【じっくり読むと5分】

今までの平面ディスプレイとは違い、画面全体が湾曲した曲面ディスプレイが最近話題になっています。使ってみると一目瞭然、平面型とは次元の違う映像体験を提供してくれるでしょう。この記事では、新しいトレンドである曲面ディスプレイの特徴やメリットデメリット、選び方を解説し、さまざまなメーカーやおすすめ商品をピックアップしてご紹介します。




曲面ディスプレイとは

曲面ディスプレイとは、文字通り画面が湾曲した形状のディスプレイのことで、映画やゲームなどの映像表現の進化に合わせて開発された新しい技術です。

画面の縦横の比率を示すアスペクト比が従来のディスプレイの主流である16:9とは違い、21:9が多く採用されていることも大きな特徴。画面が湾曲し、横長に設計されていることでさまざまな視覚効果を生み出します。

曲面ディスプレイのメリット

曲面ディスプレイのメリットは、以下の3つです。

  • 臨場感が凄い
  • 映画、ゲーム向け
  • クリエイティブな作業にも

臨場感が凄い

中心から緩いカーブを描いた画面形状にすることで、映像に包み込まれるようなパノラマ効果を演出し、まるで実際の景色の中に入り込んだような臨場感を与えてくれるでしょう。

画面端と中心に奥行きの差があることもポイントで、平面型のディスプレイとは比べ物にならないほどの立体的な視覚表現、没入感を感じることができます。PC用としてだけでなく、PS4などの家庭用ゲーム機やテレビモニターとしてもおすすめです。また、USB端子がついた製品を選べばスマホを大画面で楽しむことも可能です。

映画、ゲーム向け

いわゆるシネスコサイズと呼ばれる2.35:1の比率の映画と相性が抜群で、通常のディスプレイのように画面端に黒帯が表示されることなく、画面一杯の映像を楽しむことができます。

また、レースゲームや対戦型のFPSなどで、情報量を多くしたり没入感を高めるためにマルチディスプレイを採用している方が多く見受けられますが、曲面ディスプレイを一枚用意すればシームレスで同じ効果を得られるため、ゲーミングモニターとして最適です。

クリエイティブな作業にも

湾曲していることにより、平面型と比べて画面端の視認性が特に良くなります。また、アスペクト比が横に長く、余剰スペースを活用すれば複数の作業を並行して行いやすいこともポイント。画像や動画、音楽を作成したり編集する際にはマルチタスクが前提になることが多く、クリエイターの方々にとってもより効率的な作業を実現してくれる強い味方となるでしょう。

曲面ディスプレイのデメリット

曲面ディスプレイのデメリットは、以下の2つです。

  • スペースの問題
  • コストの問題

スペースの問題

アスペクト比が横に伸びることで問題になるのが設置スペースの問題。曲面ディスプレイで多いのは30インチ前後の画面サイズで幅70~80cm程度のスペースが必要で、平面ディスプレイに比べ10cm程度長くなります。

さらに、臨場感を楽しむためには最低でも1m以上は離れたいところ。パソコン用のディスプレイとして考えればやや設置場所を選点がデメリットです。

コストの問題

ディスプレイの曲面加工が比較的新しい技術であること、平面より加工が難しいこともあって、一般的には平面型に比べ価格が高くなる傾向があります。とは言え、参入メーカーが増えたこともあって徐々に価格も落ち着き始めていて、マルチディスプレイ目的で平面型を2枚購入するよりも安く済むため、一概にコストパフォーマンスが悪いとは言えなくなってきています。

曲面ディスプレイのおすすめメーカー

曲面ディスプレイのおすすめメーカーは、以下の3つです。

  • LG
  • ASUS
  • DELL

LG

韓国に本社を置く総合家電メーカー、LGエレクトロニクス。かなり早くから他社に先駆けて曲面ディスプレイを積極的に発表していて、ラインナップが充実している強みがあります。

また、コスパの良い製品を作ることでも定評があり、特に低価格の曲面ディスプレイを探している方は優先的に選択肢に入れておきたいメーカーです。

ASUS

台湾発の世界的なメーカーであるASUS(エイスース)。元々マザーボードなどのPCにおける主要パーツの開発を得意としており、高い技術力を背景にした信頼性には定評があります。特にゲーミングパソコンと呼ばれる性能特化のパソコンやモニターを選ぶ際は必ずといって良いほど候補に入ってくるメーカーです。

DELL

アメリカに本社を置く世界でもトップレベルのパソコンの販売シェアを誇るDELL。高い処理性能を持つゲーミングパソコンの中でも、特にハイスペックのALIENWAREシリーズの製造でも有名です。価格は決して安いとは言えないものの、高性能で信頼性の高い製品を発表する姿勢は曲面ディスプレイのラインナップにおいても変わりません。

曲面ディスプレイの選び方

曲面ディスプレイの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • まずはサイズをチェック
  • さらに画質を確認
  • 描画性能にもこだわる

まずはサイズをチェック

どこで使うのか、何に使うのかによってまずはある程度サイズを決めてしまいましょう。PS4などの家庭用ゲームハード、またはテレビ代わりに使いたい場合は34インチ以上の大型のディスプレイがおすすめです。34インチの曲面ディスプレイの表示領域の目安は、横80cm、高さ45cmです。

パソコン用のモニターとして至近距離で使う場合は、大きすぎると目が疲れやすくなるため、30インチ前後の中型ディスプレイをおすすめします。

さらに画質を確認

ディスプレイはたくさんの粒子を並べることで表示される仕組みになっていて、粒子が細かいほど面積あたりの数が大きくなり、より繊細で高画質な映像表現が可能です。これを解像度と言います。

16:9のアスペクト比では、1920×1080の解像度をフルHD、2K対応などと呼び、21:9の曲面ディスプレイでは2560×1080が該当します。この解像度でも十分にきれいですが、さらに画質を求める方は3440×1440以上の4Kに迫る解像度のディスプレイがおすすめです。

描画性能にもこだわる

さらにこだわる方はリフレッシュレート、応答速度にも注目しましょう。リフレッシュレートは秒間あたりの画像の切り替わる回数を表わし、Hz(ヘルツ)で表記されています。基準値は60Hz、高性能なモデルでは120Hzを越え、より滑らかな表現が可能です。

応答速度は信号が出てからどれだけ速く画面が表示されるかを表わし、数字が小さくなるほど高速になります。一般的には5msが標準で、速いディスプレイは1msになります。映像を楽しんだりパソコンの作業をする分にはあまり気にしなくて良い数値ですが、ラグが勝敗に影響する対戦型のFPSなどをプレイする時には重要です。

曲面ディスプレイのおすすめ10選

LG 34UC79G-B

LG 34UC79G-Bの仕様・製品情報

画面サイズ34インチ

LG 34UC79G-Bのおすすめポイント3つ

  • コスパ○
  • 高速応答
  • 目に優しい

LG 34UC79G-Bのレビューと評価

コスパに優れた万能型

144Hzのリフレッシュレートと1msの応答速度を持ちながらも、価格を5万円台に抑えたコスパの良さがウリのLG 34UC79G-B。視野角が広く発色の良さが特長のIPS方式のパネルを採用し、フリッカーセーフで目の疲労も軽減してくれる正に万能型曲面ディスプレイです。

LG 34UC79G-Bはこんな人におすすめ!

コスパも性能も求める方向け

ASUS VA326H

ASUS VA326Hの仕様・製品情報

画面サイズ31.5インチ

ASUS VA326Hのおすすめポイント3つ

  • 安い
  • 滑らか画質
  • 色彩表現○

ASUS VA326Hのレビューと評価

クリエイターにもおすすめの中型ディスプレイ

応答速度は平凡なものの、リフレッシュレートと価格にこだわったディスプレイASUS VA326H。滑らかな映像表現に加えて、独自技術のASCRテクノロジーを採用しメリハリのある色彩豊かな画面表示が特長です。

ASUS VA326Hはこんな人におすすめ!

クリエイター、映画好きの方に

MSI Optix G24C

MSI Optix G24Cの仕様・製品情報

画面サイズ23.6インチ

MSI Optix G24Cのおすすめポイント3つ

  • コンパクト
  • 高速応答
  • 滑らか画質

MSI Optix G24Cのレビューと評価

コンパクト+パワフル

パソコン用のディスプレイとして最適な23.6インチのコンパクトボディにパワフルな性能を詰め込んだMSI Optix G24C。144Hzのリフレッシュレート、1msの応答速度を持った滑らかかつ繊細な表現力はゲーム向けとしても満足できるでしょう。

MSI Optix G24Cはこんな人におすすめ!

省スペで高性能な曲面ディスプレイを探している方へ

Dell P3418HW

Dell P3418HWの仕様・製品情報

画面サイズ34インチ

Dell P3418HWのおすすめポイント3つ

  • 高画質
  • 長期保証
  • 使いやすい

Dell P3418HWのレビューと評価

細かな配慮が嬉しい優等生

発色の良さと視野角の広さが特長のIPSパネルに、2560×1080のWQHD画質を誇るDell P3418HW。細かな位置調整が可能なスタンド、長時間作業を想定して目の疲れを軽減する独自技術のComfortViewに対応するなど丁寧に作られた曲面ディスプレイです。

Dell P3418HWはこんな人におすすめ!

作業量の多いビジネスマン向け

I-O DATA LCD-GC271XCVB

I-O DATA LCD-GC271XCVBの仕様・製品情報

画面サイズ27インチ

I-O DATA LCD-GC271XCVBのおすすめポイント3つ

  • フルHD
  • 長期保証
  • 滑らか画質

I-O DATA LCD-GC271XCVBのレビューと評価

信頼性の高い汎用ディスプレイ

曲面ディスプレイでは珍しい16:9のアスペクト比を採用し、わずか9.8mmのべゼルレスデザインで設置自由度の高さがウリのI-O DATA LCD-GC271XCVB。144Hzの高リフレッシュレートは映画鑑賞やRPGなどのゲームプレイに向くでしょう。5年の長期保証もおすすめのポイント。

I-O DATA LCD-GC271XCVBはこんな人におすすめ!

安心して使える製品をお探しの方に

Acer Z35bmiphz

Acer Z35bmiphzの仕様・製品情報

画面サイズ35インチ

Acer Z35bmiphzのおすすめポイント3つ

  • 超高リフレッシュレート
  • G-sync対応
  • デザイン○

Acer Z35bmiphzのレビューと評価

シャープなデザインがウリの高性能ディスプレイ

赤と黒を基調としたシャープでメカニカルな風貌が、いかにもゲーミング向けの雰囲気を醸し出すAcer Z35bmiphz。最大200Hzの超高リフレッシュレートによる滑らかさと、G-sync対応だからこそ可能なカク付き、遅延のないスムーズな描写をぜひ味わってもらいたいところです。

Acer Z35bmiphzはこんな人におすすめ!

本格ゲーマー向け

AOC AG322FCX/11

AOC AG322FCX/11の仕様・製品情報

画面サイズ31.5インチ

AOC AG322FCX/11のおすすめポイント3つ

  • コスパ◎
  • 見やすい
  • 高性能

AOC AG322FCX/11のレビューと評価

異次元のコスパを誇る高評価ディスプレイ

高リフレッシュレートで高速応答、GPUの世界的製造メーカーAMD社製のFreeSync搭載、十分な画面サイズと4拍子揃いながらもなぜか3万円台のコスパが目を引くAOC AG322FCX/11。曲面ディスプレイの入門編として最適です。

AOC AG322FCX/11はこんな人におすすめ!

初めての方、迷っている方

JAPANNEXT JN-VC34100UWQHD

JAPANNEXT JN-VC34100UWQHDの仕様・製品情報

画面サイズ34インチ

JAPANNEXT JN-VC34100UWQHDのおすすめポイント3つ

  • UWQHD対応
  • マルチウインドウ
  • べゼルレスデザイン

JAPANNEXT JN-VC34100UWQHDのレビューと評価

高解像度で快適操作

フルHDの2.5倍もの解像度を誇る3440×1440のUWQHD画質がウリのJAPANNEXT JN-VC34100UWQHD。2つの機器から同時に入力して表示できるマルチウインドウ機能も見逃せないポイント。使い勝手の良さと4Kに迫る高画質を体験可能です。

JAPANNEXT JN-VC34100UWQHDはこんな人におすすめ!

2人でも同時に使いたい方に

LG 38WK95C-W

LG 38WK95C-Wの仕様・製品情報

画面サイズ37.5インチ

LG 38WK95C-Wのおすすめポイント3つ

  • 大画面
  • 超高画質
  • 拡張性○

LG 38WK95C-W のレビューと評価

大画面+高画質

37.5インチの大画面を最大限に活かすべく、3840×1600の超高解像度を採用したLG 38WK95C-W 。表示領域の幅は実に88cmにも及び、USB type-c端子が付いているためスマホと接続できることもポイントです。

LG 38WK95C-Wはこんな人におすすめ!

リビングで使える大型ディスプレイを探している方へ

Dell AW2518H

Dell AW2518Hの仕様・製品情報

画面サイズ34インチ

Dell AW2518Hのおすすめポイント3つ

  • 滑らか画質
  • G-sync対応
  • デザイン○

Dell AW3418HWのレビューと評価

圧倒的性能

34.1インチと決して小さくない画面サイズにも関わらず、トレードオフになりがちなリフレッシュレートや応答速度を160Hz,4msと高レベルで両立したDell AW3418HW。さらにカク付きや遅延が発生しにくいG-syncを搭載した満足度の高い曲面ディスプレイです。

Dell AW3418HWはこんな人におすすめ!

思う存分ゲームを楽しみたい方へ

まとめ

今回は曲面ディスプレイの特徴や選び方を解説し、おすすめのメーカーや製品を用途別に幅広くご紹介してきました。最初こそ見慣れない形状に戸惑うものの、慣れてしまえば通常のディスプレイでは味わえない魅力に溢れています。

新し物好きの方、ディスプレイの購入を考えている方はぜひチェックしてみてください。