PS4/PS5対応USBハブのおすすめ12選。バスパワーとセルフパワーの違い、メリット&デメリット

PSコントローラーと男性

今回はおすすめのPS4とPS4の次世代機のPS5対応USBハブをバッファロー(BUFFALO)やエレコム(ELECOM)などのメーカー別、USBバスパワーやセルフパワーといった給電方法別、コントローラーの接続やヘッドセットの接続、マイクの接続、SSDの接続など使用用途別にご紹介します。PS4/PS5対応USBハブの説明や選び方のコツについても解説します。
USBおすすめ USBハブのおすすめ15選。3.0対応、セルフパワーなど厳選 モノクロガジェットいろいろ 【2021年版】USBハブ付きキーボードのおすすめ人気ランキング13選! ゲーミングおすすめ PS4の周辺機器・便利グッズのおすすめ最強20選。ヘッドセット、マウス他

PS4やPS5対応USBハブとは

PS4/PS5対応USBハブとは、文字通りソニーのゲーム機である「PlayStation」に接続してUSBポートの数を増やすことができるアイテムです。

PS4に搭載されているUSBポートの規格は、「USB3.1 Gen1(データ転送速度最大5Gbps)」、PS5は更に2倍のデータ転送速度の最大で10Gbps(1250MB/s)のデータ転送速度を実現する「USB 3.1 Gen2」と言う規格にまで対応。PS4/PS5のUSBは上位互換ですがストレスの少ない転送速度の「USB3.1 Gen1」以上の規格に対応したUSBハブがおすすめです。

また、PS4に搭載されているUSBポートの形状は、Type-Aと呼ばれる形状です。PS4に接続するUSBハブを購入する際には、Type-A端子を搭載したモデルを選択しましょう。PS5はType-Aに加えてType-C端子も搭載しています。また、メーカーのスペック表に「PS4(PS5)動作確認済」の記載があれば、安心して使用できます。

USBの規格としてはPS4での動作確認済のUSBハブは、本体の形状をPS4に合わせていて物理的に使えないモデルを除いて、PS5でも使用できます。

バスパワーとセルフパワーの違い

USBハブへの電源供給方法は、モデルによって異なります。バスパワータイプは、USBケーブルを介して接続しているPS4/PS5から電源を得るので、余分なケーブルの必要がありません。ただし、USB機器をたくさん接続した場合には電力不足に陥る可能性があるので注意しましょう。

セルフパワータイプのUSBハブは、ACアダプターを使用して電源を得ます。セルフパワータイプのUSBハブは、ACアダプターや電源ケーブルが必要となりますが、電力を安定して得られます。

USBハブを使用するメリット

コントローラー

USBハブを使用するメリットは、以下の2つです。

  • 複数の周辺機器を接続できる
  • セルフパワータイプであれば電源を安定して供給できる

複数の周辺機器を接続できる

PS4/PS5本体に搭載されているUSBポートの数は限られているので、接続できる周辺機器の数も限定されてしまいます。特に外付けのHDDやSSDを接続している場合には、それだけで1ポート使用してしますので、ポート数が足りず困ってしまいがちです。

USBハブを使用すれば簡単にポート数を追加できるので、複数の周辺機器を接続可能。アーケードコントローラー、キーボードやマウスなどを使いたい場合に便利です。

セルフパワータイプであれば電源を安定して供給できる

PS本体に搭載されているUSBポートに、アーケードコントローラーやオーディオ機器などをつなぐと、接続が不安定になってしまう場合があります。標準で備えているUSBポートから供給できる電力は限られており、接続する機器によっては電力が不足することがあります。

電源アダプターから電力を得るセルフタイプのUSBハブであれば、足りない電力をコンセントから補えるので便利。複数の周辺機器を接続する場合でも安心して使用できます。

USBハブを使用するデメリット

USBハブを使用するデメリットは、以下の2つです。

  • 購入費用がかかる
  • 外付けHDDは1台のみ使用可

購入費用がかかる

当然ですが、PS4/PS5用にUSBハブを使用する場合は購入時に費用がかかります。ポート数の多い製品やデータ転送速度に優れたモデルは、価格も高くなるので注意しましょう。

パソコン周辺機器メーカーとして有名なバッファローやエレコムのUSBハブであっても、手頃な価格で販売されているモノが存在します。購入時の費用を抑えたい場合には、なるべくコスパに優れた製品を選択するのがおすすめです。

外付けHDDは1台のみ使用可

PS4もPS5も一度に接続できる外付けHDDは1台のみなので、USBハブでポート数を増やしても複数のストレージを使用することができません。また、外付けHDDをUSBハブのポートに接続してもPS4/PS5では認識できないので注意が必要です。

外付けHDDを使用する場合は、安定稼働のためにもPS4/PS5本体に搭載されているポートを利用し、その他の機器をUSBハブで増設したポートに接続しましょう。

PS4/PS5対応USBハブのおすすめメーカー

ps4青いランプ

PS4/PS5対応USBハブのおすすめメーカーは、以下の2つです。

  • バッファロー(BUFFALO)
  • エレコム(ELECOM)

バッファロー(BUFFALO)

愛知県の本社をかまえるバッファローは、PC周辺機器メーカーとして有名です。バッファローは多種多様なUSBハブを製造しており、ポート数や電源供給方式などに応じて選択することが可能です。

バッファローのUSBハブは、USB3.1 Gen1・USB3.0規格のモデルだけでも数多くの製品がラインアップされているので、自分のニーズに合う製品も見つけやすいでしょう。

エレコム(ELECOM)

大阪府に本社をかまえるエレコムは、バッファローと同じくPC周辺機器を製造するメーカーです。エレコムのUSBハブもラインナップは非常に豊富です。エレコムのUSBハブは、比較的リーズナブルな価格で購入できるモデルが多いので、コストをかけたくない方におすすめです。

PS4/PS5対応USBハブの選び方

PS4コントローラーとハンドル

PS4/PS5対応USBハブの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 電源供給方法で選ぼう
  • USBの規格で選ぼう
  • USBポート数で選ぼう

電源供給方法で選ぼう

前述したようにPS4/PS5対応USBハブには、2種類の電源供給方式があります。PS4/PS5に接続するUSB機器がコンセントから電源を得るのであれば、バスパワータイプがおすすめです。バスパワータイプのPS4/PS5対応USBハブであれば、PS4/PS5周辺のケーブルを最低限にしてスッキリとした環境にできます。

PS4/PS5から電源を得るタイプのUSB機器をたくさん接続する場合には、セルフパワータイプがおすすめです。セルフパワータイプのPS4/PS5対応USBハブを使用すれば、電力不足になりにくく、USB機器の動作が安定します。

USBの規格で選ぼう

PS4対応USBハブのUSB規格は、前述したように「USB3.1 Gen1」やUSB3.0規格のモデルが最適です。
PS5は上位規格の「USB 3.1 Gen2」にも対応していますが、SSDなど速度を要求される機器のみPS5本体に空いているUSB端子に直接接続すれば、ほとんどの周辺機器は価格的に安い「USB3.1 Gen1」対応ハブで事足ります。下位互換であるUSB2.0規格のUSBハブであっても使用できる可能性はありますが、データ転送速度は大幅に遅くなってしまいますし不安定になりますので避けましょう。

データ転送がスムーズでない場合は、データのロードやコントローラー操作が遅延する原因となるので、データ転送速度の速いPS4/PS5対応USBハブをおすすめします。

USBの端子形状はPS4は古くからあり普及率の高い「Type-A」。PS5は「Type-A」に加え、最近のAndroidスマホやパソコンに標準搭載になっている「Type-C」も利用できます。

USBポート数で選ぼう

PS4/PS5対応USBハブに搭載されているUSBポートの数で選びましょう。PS4/PS5対応USBハブが、接続するUSB機器の数に応じたポート数を搭載していなければ、すべての機器を接続することができません。

また、PS4/PS5対応USBハブのUSBポートの配置にも注意が必要です。USBポート同士の間隔が狭い場合には、接続したケーブル同士が干渉してしまう可能性があるので、PS4対応USBハブのポート配置をチェックするようにしましょう。

【バスパワー】PS4/PS5対応USBハブのおすすめ6選

おすすめのバスパワータイプUSBハブを紹介します。

BYEASY USBハブ UH-109AN

最初に紹介するおすすめのバスパワータイプUSBハブは、「BYEASY USBハブ UH-109AN」です。

サイズ(W×D×H)約95×30×10mm
重量36g
規格USB3.0
ポート数4ポート
電源供給方式バスパワー
ケーブル長25cm
評価・レビュー
ポート数
(3.5)
ケーブル長
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • USB2.0規格の約10倍の転送速度を誇るUSB3.0規格に対応しています。
  • 縦30×横95mmのコンパクトなサイズで携帯性にも優れています。
  • ケーブルの長さは25cm確保されており取り回しがしやすいメリットがあります。

「BYEASY USBハブ UH-109AN」の特徴

約95×30×10mmのコンパクトなサイズと約36gの軽量設計により携帯性に優れているので、外出先でPS4と接続して使用する場合にも便利です。
PS5でも安定して使用できます。(PS5の最大データ転送速度には対応していません)

こんな人におすすめ
ケーブルの長さが25cmあるので、取り回しに優れたPS4用のUSBハブをお探しの方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) BSH4U305U3BK

次に紹介するおすすめのバスパワータイプUSBハブは、「バッファロー BSH4U305U3BK」です。

サイズ(W×D×H)約77×46×17mm
重量約56g
規格USB3.0
ポート数4ポート
電源供給方式バスパワー
ケーブル長約30cm
評価・レビュー
ポート数
(3.5)
ケーブル長
(4.5)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • 本体にマグネットが内蔵されておりデスクなどに取り付けできます。
  • 独自の評価テストや低ノイズ設計により高い品質を実現しています。
  • 通電状況が簡単に確認できるLEDランプが搭載されています。

バッファロー(BUFFALO) BSH4U305U3BKの特徴

ボディ内部にマグネットが内蔵されているので、金属製のデスクやラックなどであれば、横向きや上向きであっても取り付けできます。

こんな人におすすめ
パソコンやモバイルの周辺機器で有名なバッファロー製のUSBハブなので、品質を重視する方にもおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) USBハブ BSH4U105U3 4ポートハブ Windows/Mac/PS4/PS3対応

バッファロー(BUFFALO) USBハブ BSH4U105U3の仕様・製品情報

サイズ(W×D×H)約77×46×17mm
重量約44g
規格USB3.0
ポート数4ポート
電源供給方式バスパワー
ケーブル長約10cm
ポイント
  • メーカー公式ページで「PS4対応機種」の記載有り
  • 4種類のカラーラインナップ
  • USB3.0規格の高速データ転送に対応

バッファロー(BUFFALO) USBハブ BSH4U105U3のレビューと評価

メーカーが公式HPで「PS4対応」を明言

バッファロー USBハブ BSH4U105U3は、公式ホームページにてPS4対応機種であることが記載されているUSBハブです。
バッファロー USBハブ BSH4U105U3は、ブラック・シルバー・レッド・ホワイトの4種類のカラーラインアップが用意されているので、所有しているPS4本体のカラーにあわせて選択できます。

こんな人におすすめ
バッファロー USBハブ BSH4U105U3は、メーカーがPS4対応を明言しているUSBハブをお探しの方におすすめです。

BEBONCOOL PS5スタンド 縦置き 冷却ファン付 二台同時充電可能 ソフト収納(PS5専用)

PS5 スタンド 縦置き 冷却ファン付き BEBONCOOL プレイステーション5 スタンド PS5 コントローラー 充電器 DualSense 充電器 二台同時充電可能 ソフト収納
BEBONCOOL

BEBONCOOL PS5 スタンド 縦置き 冷却ファン付きの仕様・製品情報

サイズ(W×D×H)非公開
重量約600g
規格USB3.0
ポート数3ポート
電源供給方式バスパワー
ケーブル長約10cm
ポイント
  • スタンド・コントローラー2台充電・本体冷却機能・ソフト収納ができる
  • 一体型なので見た目がスッキリ
  • USB3.0規格の高速データ転送に対応

BEBONCOOL PS5 スタンド 縦置き 冷却ファン付き(PS5専用)のレビューと評価

BEBONCOOL PS5 スタンド 縦置き 冷却ファン付きは、コントローラーを置くだけで2台同時に急速充電でき、不安定な本体縦置きも安定する優れものです。

こんな人におすすめ
PS5の周りをすっきりした見た目で使いやすい環境にしたい方

JT電子ショップ PS4 Pro用 一体型5ポートUSBハブ ケーブル不要(PS4Pro専用)

JT電子ショップ PS4 Pro用 一体型5ポートUSBハブの仕様・製品情報

サイズ(W×D×H)非公開
重量非公開
規格USB3.0
ポート数5ポート(USB3.0×1/USB2.0×4)
電源供給方式バスパワー
ケーブル長なし
ポイント
  • PS4 Pro本体にマッチするデザイン
  • 合計5つのUSBポートを搭載
  • 動作確認用のLEDライト搭載

JT電子ショップ PS4 Pro用 一体型5ポートUSBハブ(PS4Pro専用)のレビューと評価

PS4 Pro本体の外観を損なわないデザイン

JT電子ショップ PS4 Pro用 一体型5ポートUSBハブは、PS4 Pro本体の側面に直接接続するUSBハブです。JT電子ショップ PS4 Pro用 一体型5ポートUSBハブは、PS4 Pro本体にマッチするデザインを持っています。

こんな人におすすめ
JT電子ショップ PS4 Pro用 一体型5ポートUSBハブは、PS4 ProのデザインにマッチするUSBハブをお探しの方におすすめです。

FlexDin USBハブ PS4両用スタンド 2台充電 USBハブ3ポート 空冷ファン2基付き

FlexDin USBハブ PS4両用スタンドの仕様・製品情報

サイズ(W×D×H)非公開
重量非公開
規格非公開
ポート数3ポート
電源供給方式バスパワー
ケーブル長約19cm
ポイント
  • PS4 Pro&PS4 Slimを設置できる
  • コントローラー充電器搭載
  • PS4周辺の整理ができる

FlexDin USBハブ PS4両用スタンドのレビューと評価

PS4 Pro&PS4 Slim用スタンドにUSBポートを搭載

FlexDin USBハブ PS4両用スタンドは、PS4 ProやPS4 Slimを設置できるスタンドに3つのUSBポートを接続しています。FlexDin USBハブ PS4両用スタンドには、コントローラー用の充電器も搭載されており、PS4周辺の整理に役立ちます。

こんな人におすすめ
FlexDin USBハブ PS4両用スタンドは、コントローラーやヘッドセットの接続に使用するUSBハブをお探しの方におすすめです。

【セルフパワー】PS4/PS5対応USBハブのおすすめ6選

おすすめのセルフパワータイプUSBハブを紹介します。

VONCI USBハブ Vrumess

最初に紹介するおすすめのセルフパワータイプUSBハブは、「BYEASY USBハブ UH-109AN」です。

サイズ(W×D×H)非掲載
重量約36g
規格USB3.0
ポート数7ポート
電源供給方式バスパワー/セルフパワー
ケーブル長100cm
評価・レビュー
ポート数
(4.5)
ケーブル長
(4.5)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • ポート数が7基搭載されており複数の周辺機器を接続できます。
  • 100cm長のUSBケーブルが付属しておりPS4から離れた場所に設置できます。
  • ポート数が多いにも関わらず約36gの軽量なボディを実現しています。

「VONCI USBハブ Vrumess」の特徴

PS4だけでなく、Windows・Mac OS・LinuxなどのOSに対応しており、パソコンでも使用できるメリットがあります。

こんな人におすすめ
強化設計されたケーブルな耐熱端子が採用されているので、安心して使えるPS4用のUSBハブをお探しの方におすすめです。

atolla USB 3.0 ハブ 1103

次に紹介するおすすめのセルフパワータイプUSBハブは、「atolla USB 3.0 ハブ 1103」です。

サイズ(W×D×H)160×45×23mm
重量非掲載
規格USB3.0
ポート数7ポート+1充電ポート
電源供給方式バスパワー/セルフパワー
ケーブル長100cm
評価・レビュー
ポート数
(4.5)
ケーブル長
(4.5)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 電源アダプタ無しでも有りでも使用できるセルフ/バスパワー両対応モデルです。
  • 7つのUSBポートには個別にスイッチが搭載されています。
  • 7つのポートに加えて充電用のポートも1つ搭載されています。

「atolla USB 3.0 ハブ 1103」の特徴

7つのUSBポートそれぞれにスイッチが搭載されており、電源状況が一目でわかるLEDライトも備えているので、ポートごとの電源コントロールが簡単にできます。

こんな人におすすめ
個別に電源コントロールできるスイッチが搭載されているので、暗転した電源供給を行いたい方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) BSH4A125U3BK

次に紹介するおすすめのセルフパワータイプUSBハブは、「バッファロー BSH4A125U3BK」です。

サイズ(W×D×H)82×44×15mm
重量約71g
規格USB3.0
ポート数4ポート
電源供給方式バスパワー/セルフパワー
ケーブル長約100cm
評価・レビュー
ポート数
(3.5)
ケーブル長
(4.5)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 5V3AのACアダプター付きなので消費電力の大きい機器も安定して動作します。
  • 高速転送規格であるUSB3.0規格に対応しています。
  • 正面に3ポート+側面に1ポート搭載されており使い勝手に優れています。

「バッファロー(BUFFALO) BSH4A125U3BK」の特徴

本体に過電流過電防止回路が搭載されており、発熱や破損のトラブルを軽減する際口径のDCジャックも採用されているので、安心して使用できます。

こんな人におすすめ
ACアダプターによって消費電力の大きい機器も安定して動作するので、卒付のHDDやSSDを接続する場合にもおすすめです。

2win2buy USBハブ PS4/PS4 SLIM用 一体型4ポート 高速データ転送 個別スイッチ付

サイズ(W×D×H)約105×36×22mm
重量約70g
規格USB3.0
ポート数4ポート
電源供給方式バスパワー/セルフパワー
ケーブル長非公開
ポイント
  • リーズナブルな価格
  • ポートごとにON・OFFスイッチ搭載
  • USBケーブルの取り外し可能

2win2buy USB HUB PS4/PS4 SLIM用のレビューと評価

リーズナブルな価格で購入できるバス&セルフパワー対応USBハブ

2win2buy USB HUBは、千円ほどのリーズナブルな価格で購入できるバスパワーとセルフパワーの両方に対応したUSBハブです。2win2buy USB HUBは、USBケーブルの取り外しができるので、携帯する際に便利です。

こんな人におすすめ
2win2buy USB HUBはこんな人におすすめ!

ユーグリーン(UGREEN) USB3.0ハブ 4ポート 高速転送 延長用 PS4/Mac/iMac等に最適

サイズ(W×D×H)約77×46×17mm
重量約44g
規格USB3.0
ポート数4ポート
電源供給方式バスパワー/セルフパワー
ケーブル長約100cm
ポイント
  • USB3.0規格の高速データ転送
  • コンパクトで邪魔にならないサイズ
  • 長さ約100cmのケーブルを採用

ユーグリーン(UGREEN) USB3.0ハブのレビューと評価

1mほどのケーブル長で離れたPS4とも接続可能

ユーグリーン USB3.0ハブは、プレイする場所からPS4本体が離れている場合に便利な約1mのケーブルが搭載されています。ユーグリーン USB3.0ハブは、高速データ転送に対応しているので、音声や、データロードの遅延を防ぐことができます。

こんな人におすすめ
ユーグリーン USB3.0ハブは、ヘッドセットやマイク、SSDなどデータ転送の遅延を防止したいUSB機器を接続する際におすすめです。

エレコム(ELECOM) USB3.0対応ACアダプタ付き4ポートUSBハブ U3H-A408SWH

サイズ(W×D×H)約75×37×12mm
重量約70g
規格USB3.0
ポート数4ポート
電源供給方式バスパワー/セルフパワー
ケーブル長約100cm
ポイント
  • セルフパワー用のACアダプター付属
  • コストパフォーマンス抜群
  • バスパワーでの駆動可能

エレコム(ELECOM) USB3.0対応ACアダプタ付き4ポートUSBハブのレビューと評価

ACアダプターが付属している便利なUSBハブ

エレコム USB3.0対応ACアダプタ付き4ポートUSBハブは、セルフパワーとバスパワーの両方に対応しています。エレコム USB3.0対応ACアダプタ付き4ポートUSBハブは、リーズナブルな価格ながらACアダプターが付属しています。

こんな人におすすめ
エレコム USB3.0対応ACアダプタ付き4ポートUSBハブは、初めてPS4対応USBハブを購入する方におすすめです。


USBおすすめ USBハブのおすすめ15選。3.0対応、セルフパワーなど厳選 モノクロガジェットいろいろ 【2021年版】USBハブ付きキーボードのおすすめ人気ランキング13選! ゲーミングおすすめ PS4の周辺機器・便利グッズのおすすめ最強20選。ヘッドセット、マウス他