スーツケースのおすすめ13選!人気ブランド、サイズ目安、選び方など

真っ黒なスーツケースを弾いて歩く若い女性のうしろ姿

※本サイトはプロモーションが含まれています。

この記事では、軽くて持ち運びがしやすく、機能性に優れたおすすめの人気スーツケースを紹介しています。

リモワ(RIMOWA)、サムソナイト(SAMSONITE)、トゥミ(TUMI)など、品質の高さが評判のブランドや、機内持ち込み可能なサイズ、キャリーケースとの違いや、ソフトタイプ・ハードタイプの素材についても詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。


旅行の鞄
1泊2日〜旅行に持っていきたいボストンバッグのおすすめ人気11選!おしゃれ、機能的

スーツケースのおすすめ13選

リモワ オリジナル キャビン

サイズ(W×H×D)40×55×23cm
外寸三辺合計(㎝)118
重量4.3kg
容量35L
材質アルミニウム
タイプハードタイプ
カラーシルバー
宿泊目安1~3泊
評価・レビュー
軽さ(重い1~軽い5)
(4.0)
機能性(単機能1~多機能5)
(4.0)
小物類の出し入れ(困難1~かんたん5)
(3.0)
ポイント
  • 中仕切りのフレックスディバイダーは高さ調節が可能
  • ダブルホイールのキャスターが重量の負担を分散し耐久性が向上
  • 縦方向のリブ(凹凸)加工がスタイリッシュな印象を与える

「リモワ オリジナル キャビン」の特徴

中仕切りのフレックスディバイダーは、収納物に合わせて高さ調節ができるため荷崩れを抑えられます。特許技術のダブルホイールは、なめらかな走行性能と高い耐久性を持っているのが特徴です。

こんな人におすすめ
合成の高さやキャスターのすぐれた耐久性と高い走行性能は、新幹線や電車での国内旅行におすすめです。

トゥミ アルファ3 ショートトリップ

サイズ(W×H×D)48×66×33~38cm
外寸三辺合計(㎝)147~150
重量6.9kg
容量104~120L
材質FXTバリスティックナイロン
タイプソフトタイプ
カラー
宿泊目安9~12泊
評価・レビュー
軽さ(重い1~軽い5)
(3.0)
機能性(単機能1~多機能5)
(5.0)
小物類の出し入れ(困難1~かんたん5)
(5.0)
ポイント
  • デュアル総合ロックでメインとフロント両方の開口部をロックできる
  • イージーグライドホールにより、全方向への操作性がすぐれている
  • 小物類の収納性がとても良い

「トゥミ アルファ3 ショートトリップ」の特徴

黒いボディに添えられたゴールドが、リッチでおしゃれな雰囲気を演出します。小物類の仕分けがしやすく、らくに出し入れできる点が便利です。

こんな人におすすめ
駅・ホテル・移動中でも、システム手帳・スマホ・タブレットなどの小物を出し入れしやすいスーツケースは、長期の出張におすすめです。

サムソナイト スーツケース エヴォア スピナー55

サイズ(W×H×D)36×55×24cm
外寸三辺合計(㎝)115
重量3.7kg
容量33L
材質ポリカーボネート
タイプハードタイプ
カラーブラッシュドシルバー・ブラッシュドブラック
宿泊目安1~3泊
評価・レビュー
軽さ(重い1~軽い5)
(4.5)
機能性(単機能1~多機能5)
(4.5)
小物類の出し入れ(困難1~かんたん5)
(5.0)
ポイント
  • スーツケースを立てたまま開口するフロントオープンポケットが便利
  • ポケットはノートPC・タブレット・書類が収納できるサイズ感
  • サスペンションホイールでガタガタするタイルの通路もスムーズに移動

「サムソナイト スーツケース エヴォア スピナー55」の特徴

国内線や国際線で機内に持ち込める外寸115cmです。スーツケースを立てたまま開口できるフロントオープンポケットには、ノートPC・タブレット・書類・ガイドブックがすっぽり収まります。

こんな人におすすめ
凹凸通路の走行性・小物類の収納性・機内に持ち込めるサイズ感は、国内や国外の旅行や出張におすすめです。

エース トーキョー スーツケース パリセイド3-Z 06912

サイズ(W×H×D)40×50×25cm
外寸三辺合計(㎝)115
重量3.2kg
容量37L
材質ABS混合樹脂
タイプハードタイプ
カラー黒・ネイビー・ホワイト・レッド
宿泊目安1~3泊
評価・レビュー
軽さ(重い1~軽い5)
(4.5)
機能性(単機能1~多機能5)
(4.5)
小物類の出し入れ(困難1~かんたん5)
(4.5)
ポイント
  • 移動中も開閉しやすいフロントポケットを装備
  • 機内に持ち込める115のサイズ感
  • 静かに移動できる静音キャスターを装備

「エース トーキョー スーツケース パリセイド3-Z 06912」の特徴

静音キャスターを装備しているため、ホテルの通路も周囲を気にせず静かに移動できます。旅先での移動では、のどかな景観の雰囲気を損ないません。

こんな人におすすめ
静音キャスターのスーツケースは、移動時の静寂性を重視して選びたい人におすすめです。

エース キャリーバッグ フォールズ No.06905

サイズ(W×H×D)34×55×25~30cm
外寸三辺合計(㎝)114~119
重量3.3kg
容量31~41L
材質ポリカーボネート
タイプハードタイプ
カラーガンメタリック・ネイビー・ピンクベージュ
宿泊目安1~4泊
評価・レビュー
軽さ(重い1~軽い5)
(4.5)
機能性(単機能1~多機能5)
(5.0)
小物類の出し入れ(困難1~かんたん5)
(5.0)
ポイント
  • 宿泊数や荷物の量に合わせて31~41Lへ拡張できる
  • 不意な走行を防止するキャスターストッパー付き
  • 小物の出し入れがらくで仕分けしやすいフロントポケット

「エース キャリーバッグ フォールズ No.06905」の特徴

小物の収納に便利なフロントポケットから、メイン収納にアクセスできます。防寒用の衣類を上にしておくと、メイン収納を開口しなくてもフロントポケットからサッと取り出せるので便利です。メイン収納の中を見られずに取り出せるため、スマートに使いこなせます。

こんな人におすすめ
フロントポケットからメイン収納にアクセスできる仕様は、季節の変わり目の出張や旅行に便利です。

RELUXY(リラクシー) キャリーバッグ

サイズ(W×H×D)31×37×20cm
外寸三辺合計(㎝)88
重量2.1kg
容量21L
材質ABS樹脂
タイプハードタイプ
カラーオフホワイト・イエロー・オレンジ・クリムゾンレッド・黒・ダークネイビー・メタルブラック・ライトブルー
宿泊目安1~2泊
評価・レビュー
軽さ(重い1~軽い5)
(5.0)
機能性(単機能1~多機能5)
(4.0)
小物類の出し入れ(困難1~かんたん5)
(3.5)
ポイント
  • ラクに持ち上げられる2.1kgの軽量ボディ
  • 安定感がある4輪ダブルキャスター
  • 身長に合わせて調節できる多段階キャリーバーを装備

「RELUXY(リラクシー) キャリーバッグ」の特徴

小柄な女性もらくらく持ち上げられる2.1kgの軽量なボディと、高さ調節ができる多段階キャリバーの組み合わせが見事です。国内の小旅行で最高のパフォーマンスを発揮します。

こんな人におすすめ
機内持ち込みができるサイズ感・超軽量なボディ・多段階キャリバーのスーツケースは、女性の小旅行におすすめです。

サンコー スーツケース フレーム SUPER LIGHTS MG

サイズ(W×H×D)45×63×31cm
外寸三辺合計(㎝)139
重量3.8kg
容量76L
材質ポリカーボネート
タイプハードタイプ
カラーエンボスネイビー・イエロー・グリーン・ブラック
宿泊目安5~7泊
評価・レビュー
軽さ(重い1~軽い5)
(4.5)
機能性(単機能1~多機能5)
(4.0)
小物類の出し入れ(困難1~かんたん5)
(3.5)
ポイント
  • 剛性強度が高いマグネシウムフレームを採用
  • 中空設計のヒノモトオイル注入キャスターがスムーズな移動を約束
  • 海外旅行に便利なTSAロックシステムを搭載

「サンコー スーツケース フレーム SUPER LIGHTS MG」の特徴

TSAロックシステムの搭載により、施錠したままTSA(米国運輸保安局)に預けられます。安定性のあるすぐれた剛性強度とマグネシウム合金の軽量なフレームが、移動時の負担を軽減します。

こんな人におすすめ
TSAロックシステムは、アメリカへの旅行や出張の予定があるメンズにおすすめです。

フリクエンター スーツケース クラムアドバンス

サイズ(W×H×D)36×53×24cm
外寸三辺合計(㎝)113
重量3.6kg
容量34L
材質ポリカーボネート
タイプハードタイプ
カラーブラック・紺・シャンパンゴールド・メタリックピンク/グレー・ワイン
宿泊目安1~3泊
評価・レビュー
軽さ(重い1~軽い5)
(4.5)
機能性(単機能1~多機能5)
(4.5)
小物類の出し入れ(困難1~かんたん5)
(4.5)
ポイント
  • 静かでスムーズに移動できる静音キャスターを装備
  • ポケット感覚で中身を取り出せるフロントポケット
  • かんたんに開口できるノック式のワンプッシュストッパーを装備

「フリクエンター スーツケース クラムアドバンス」の特徴

静音キャスターにより、なめらかで雑音を抑えた静かな移動が可能です。フロントポケットには、小物を収納するメッシュポケットやPC収納ポケットが付属しています。60字

こんな人におすすめ
ノートPC収納ポケットの収納に便利なフロントポケットは、出張のサポートにおすすめです。

グリフィンランド 2WAYキャリーバッグ TR915

サイズ(W×H×D)37×53×25cm
外寸三辺合計(㎝)115
重量2.3kg
容量40L
材質ポリエステル
タイプソフトタイプ
カラーカーキ・ティール・ネイビー・ブラック・ベリーペリ・モスグリーン・レッド
宿泊目安1~3泊
評価・レビュー
軽さ(重い1~軽い5)
(5.0)
機能性(単機能1~多機能5)
(5.0)
小物類の出し入れ(困難1~かんたん5)
(5.0)
ポイント
  • 用途に合わせて使い分けができるキャリーバッグとリュックの2WAY仕様
  • 6個のポケットを装備しているので小物類を整理して収納できる
  • 小旅行や短期間の出張ですぐれた機動力を発揮する

「グリフィンランド 2WAYキャリーバッグ TR915」の特徴

旅先までの移動はキャリーバッグとして、旅先の探索はリュックで、シーンに合わせて使い分けられるのが魅力です。軽量で機動性の良い2WAY仕様が、小旅行や出張でアクティブなムーヴメントを約束します。

こんな人におすすめ
小物収納にすぐれ、機動性が高い2WAY仕様のキャリーバッグは、一人旅や小旅行を楽しむ積極的な女性におすすめです。

グリフィンランド スーツケース AIR6327

サイズ(W×H×D)41×67×28cm
外寸三辺合計(㎝)136
重量2.5kg
容量60L
材質ポリエステル
タイプソフトタイプ
カラーブラック・カーキ・ティール・ネイビー・ベリーペリ・モスグリーン・レッド
宿泊目安3~5泊
評価・レビュー
軽さ(重い1~軽い5)
(5.0)
機能性(単機能1~多機能5)
(4.0)
小物類の出し入れ(困難1~かんたん5)
(4.0)
ポイント
  • ダブルキャスターですぐれた安定感を実現
  • ガイドブックや雑誌などの収納に便利な外ポケット
  • 容量に合わせてマチアップができる

「グリフィンランド スーツケース AIR6327」の特徴

マチアップ機能が、旅行帰りにおみやげ分の容量を広げます。ガイドブックを収納できる外ポケットも便利です。無駄がない作りの収納スペースが、女子旅に十分な容量を提供します。自在の4輪キャスターで、安定感と走行性を両立している点も魅力です。

こんな人におすすめ
無駄なく収納できるスーツケースは友達同士の国内旅行に、TSAロックシステムはハワイ・グアム・サイパンなどの一人旅や新婚旅行におすすめです。

TABITORA(タビトラ) 機内持ち込みスーツケース

サイズ(W×H×D)37×54×21cm
外寸三辺合計(㎝)112
重量2.6kg
容量30L
材質
タイプハードタイプ
カラーイエロー・グレー・シャンパン・ブラック
宿泊目安1~3泊
評価・レビュー
軽さ(重い1~軽い5)
(5.0)
機能性(単機能1~多機能5)
(4.5)
小物類の出し入れ(困難1~かんたん5)
(4.5)
ポイント
  • 100席以上の機内持ち込み可能なサイズ感でビジネスに便利
  • キャリーバーは3段階調節が可能
  • 静音キャスターは独立して360度方向転換する自在タイプ

「TABITORA(タビトラ) 機内持ち込みスーツケース」の特徴

機内持ち込みができるサイズは、新幹線や飛行機のせまい通路でもスムーズに移動できます。小柄な女性も持ち上げられるほど軽い重量感で、移動時の負担を抑えられるのがメリットです。

こんな人におすすめ
便利なフロントポケットと軽い重量感のキャリーケースは、1〜3泊くらいの旅行・出張・帰省時におすすめです。

トラベリスト スーツケース 機内持ち込み可

サイズ(W×H×D)36.5×54×24.5cm
外寸三辺合計(㎝)158
重量3.4kg
容量35L
材質ポリカーボネート
タイプハードタイプ
カラーピンクヘアラインエンボス・イエローカーボン・ブラックカーボン・ブラックヘアラインエンボス・ブルーカーボン・ホワイトカーボン
宿泊目安1~3泊
評価・レビュー
軽さ(重い1~軽い5)
(4.5)
機能性(単機能1~多機能5)
(4.0)
小物類の出し入れ(困難1~かんたん5)
(4.0)
ポイント
  • 本体を開けずに荷物を取り出せるトップオープン機能を搭載
  • 荷物が増えても拡張機能で容量をアップできる
  • 日本発祥のブランドで日本のものづくりが活かされている

「トラベリスト スーツケース 機内持ち込み可」の特徴

トップオープン機能は、駅や空港などのスペースが限られた場所でも、スーツケースを立てたまま小スペースで荷物を取り出せるので便利です。

こんな人におすすめ
機内持ち込みができるサイズ感・快適なトップオープン・TSAナンバーロックは、ハワイ・グアム・サイパンなどの海外出張や国内旅行におすすめです。

グリフィンランド キャリーケース FK1037-1

サイズ(W×H×D)49.5×73×30.5cm
外寸三辺合計(㎝)153
重量5.3kg
容量77.1L
材質
タイプハードタイプ
カラーホワイト・アズキ・エナメルブルー・オレンジ・カルメンコーラル・キャンパスグリーン・グレー・ターコイズ・ネイビー・フォレストグリーン・フクシャピンク・ブラウン・ブラック・ミカドイエロー・ヨークイエロー
宿泊目安5~10泊
評価・レビュー
軽さ(重い1~軽い5)
(3.5)
機能性(単機能1~多機能5)
(4.0)
小物類の出し入れ(困難1~かんたん5)
(4.0)
ポイント
  • デッドスペースがない収納スペースですぐれた収納性を実現
  • 拡張機能により容量の調節が可能
  • 豊富なカラーラインナップでメンズもレディースも選びやすい

「グリフィンランド キャリーケース FK1037-1」の特徴

無駄がないシンプルなデザインとインナーフラットにより、デッドスペースを抑えた空間を作り出しています。豊富なカラーラインナップにより、老若男女を問わずに選びやすい点も嬉しいポイントです。

こんな人におすすめ
インナーフラットなデザインは、収納力を重視して選びたい人におすすめです。

スーツケースの種類

淡いピンクのハードタイプのスーツケースと紺のソフトタイプのスーツケース

  • ハードタイプ
  • ソフトタイプ

ハードタイプ

ハードタイプのスーツケースやキャリーケースは、防水性と耐久性の高さが魅力です。海外旅行では空港職員が荷物を乱暴に扱うケースも多く報告されています。

ハードタイプなら、耐久性や耐衝撃性にすぐれているため、スーツケースやキャリーケース自体を守るとともに、中の荷物が破損するリスクを軽減できるのがメリットです。ただし、素材によって重量に大きな差があります。ハードタイプのスーツケースやキャリーケースは、海外への旅行や出張におすすめです。

ソフトタイプ

ソフトタイプのスーツケースやキャリーケースは、ナイロンのような軽量でやわらかい素材を使用しています。軽いので持ち運びには便利ですが、衝撃を受けると中の荷物を破損する可能性があるため、海外旅行には不向きです。

また、過去には、海外でソフトタイプのスーツケースやキャリーケースをカッターで切り裂き、荷物を奪う事件が報告されています。ソフトタイプのスーツケースやキャリーケースは、国内での使用におすすめです。

スーツケースとキャリーケースの違い

スーツケースとはスーツを収納するケースであり、キャリーケースとはスーツケースに移動用のキャスターを備えたものです。ですから、キャリーケースをスーツケースと呼ぶことはありますが、スーツケースをキャリーケースとは呼びません。

また、キャリーケースは和製英語なので、海外では通じない点も押さえておきましょう。キャリーケースはキャスターが付いているため、キャリーバーを持って手軽に移動できるのが魅力です。重たいスーツケースを手に持って歩くよりも、ずっとらくに移動できます。

スーツケースのおすすめメーカー・ブランド

さまざまな色や形をした5つのスーツケース
スーツケースのおすすめメーカー・ブランドは、以下の7つです。

  • リモワ(RIMOWA)
  • サムソナイト(SAMSONITE)
  • トゥミ(TUMI)
  • エース(ACE)
  • サンコー(SUNCO)
  • リラクシー(RELUXY)
  • グリフィンランド(GRIFFIN LAND)

リモワ(RIMOWA)

リモワは、ドイツのケルンで生まれたブランドで、業界で初めて航空機グレードのアルミニウム製スーツケースを製造したことで有名です。

リモワのスーツケースは、軽量なポリカーボネイト製モデルが人気で、ストライプのラインが並んだ特徴的なデザインが女性からも人気を集めています。

サムソナイト(SAMSONITE)

サムソナイトは、アメリカのコロラド発祥のブランドで、世界で初めてキャスター付きスーツケースを製造したことで知られています。サムソナイトは、実用的な機能の開発に長けており、レザー・ファブリック・ポリカーボネイトなど多様な素材を使用したスーツケースを製造しています。

また、サムソナイトのスーツケースはサイズのラインナップが豊富なので、旅先での滞在数に合わせてモデル選択がしやすいブランドです。

トゥミ(TUMI)

トゥミは、アメリカ発祥の鞄ブランドで、代表的な商品であるナイロン製のトラベルバッグで人気を集めました。トゥミは、スーツケースに限らず様々な鞄製品を開発していることから、ソフトタイプのスーツケース製造を得意としています。

トゥミのスーツケースは、使いやすく信頼性が高いことから愛用者も多く、世界中で使用されています。

エース(ACE)

1900年代半ばに創業された比較的新しい日本国内ブランドであるエースは、日本人の体形を考慮した鞄づくりで知られています。エースのスーツケースには、「TOKYO LABEL」「GENE LABEL」という2つのレーベルがあり、それぞれ旅行用とビジネス用に特化した開発が行われています。

また、エースは品質が高いことで日本のみならず、世界でも人気のブランドです。

サンコー(SUNCO)

サンコーは明治に創業された日本国内のブランドで、品質の高い鞄をコストを抑えて販売することに力を入れています。

サンコーは、日本のブランドながら、広告をあまり利用しないので、海外のスーツケースブランドに比べて知名度は低めですが、新しい技術の導入や開発を積極的に行っている企業でもあります。

リラクシー(RELUXY)

RELUXY(リラクシー)のスーツケースやキャリーケースは、ハードタイプでも軽い仕上がりで移動しやすいのが特徴です。カラーラインナップが豊富で、男性も女性も選択肢には困らないでしょう。

また、価格が安いためコスパもすぐれています。軽い作りで機動性が良いRELUXY(リラクシー)は、女性におすすめのブランドです。

グリフィンランド(GRIFFIN LAND)

グリフィンランド(GRIFFIN LAND)は、おしゃれなデザインと安い価格が人気のブランドです。口コミでもデザインが好評なので、ぜひチェックしてみてください。安い価格でラインナップも多く、クオリティの高いスーツケースを展開しているため、初めてのスーツケースでも選びやすいでしょう。

グリフィンランド(GRIFFIN LAND)のおしゃれなデザインは、旅先で個性が光ります。

スーツケースの選び方

スーツケースの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • ソフトタイプとハードタイプを選択しよう
  • サイズで選ぼう
  • 機内持ち込み可・不可で選ぼう

ソフトタイプとハードタイプを選択しましょう

スーツケースには大きく分けて2種類のタイプが存在します。ナイロンやポリエステルといった柔らかい素材を使用しているのが「ソフトタイプ」、ポリカーボネイトやABS樹脂といった硬い素材を使用しているのが「ハードタイプ」です。

「ソフトタイプ」のスーツケースは、出張や日帰りの旅行での使用に便利で、「ハードタイプ」のスーツケースは、耐衝撃性にすぐれたモデルが多いので、海外旅行や長期旅行におすすめです。

サイズで選ぼう

一口にスーツケースと言っても、モデルによって大きさは様々です。スーツケースを選ぶ際は、1泊につき10Lという容量を目安にすると選びやすいでしょう。

1~3泊の短い旅行であれば、20~40Lのスーツケース、1週間ほどの旅行なら90Lの大型スーツケースがおすすめです。

機内持ち込み可・不可で選ぼう

小型のスーツケースは、機内に持ち込むことが可能な場合があります。ANAやJALであれば、縦55×横40×幅25cm以内で3辺合計115cm以内、重量10kg以内のスーツケースが持ち込み可能です。しかし、航空会社や飛行機の大きさなどによって機内に持ち込めるスーツケースのサイズは異なります。

頻繁に飛行機の利用をされる方は、縦45×横35×幅20cm以内で3辺合計100cm以内、重量7kg以内のスーツケースを選択しておけば、多くの場合機内持ち込みが可能になります。

Amazon.co.jp おすすめ商品
[amazon_auto_links id=”61739″]



【機内持ち込み可能】スーツケースの人気おすすめランキング6選!

旅行の鞄
1泊2日〜旅行に持っていきたいボストンバッグのおすすめ人気11選!おしゃれ、機能的

ヘアアイロンをしている
海外対応おすすめヘアアイロンランキング14選|ストレート・カールなど

スーツケースの重要ポイントまとめ

スーツケースの重要なポイントは以下の3つです。

  • ハードタイプは海外旅行に、ソフトタイプは国内旅行に向いている
  • 選ぶ際は、宿泊日数に容量を合わせる。小物が多い女性はワンランク容量の大きいものを選ぶと良い
  • フロントポケットやトップオープンなどの機能性を忘れずにチェックする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です