とにかく読んでほしいミステリー小説おすすめランキング21選【2023最新】

ミステリー小説おすすめランキング

どんでん返しがあるミステリー系の映画や漫画はとにかく面白いんだけど、ミステリー小説のおすすめランキングも知りたいなぁ。

そう思っている小説初心者の方でも楽しめる作品も多くふくめた上で、ここではカテゴリーごとにランキング形式で人気作を紹介します。

最高のトリックが光るものや日本の推理小説史上に残る名作、また海外の人気作や2023年に文庫になった最新作。

さらに中学生・高校生におすすめしたいラノベ系ミステリーやハリウッド映画化された北欧サスペンスや東野圭吾の代表的な一作まで解説します。

文学賞受賞経験もある私のライターならではの視点も交えつつお送りしますので、どうぞご購入の際のご参考にお役立てください。

宙目(ユマ)ケン
この記事を書いたライター:ツバキ

2009年に宙目(ユマ)ケンというペンネームで幻冬舎主催の『パピルス新人賞』を受賞し、翌年『カミナリラヴァー』(幻冬舎)で小説家デビューしました。
以降はキンドル出版のKDPやカクヨム・noteなどの投稿サイトで小説を発表しながら、コツコツとマイペースで書き続けております!(^^)!。


推理小説おすすめ
推理小説のおすすめベスト15選。初心者向けから本格派まで紹介

ミステリー小説の選び方

ミステリー小説の選び方
ミステリー小説の選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • とにかく面白いのはどんでん返し
  • じっくり考えたい方は本格推理小説を
  • 初心者はまず読みやすいものを

とにかく面白いのはどんでん返し

ミステリー小説でとにかく面白いものをお探しの方には、どんでん返しが高く評価されている作品がおすすめです。

物語の後半までまったく疑っていなかった人が犯人になったり、それまでの大筋がすべてひっくり帰ったりする展開は多くの人をひきつけます。

しかもしっかり伏線が張られた見事な構成であれば、作者の思惑通りにダマされても爽快感が味わえるでしょう。

どんでん返しがある作品のほとんどはキャッチコピーやレビューの引用句などでそうと分かるものなので見つけやすいです。

じっくり考えたい方は本格推理小説を

ミステリー小説で、謎解きをじっくり考えたい方には本格的な推理小説がおすすめです。

推理自体をメインで楽しむミステリーは、探偵や便利屋といった人たちがメインキャラの中にいるケースがほとんど。

またランダムな現実的要素が入りにくい密室や孤島などを舞台にしたクローズドサークルものであるほど純粋な論理的思考が楽しめます。

物語の主人公とシンクして一緒に謎を解きたい方には推理ミステリーをおすすめします。

初心者はまず読みやすいものを

ミステリー小説の初心者は、何よりもまず文章が読みやすい作品がおすすめで、Amazonのサンプル読みでも確かめられます。

一人称文体はキャラが濃い場合には読む人に嫌悪感を与えるため、できるだけ客観人称でドライに書かれた作品が良いでしょう。

普段の話し言葉で語られていることや短文であること、会話文が多いことなども、読みやすさの大切な基準になります。

映画やアニメを観て原作ミステリー小説も読んでみようと思う初心者の方は特に、こういった点で読むかどうかを判断すると良いでしょう。

【とにかく面白い!】ミステリー小説のおすすめランキング3選

【3位】探偵はバーにいる ススキノ探偵シリーズ 第一巻

作者東 直己
発売日1992年
出版社早川書房
ページ数359ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(4.0)
完成度の高さ
(4.5)
読みやすさ
(5.0)
人間ドラマ
(4.5)
オリジナリティ
(4.5)
ポイント
  • 大泉洋さんの映画シリーズも大人気のミステリーでハードボイルドの作風の中に笑いもたっぷりあり
  • バーを根城にする便利屋が探偵をする設定がユニークで巻き込まれ型のストーリーも魅力的
  • 札幌の歓楽街「ススキノ」のリアルな実態が描かれていて闇社会の人間ドラマとしても楽しめる
気になるポイント
  • リアルな人間ドラマも重視しているため推理ミステリーファンには少し余計に感じる展開もあり
こんな人におすすめ
笑いがあって楽しく読み進められる筋で、社会の暗部に生きる人のドラマを描くミステリー小説をお探しの方におすすめします。

【2位】傲慢と善良

作者辻村深月
発売日2019年3月
出版社朝日新聞出版
ページ数449ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(4.5)
完成度の高さ
(4.5)
読みやすさ
(5.0)
人間ドラマ
(5.0)
オリジナリティ
(4.0)
ポイント
  • 主人公の西澤架が突然失踪したフィアンセ・真美を追う中で驚きの真相を知っていく筋が魅力的
  • ミステリーでありながら架と真美を始めとした登場人物のリアルな心理描写でも評価が高い
  • 「あらゆる悩みに答えてくれる物語」という作家・朝井リョウの言葉通り人生訓になる奥深いテーマもあり
気になるポイント
  • どろどろした人間ドラマや社会派の作品がどうも苦手だという方にはやや不向き
こんな人におすすめ
謎によってグイグイ引っ張る筋の中にも、恋愛や人生の真髄が描かれた文学性もあるミステリー小説をお探しの方におすすめします。

【1位】容疑者Xの献身

作者東野圭吾
発売日2005年8月30日
出版社文藝春秋
ページ数335ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(5.0)
完成度の高さ
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
人間ドラマ
(5.0)
オリジナリティ
(5.0)
ポイント
  • アメリカ探偵作家クラブによる高名な「エドガー賞」の候補作にもなった東野圭吾の代表作の1つ
  • 2人の学者が推理対決するアイデアや何重にも張り巡らされた完全犯罪を崩していく筋が画期的
  • 靖子に献身的な愛を捧げる石神の姿を中心に社会の暗部を映し出す人間ドラマも秀逸
気になるポイント
  • 厳密なリアリズムを重視するミステリーファンにとっては学者対決などの設定がやや現実離れしている
こんな人におすすめ
オリジナリティがあり人間ドラマもしっかりした上で、伏線回収のしっかりした完成度の高いミステリー小説をお探しの方におすすめします。

【大どんでん返し】ミステリー小説のおすすめランキング3選

【3位】世界でいちばん透きとおった物語

作者杉井 光
発売日2023年4月26日
出版社新潮社
ページ数240ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(4.5)
完成度の高さ
(4.0)
読みやすさ
(5.0)
人間ドラマ
(4.0)
オリジナリティ
(5.0)
ポイント
  • “電子書籍化絶対不可能”と銘打たれた2023年の最新作で紙の本にしかできないトリックが大好評
  • 恋愛路線から一転するストーリー展開も好評で文章の読みやすさや物語の分かりやすさでも人気
  • 作中で探す小説が「世界でいちばん透きとおった物語」と本小説の題と同じ点などの仕掛けも魅力的
気になるポイント
  • どんでん返しがあまりに印象的なので1回知ってしまうと後々はあまり楽しめない一発芸的な作品という見方もあり
こんな人におすすめ
袋とじ文庫ならではの大どんでん返しがあるもので、読みやすく物語もすっと入ってきやすいミステリー小説をお探しの方におすすめします。

【2位】オクトーバー・リスト

作者ジェフリー・ディーヴァー
発売日2013年9月26日
出版社文藝春秋
ページ数385ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(4.5)
完成度の高さ
(4.5)
読みやすさ
(4.0)
人間ドラマ
(4.0)
オリジナリティ
(5.0)
ポイント
  • “ドンデン返しの魔術師”の異名を持つ筆者による最終章(36章)から始まる斬新な「逆行ミステリー」
  • 娘を誘拐されたガブリエラについて時間を逆行していくことで真相が明らかになる筋がおもしろい
  • 最後の2章のどんでん返しは好評でオチを知ってから読むとなお面白く何度でも楽しむことができる
気になるポイント
  • 口コミでは登場人物が多すぎて複雑すぎる点や逆行構成なので全体像がつかみにくいといった点で不評あり
こんな人におすすめ
オリジナリティあふれる作風で、大どんでん返しとクライムサスペンスの緊迫感を味わえるミステリー小説をお探しの方におすすめします。

【1位】レモンと殺人鬼

作者くわがきあゆ
発売日2023年4月6日
出版社宝島社
ページ数260ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(5.0)
完成度の高さ
(4.5)
読みやすさ
(5.0)
人間ドラマ
(4.5)
オリジナリティ
(5.0)
ポイント
  • 「このミステリーがすごい!」大賞受賞作で大どんでん返しが大好評の2023年に文庫発売の最新作
  • 二転三転と次々にひっくり返るストーリーの牽引力と共に数多く張られた伏線が回収されるなど完成度も高い
  • 殺された妹にかけられた疑惑をぬぐおうとする姉の姿など家族を始めとした人間ドラマとしても好評
気になるポイント
  • 昭和的な人間ドラマがベースにあることなどから謎解きを楽しむミステリーよりサスペンスの方に近いという声もあり
こんな人におすすめ
大どんでん返しや意外な展開の連続で引っ張られる面白さがあり、権威ある賞を受賞した最新のミステリー小説をお探しの方におすすめします。

【最高のトリック】ミステリー小説のおすすめランキング3選

【3位】贖罪

作者湊かなえ
発売日2009年6月15日
出版社双葉社
ページ数239ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(5.0)
完成度の高さ
(4.5)
読みやすさ
(4.5)
人間ドラマ
(4.5)
オリジナリティ
(4.0)
ポイント
  • アメリカの権威ある「エドガー賞」の候補作で5人の人物が主人公になった5つのパートによる斬新な構成
  • 美少女殺害の犯人を見た4人の少女が“なぜ顔を覚えていなかったのか”という謎にグイグイ引っ張られる
  • 1つの事件と4つの事件を絡める構成力や田舎と都会・庶民と富裕層など格差社会のテーマ性もあり
気になるポイント
  • リアリズムにこだわるミステリーファンには次々と連鎖する殺人事件があまりに現実離れしていると感じるかも
こんな人におすすめ
世界的に評価された日本の作品で、独特の構成や謎に魅力があってグイグイ引き込まれるミステリー小説をお探しの方におすすめします。

【2位】火車

作者宮部みゆき
発売日1992年7月15日
出版社新潮社
ページ数590ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(5.0)
完成度の高さ
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
人間ドラマ
(5.0)
オリジナリティ
(4.5)
ポイント
  • 人気実力共に高い宮部みゆきの代表作とも言われる作品で“なりすまし”のトリックが高く評価
  • 休職中の刑事が知人の婚約者の謎を追うという大筋がユニークで2人の同一人物が物語を引っ張る
  • カードローンを始めとした金融ビジネスの闇を暴くなど著者らしい奥の深い社会性や人間ドラマもあり
気になるポイント
  • 社会の暗部をリアルに描く作風のためワクワク楽しみながら気軽に読めるミステリーではない
こんな人におすすめ
あっと驚くトリックが効いたプロットでありながら、社会悪や人間の心理を掘り下げたステリー小説の名作をお探しの方におすすめします。

【1位】十角館の殺人〈新装改訂版〉

【日本推理小説史上の名作】ミステリー小説のおすすめランキング3選

【3位】占星術殺人事件 改訂完全版

作者島田荘司
発売日初版:1981年12月14日
出版社講談社
ページ数544ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(5.0)
完成度の高さ
(5.0)
読みやすさ
(4.0)
人間ドラマ
(4.5)
オリジナリティ
(5.0)
ポイント
  • 日本の推理ステリーの代表的な作品で英国の権威あるガーディアン紙が選ぶ「世界の密室ミステリー」で2位を獲得
  • 密室ミステリーと占星術を組み合わせたプロットが斬新で占星術師の御手洗や犯人などの心理描写も秀逸
  • 6人の処女の体から6つのパーツを集めて造られた完ぺきな女性「アゾート」の行方が読者をグイグイ引っ張る
気になるポイント
  • 複雑なプロットのためミステリー初心者には読みにくく占星術は特殊な領域なのでリアルな共感も得られにくい
こんな人におすすめ
推理小説の王道である密室ミステリーの古典の名作の中でも非常にユニークなアプローチがあるミステリー小説をお探しの方におすすめします。

【2位】砂の器(上)

作者松本清張
発売日1961年
出版社新潮社
ページ数464ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(5.0)
完成度の高さ
(5.0)
読みやすさ
(4.0)
人間ドラマ
(5.0)
オリジナリティ
(4.5)
ポイント
  • 松本清張の代表作であり“社会派推理小説”と呼ばれる新たなジャンルを本作で開拓
  • 次々と起こる連続殺人や終盤に仕掛けられた驚きのトリックで読者をグイグイ引っ張る
  • 戦争・差別・貧困など今の時代にも通じる社会の暗部と人間の悲哀が描かれている
気になるポイント
  • 半世紀以上前に書かれた小説なので文章や会話文がやや読みにくくテーマにも共感しにくい面があり
こんな人におすすめ
話にグイグイ引き込まれる推理ものでも、時代の闇や深い人間ドラマも描かれた社会派ミステリー小説をお探しの方におすすめします。

【1位】金田一耕助ファイル1 八つ墓村

作者横溝正史
発売日1971年4月26日
出版社講談社
ページ数462ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(5.0)
完成度の高さ
(5.0)
読みやすさ
(4.0)
人間ドラマ
(4.5)
オリジナリティ
(5.0)
ポイント
  • 日本の推理小説の金字塔「金田一耕助」シリーズの代表作の1つで祟りなどホラー要素のある斬新なミステリー
  • 8人の落ち武者を村人が財宝目当てに惨殺したことから始まる3つの時代を描く壮大なストーリー
  • 主人公・金田一耕助はその人間的な魅力に加えて明快な推理力があって読者を引っ張る
気になるポイント
  • 初出しの雑誌連載は1950年であり文章使いや時代背景が古く共感しづらい点がある
こんな人におすすめ
ホラーテイストの入った本格推理もので、魅力的な私立探偵が話を引っ張る名作ミステリー小説をお探しの方におすすめします。

【海外の有名作品】ミステリー小説のおすすめランキング3選

【3位】ダ・ヴィンチ・コード Special Illustrated Edition

作者ダン・ブラウン
発売日アメリカ:2003年/日本:2004年5月
出版社KADOKAWA
ページ数621ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(5.0)
完成度の高さ
(5.0)
読みやすさ
(4.0)
人間ドラマ
(4.0)
オリジナリティ
(4.0)
ポイント
  • 映画も大ヒットした世界7千万部の大ベストセラーでダ・ヴィンチなどの芸術作品を利用した謎解きが面白い
  • 実在の芸術作品や歴史などが背景にあるためフィクションでも多くの読者がリアルに共感しやすい
  • パリ・ロンドンなどを舞台にした壮大なスケールに加え主人公とヒロインが警察に追われるサスペンスも魅力的
気になるポイント
  • 海外の歴史や宗教などの知識がある程度いるため世界の文化にあまり関心がない方にはやや読みづらい
こんな人におすすめ
世界中を飛び回るサスペンスフルな展開で、アートや推理の楽しさもたっぷり味わえるダークなミステリー小説をお探しの方におすすめします。

【2位】ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女(上・下合本版)

作者スティーグ・ラーソン
発売日スウェーデン:2005年/日本:2008年
出版社早川書房
ページ数785ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(5.0)
完成度の高さ
(5.0)
読みやすさ
(4.0)
人間ドラマ
(4.5)
オリジナリティ
(4.5)
ポイント
  • 6千万部の大ベストセラー「ミレニアムシリーズ」の第一弾でドラゴンタトゥーのある女とジャーナリストのコンビが面白い
  • 36年前に謎の失踪を遂げた女の捜索が大筋でヒロインと主人公は次々に危険な目にあうサスペンスが魅力的
  • 大企業や富裕層の腐敗や性的な虐待などを扱う社会派ミステリーでもあってリアルな共感を呼ぶ
気になるポイント
  • 残虐な描写があったり多すぎる登場人物や複雑な社会背景といった点などで読みにくさもある
こんな人におすすめ
北欧ミステリーの代表的な人気シリーズで、重厚な社会背景を元にサスペンスで読者をグイグイ引っ張る小説をお探しの方におすすめします。

【1位】ザリガニの鳴くところ

作者ディーリア・オーエンズ
発売日アメリカ:2018年/日本:2020年3月5日
出版社早川書房
ページ数520ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(5.0)
完成度の高さ
(4.5)
読みやすさ
(5.0)
人間ドラマ
(5.0)
オリジナリティ
(4.5)
ポイント
  • 世界1500万部のベストセラーで2022年にハリウッド映画にもなり自然に生きるヒロインが魅力的
  • 差別・環境問題などの社会派テーマや動物学博士の著者による巧みな自然描写があり文芸作品としても評価が高い
  • 湿地に暮らす純真なヒロインが残忍な不審死事件の疑惑を向けられるミステリー展開が面白い
気になるポイント
  • 作中の所々に詩が挿入されるなどミステリーやサスペンスよりも文芸作品の色合いが濃いのがやや気になる
こんな人におすすめ
ヒロインに魅力がある作品で、謎解きと等しく人の心理や自然描写が巧みに描かれたミステリー小説をお探しの方におすすめします。

【中学生・高校生に読んでほしい】ミステリー小説のおすすめランキング3選

【3位】ハルチカ 退出ゲーム

作者作:初野 晴/絵:烏羽 雨
発売日2008年
出版社KADOKAWA
ページ数208ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(4.5)
完成度の高さ
(4.5)
読みやすさ
(4.5)
人間ドラマ
(4.0)
オリジナリティ
(4.0)
ポイント
  • 2016年に橋本環奈主演で映画化された人気シリーズの第一弾で挿絵もあってラノベのように読みやすい
  • 誰も死なないソフトな学園ミステリーなので読者を選ばずハルタとチカと先生の三角関係ラブストーリーも好評
  • 高校の廃部寸前の部活で吹奏楽の甲子園を目指す青春スポ根ドラマとしても笑いたっぷりで楽しめる
気になるポイント
  • 小学生読者も対象のため漢字にすべてふりがなが入っているのは中高生には読みにくく感じるかも
こんな人におすすめ
小学生でも読める挿絵つきのラノベ的作品で、映画化もされた笑えて気軽に読めるミステリー小説をお探しの方におすすめです。

【2位】さよならドビュッシー

作者中山七里
発売日2010年1月8日
出版社宝島社
ページ数353ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(4.5)
完成度の高さ
(4.5)
読みやすさ
(5.0)
人間ドラマ
(4.5)
オリジナリティ
(4.5)
ポイント
  • 「このミステリーがすごい!」大賞受賞作で映画・ドラマ・漫画とメディアミックスもされるほど人気を集めた秀作ミステリー
  • 高校生の遥とルシアが火事にあうことから始まるミステリーにはグイグイ引き込まれ最後の大どんでん返しも面白い
  • 大けがを負った状態から一流のピアニストを目指す青春ドラマの面白さもあり素人にも魅力が伝わるピアノの描写も好評
気になるポイント
  • 面白いストーリーよりも厳密なリアリズムを求める方にはミステリーの点で納得できない要素が少なからずあり
こんな人におすすめ
メディアミックスされた大人気シリーズの1作目で、高校生の純真な青春ドラマを軸にした読みやすいミステリー小説をお探しの方におすすめです。

【1位】自由研究には向かない殺人

作者ホリー・ジャクソン
発売日イギリス:2019年/日本:2021年8月27日
出版社東京創元社
ページ数564ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(4.5)
完成度の高さ
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
人間ドラマ
(5.0)
オリジナリティ
(5.0)
ポイント
  • 女子高生が自由研究に“殺害疑惑をかけられ自殺した知人の無実を証明する”を題材に選ぶ切り口が斬新
  • イギリスの女子高生ピップの大胆不敵かつ純真なキャラも好評で笑いながら楽しく読める
  • 現代の女子高生探偵らしくSNSを駆使した調査方法やミステリーの暗さがないさわやかな作風が好評
気になるポイント
  • 児童文学ミステリーにも分類される小説のため大人の読者にはストーリーがやや幼稚に感じるかも
こんな人におすすめ
悲惨な事件がない楽しく読める作風で、キャラ立ちした女子高生探偵が大活躍するミステリー小説をお探しの方におすすめです。

【初心者でも読みやすい】ミステリー小説のおすすめランキング3選

【3位】葉桜の季節に君を想うということ

作者歌野 晶午
発売日2003年3月30日
出版社文藝春秋
ページ数455ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(4.0)
完成度の高さ
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
人間ドラマ
(4.5)
オリジナリティ
(5.0)
ポイント
  • 「このミステリーがすごい!」など4冠達成で高く評価された作品で疾走感のある一人称語りでも引き込まれる
  • 前半にミスリードを効果的に置いた構成力があり小説ならではの文章トリックが効いた大どんでん返しが好評
  • どんでん返しが大きいため小説を読み返す楽しさもあり一作の小説で二度・三度と読み返せるコスパの高さあり
気になるポイント
  • あからさまな性描写などかなりオープンな語り口なのでやや読者を選んでしまう作風なのが残念
こんな人におすすめ
初心者の読者も引き込む語り口があり、巧みなミスリードで最後に大どんでん返しがあるミステリー小説をお探しの方におすすめです。

【2位】屍人荘の殺人

作者今村雅弘
発売日2017年10月31日
出版社東京創元社
ページ数346ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(4.5)
完成度の高さ
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
人間ドラマ
(4.5)
オリジナリティ
(5.0)
ポイント
  • 「このミステリーがすごい!」で1位に輝きメディアミックスもされた人気実力共に高い作品で読みやすさも抜群
  • 屍人(ゾンビ)に囲まれた緊迫感あふれる密室の中で推理を展開するなどクローズドサークルの新境地を開拓
  • バカな屍人がどうやって二重の密室に入ったのかなど謎も魅力的で羽村・明智・比留子の心情描写も秀逸
気になるポイント
  • ゾンビが次々と襲い掛かってくるパニック小説でもあるため恐いものが苦手な方にはやや不向き
こんな人におすすめ
スリリングなホラー要素が入った作風で、王道のクローズドサークルものでも新しい工夫があるミステリー小説をお探しの方におすすめです。

【1位】クスノキの番人

作者東野圭吾
発売日2023年4月7日
出版社実業之日本社
ページ数496ページ
評価・レビュー
謎の魅力
(5.0)
完成度の高さ
(5.0)
読みやすさ
(5.0)
人間ドラマ
(5.0)
オリジナリティ
(4.5)
ポイント
  • 人気作家の東野圭吾2023年の新作で願いが叶うクスノキというファンタジー要素をミステリーに融合した斬新な作風
  • クスノキに祈念する人々それぞれの人間ドラマが温かく家族愛をテーマにしたヒューマンドラマとしても好評
  • 不遇の生い立ちから犯罪者になった主人公が伯母の庇護を受けて成長してゆく姿は人生訓としても学べる
気になるポイント
  • ミステリーらしい派手な事件や展開がなく全体的には淡々としすぎている面もあり
こんな人におすすめ
人気作家の最新作で、ヒューマンドラマに力を注いだ穏やかで幸福に包まれるような作風のミステリー小説をお探しの方におすすめです。

ミステリー小説の重要ポイントまとめ

  • とにかく面白いミステリー小説には最高のトリックがある
  • 日本の推理小説史上に残る名作にはホラー作品もある
  • 中学生・高校生のような初心者はまず読みやすい作品がおすすめ

この記事を書いたライターからのコメント

最近は日本でも海外でも、小説全般においてミステリーとSF要素がほぼ欠かせないものになってきたなぁと思います。

それはドラマや映画でも同じことで、日常の何気ない淡々としたお話でもちょっとした謎が加われば物語の良いスパイスになるものです。

今回取り上げた本格ミステリーはその意味で刺激たっぷりのごちそうばかりであり、読後は多くの人が心地よい満腹感を味わえるでしょう。

※小説紹介、ミステリー小説の選び方、まとめの部分を執筆しました。

合わせて読みたい


東野圭吾おすすめ
【ジャンル別】東野圭吾作品おすすめ31選!泣ける・感動作からミステリーまで

伊坂幸太郎おすすめランキング
伊坂幸太郎作品おすすめ人気ランキング15選【初心者・中学生向けも!】

推理小説おすすめ
推理小説のおすすめベスト15選。初心者向けから本格派まで紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です