割引もあり!Amazonビジネスに登録するメリット&デメリット|副業、個人事業主も登録可能

ビジネス

今回はAmazonビジネスに登録するメリットとデメリットを解説します。世界最大手のECサイトとして知られるAmazonが提供する法人向けサービス「Amazonビジネス」。オフィスで使用するような事務用品や消耗品など幅広い商品を特別割引で購入できるサービスです。

法人はもちろん、個人事業主も利用可能。Amazonプライムとの違いや踏力量なども解説しているので、登録を迷っている方は是非参考にしてみてください。

マンガを読む 全巻一気読み!Kindle unlimitedのおすすめ漫画人気ランキング20選! たくさんの本 【2021年最新!】Kindle unlimitedで読みたい定番ベストセラー作品20選|SF、ミステリーなど タブレットで遊ぶ男の子 これを読めばわかる!Amazon Kids+を使うメリットとおすすめアプリ10選

Amazonビジネスとは

Amazonビジネスとは、ECサイトとしては世界最大手のAmazonが提供する法人や個人事業主向けのサービスです。

カウネットやアスクルのようにビジネス向けの事務用品や消耗品を幅広く取り扱っているのが特徴。個人向けのAmazonよりもリーズナブルな価格で販売されているので、コストカットをしたい企業や個人事業主におすすめのサービスです。

AmazonプライムとAmazonビジネスの違い

Amazonには、「Amazonビジネス」のほかに個人向けのアカウントで利用できる「Amazonプライム」というサービスも存在します。月額500円または年額4900円で利用できるAmazonプライムは、Amazonビジネスでは利用できない無料の配送特典に加えて、Prime Video・Prime Music・Amazon Photo・Prime Readingなどが利用できます。

ただし、Amazonビジネスには有料サービス「Amazon Businessプライム」も存在。Prime VideoやPrime Music、Prime Readingは一部制限されておりAmazon Photoは利用できませんが、無料の配送特典は利用できます

副業や個人事業主でも登録できる?

Amazonビジネスに登録するには、法人または個人事業主(個人事業主は審査有り)という要件を満たす必要があります。企業に勤めている傍ら、個人事業主として副業を行っている方であれば登録が可能。副業の収入が少なく、個人事業主の開業届を出していない場合にはAmazonビジネスは利用できないので注意しましょう。

副業の収入は20万円を超えると確定申告が必要。確定申告で青色申告を選択したい場合には個人事業主としての開業届を税務署に提出しましょう。

登録料やサービス料は無料?

Amazonビジネスのアカウント登録は基本的に無料で行えます。基本使用料などのサービス料もかからないので、法人や個人事業主の方であればお得に利用できます。

Amazonビジネスに登録する方法は、個人アカウントからの移行と新規アカウント作成の2種類が存在。個人事業主の場合は、登録時に「確定申告書B」「開業届出書」「青色申告承認申告書または所得税青色申告決算書」のうちどれかをを提出する必要があります。書類を提出すれば、審査後に登録完了のメールが送られてきます。

Amazonビジネスのメリット

パソコンを見ながら笑顔で学習している学生たち
Amazonビジネスのメリットは、以下の3つです。

  • さまざまな割引特典が利用できる
  • 経費の管理が簡単に行える
  • 複数人で1つのアカウントが利用できる

さまざまな割引特典が利用できる

Amazonビジネスに登録すれば、法人価格設定による割引のほか、購入数に応じて得られる数量割引、過去の購入数に応じて得られる累積購入割引、タイムセールおよびクーポンセールなどの割引きを利用できます。

業務上で必要になる事務用品や消耗品は、繰り返し購入する商品。割引されたリーズナブルな価格で購入できるのでコストカットが期待できます

経費の管理が簡単に行える

Amazonビジネスのアカウントを利用して商品を購入した場合、履歴を簡単にダウンロードすることが可能です。個人向けのアカウントでは支払情報から購入した商品を推測する必要がありますが、Amazonビジネスでは過去の購入履歴をまとめてダウンロードできます。

また、個人アカウントと併用すれば、個人で買った商品と業務用に購入した商品を明確にし分けできて便利です。

複数人で1つのアカウントが利用できる

Amazonビジネスに登録したアカウントは、複数人で利用できる点もメリットです。アカウント登録後に管理者やユーザーなどを追加し、購入履歴や支払いの情報を共有できるほか購入権限の振り分けが可能です。

チームや部門ごとに分けて利用することもできるので、部門ごとにアカウントを作成する手間が省ける点も魅力です。

Amazonビジネスのデメリット

Amazonビジネスのデメリットは、以下の2つです。

  • 無料の配送特典を得るには有料サービスの利用が必要
  • Prime VideoやPrime Musicなどが利用できない

無料の配送特典を得るには有料サービスの利用が必要

個人アカウントのAmazonプライムで利用できるお急ぎ便や日時指定便は、Amazonビジネスでは利用できません。また、2000円未満の注文をした場合には、配送料もかかってしまいます。

お急ぎ便・当日お急ぎ便・日時指定便に加えて、通常配送の無料サービスを利用したい場合は、Amazon Businessプライムに加入するのがおすすめ。プライム会員限定価格の商品が購入できるほか、プライム会員限定のタイムセールも利用できます。

Prime VideoやPrime Musicなどが利用できない

個人アカウントでAmazonプライムサービスに加入した場合には、映画やドラマなどが楽しめるPrime Videoや音楽が鑑賞できるPrime Musicなどが利用できます。

Amazonビジネスは、法人や個人事業主が利用するビジネス向けのサービスなので、エンタメ系のサービスは利用ができません。仕事用のアカウントとしては問題ありませんが、個人事業主が個人アカウントから移行する場合には注意しましょう。

請求書払いには対応している?

Amazonビジネスに登録して商品を購入した場合、個人向けアカウントの支払方法に加えて、法人向けクレジットカードでの支払いや請求書後払いが可能になります

「請求書後払い」を選択した場合には、1ヶ月の間に購入した商品の明細が月末に計算され、翌月の1日にPDFファイルで送られてきます。支払いはまとめて指定口座に銀行振込する仕様。購入するたびに支払いを行う手間が省けるだけでなく、月末以外の資金繰りが厳しい場合にも便利です。

Amazonビジネスの重要ポイントまとめ

Amazonビジネスの重要なポイントは以下の3つです。

  • 業務等の事務用品や消耗品をAmazonで購入する場合に便利
  • 個人事業主は登録時に書類の提出が必要
  • Prime VideoやPrime Musicを利用したい場合は個人アカウントとの併用がおすすめ
マンガを読む 全巻一気読み!Kindle unlimitedのおすすめ漫画人気ランキング20選! たくさんの本 【2021年最新!】Kindle unlimitedで読みたい定番ベストセラー作品20選|SF、ミステリーなど タブレットで遊ぶ男の子 これを読めばわかる!Amazon Kids+を使うメリットとおすすめアプリ10選