【初心者・学生必見】コスパ最強!安いペンタブのおすすめ13選

安いペンタブおすすめ

ペンタブことペンタブレットの安いモデルを中心にしたおすすめ記事です。

液晶型ペンタブの液タブもふくめアマゾンでは学生や初心者向けのペンタブが数多く販売されています。
今、ペンタブはOTG接続でスマホと連携できるパソコン不要モデルが数多くあり、スタイラスペンは電源不要タイプが主流です。

中でもコスパが高く数1000円で買える板タブは大人気で、価格以外にも機能性・汎用性などで評価されています。

初心者にもデザインやイラストで使いやすいコンパクトな画面サイズのペンタブも大人気。

以上のような商品紹介に加えプロにも愛されるWacomなどの人気メーカーの解説もしますので、どうぞご参考にしてください。

osuにおすすめのペンタブ 【最新版】osu!におすすめなペンタブ10選!設定や遅延対策も◎ ワコムのペンタブおすすめ ワコムのペンタブのおすすめ最強7選を比較。お絵かきなどに

ペンタブレット(ペンタブ)とは

ワコムのペンタブと液タブ
ペンタブレットとは、パソコンを使ってイラスト制作する際に利用するアイテムです。「ペンタブ」と略称で呼ばれることも多く、描いたイラストがパソコン画面に表示される「板タブ」と、ディスプレイを搭載している「液タブ」が存在します。

ペンタブは細かく筆圧を検知できる製品が多く、鉛筆やペンで紙に描くようにデジタル描画できるのがメリットです。

ペンタブの種類

液タブとラップトップでイラスト制作
ペンタブの主な3つの種類を解説します。

  • 板タブレット
  • 液晶タブレット
  • タブレットPC(スタイラスペン)

板型タブレット

板型タブレット(板タブ)は最も種類の多いペンタブレットです。タブレットの読み取り面とPCのモニタ画面が連動し、モニタを見ながらタブレット上でペンを動かします。比較的安価で、サイズもバリエーションがあるので、初心者からプロまで幅広く使われています。

液晶タブレット

液晶タブレット(液タブ)は、タッチパネル式の液晶画面に直接描くペンタブレットです。板タブと比較して大型の製品が多く、紙と同じ姿勢で描けるので、ペンタブレットに不慣れな人でもとっつきやすい製品です。性能は高いですが、板型タブレットと比較して高額です。

タブレットPC

タブレットPCは、iPadなどモバイル機器の液晶画面に、スタイラスペン(タッチペン)を使って文字や絵を書くので、ペンタブレットとは厳密には違います。板型、液晶のペンタブレットがPCとモニタが必須であることに対し、タブレットPCは、PCが無くても気軽に書くことができます。

タブレットPCで本格的にクリエイティブな活動を行うには、スペックの高いモデルを選ぶ必要があります。

安いペンタブと高価格帯のペンタブの違い

安いペンタブと高価格帯のペンタブの一番の違いは、ディスプレイに直接描けるかどうかにあると言えるでしょう。

これはペンタブの中の板タブと液タブの違いにあり、比較的安い板タブではグラフィック画面に直接ペンで描けません
板タブに描きこんだ絵が間接的にPC画面に反映される仕組みなので、紙に描くような感覚ではなく独特な慣れが必要です。

比較的価格が高い液タブでは液晶画面にペンで文字やイラストが描きこめるのでより直感的で自由なドローイングが可能。

それでも最近は安い板タブの中にも筆圧が8192レベルの精細なタッチができるモデルが数多くあります。

ショートカットキーがあって使いやすい板タブもあり、安いモデルでも画力を上達させることは十分可能だと言えるでしょう。

安いペンタブのおすすめメーカー一覧

安いペンタブのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • Wacom(ワコム)
  • XP-Pen(エックスピーペン)
  • HUION(フイオン)

Wacom(ワコム)

Wacom(ワコム)は埼玉県に本社を置く電子機器メーカーで、ペンタブの日本国内市場では7割を超えるシェアを持っています。
ワコムのペンタブと言えばプロの漫画家やデザイナーが愛用する本格的な液タブが有名です。

一方で、アマゾンに見られるような初心者向けの板タブも盛況で、「Wacom Intuos」「One by Wacom」などが一番人気です。

プロとしての画力を身につけたい方や趣味でイラストを描きたい初心者など幅広い層にWacomはおすすめのメーカーです。

XP-Pen(エックスピーペン)

XP-Pen(エックスピーペン)は、アメリカのカリフォルニア州に拠点を置くペンタブの開発メーカーです。
日本ではWacomに次ぐ約5パーセント、第2位のペンタブ市場を持っていて国内でも人気が定着しました。

XP-Penは板タブでは「Deco」シリーズ、液タブでは「Artist」シリーズが大人気です。

「Deco」はOTG接続でスマホでも気軽に描ける初心者向けタイプで、「Artist」は軒並み2万円を超えるプロ向けタイプです。
XP-PenはWacomよりも安い価格帯で、コスパの高い初心者用やプロ用のペンタブをお求めの方におすすめします。

XPPEN公式ペンタブレット

HUION(フイオン)

HUION(フイオン)は中国のシリコンバレーと呼ばれる深セン市に拠点を置くタブレット製造メーカーです。
HUIONのペンタブと言えば「HS610」と「Kamvas Pro」が大人気です。

「Kamvas Pro」はプロ用の液タブで10万円を超える4K高画質のハイエンドモデルなどが注目を集めています。

一方で板タブの「HS610」では5,000円前後の安さで、android・windows・macに対応した汎用性の高さや多機能性を持っています。
スマホだけで気軽にイラストが描けるパソコン不要の安い板タブが欲しい方にHUIONはおすすめのメーカーです。

安いペンタブの選び方

ノートPCとペンタブと色見本
安いペンタブの選び方を以下の4つのポイントから解説します。

  • コストを抑えるなら板型タブレット
  • モニタサイズと置き場所でタブレットのサイズを選ぶ
  • 目的や環境で使い勝手の良いものを選ぶ
  • 対応するペイントソフトで選ぶ

コストを抑えるなら板型タブレット

板型タブレットは種類や価格の幅が広く、価格を重視するなら第一候補に上がります。安価な製品なら数千円から販売しており、ペンタブレットに興味がある人、PCで絵を描くことに興味を持った人なら十分楽しめる性能を搭載しています。

将来本格的にフォトショップなどで写真のレタッチを行ったり、イラストやマンガを描いていきたい場合は、中~高価格帯の板型タブレットや、低価格帯で性能の良い液晶タブレットを購入する方が、トータルコストが良い場合もあります。

モニタサイズと置き場所でタブレットのサイズを選ぶ

ペンタブレットはPCが必須なので、現在のPC環境での作業スペースに合わせたサイズのペンタブレットを購入する必要があります。ペンタブレットでイラストや漫画を描くなら、モニタの大きさに合わせてある程度サイズがある方が使いやすいです。

作業用のスペースに対しタブレットが大きすぎると、逆に作業しづらいので、PC周辺の空きスペースも把握しておく必要があります。

目的や環境で使い勝手の良いものを選ぶ

ペンタブレットのスペックは、国内メーカーのWACOM製品も海外製品も、大きな差は無くなってきています。店頭で試し書きをするなど、自身が使いやすいと感じる製品を選びましょう。また「イラスト」「画像編集」など、用途に特化した製品もあります。

使用目的に合致するか確認してから購入しましょう。

対応するペイントソフトで選ぶ

安いペンタブは対応するペイントソフトで選ぶこともおすすめします。ペイントソフトとは簡単に言えばペンタブのお絵描きツール。
板タブや液タブなどでスタイラスペンを使って絵を描くために必要な画像編集ソフトのことです。
初心者や学生が使いやすいペイントソフトは「pixiv Sketch」「アイビスペイント」「CLIP STUDIO PAINT」など。

特におすすめなのが「アイビスペイント」で広告付きながら無料配信版があり、初心者には充分な多機能性を備えています

「CLIP STUDIO PAINT」も大人気で100校以上の大学や専門学校で使用されているのでデザインのプロを目指したい方などにおすすめです。

安いペンタブのおすすめ13選

おすすめの安いペンタブを紹介します。

XPPen ペンタブレット XSサイズ Chromebook 対応 板タブ 充電不要ペン 入門用 Deco Fun XS ブラック

最初に紹介するおすすめの安いペンタブは、「XPPen ペンタブレット XSサイズ Chromebook 対応 板タブ 充電不要ペン 入門用 Deco Fun XS ブラック」です。

種類板型
サイズ182.4×134.7×10.5mm
重量190g
筆圧レベル8192レベル
入力範囲12.192×7.62㎝
評価・レビュー
使い勝手
(4.5)
筆圧レベル
(4.5)
コスパ
(5.0)
ポイント
  • Android6.0以降のスマホにOTG接続できるためパソコン不要で使用可能
  • およそ6インチ以下に当たる12.192×7.62㎝のコンパクト画面で初心者に最適
  • 付属するバッテリー不要のペンは筆圧が8192レベルで精細なタッチが可能

「XPPen ペンタブレット XSサイズ Chromebook 対応 板タブ 充電不要ペン 入門用 Deco Fun XS ブラック」の特徴

XP-Pen社による4色のポップカラーから選べるほか、多機能で初心者に使いやすいXSサイズの板タブです。
メーカーはPC用リズムゲーム「OSU!」での使用も推奨、現在アマゾンでもコスパの高さで人気を集めています。

XPPEN公式ペンタブレット
こんな人におすすめ
大手国際ブランドで、PCゲームなどにも多機能に使い回せるコスパの高い小型の板タブをお探しの方に進めします。

XPPen ペンタブレット ワイヤレス接続可 Chromebook スマホ対応 板タブ Deco mini 7W

次に紹介するおすすめの安いペンタブは、「XPPen ペンタブレット ワイヤレス接続可 Chromebook スマホ対応 板タブ Deco mini 7W」です。

種類板型
サイズ‎26 x 16 x 1 cm
重量330g
筆圧レベル8192レベル
入力範囲7.4インチ:約177.9 × 111.1mm
評価・レビュー
使い勝手
(5.0)
筆圧レベル
(4.5)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • PCとの接続はUSBケーブルに加えてワイヤレスレシーバーによる無線接続にも対応
  • Android6.0以降のスマホとのOSG接続に対応しているのでPCが不要
  • わずか14.5gの充電不要のスタイラスペンは8192レベルの筆圧で60度の傾き検知性能もあり

「XPPen ペンタブレット ワイヤレス接続可 Chromebook スマホ対応 板タブ Deco mini 7W」の特徴

XP-Pen社の人気シリーズ「Deco」の7.4インチ画面の小型タイプで、8個のショートカットキーつきで使い勝手もいい板タブです。
左右両方の利き手に対応したドライバである点も嬉しいところ。

XPPEN公式ペンタブレット
こんな人におすすめ
スマホ接続やパソコンとのワイヤレス接続ができて左利きにも対応した小型サイズの板タブをお探しの方におすすめです。

HUION ペンタブレット H430P Windows Mac Android Chrome OS 充電不要ペン

次に紹介するおすすめの安いペンタブは、「HUION ペンタブレット H430P Windows Mac Android Chrome OS 充電不要ペン」です。

種類板型
サイズ8.66 x 13.92 x 0.63 cm
重量360g
筆圧レベル4096レベル
入力範囲12.192×7.62㎝
評価・レビュー
使い勝手
(4.5)
筆圧レベル
(4.0)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • バッテリー不要ペン・Type-C OTGアダプタなど5種類の付属品もあって現在アマゾン価格2,000円台の安さ
  • Windows・Mac・Chrome・Linux・Androidなど対応OSが多く汎用性が高い
  • 0度・90度・180度・270度とPC接続時にドライバの画面から4つの角度調整が可能

「HUION ペンタブレット H430P Windows Mac Android Chrome OS 充電不要ペン」の特徴

4つのショートカットキーを備えた6インチ以下の画面になるコンパクトで汎用性の高い板タブです。

わずか9gの軽量スタイラスペンのサイドにはブラシ切り替えや消しゴムのボタンもあります。

こんな人におすすめ

最安値の価格帯で多くのPCやAndroidスマホに使い回せるコスパの高い板タブをお探しの方におすすめです。

VEIKK A15(ブルー) ペンタブ エクスプレストキー12個 板タブ 初心者向け ‎VK-A15

次に紹介するおすすめの安いペンタブは、「VEIKK A15(ブルー) ペンタブ エクスプレストキー12個 板タブ 初心者向け ‎VK-A15」です。

種類板型
サイズ200×358㎜
重量550g
筆圧レベル8192レベル
入力範囲25.4×15.24㎝
評価・レビュー
使い勝手
(5.0)
筆圧レベル
(4.5)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • 本体の厚さはわずか9㎜ながら12インチ相当の入力範囲:25.4×15.24㎝で画面サイズが広い
  • 「Android・Windows・Mac」などのOSに対応し「Photoshop・Ai・Illustrator」など対応ソフトも多数
  • 12個の豊富なショートカットキーで自分好みに多様にカスタマイズできる

「VEIKK A15(ブルー) ペンタブ エクスプレストキー12個 板タブ 初心者向け ‎VK-A15」の特徴

約12インチの大画面で12個のショートカットキーを備え、左右両利きにも対応した大画面の板タブです。

付属のバッテリー不要ペンは±60度の傾き検知可能でサイドにはペンと消しゴムの切り替えボタンもあります。

こんな人におすすめ

PCとスマホ両方に使えるなど汎用性や機能性が豊かで、10インチを上回る大きめの板タブをお探しの方におすすめします。

フイオン(HUION) INSPIROY H610PROV2

次に紹介するおすすめの安いペンタブは、「フイオン INSPIROY H610PROV2」です。

種類板型
サイズ約353×245mm
重量約635g
筆圧レベル8192レベル
入力範囲約254×158.8mm
評価・レビュー
使い勝手
(4.0)
筆圧レベル
(4.5)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 8192レベルの筆圧検知が可能
  • カスタマイズ可能な合計24個のキーを搭載
  • パッシブEMR技術を採用下PW100ペン付属
こんな人におすすめ
カスタマイズできるキーが複数搭載されているので、使い勝手に優れたペンタブレットをお探しの方におすすめです。

GAOMON PD1161

次に紹介するおすすめの安いペンタブは、「GAOMON PD1161」です。

種類液晶
サイズ約361.6×200×13mm
重量約866g
筆圧レベル8192レベル
入力範囲約256.32×144.18mm
評価・レビュー
使い勝手
(4.0)
筆圧レベル
(4.5)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 8192レベルの筆圧検知が可能
  • コンパクトな11.6インチディスプレイ搭載モデル
  • 電池不要のArtPaint AP50ペン付属
こんな人におすすめ
11.6インチディスプレイが採用されているので、コンパクトな液晶タブレットをお探しの方や液タブ初心者の方におすすめです。

RAYWOOD 筆や写楽 ペンタブレット TSUKISHIRO

次に紹介するおすすめの安いペンタブは、「RAYWOOD 筆や写楽 ペンタブレット TSUKISHIRO」です。

種類板型
サイズ約200×165×7mm
重量約246g
筆圧レベル8192レベル
入力範囲約160×102mm
評価・レビュー
使い勝手
(3.5)
筆圧レベル
(4.5)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 約246gの軽量設計
  • OTGアダプターが付属
  • 専用レザーケースが付属
こんな人におすすめ
Androidスマホと接続できるOTGアダプターが付属しているので、スマホを利用してイラストを制作したい方におすすめです。

XP-Pen StarG430S

次に紹介するおすすめの安いペンタブは、「XP-Pen StarG430S」です。

種類板型
サイズ約164×110×2mm
重量約245g
筆圧レベル8192レベル
入力範囲約101.6×76.2mm
評価・レビュー
使い勝手
(4.0)
筆圧レベル
(4.5)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 厚さ約2mmの薄型設計
  • 両利き対応
  • バッテリーフリーのスタイラスペンが付属
XPPEN公式ペンタブレット
こんな人におすすめ
両利き対応モデルのペンタブなので、左利きの方にもおすすめです。

ワコム(Wacom) One by Wacom medium (CTL-672/K0-C)

次に紹介するおすすめの安いペンタブは、「ワコム One by Wacom medium (CTL-672/K0-C)」です。

種類板型
サイズ約277×189×8.7mm
重量約432g
筆圧レベル2048レベル
入力範囲約216×135mm
評価・レビュー
使い勝手
(3.5)
筆圧レベル
(3.5)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 有名メーカーであるワコム(Wacom)製品
  • ワコムのペンタブレットとしては比較的リーズナブル
  • シンプルで使いやすい構造
こんな人におすすめ
ペンタブレットメーカーとして有名なワコムの製品なので、初めてペンタブを購入する方やこれからイラスト制作にチャレンジする方におすすめです。

XP-PEN Deco01

XP-PEN Deco01の仕様・製品情報

種類板型
サイズW351mm×H8mm×D217mm
重量
筆圧レベル8192レベル
入力範囲W254mm×D152.4mm
ポイント
  • 描画エリアとエクスプレスキーの境界が無いデザイン。
  • 暗いところでも使える描画エリア表示ライト。
  • カスタマイズ可能な円形エクスプレスキー。

XP-PEN Deco01のレビューと評価

安価で高性能な初心者向けモデル
「XP-PEN Deco01」は、安価ながら性能の高いペンタブレットです。筆圧レベル最高値の8192レベルで、細かい描写も描きやすい上、描画エリアとエクスプレスキーの境界差が無いデザインと、本体8mmという薄さは、より紙に近い感覚で手を動かせます。

XPPEN公式ペンタブレット
こんな人におすすめ
コストパフォーマンスに優れた安価な板タブが欲しい初心者。

Wacom Intuos Small ベーシック CTL-4100

Wacom Intuos Small ベーシック CTL-4100の仕様・製品情報

種類板型
サイズW200mm×H8.8mm×D160mm
重量230g
筆圧レベル4096
入力範囲W152mm×D95mm
ポイント
  • 信頼性の高い安定した動作。
  • イラスト作成にゲームに長く使える。
  • 安心の充実サポート。

Wacom Intuos Small ベーシック CTL-4100のレビューと評価

シェアトップを誇る安定した動作と品質

Wacomの「Intuos Small ベーシック CTL-4100」は、ペンタブレットの8割のシェアを誇る国内メーカーWacomのベストセラーシリーズ「Intuos」の1つです。

他社と比較して価格は高めですが、初心者が安心して長く使えるペンタブレットです。作業中、使わない時はペンを本体のトレイに置き、転がっていくのを防げます。

こんな人におすすめ
サポートの充実した国内メーカー製品を使いたい人。

プリンストン WoodPad PTB-WPD7

プリンストン WoodPad PTB-WPD7の仕様・製品情報

種類板型
サイズW200mm×H7mm×D170mm
重量150g
筆圧レベル2048
入力範囲W162×D101mm
ポイント
  • 天板に天然素材を使った優しいデザイン。
  • スムースペンチップを搭載した軽量ペン。
  • 設定ボタンは専用ペンのみのシンプルな構造。

プリンストン WoodPad PTB-WPD7のレビューと評価

ナチュラルでインテリアにとけこむ外観
プリンストン 「WoodPad PTB-WPD7」は、ペンタブレットでは珍しく、天然素材を天板に使用しています。

初めてペンタブレットを使用する人にも抵抗を感じにくいシンプルな外観で、ホワイトカラーで13gと軽い附属ペンと置いていても、圧迫感がありません。コンパクトなサイズと軽いペンで、気軽に楽しく絵が描けます。

こんな人におすすめ
インテリアになじむペンタブレットがほしい人。

HUION Kamvas Pro12

HUION Kamvas Pro12の仕様・製品情報

種類液晶
サイズW350mm×H11mm×D198.6mm
重量765g
筆圧レベル8192
入力範囲W256.32mm×D144.18mm
ポイント
  • 178度全視覚のIPS高画質スクリーン。
  • 裏面はアルミニウム合金で高級感ある作り。
  • 14.5度~45度まで6段階で傾きの調整が可能。

HUION Kamvas Pro12のレビューと評価

高性能な描写と高級感のあるボディ

「HUION Kamvas Pro12」は、前モデルのPro13よりコンパクトになった一方、作業エリアは広くなり、より使用場所にこだわらない作りになっています。ペン傾き検知機能による繊細な描写や、人間工学に基づいた折りたたみ式スタンドで、自然な姿勢で楽に作業できます。

こんな人におすすめ
コンパクトだが高性能な液タブを使いたい人。
Amazon.co.jp おすすめ商品

安いペンタブの重要ポイントまとめ

この記事で重要なポイントは以下の5つです。

  • どんな場所で何をしたいかで選ぶ。
  • 板タブ・液タブはPCが必須。
  • どの製品も基本的なスペックは拮抗している。
  • 国外メーカーの製品は長いスパンで見る。
  • アフターケアの手厚さは要チェック。

浅葱

この記事の編集者
京都在住。グラフィックデザイナー。ペンタブはずっとWacomを使用。ドット絵の頃からペンタブでぐりぐりお絵描きをしています。
osuにおすすめのペンタブ 【最新版】osu!におすすめなペンタブ10選!設定や遅延対策も◎ ワコムのペンタブおすすめ ワコムのペンタブのおすすめ最強7選を比較。お絵かきなどに
Amazon プライム対象