料理をヘルシーに!スチームオーブンレンジおすすめランキング10選!過熱水蒸気スチームの違いも

オーブン

家事や仕事に忙しい方にとって、おいしく簡単に調理ができることは重要なポイントです。そんな時は今話題のスチームオーブンレンジがおすすめ!
そこで、スチームオーブンレンジの特徴や必要性を考察、メリットやデメリットを解説し、おすすめメーカーや製品を厳選してご紹介します。
レトロなオーブン お部屋が映える!おしゃれなトースター15選。レトロなデザイン、コンパクト、縦型など カラフルな鍋 一人暮らしにも!自動調理機器のおすすめ人気ランキング10選 白とブラウントースト 【2022】4枚焼きのトースターおすすめ人気13選。遠赤外線、スチームなど機能面も徹底解説

スチームオーブンレンジはいらない?必要?


スチームオーブンレンジがいらないか必要かについては「どのような調理方法を使うか」によって決まります。電子レンジの役割は「温める」こと。オーブンレンジとは文字通り電子レンジにオーブンの機能、つまり「表面を焼く機能」を加えたものという違いがあります。

さらにスチームオーブンレンジとは、オーブンレンジに「蒸す」機能を加えたもの。つまり調理方法が多彩になるほどスチームオーブンレンジの必要性が上がっていきます。具体的にどのような使い方ができるのか、メリットを交えてご紹介していきましょう。

スチームと過熱水蒸気の違い

スチームオーブンレンジには、スチームを利用したモデルと加熱水蒸気を利用したモデルが存在します。スチーム・加熱水蒸気ともに水蒸気ではありますが、温度が異なるので注意しましょう。
スチームが機能が使用できる製品は、蒸し料理を作れるのが特徴。食材の感想を予防しながら温めることも可能です。
一方で加熱水蒸気機能は、100℃以上に加熱された水蒸気で調理できるタイプ。食材の余分な油分や塩分を取り除いて栄養素をしっかりと維持できるのがメリットです。

スチームオーブンレンジのメリット


スチームオーブンレンジのメリットは、以下の3つです。

  • 多彩な料理に対応可能
  • 時短効果がある
  • ヘルシーになりやすい

多彩な料理に対応可能

通常の電子レンジは、高周波によって食材の内部から温める方式のため、手軽な反面食材がしなびてしまいがちです。対してオーブンは直接庫内を加熱するので、クッキーやグラタン、揚げ物などの表面をカリッと仕上げることができますが、食材内部に均一に火を入れるのはやや苦手です。

スチームは高温の水蒸気を使って加熱する方法のこと。例えば焼きそばなどの炒め物のように「中にしっかり火を入れつつ、しゃきしゃきした食感も出したい」という調理に向いています。

簡単にいうとスチームオーブンレンジとは「電子レンジ+オーブン+グリル」を一つにまとめたハイブリッド製品で、さらに互いの機能を組み合わせて使えるため、それぞれを個別で使うより多彩な調理法に対応することができます。

時短効果がある

自動調理機能が充実しているため、食材や調理法によって器具を変える手間、後片付けの手間、火加減を見るためキッチンに立ち続ける手間がカットできるため、手軽かつ時短効果があることもスチームオーブンレンジのメリット。

調理法によっては複雑な工程を「レンジに入れて出来上がりまでほっておく」まで短縮でき、忙しい方には見逃せないポイントです。

ヘルシーになりやすい

おいしく手軽なため人気メニューの揚げ物ですが、油を使うので脂質を過剰に摂取してしまいやすく、太りやすいのが悩みどころ。高機能のスチームレンジには油を一切使わず揚げ物を調理することができるものがあり、水蒸気の力でジューシーなおいしさを保ちながらもヘルシーな食生活が可能です。

スチームオーブンレンジのデメリット

スチームオーブンレンジのデメリットは、以下の2つです。

  • 使い方によってはコスパが悪い
  • できることが多すぎて操作が複雑

使い方によってはコスパが悪い

忙しい一人暮らしの方で、調理済みの食品を温めて食べるといったことがメインの食生活の場合は、スチームオーブンレンジの機能性を持て余してしまうでしょう。多機能=高額になりやすいので、用途があらかじめ限定的な方にとっては「いらない」製品といえるでしょう。

できることが多すぎて操作が複雑

電子レンジ機能を単一で使うだけなら操作も簡単ですが、複数の調理工程を組み合わせる場合は多機能ゆえ操作が猥雑になりがちです。特に料理をあまりしない方にとっては「単に操作がややこしい電子レンジ」というデメリットになりえます。

スチームオーブンレンジのおすすめメーカー一覧


スチームオーブンレンジのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • パナソニック
  • シャープ
  • 東芝
  • 日立

パナソニック

早くて手軽なスチームオーブンレンジ「ビストロ」シリーズが口コミでも高い評価を得るパナソニック。
大火力平面ヒーターを採用し、食材の火入れ時間の短縮。また、マイクロ波をらせん状に放射するサイクロンウェーブ加熱機能を搭載し、冷凍食材の熱加減を繊細にコントロールし何度も解凍操作する手間を省くなど、時短効果を前面に押し出した機能デザインが特徴です。

シャープ

スチームオーブンという名称ではなく、独自に「ウォーターオーブン」としているヘルシオシリーズが話題のシャープ。一般的なスチームレンジとの違いは、複数の加熱方式を使わず、水の力だけで加熱していること。
これによってより効率よく熱を伝え、余計な油分・塩分を食材から取り除くことにより、ヘルシーな料理に仕上がる効果が期待できます。

東芝

東芝の電子レンジの中でも「石窯シリーズ」は30Lの大きな庫内を備え、さらにハイグレードモデルのオーブン機能は、最高クラスの火力350℃で素早く美味しく調理ができるのが持ち味です。
スチームを利用したメニューでは油をカットしてヘルシーに仕上げたり、蒸し料理ができます。

日立

ヘルシーシェフシリーズが人気の高い日立。大きな特徴はユーザーフレンドリーな点、つまり使いやすさです。庫内に3点の重量センサーを搭載し、重さの違う食材や冷凍・冷蔵食品を同時に温め可能。テーブルプレートが丸洗い可能とお手入れもしやすく、細かい機能的配慮がおすすめのポイントです。

スチームオーブンレンジの選び方

スチームオーブンレンジの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • メーカーで選ぶ
  • 価格で選ぶ
  • 操作パネルをチェックしておこう

メーカーで選ぶ

スチームオーブンレンジは、製造しているメーカーごとに特徴があります。シャープのヘルシオシリーズは、100℃以上に加熱した水蒸気のみで調理できるのが特徴。パナソニックのビストロシリーズは、ボウルに食材を入れるだけで簡単に料理が作れます。

各メーカーが得意としている機能をチェックし、使用用途にあったモデルを選択するのがおすすめです。

価格で選ぶ

スチームオーブンレンジには、3万円台で購入できるリーズナブルなモデルから、10万円を超えるハイスペックなモデルまで存在します。

機能と価格のバランスに優れたモデルを求めるのであれば、6~8万円台の製品がおすすめ。最上位の製品に近い性能や多彩な機能を有しているにもかかわらず、購入時のコストを抑えることが可能です。

操作パネルをチェックしておこう

スチームオーブンレンジは、液晶パネル・ボタン式・ダイヤル式など、製品ごとに搭載されている操作パネルの形状が異なります。

シンプルで使いやすいモデルを求めるのであれば、ダイヤル式の製品が便利。各機能の操作をダイヤル1つで簡単に行えるのがメリットです。時間の設定やオートメニューの選択なども、ダイヤルを回すだけで簡単にコントロールできます。

スチームオーブンレンジのおすすめランキング10選

おすすめのスチームオーブンレンジを紹介します。

【10位】シャープ(SHARP) ウォーターオーブン ヘルシオ AX-AJ1

最初に紹介するおすすめのスチームオーブンレンジは、「シャープ(SHARP) AX-AJ1」です。

サイズ幅470×奥行390×高さ340mm
容量22L
質量18kg
タイプ加熱水蒸気(ヘルシオエンジン)
レンジ出力1000・600・500・200W
オーブン最高温度100~250℃
発酵機能スチーム発酵 / 発酵温度:35・40・45℃
評価・レビュー
機能性
(3.5)
デザイン
(4.0)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 比較的リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れたスチームオーブンレンジです。
  • 庫内の温度をしっかりとチェックするので連続した調理にも対応できます。
  • 分量の設定を行わずメニューを選ぶだけで簡単に調理できる時短メニュー機能も備えています。

「シャープ(SHARP) AX-AJ1」の特徴

一般的なオーブンレンジと比較して約8倍の熱量で加熱できるので、家庭用のオーブンながら食材にしっかりと熱を伝えることができます。

こんな人におすすめ
スタイリッシュなデザインを採用しているので、外観にもこだわりたい場合におすすめです。

【9位】日立(HITACHI) ヘルシーシェフ MRO-S7Z

次に紹介するおすすめのスチームオーブンレンジは、「日立(HITACHI) MRO-S7Z」です。

サイズ幅483×奥行388×高さ340mm
容量22L
質量13.5kg
タイプ給水タンク式
レンジ出力最高1000W
オーブン最高温度250℃
発酵機能非掲載
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン
(3.5)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • 食品の重さに応じて自動で調理できます。
  • テーブルプレートは取り外して丸洗いできます。
  • 油を使用せずに加熱水蒸気を使って炒め物ができます。

「日立(HITACHI) MRO-S7Z」の特徴

給水タンクやつゆ受け、テーブルプレートが取り外せるだけでなく、庫内にはシリコン系の塗装が施されており、簡単に手入れができます。

こんな人におすすめ
庫内の油汚れを焼き切る設計が採用されているので、調理で出るニオイを抑えたい場合にもおすすめです。

【8位】パナソニック(Panasonic) スチームオーブンレンジ ビストロ NE-BS658

次に紹介するおすすめのスチームオーブンレンジは、「パナソニック(Panasonic) NE-BS658」です。

サイズ幅500×奥行400×高さ347mm
容量26L
質量15.5kg
タイプスチームオーブンレンジ
レンジ出力最高1000W
オーブン最高温度80~250℃
発酵機能スチーム発酵 / 発酵温度:35・40℃
評価・レビュー
機能性
(3.5)
デザイン
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 「中華10分」や「こんがり10分」など短時間で調理できるメニューを備えています。
  • 和食の定番メニューは50種類に対応しています。
  • ロック機能を搭載しているので小さいお子さんがいる場合でも安心です。

「パナソニック(Panasonic) NE-BS658」の特徴

奥行きが比較的スリムにデザインされているだけでなく、本体右側にカラータッチ液晶も配置されており、使い勝手に優れているスチームオーブンレンジです。

こんな人におすすめ
ソフトダンパーが採用されているので、ドアを閉める際の音が気になる場合にもおすすめです。

【7位】シャープ(SHARP) 加熱水蒸気オーブンレンジ RE-WF232

次に紹介するおすすめのスチームオーブンレンジは、「シャープ(SHARP) RE-WF232」です。

サイズ幅468×奥行384×高さ338mm
容量23L
質量16kg
タイプ非掲載
レンジ出力900・600・500・200W
オーブン最高温度110~250℃
発酵機能非掲載
評価・レビュー
機能性
(3.5)
デザイン
(4.0)
コスパ
(4.5)
ポイント
  • 加熱水蒸気とヒーター加熱によってノンフライで揚げ物が調理できます。
  • ワット数や時間の設定をせずに冷凍食品をあたためられます。
  • 間口が広くとられており食材をラクに出し入れできます。

「シャープ(SHARP) RE-WF232」の特徴

本体下部に画面が光る大型ホワイトバックライト液晶や各種ボタンを備えており、調理を行う際にコントロール部がしっかりと視認できます。

こんな人におすすめ
食品の状態を検知するらくチン!センサーを搭載しているので、連続して加熱を行う場合にもおすすめです。

【6位】日立(HITACHI) ヘルシーシェフ MRO-W1A

次に紹介するおすすめのスチームオーブンレンジは、「日立(HITACHI) MRO-W1A」です。

サイズ幅497×奥行442×高さ375mm
容量30L
質量18kg
タイプ給水タンク式
レンジ出力最高1000W
オーブン最高温度300℃
発酵機能非掲載
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン
(4.5)
コスパ
(4.0)
ポイント
  • 大きな火力でスピーディに調理できるので野菜をしゃきしゃきに仕上げられます。
  • 火加減おまかせで美味しい肉料理が作れます。
  • 食材の重さと温度を検知するWスキャンセンサーを備えています。

「日立(HITACHI) MRO-W1A」の特徴

レンジ・オーブン・グリル・スチーム・加熱水蒸気など5種類の過熱方法に対応できるだけでなく、自動調理にも対応しており、簡単に料理が作れます。

こんな人におすすめ
クッパッドのレシピが配信される「ヘルシーシェフアプリ」に対応しているので、スマホでレシピを知りたい場合にもおすすめです。

【5位】東芝(TOSHIBA) 加熱水蒸気オーブンレンジ ER-XD3000

次に紹介するおすすめのスチームオーブンレンジは、「東芝(TOSHIBA) ER-XD3000」です。

サイズ幅498×奥行399×高さ396mm
容量30L
質量20kg
タイプ非掲載
レンジ出力最高1000W
オーブン最高温度非掲載
発酵機能非掲載
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 石窯おまかせ焼き機能を利用すればスタートボタンを押すだけで調理ができます。
  • 油を使用せずに簡単に揚げ物が作れます。
  • トースト・スチームトースト機能によってパンを美味しく焼き上がります。

「東芝(TOSHIBA) ER-XD3000」の特徴

熱風をオーブンレンジ庫内にしっかりと循環することで、パンやお菓子を包み込むようにしっかりとムラを抑えて焼き上げることができます。

こんな人におすすめ
奥行きが39.9cmとスリムにデザインされているので、すっきりと設置したい場合にもおすすめです。

【4位】シャープ(SHARP) ウォーターオーブン ヘルシオ AX-RA20

次に紹介するおすすめのスチームオーブンレンジは、「シャープ(SHARP) AX-RA20」です。

サイズ幅500×奥行435×高さ390mm
容量30L
質量24kg
タイプ加熱水蒸気(ヘルシオエンジン)、2段熱風コンベクション
レンジ出力1000・600・500・200W
オーブン最高温度100~250・300℃
発酵機能スチーム発酵 / 発酵温度:35・40・45℃
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 100℃以上の過熱水蒸気で食材にしっかりと熱を伝えます。
  • 蒸気の量と温度のコントロールによって幅広いメニューに対応できます。
  • 買ってきたパンや総菜も作りたてのように加熱できます。

「シャープ(SHARP) AX-RA20」の特徴

水の力を利用して焼くヘルシオは、食材の余分な脂や塩分などをしっかりと落とすだけでなく、栄養素や美味しさもしっかりと保持できます。

こんな人におすすめ
庫内クリーン機能を備えているので、手入れにかかる手間を軽減したい場合にもおすすめです。

【3位】パナソニック(Panasonic) スチームオーブンレンジ NE-BS8A

次に紹介するおすすめのスチームオーブンレンジは、「パナソニック(Panasonic) NE-BS8A」です。

サイズ幅494×奥行445×高さ370mm
容量30L
質量19.6kg
タイプ2段調理・コンベクションオーブン
レンジ出力最高1000W
オーブン最高温度70~300℃
発酵機能スチーム発酵 / 発酵温度:30~65(5℃刻み)
評価・レビュー
機能性
(4.0)
デザイン
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 70~300℃の温度帯で熱風でパンやお菓子を焼き上げることが可能です。
  • オートクリーン加工が施されており調理中に油汚れを分解します。
  • スピードスチーム機構によって高温のスチームを集中的に噴射できます。

「パナソニック(Panasonic) NE-BS8A」の特徴

熱風をオーブンレンジ庫内にしっかりと循環することで、パンやお菓子を包み込むようにしっかりとムラを抑えて焼き上げることができます。

こんな人におすすめ
ふっくらとした美味しいパンが焼けるので、パン作りが趣味の方にもおすすめです。

【2位】パナソニック(Panasonic) スチームオーブンレンジ ビストロ NE-BS908

次に紹介するおすすめのスチームオーブンレンジは、「パナソニック(Panasonic) NE-BS908」です。

サイズ幅494×奥行435×高さ370mm
容量30L
質量19.6kg
タイプ2段調理・コンベクションオーブン
レンジ出力最高1000W
オーブン最高温度70~300℃
発酵機能スチーム発酵 / 発酵温度:30~65(5℃刻み)
評価・レビュー
機能性
(4.5)
デザイン
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 下ごしらえした食材をボウルに入れて簡単に調理できます。
  • 高精細・64眼スピードセンサーを搭載しておりふきこぼれのトラブルを予防できます。
  • ゆで卵や温泉卵も自動で作れます。

「パナソニック(Panasonic) NE-BS8A」の特徴

スチームを利用して幅広い蒸し焼きメニューに対応できるだけでなく、冷凍うどんも解凍の手間なくふっくらと仕上げることが可能です。

こんな人におすすめ
ヘルシー調理機能が利用できるので、健康に気をつかいたい場合にもおすすめです。

【1位】シャープ(SHARP) ウォーターオーブン ヘルシオ AX-XA20

次に紹介するおすすめのスチームオーブンレンジは、「シャープ(SHARP) AX-XA20」です。

サイズ幅490×奥行430×高さ420mm
容量30L
質量25kg
タイプ加熱水蒸気(ヘルシオエンジン)、2段調理コンベクション
レンジ出力1000・600・500・200W
オーブン最高温度100~250・300℃
発酵機能スチーム発酵 / 発酵温度:30・35・40・45℃
評価・レビュー
機能性
(4.5)
デザイン
(4.0)
コスパ
(3.5)
ポイント
  • 水で焼くウォーターヒート技術が採用されています。
  • 気密性の高い高密度ドアシールド構造によって加熱水蒸気をしっかりと庫内に閉じ込めます。
  • 3基のヒーターを制御するトリプルウォーターヒートシステムも備えています。

「シャープ(SHARP) AX-XA20」の特徴

「あぶり豊潤焼き」「あぶり焼き」「低温調理」などの調理法に対応しており、食材の旨味を活かした美味しい料理が簡単に作れます。

こんな人におすすめ
食材の細胞破壊を抑えられるので、食材がもつ旨味や甘味を活かした料理を楽しみたい場合にもおすすめです。
Amazon.co.jp おすすめ商品

スチームオーブンレンジの重要ポイントまとめ

この記事で重要なポイントは以下の5つです。

  • お料理の幅を広げたい方はスチームオーブンレンジがおすすめ
  • 簡単調理で時短に効果的
  • スチームオーブンレンジのメリットは蒸気の力でおいしく仕上がること
  • デメリットは価格が高くなりやすいこと
  • メーカーごとにきちんと特徴がある
レトロなオーブン お部屋が映える!おしゃれなトースター15選。レトロなデザイン、コンパクト、縦型など カラフルな鍋 一人暮らしにも!自動調理機器のおすすめ人気ランキング10選 白とブラウントースト 【2022】4枚焼きのトースターおすすめ人気13選。遠赤外線、スチームなど機能面も徹底解説
Amazon プライム対象