【2022年】可変式ダンベルのおすすめ最強ランキング10選|重さ調整可能

可変式ダンベルおすすめ

ダンベルはバーベルよりも可動域が広く、筋肉の発達にもダイエットにも効果があり、自宅筋トレにおすすめです。スポーツクラブでは固定式ダンベルが主流である一方、自宅では重量を調整しやすい可変式ダンベルが費用の安さや収納の便利さでもおすすめです。可変式ダンベルには、シャフトにプレートを通してカラーで固定する一般的なタイプを始めとして、重量をセットするのが簡単なダイヤルを回す仕組みのタイプなどがあります。この記事では、可変式ダンベルのメリットやデメリット、選び方を紹介すると共に、おすすめの可変式ダンベル10選をランキング形式で紹介します。
筋トレにおすすめの本 【本気で自分を変える!】筋トレにおすすめの本10選を男女別に紹介! ダンベルおすすめ 【初心者~上級者まで】ダンベルおすすめ人気10選!

可変式ダンベルのメリット

トレーニングする男女
可変式ダンベルのメリットは、以下の3つです。

  • 好きな重量に設定できる
  • 重量ごとに固定ダンベルを揃える必要がない
  • 収納スペースを最小限にできる

好きな重量に設定できる

可変式ダンベルの最大のメリットが好きな重量に設定できることです。
プレートを何もつけないシャフト1本の2.5kgぐらいの軽い重量から10kg、20kg、30kg、40kgといった重量にセットすることで、効果的なトレーニングを実現できるメリットがあります。
最初に10kg程度の軽い固定ダンベルから筋トレを始めて、必要に応じて重い固定ダンベルを増やしていく方法よりも、最初から10kgから40kgぐらいまでをセットしやすくなっている可変式ダンベルを揃えるのがおすすめです。
マッチョになるための本格的な筋トレはもちろん、ダイエット目的であっても、可変式ダンベルを選ぶようにするといいでしょう。

重量ごとに固定ダンベルを揃える必要がない

固定式ダンベルを必要な重量分すべてを揃えるとなったら10kgぐらいの重さから40kgぐらいまで、膨大な量のダンベルが必要になって、自宅筋トレとしては物理的にも経済的にも大変です。
可変式ダンベルであれば、ペアで揃えておくだけで、多数の固定式ダンベルがあるのと同等の効果が期待できるだけでなく、費用もはるかに安いメリットがあります。
プレートのセットの手間が気になるようであれば、フレックスベルやダイヤル式のようにワンタッチで重量交換ができるアジャスタブルタイプの可変式ダンベルを選ぶのがおすすめです。

収納スペースを最小限にできる

狭いスペースで収納しやすいのも可変式ダンベルのメリットです。
自宅で筋トレをする場合、本格的になるほど、トレーニング器具の収納場所が必要になります。
ダンベルだけでなく、ベンチやラットマシンなども揃えると、筋トレ器具だけでかなりのスペースが必要になるでしょう。
可変式ダンベルであれば、ダンベル収納のためのスペースを最小限に抑えられるメリットがあります。

可変式ダンベルのデメリット

可変式ダンベルのデメリットは、以下の3つです。

  • 重量交換が面倒
  • 太ももの上に乗せにくいタイプが多い
  • カラーが緩むと安全面で不安がある

重量交換が面倒

重量交換が面倒なのが可変式ダンベルのデメリットのひとつです。
フレックスベルのようなアジャスタブルタイプの可変式ダンベルであれば、一瞬で重量交換ができるものの、カラーでプレートを固定する一般的な可変式ダンベルはプレートをセットしたり、外したりする手間がかかって面倒です。
ドロップセットのように短時間で重量交換すべきトレーニング法を行ないたい場合はフレックスベルのように一瞬で重さを変えられるアジャスタブルタイプの可変式ダンベルにしておいた方がいいでしょう。

太ももの上に乗せにくいタイプが多い

シャフトにプレートを貫通させてカラーで固定する一般的なタイプを始めとして、可変式ダンベルの多くは太ももに乗せにくいデメリットがあります。
アジャスタブルタイプの可変式ダンベルの中には、フレックスベルのように太ももに乗せても痛くない製品があるものの、ダイヤル式の可変式ダンベルの多くは太ももに乗せると痛いデメリットがあります。
ダンベルベンチプレスなどのスタート前のセットアップのために、太ももに乗せたい場合はフレックスベルのようにダンベルの両端が平らになっているかを確認するのがおすすめです。

カラーが緩むと安全面で不安がある

カラー式の可変式ダンベルの場合、カラーが緩むとプレートが落ちる可能性があるのがデメリットです。
ボルトとナットのような形でプレートを固定するスクリュータイプであれば、多少カラーが緩んでも大丈夫なものの、ノーマルタイプのカラーが緩むとプレートが落ちる危険性があります。
ダンベルプレスなどの種目を行なっている動作中にカラーが外れてプレートが落ちると危険なので、トレーニング中は必ずカラーの締まり具合を確認すべきです。

固定式と可変式の違い

ダンベルで筋トレする人
ダンベルには大きく分けて、固定式と可変式があります。スポーツクラブや公共の体育館のウエイトルームなどに置いてあるのは固定式が主流です。一方、自宅での筋トレでは可変式のダンベルが使われていることが多いです。
固定式ダンベルは10kgなら10kgという具合に、特定の重量に固定されていて変更することができないタイプのダンベルです。
可変式のダンベルは、プレートをセットすることで、好きな重量にセットできるタイプのダンベルです。ダイエット目的で同じ重量で使うような場合には固定式でも十分なものの、本格的に筋トレで鍛えるのであれば、重量を重くできる可変式ダンベルがおすすめです。

可変式ダンベルのおすすめメーカー一覧

可変式ダンベルのおすすめメーカー3つと特徴や評価を解説します。

  • IVANKO
  • BODYMAKER
  • MOJEER

IVANKO

IVANKOは1967年にアメリカで創立された老舗のフィットネス製品メーカーです。バーベルやダンベルの品質には定評があり、スポーツクラブのフリーウェイトコーナーで圧倒的なシェアを誇ります。
スポーツクラブでのダンベルは固定式タイプのダンベルがほとんどなのに対して、自宅用に販売されている可変式ダンベルはカラーで固定する値段の安いモデルも人気です。
マッチョを目指す人はもちろん、ダイエットで筋トレをしている人にもおすすめのメーカーです。

BODYMAKER

BODYMAKERは1999年に設立された大阪府吹田市に本社を置くメーカーです。
主力商品のトレーニング器具やフィットネス関連器具以外にも格闘技用品の製造販売もしています。
2012年には大阪府立体育会館の命名権を3年契約で取得するなど、話題になった一方で、2020年にはブランドの原点である製品作りに力を入れるようになっています。

MOJEER

MOJEERは2000年以来、プロスポーツやアウトドア用品の製造販売に焦点を当てているメーカーです。
自主開発設計の可変式ダンベルはネット通販だけでなく、リアル店舗でも販売ランキングの高さで定評があります。
MOJEERの可変式ダンベルは使いやすさと高い性能だけでなく、比較的に安い値段も魅力です。安い値段でコストパフォーマンスにも優れた可変式ダンベルを入手したい人におすすめのメーカーです。

可変式ダンベルの選び方

可変式ダンベル
可変式ダンベルの選び方を以下の5つのポイントから解説します。

  • 重量で選ぶ
  • 重量のセット方法で選ぶ
  • シャフトやカラーのタイプで選ぶ
  • プレートのタイプで選ぶ
  • バーベルとしても使えるかで選ぶ

重量で選ぶ

可変式ダンベルでの必要な重さは人によって違います。筋トレ初心者やダイエット目的であれば、10kgの可変式ダンベルでも十分でしょう。
筋トレ経験者であれば、10kgでは物足りないので、20kgから40kgぐらいの重量を基準に選ぶのがおすすめです。
カラーでプレートを固定するタイプの可変式ダンベルであれば、10kgから始めて、後からプレートを買い足すことも可能です。

重量のセット方法で選ぶ

重量のセット方法で最も多いのがシャフトにプレートを通してカラーで固定するタイプです。
汎用性やバーベルシャフトとの互換性などに加えて、安い費用で効率よく筋トレ器具を揃えたい場合は、シャフトタイプの可変式ダンベルを選ぶといいでしょう。重量のセットアップ方法で近年、多くなっているのがアジャスタブルタイプの可変式ダンベルです。
アジャスタブルタイプにはさらに、フレックスベルのようなハンドル回転式や、差しピン式のブロックタイプ、ダイヤル式に分かれており、極めて短時間で重量調整ができるのが特徴です。

シャフトやカラーのタイプで選ぶ

プレートをカラーで固定する一般的な可変式ダンベルのシャフトやカラーには、ノーマルタイプとスクリュータイプがあります。ノーマルタイプはシャフトがスムーズな仕上がりになっており、プレートの交換が早くできる一方で、カラーが緩むとプレートが外れやすいデメリットがあります。
スクリュータイプのシャフトにはプレートを固定する部分にスクリュー溝が切ってあり、スクリューカラーにもナットのような溝が切ってあります。
ボルトとナットのようにして、プレートをしっかり固定できるメリットがある反面、プレートの交換に時間がかかるデメリットがあります。

プレートのタイプで選ぶ

プレートのタイプで選ぶのも可変式ダンベルを選ぶ際のポイントです。
ダンベルのプレートには、金属の表面に塗装やメッキがしてあるタイプのプレートとゴムやプラスチックがコーティングされているタイプがあります。
自宅の部屋で使うことを考えれば、ゴムやプラスチックでコーティングされているプレートが床を傷つけず、騒音が少ない点でもおすすめです。
ダンベルプレートはまた、円形タイプと6角形や8角形などの多角形タイプに分かれています。床に置いた際に転がるのが気になる場合は多角形タイプを選ぶといいでしょう。

バーベルとしても使えるかで選ぶ

2つの可変式ダンベルを付属の連結シャフトでつないで、バーベルとしても使えるタイプも販売されています。
バーベルとしても使えるかも、可変式ダンベルを選ぶ際のポイントです。バーベルとしても使えるのであれば、胸を鍛えるベンチプレスや背中を鍛えるベントオーバーローイングなどにも使えるので、筋トレ種目のバリエーションを増やせて効果的です。
バーベルとしても使う場合は、後から10kg以上のプレートを追加して購入すれば、かなりの高重量トレーニングにも対応できます。

可変式ダンベルのおすすめランキング10選

可変式ダンベルのおすすめランキング10選を紹介します。

【10位】ATIVAFIT 可変式ダンベル 多段階重さ調節可能

最初に紹介するおすすめの可変式ダンベルは、「ATIVAFIT 可変式ダンベル 多段階重さ調節可能」です。

ブランドATIVAFIT
最小重量2kg
最大重量20kg
重量調整方式アジャスタブル
重量調整段階数7段階
材質スチール、ABS樹脂
評価・レビュー
使いやすさ
(4.5)
初心者用
(4.5)
軽さ
(4.0)
ポイント
  • ダンベルパドルを押して、スライドさせるだけで、簡単に重量調整ができます。
  • 2kg~20kgの間で7段階の重量調整が可能なため、筋力に合わせた効率的な筋トレに役立ちます。
  • プレートの外部にABS樹脂がコーティングされており、床を傷つけることがありません。

「ATIVAFIT 可変式ダンベル 多段階重さ調節可能」の特徴

トレーニングの際に筋肉をスムーズに動かしやすいテクスチャー加工のグリップハンドルになっているため、安定したグリップ感があります。
手から滑りにくく、鍛えたい筋肉に刺激が伝わりやすい可変式ダンベルです。

12個のロッキングスロットが設けられており、筋トレの際に必要な重さにセットして調整できるだけでなく、可変式ダンベルのウエイトが簡単に落ちない仕組みになっています。

こんな人におすすめ
自宅で安全にトレーニングしたい人におすすめです。

【9位】Northdeer 可変式ダンベル 鏡面クロームメッキ仕上げ

次に紹介するおすすめの可変式ダンベルは、「Northdeer 可変式ダンベル 鏡面クロームメッキ仕上げ」です。

ブランドNorthdeer
最小重量モデル2.5kg
最大重量モデル25kg
重量固定方式ねじ込み式プレートを相互に固定
重量調整段階数4段階
プレート形状円形
プレートタイプクロームメッキ
材質純鋼製
評価・レビュー
持ちやすさ
(4.5)
耐久性
(4.5)
操縦性
(4.5)
初心者用
(4.5)
軽さ
(4.0)
ポイント
  • ダンベルのグリップ部分がソフトスポンジになっており、握り心地が快適です。
  • 付属のゴムリングをプレート部分にセットすることで、床を傷つけることがありません。
  • コンパクト設計なので、狭い収納場所でも大丈夫です。

「Northdeer 可変式ダンベル 鏡面クロームメッキ仕上げ」の特徴

プレートとボルトが組み合わさった仕組みにより、ねじ込み式に相互に固定されるプレートがトレーニング中に外れる心配がありません。
一般的なカラーでプレートを固定する可変式ダンベルよりも安全性に優れています。

高級乗用車に使われる5層の電気メッキと10年以上の経験がある研磨師の手による鏡面クロームメッキ仕上げはダンベルとは思えないほどに美しいです。

こんな人におすすめ
使いやすさだけでなく、ダンベルの見た目にもこだわりたい人におすすめです。

【8位】TOP FILM 27段階調節 簡単重量変更 ブロックダンベル 41kg 2個セット

次に紹介するおすすめの可変式ダンベルは、「TOP FILM 27段階調節 簡単重量変更 ブロックダンベル 41kg 2個セット」です。

ダンベルタイプブロックダンベル
重量41kg
重量調整方式差しピン式
重量調整段階数27段階
材質
評価・レビュー
安定性
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
持ちやすさ
(4.0)
軽さ
(4.0)
初心者用
(3.5)
ポイント
  • 2.3kg~41kgで重さを調整できるので、胸や背中などの大筋群から腕まで鍛えやすいです。
  • 突起部分がないブロックダンベルなので、太ももの上に置いても痛くありません。
  • 四角い形状のブロックダンベルなため、転がることなくコンパクトに収納できます。

「TOP FILM 27段階調節 簡単重量変更 ブロックダンベル 41kg 2個セット」の特徴

ストッパーを差し替えるだけで、簡単に重量調整ができる仕組みになっています。一瞬で重量調整ができ、トレーニング中にセットごとに段階的に重量を増やしたり、減らしたりするのも簡単です。
ストッパーが磁石で固定される仕組みは安全面でも優れています。

片方の重量が最大41kgもあり、ダンベルベンチプレスなどのプレス系の重さをバーベルで換算すれば、100kg以上の負荷をかけることができます。

こんな人におすすめ
背中を鍛えるワンハンドローでも、筋トレ上級者でも十分な重さです。本格的にトレーニングしたい人におすすめです。

【7位】Wolfyok 多段階重量調節可能 可変式ダンベル

次に紹介するおすすめの可変式ダンベルは、「Wolfyok 多段階重量調節可能 可変式ダンベル」です。

ブランドWolfyok
最小重量2.5kg
最大重量20kg
重量固定方式カラー式
重量調整段階数4段階
プレート形状12角形
プレートタイプTPUコーティング
材質純鋼製
バーベルとして使用可能
評価・レビュー
耐久性
(4.5)
初心者用
(4.5)
操縦性
(4.5)
持ちやすさ
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
軽さ
(4.0)
ポイント
  • 手で握るシャフト部分は耐荷重量300kgもあり、ハードに使用しても大丈夫です。
  • カラータイプでありながら、重量調整を10秒以内で行なえるので、効率的なトレーニングが可能です。
  • 12角形のプレートは転がらず、効率的なトレーニングや収納が可能です。

「Wolfyok 多段階重量調節可能 可変式ダンベル」の特徴

プレートの外部にはTPU素材がコーティングされているのが特徴です。TPU素材はラバーに比べて臭いがなく、長期間使用できる、耐久性にも優れた素材です。
床に傷がつくこともなく、プレス種目でダンベル同士がぶつかっても、金属音による騒音もありません。

付属している延長用シャフトで連結すれば、バーベルとしても使えます。可動域を重視したい筋トレ種目はダンベルとして使用して、高重量の筋トレ種目はバーベルとして使うのも効果的です。

こんな人におすすめ
全身を本格的な筋トレで鍛えたい人におすすめの可変式ダンベルです。

【6位】BOW 5段階 簡単重量調整 可変式ダンベル

次に紹介するおすすめの可変式ダンベルは、「BOW 5段階 簡単重量調整 可変式ダンベル」です。

ブランドBOW
重量20kg
重量調整方式アジャスタブル
重量調整段階数5段階
最大全長41.5cm
評価・レビュー
初心者用
(5.0)
軽さ
(3.5)
ポイント
  • 3kgから20kgの間で5段階の重さに調整でき、効率的なトレーニングが可能です。
  • 重量表記がキログラムになっているので、日本人には使いやすいです。
  • 最大全長が41.5cmのコンパクト設計なので、収納場所に困りません。

「BOW 5段階 簡単重量調整 可変ダンベル」の特徴

シャフト部分を回すだけで簡単に重さを調整できる仕組みになっています。
プレートを交換する手間がなく、わずか1秒で重さを簡単に調整できるので、セット間のインターバルを短縮できる可変式ダンベルです。

シャフト部分が人間工学に基づく長さや形状にセットされているので、トレーニング中の握り心地が快適です。

こんな人におすすめ
握り心地の違和感を気にせずにトレーニングしたい人におすすめの可変式ダンベルです。

【5位】BOWFLEX(ボウフレックス) SelectTech 1090i 可変式ダンベル

次に紹介するおすすめの可変式ダンベルは、「BOWFLEX(ボウフレックス) SelectTech 1090i 可変式ダンベル」です。

ブランドBOWFLEX(ボウフレックス)
販売形態ペア販売
最小重量4kg
最大重量41kg
重量調整方式ダイヤル調整方式
重量調整段階17段階
最大全長44.4cm
評価・レビュー
使いやすさ
(4.5)
初心者用
(4.5)
軽さ
(4.5)
ポイント
  • 17段階の重量調整により、効率的な筋トレが可能です。
  • 最大全長が44.4cmのコンパクト設計なので、狭い収納スペースでも大丈夫です。
  • ダンベルを乗せる台座が標準装備されているので、収納する際に便利です。

「BOWFLEX(ボウフレックス) SelectTech 1090i 可変式ダンベル」の特徴

ダイヤルを回すだけで、重さを簡単に調節できる仕組みになっている可変式ダンベルです。
ダイヤルを回せば1秒間で重量調節できるので、セット間のインターバルを大幅に短縮したり、インターバルを休息に集中できるようになります。

最小重量4kgから最大重量41kgまで調整可能なので、最高の筋トレ効果が期待できます。軽い重量で腕のような小さな筋肉をトレーニングし、41kgまでの重さで胸や背中などの大きな筋肉を鍛えられます。

こんな人におすすめ
ペア販売なので、ダンベルプレスのように両手でトレーニングしたい場合にもおすすめです。

【4位】Wout バーベルにもなるダンベル 2個セット

次に紹介するおすすめの可変式ダンベルは、「Wout バーベルにもなるダンベル 2個セット」です。

created by Rinker
Wout
¥6,299 (2022/01/26 09:09:35時点 Amazon調べ-詳細)
ブランドWout
最小重量モデル5kg
最大重量モデル20kg
重量調整方式スクリューカラー
プレート形状8角形
プレートタイププラスチックコーティング
バーベルとしての使用可能
評価・レビュー
初心者用
(4.0)
傷つきにくさ
(4.0)
持ちやすさ
(4.0)
操縦性
(4.0)
軽さ
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
ポイント
  • プラスチックコーティングのプレートにより、床が傷みません。
  • スクリュータイプのカラーでプレートをしっかり固定できます。
  • 8角形のプレート形状により、ダンベルが転がることがなく、効率的な筋トレができます。

「Wout バーベルにもなるダンベル 2個セット」の特徴

グリップ部分が金属ではなく、手に馴染みやすいプラスチックがコーティングされているのが特徴です。
筋トレ中にグローブをしなくても、手に優しく、快適にトレーニングが可能な可変式ダンベルです。

付属の連結シャフトを使えば、バーベルとしても使うことができます。連結シャフトは、EVA樹脂で覆われているので、ベンチプレスなどの種目での胸に当たる衝撃が緩和される仕組みになっています。

こんな人におすすめ
ダンベルとしても、バーベルとしても使いたい人におすすめの可変式ダンベルです。

【3位】HAIGE 可変式ダンベル 20キロ 2個セットHG-AJDB01

次に紹介するおすすめの可変式ダンベルは、「HAIGE 可変式ダンベル 20キロ 2個セットHG-AJDB01」です。

ブランドHAIGE
最小重量2.3kg
最大重量20kg
重量調整方式クイックチェンジャー方式
重量調整段階数16段階
プレートタイプ表面樹脂加工
材質鉄、プラスチックほか
評価・レビュー
初心者用
(4.0)
軽さ
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
ポイント
  • プレート表面の樹脂加工が汗などによる錆を防止して、ダンベルを長持ちさせます。
  • プレート下部が平らな形状になっており、床に置いても転がることがありません。
  • キロとポンドの併記になっているので、わかりやすい表記を使えます。

「HAIGE 可変式ダンベル 20キロ 2個セットHG-AJDB01」の特徴

付属の台座にはダンベルを持ち上げる際にグリップが回らないようにプレート脱落防止のための安全機能がついています。重量調整のスピードと安全性を両立した仕組みになっているのが特徴の可変式ダンベルです。

片手でハンドル部分を回すだけで重量調整ができるクイックチェンジャー方式が搭載されています。16段階の重さに簡単に調整できるので、体調や鍛える部位に合わせて筋トレしやすい可変式ダンベルです。

こんな人におすすめ
インターバル中の重量調整の手間を省いて筋トレに集中したい人におすすめです。

【2位】MOJEER バーベルにもなる可変式ダンベル 無臭素材

次に紹介するおすすめの可変式ダンベルは、「MOJEER バーベルにもなる可変式ダンベル 無臭素材」です。

MOJEER

ブランドMOJEER
最小重量モデル10kg
最大重量モデル40kg
重量固定方式スクリューカラー
プレート形状6角形
プレート外部素材ポリエチレン
バーベルとしての使用可能
評価・レビュー
使いやすさ
(4.5)
持ちやすさ
(4.0)
軽さ
(4.0)
ポイント
  • スクリューカラーがプレートをしっかり固定して安全です。
  • プレートが6角形になっていて、床で転がることがありません。
  • 6角形のプレートはプッシュアップバーとして使っても、安定感抜群です。

「MOJEER バーベルにもなる可変式ダンベル 無臭素材」の特徴

付属の連結ジョイントを使えば、バーベルとしても使用可能です。連結ジョイントの外側には滑り止め効果があるEVA樹脂が使用されており、筋トレ中の振動防止効果もあります。

こんな人におすすめ
プレートの外側には無臭のポリエチレンがコーティングされているので、可変式ダンベルによく使われているラバーコーティングの臭いが苦手な人におすすめです。

【1位】FLEXBELL(フレックスベル) 32kg 2kg刻み 16段階可変式ダンベル

次に紹介するおすすめの可変式ダンベルは、「FLEXBELL(フレックスベル) 32kg 2kg刻み 16段階可変式ダンベル」です。

ブランドFLEXBELL(フレックスベル)
最小重量2kg
最大重量32kg
重量調整方式アジャスタブル
重量調整段階数16段階
評価・レビュー
使いやすさ
(5.0)
初心者用
(4.5)
軽さ
(4.0)
持ちやすさ
(4.0)
耐久性
(4.0)
ポイント
  • 2kg刻みの細かい重量調整ができ、必要に応じたピンポイントな重さに調整可能です。
  • 16段階に重さを調整できるので、軽い重量から高重量まで使いやすいです。
  • 付属の台座がダンベルをしっかり固定するので、収納の際に便利です。

「FLEXBELL(フレックスベル) 32kg 2kg刻み 16段階可変式ダンベル」の特徴

今回のランキング1位のフレックスベルはグリップを回すだけで簡単に重量調整ができるアジャスタブルタイプの可変式ダンベルです。
目的の重さにセットし、重量表示が中央にきているのを確認してから持ち上げる仕組みになっています。

フレックスベルはダンベル両端のプレート形状が完全に平らになっているので、ダンベルプレスでセットアップする際に太ももの上に置いても痛くありません。

こんな人におすすめ
カラーでプレートを固定する可変式ダンベルで、セットアップに不便を感じていた人におすすめです。

可変式ダンベルの重要ポイントまとめ

可変式ダンベルの重要なポイントは以下の3つです。

  • 筋力や目的に合わせて重量を選ぶ
  • 床を傷つけないラバーやプラスチックコーティングタイプがおすすめ
  • 短時間で重量交換したい場合はアジャスタブルタイプがおすすめ
筋トレにおすすめの本 【本気で自分を変える!】筋トレにおすすめの本10選を男女別に紹介! ダンベルおすすめ 【初心者~上級者まで】ダンベルおすすめ人気10選!