです。右手と左手、どちらで握っても使いやすい左右対称のデザインなので使う人を選びません。また、カーソル速度は4段階に変更ができるのでより使いやすい構造になっています。

サンワダイレクト 400-MA077

サンワダイレクト 400-MA077の仕様・製品情報

バッテリー 充電式
重量 12g

サンワダイレクト 400-MA077のおすすめポイント3つ

  1. リング型の超小型モデル
  2. 付けたまま他のことができる
  3. 充電式で10時間稼働

サンワダイレクト 400-MA077のレビューと評価

超小型のリング型マウスはインパクト大

指輪のように指にはめて操作する斬新なタイプのハンディマウスです。これにより手が自由に使えるのでキーボード入力やスマホの操作などいちいち外す手間もなく操作が効率よくこなすことができます。また、1度の充電で最大10時間連続稼働可能なのでバッテリーの持ちも十分です。

Flying Meet Shop フィンガーマウス

Flying Meet Shop フィンガーマウスの仕様・製品情報

バッテリー 無し(有線)
重量 33g

Flying Meet Shop フィンガーマウスのおすすめポイント3つ

  1. 指先に付けてどこでも使える
  2. ハンズフリーでキーボード入力も可能
  3. 有線接続でバッテリーの心配がない

Flying Meet Shop フィンガーマウスのレビューと評価

指先に取り付ける光学式マウス

先端が光学式センサーになっていて、センサー上を指でなぞるなどして操作する新感覚のマウスです。慣れるまでに時間はかかりますが指に取り付けておくのでキーボードを入力しながらマウスを握りなおすことなく操作ができるというのは非常に効率化をはかることができます。

まとめ

今回はMac向けに一風変わったマウスの紹介をさせていただきました。ペン型で作業をし、エアマウス型でプレゼンに使用など、複数使うとより利便性は向上しそうです。ぜひ新感覚のマウスを試してみてください。