仕事におすすめのマウス10選。長時間使っても大丈夫!

【じっくり読むと4分】

仕事でマウスを長時間使っていると手首が疲れてきて仕事がはかどらないということがありませんか。そのせいで思うように仕事がはかどらず、効率が下がってくることさえあるかもしれません。
パソコンを仕事でよく使う場合には、マウスは仕事の効率を上げる場合も下げる場合もあるため重要なアイテムといえるでしょう。今回の記事では、仕事で長時間使っても疲れにくいマウスをご紹介します。

仕事の効率が上がるマウスってどんなマウス?

人間工学マウス(エルゴノミクスマウス)で疲れにくい操作

エルゴノミクスデザインとは、人体にとって快適で使いやすくするためにデザインされたものです。
マウスの場合、通常の形ではなく丸みを帯びたものも見受けられます。

他にも、通常のマウスは手がデスクに対して平行になるように持たないといけませんが、エルゴノミクスマウスの場合は手が自然な体勢になるようにされており、長時間使っても疲れずらいものとなっています。

多ボタンマウスで最適な割り当て

マウスの中には右クリックと左クリック用のボタンの他にも複数のボタンが付いているものがあります。このタイプのマウスはボタンにいくつかの機能を割り当てることができます。

例えば、複数のキーを組み合わせたコマンドを割り当てられるマウスですと、Ctrl+C(コピー)、Ctrl+V(貼り付け)、Alt+F4(ウィンドウを閉じる)などを割り当てることで作業効率を大幅に上げることができるでしょう。

仕事の効率を上げるためのマウスの選び方

仕事の効率を上げるためのマウスの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

大きさ

大きさは好みが分かれるところかもしれません。ずしっとした大きめのものが好みという人もいますし、できる限り小さいサイズのほうが好みという人もいます。

ただ、疲れについて言えば、なるべく手にフィットした大きさのもののほうが長時間使っても疲れにくいとされていますので、手の大きさに合わせたものを選ぶのが良いでしょう。

形状

先程取り上げたように、エルゴノミクスデザインのマウスであれば人体の構造に適したデザインで長時間使っても疲れにくものとなっています。

さらに、エルゴノミクスマウスの中には通常のマウスのように光学センサータイプでマウス自体を動かして操作するものや、トラックボール式で手を動かすことなく操作できるものもあります。

好みや、手への負担を考えて選択してみると良いかもしれません。

無線or有線

マウスには無線タイプと有線タイプがあります。優先の場合は配線のことを考えて動かさないといけなかったり、デスク上のものにひっかかったりして神経を使うことがあります。
そうした煩わしさから開放されたいなら無線タイプを選ぶのが無難でしょう。

無線式にも、USBドングル付きのものと、Bluetooth接続式のものがあります。デスクトップPCの場合にはUSBドングル付きでも良いのですが、ノートPCの場合USBポートが少ないものやついてないものもありますのでBluetoothタイプが良いでしょう。

仕事の効率が上がるおすすめのマウス10選

1.サンワサプライ MA-ERG3

created by Rinker
サンワサプライ
¥3,980 (2020/11/29 00:19:48時点 Amazon調べ-詳細)

サンワサプライ MA-ERG3のおすすめポイント3つ

  • エルゴノミクスデザイン
  • リーズナブル
  • 断線に強いエナメルケーブル

サンワサプライ MA-ERG3のレビューと評価

エルゴノミクスデザインが手頃な価格で

通常のマウスは手首を不自然な形で操作しないといけませんが、エルゴノミクスデザインのMA-ERG3は手を自然な状態でマウスを操作することができます。
価格も2000円前後とリーズナブルなのもうれしいところです。

サンワサプライ MA-ERG3の仕様・製品情報

接続方法 有線
認識方法 光学式
ボタン数 4

2.Razer Naga Epic Chroma

Razer Naga Epic Chromaのおすすめポイント3つ

  • 無線/有線の切替可能
  • トータル19個のボタン
  • LEDの発光色を変更可能

Razer Naga Epic Chromaのレビューと評価

19個のボタンで業務効率アップ

Razer Naga Epic Chroma最大の特徴はサイドにある12個を含め全部で19個のボタンがついていることです。もともとはゲーム用のマウスですが仕事にも使うことができます。
右手の親指で手軽に押下できるように配置されているため、コピー・アンド・ペースト、ウィンドウを閉じる、タスクビューの表示などを操作することができます。仕事中の業務効率を上げるのに役立つことでしょう。

Razer Naga Epic Chromaの仕様・製品情報

接続方法 2.4GHz 無線/有線
認識方法 光学式
ボタン数 19

3.Logicool MX ERGO

Logicool MX ERGOのおすすめポイント3つ

  • トラックボール搭載
  • 傾斜角を調節可能
  • カーソル速度と精度の変更可能

Logicool MX ERGOのレビューと評価

トラックボール搭載で手を動かさず操作

Logicool MX ERGOには、光学式のトラッキングセンサーを採用し、トラックボールで操作することができます。そのため、高い追従性と、長時間のバッテリーライフを実現できているのが特徴です。
さらに、本体には調節ヒンジが付いており、0度か20度で選択することで最適なポジションで快適な操作をすることができるでしょう。

Logicool MX ERGOの仕様・製品情報

接続方法 2.4GHz 無線
認識方法 トラックボール式(光学)
ボタン数 8

4.ContourDesign UniMouse

created by Rinker
Contour Design
¥10,780 (2020/11/29 00:19:50時点 Amazon調べ-詳細)

ContourDesign UniMouseのおすすめポイント3つ

  • 手首をひねらないデザイン
  • 35-70度で角度調整可能
  • 親指のサポート機能付き

ContourDesign UniMouseのレビューと評価

手の疲れを排除するデザイン

ContourDesign UniMouseは人間工学に基づく疲れを排除するための精錬されたデザインになっています。本体は35度から70度の間で角度調整することで楽な姿勢での操作を可能です。
また、親指サポート機能がついているため、角度を調整した後も手にフィットするようサポート。
手の疲れを軽減する理想のマウスと言えるでしょう。

ContourDesign UniMouseの仕様・製品情報

接続方法 2.4GHz 無線
認識方法 光学式
ボタン数 6

5.エレコム M-XGL10BB

エレコム M-XGL10BBのおすすめポイント3つ

  • BlueLED搭載でどこでも操作可能
  • 選べるサイズ
  • Bluetooth接続

エレコム M-XGL10BBのレビューと評価

医師が勧めたと評価したマウス

M-XGL10BBはマウス操作時に使用頻度の高い親指、薬指とマウスが接するポイントがしっかりなじむ形状になっており握りやすいデザインとなっています。
サイズもS,M,Lの2種類から選ぶことができるため自分の手にあったものを使うことができるでしょう。
センサーとしてBlueLEDを搭載しているため、ガラステーブルや、クロスが敷かれたデスクでもストレスなく操作が可能です。

エレコム M-XGL10BBの仕様・製品情報

接続方法 Bluetooth
認識方法 BlueLED
ボタン数 5

6.バッファロー BSMBB500S

バッファロー BSMBB500Sのおすすめポイント3つ

  • 静音ボタン
  • 押しやすい位置にボタン配置
  • 選べるサイズ

バッファロー BSMBB500Sのレビューと評価

静かな環境でも快適な使用ができる

マウスでクリック時のカチカチ音が気になるという方もいるのではないでしょうか。バッファロー BSMBB500Sは静音ボタンが搭載されており静かなオフィスや会議室でも快適に利用することができます。
3種類からサイズを選ぶことができますので、手にしっかりフィットした姿勢で操作が可能です。

バッファロー BSMBB500Sの仕様・製品情報

接続方法 Bluetooth
認識方法 BlueLED
ボタン数 5

7.Microsoft Sculpt Ergonomic Mouse

Microsoft Sculpt Ergonomic Mouseのおすすめポイント3つ

  • キュートなデザイン
  • エルゴノミクスデザインで手首の負担軽減
  • 省電力で長寿命

Microsoft Sculpt Ergonomic Mouseのレビューと評価

あのマイクロソフトからエルゴノミクスマウス登場!

あのマイクロソフト社から登場したエルゴノミクスマウスがSculpt Ergonomic Mouseです。全体的に丸くてかわいい見た目ながら手首に負担がかかりにくデザインになっています。
単3電池2本で最大約9ヶ月の長寿命なのもうれしいポイントです。

Microsoft Sculpt Ergonomic Mouseの仕様・製品情報

接続方法 2.4GHz 無線
認識方法 BlueLED
ボタン数 4

8.エレコム M-DPT1MRBK

エレコム M-DPT1MRBKのおすすめポイント3つ

  • 接続方式は3種類から選択可能
  • トラックボール/光学式どちらでも操作できる
  • 自然な位置に配置されたボタン類

エレコム M-DPT1MRBKのレビューと評価

幅の広い使い方のできるマウス

M-DPT1MRBKは、接続方法や操作方法などにおいて幅広い使い方ができます。接続方式はBluetooth、USBドングルを利用した無線方式、有線方式の3種類から好きなものを選ぶことができます。
操作方法についても、通常のマウスのように光学センサを使うこともできれば、トラックボールを使って本体を動かさずに操作することもできます。
8種類あるボタンは専用のアプリを利用することで好みの機能を割り当てることができ、可用性の非常に高いマウスと言えます。

エレコム M-DPT1MRBKの仕様・製品情報

接続方法 Bluetooth/2.4GHz 無線/有線
認識方法 トラックボール/光学式
ボタン数 8

9.エレコム M-EG30BR

※現在売り切れ中です。

エレコム M-EG30BRのおすすめポイント3つ

  • 軽量
  • 可愛いデザイン
  • 軽い操作感で疲れを低減

エレコム M-EG30BRのレビューと評価

可愛いデザインなのに疲れ知らず

M-EG30BRは卵のようなかわいらしいデザインが目を引くデザインです。マウス本体の後ろ半分が中空になっており、わずか30グラムと非常に軽量化されています。
全体的に軽い力で操作が可能となっていて疲れを低減できますので、女性も仕事で使うマウスとしてもおすすめです。

エレコム M-EG30BRの仕様・製品情報

接続方法 有線
認識方法 光学式
ボタン数 4

10.DELUX M618-PLUS

DELUX M618-PLUSのおすすめポイント3つ

  • 縦型マウスで最適なポジション
  • 着脱可能なパームレスト付き
  • LEDとで気分を変えられる

DELUX M618-PLUSのレビューと評価

縦型デザインとパームレストで心地よい使い勝手

M618-PLUSは見た目でわかるように、厚みのある縦型デザインなのが特徴です。通常のマウスのように掴むのではなく、ちょうど握手するような感覚でマウスを握るように操作します。
着脱可能なパームレストがついており、人間工学に基づいてより自然なポジションでの操作ができるため、長時間でも心地よい使い心地を維持することができるでしょう。

DELUX M618-PLUSの仕様・製品情報

接続方法 有線
認識方法 光学式
ボタン数 7

まとめ

マウスのイメージが変わったという人もいたでしょうか。本当にいろいろな形や操作方法のマウスがあるものですね。
仕事で使うものですので、もし可能なら業務効率を上げるために会社で購入できると仕事のモチベーションもお財布にもうれしいですね。
それができなくても、今回リーズナブルなモデルも取り上げましたので、試しに個人的に1台購入して試して仕事を楽しくしてみるのはいかがでしょうか。